メンズ スニーカー ランキング【2017最新】

メンズファッションにおいてジャンルを問わず、ますます定番化が進む「スニーカー」。今回は定番人気スニーカーにフォーカスして、有力ショップでのヒアリングや海外スナップ、東京ストリート、海外ファッションイベントにおける観察をもとに男前研究所おすすめのスニーカーをピックアップ紹介!※随時更新

スポンサーリンク

第1位 アディダスオリジナルス スタンスミス

しばらく販売中止になっていたが、アディダスオリジナルスからオリジナルそのままに復刻されたスタンスミス。ストリート系から、ジャケットを用いたキレイめコーデまでとにかく何にでも合わせやすいことが人気の秘密だ。関連ページ:スタンスミス徹底解剖「定番スニーカーたる理由や歴史に迫る!」

詳細・購入はこちら

第2位 VANS オーセンティック / ERA

スタンスミス流行の中、王道をキープしながらも横ノリブランドVANSならではの不良っぽさを打ち出せるモデル。日本以上に実はイタリア男性の間で人気沸騰中。定番のオールホワイトやオールブラックも良いが、カラーバリエーションが豊富なので人とかぶりにくいカラーを選ぶのも◎!

詳細・購入はこちら

第3位 スペルガ 2750

モナコやカプリといったヨーロッパのリゾート地で人気の高い「スペルガ」のキャンバススニーカー、通称“2750″。 「スペルガ」を代表する定番モデルで、飽きのこない普遍的なデザインが魅力。ジャケパンなどのスタイルにも程よくフィットするスニーカーだ。

詳細・購入はこちら

第4位 コンバース ジャックパーセル

オーソドックスなシルエットのコンバースの定番。トゥに入ったライン「スマイル」とソールのかかと部分に入った「ヒゲ」がアイコンとして知られる。キャンバスモデルが定番だが、オールレザータイプならほどよくノーブルな雰囲気を演出できる。定番モデルだがオールスターほどメジャーではないため「あまりにも人とかぶるのは嫌だ!」という方にも意外とオススメできる。

詳細・購入はこちら

第5位 VANS OLD SKOOL(ジャズ)

VANSを代表する「OLD SKOOL」通称「ジャズ」。ローカットスニーカーの中ではERAやAUTHENTICと並ぶ不動の人気を誇るモデル。着こなしにストリート色やサーフ色を取り入れる際に重宝する一足だ。

詳細・購入はこちら

第6位 コンバース オールスター ハイカット

コンバースを代表する名作スニーカー「オールスター」。累計販売数でいえば、あらゆるスニーカーの中でも圧倒的ナンバーワンを誇るモデルだ。昨今は特にハイカット人気が高まりをみせる。70年代の仕様を復刻させた、CT70モデルも人気だ。

詳細・購入はこちら

第7位 ニューバランス【ローテクタイプ】574/576/M996/1300/M1400 等

ニューバランスのランニングシューズの定番ローテクタイプ。ランニングスニーカーへの注目度が高まる昨今だからこそ、定番人気として外せないモデルだ。Made in Chinaもエントリーモデルとしては有りだが、大人の男性はMade in USAかMade in UKをチョイスしたいところ。

<ニューバランス MRL996>

詳細・購入はこちら

<ニューバランスM996 GY [GREY] MADE IN U.S.A.>

詳細・購入はこちら

第8位 VANS クラシックスリッポン

これ以上ないミニマルなデザインが魅力のクラシックスリッポン。カラーバリエーションが豊富で、リーズナブルな価格なので着こなしにあわせて複数所有するのも有り!

詳細・購入はこちら

第9位 アディダスオリジナルス スーパースター

1969年に登場して以来、バスケットプレイヤーはもちろんのことストリートの定番として愛されるスニーカー。渋谷原宿を中心に人気急上昇中。スリーストライプとシェルトゥが特徴だ。

詳細・購入はこちら

第10位 アディダスオリジナルス CAMPUS 80s

アディダスの名作スニーカーの中でも、スタンスミスについでスーパースターと人気を二分する定番モデルといえば「キャンパス」。80年代当時の木型、アッパーの質感、縫製を忠実に再現した1足がアディダスオリジナルスから展開。コーディネートを選ばない一足。ビースティーボーイズやジャミロクワイといった音楽アーティストに愛されたことでも知られる。

 

詳細・購入はこちら

第11位 COMMON PROJECTS(コモンプロジェクト) 「Achilles Low」 

コモン プロジェクトはプラタン・プーパ(Prathan Poopat)氏とフラビオ・ジロラミ(Flavio Girolami)氏がタッグを組んで2004年秋冬シーズンにスタートしたニューヨーク発のフットウェアブランド。この上なくシンプルなデザイン、一足ごとに刻印されたシリアルナンバー、上質なレザーが世界中のファッショニスタから注目を浴びる一足。ドレッシーな雰囲気もあるため、スーツ×スニーカースタイルにもおすすめだ。

詳細・購入はこちら

第12位 アディダスオリジナルス スタンスミス コンフォート

不動の人気を誇るスタンスミスにベルクロが配されたスタンスミスコンフォート。クラシックな外観をベースにしながらも、通常のスタンスミスに比較してスポーツテイストが強いデザインが特徴だ。また、通気性と防臭性に定評のあるORTHOLITE(オーソライト)社製のインソールを採用する事でまさに快適な(コンフォートな)はき心地を実現。ファッション業界に身をおくスタイリストなどにも人気。

詳細・購入はこちら

第13位 ナイキ コルテッツ

1972年に陸上用シューズとして誕生して以来、耐久性と快適な履き心地を両立して走れる靴を追及。その進化と共に徐々に定番ファッションスニーカーとしての地位を確立している。特に昨今、メンズ・レディースともにクラシックなランニング系スニーカーとして人気を博す。2017年には、発売45周年を迎えており、アーティストとコラボしたモデルを展開するなどブランドからも積極的にプッシュされている。

詳細・購入はこちら

第14位 サッカニー・Jazz Original

ニューバランスに飽きたファッショニスタ達の間で急速に流行しているのがサッカニーのジャズオリジナル。1980年にリリースされ「ランナーズ・ワールド」誌に最高評価5つ星を獲得するなど本格ランナーの要求も満たす実力派。東京都心で出現頻度急上昇中の注目株だ。

詳細・購入はこちら

第15位 ニューバランス【ハイテク・ミッドテクタイプ】1500/1600/1700

ニューバランスのローテクタイプに飽きたファッション上級者たちが次に履いているのがニューバランスのハイテクやミッドテクタイプ。ランニングスニーカーのハイテクなデザインが今季の注目株だ。ニューバランスのハイテクタイプは、最新テクノロジーが搭載され、Nのロゴが小さく配置されていることが特徴。通称、”チビN”とも呼ばれている。

詳細・購入はこちら

第16位 GOLDEN GOOSE DELUXE BRAND Starter

イタリア スニーカーブランドとして有名なゴールデングースから展開されているスターターモデルは、肉厚なソールデザインとスタイリッシュなアッパーシルエットが魅力的。ヴィンテージ加工が特徴のゴールデングース スニーカーだが、このモデルは加工の施されていないモデルも展開されている。イタリアの伊達男の間でも、人気急上昇中のモデルの一つだ。

詳細・購入はこちら

第17位 アシックスタイガー GEL LYTE Ⅲ

ヨーロッパでの人気を受けて国内でもじわじわと人気沸騰中のゲルライトシリーズの中でも人気ナンバーワンはやはり”GEL LYTE Ⅲ”。GEL LYTE ⅤやGELSAGAも人気があるが”GEL LYTE Ⅲ”がもっともタイトシルエットでスマートな印象。

詳細・購入はこちら

第18位 Eytys(エイティーズ) Mother Canvas

スウェーデン発のユニセックススニーカーブランドとして有名な「Eytys(エイティーズ)」。スニーカーは、機能性、合理性を追求した普遍的なアッパーに、耐久性の高い肉厚ソールを組み合わせた完璧なプロポーションが魅力的。全てのモデルはユニッセックスとして展開されている。

詳細・購入はこちら

第19位 ZESPA ZSP4 Nappa

南フランスのシューズブランド「ZESPA」の「ZSP4 Nappa」。ベースとなっているシンプルで高級感のあるシルエットが魅力的だ。アッパー全体にはナッパレザーを使用し、デザインから生産までフランスで行われている。足にフィットする構成を独自で研究しているゼスパのスニーカーはデイリーユースでの活躍が期待できる。

詳細・購入はこちら

第20位 NIKE(ナイキ) AIR FORCE 1

定番とも言えるナイキのスニーカー「AIR FORCE 1 LOW」をピックアップ。ベーシックなデザインと機能性の高さは、一般層からセレブまで幅広く愛用されている。アッパーのレザーはほどよい高級感をプラス。

詳細・購入はこちら

第21位 Pantofola d’Oro

1886年イタリア中部のアスコリにて設立した「Pantofola d’Oro(パントフォラ・ドーロ)」。 サッカーチームへのスパイク供給で高い評価を集めており、1950年代イタリアの名門サッカーチームユベントスで活躍した選手が、「これはスパイクではない、黄金のスリッパ(パントフォラ・ドーロ)だ 」と称えた一言がブランド名の由来となっている。2002年から、スパイク製造で培ったノウハウを生かしサッカーシューズを彷彿とさせる、ラグジュアリーシューズブランドとしてリスタート。洗練されたデザインと厳選された素材、熟練された職人によるハンドメイドの確かなシューズ作りによって、イタリアの伊達男を筆頭に人気を集めている。

詳細・購入はこちら

第22位 アディダスオリジナルス ウルトラブースト

2013年に発売されたアディダス史上最高のランニングシューズと言われているモデル。クッション性と反発性に優れたBOOSTフォームを100%使用し、底部分に網目状のデザインと突起形状のDETAILを用いることで、かつてない安定した最上級の走りを実現させている。またアッパーにはストレッチ性の強いプライムニットを使用しているため、靴下のような履き心地を実現。このデザイン性の高さと機能性から、ランニングシューズながら普段履きとして愛用する方が続出している。

詳細・購入はこちら

第23位 オニツカタイガー タイガーアライアンス

1980年代に発売されたジョギングシューズ「ALLIANCE」をデザインベースにしたモデル。ニューバランスからの履き替えも多いモデルだ。

詳細・購入はこちら

第24位 CONVERSE ONE STAR

定番モデルオールスターの後継機として68年にリリースされた「ONE STAR」 コンバースの象徴の星マークを側面にあしらい、永久不変の定番として人気の高いプロダクトとして認知されている1足。当時スムースレザーの供給が難しく製造が一時期中止した歴史を持つなど、コンバースを語る上で外せないモデルだろう。

詳細・購入はこちら

第25位 アディダスオリジナルス NMD

2015年に初代モデルNMD R1が登場以来、多彩なラインナップを展開する人気スニーカー。人気の秘密は、アディダスの歴代名作スニーカーである「マイクロペーサー」「ライジングスター」「ボストンスーパー」のディテールを随所に取り入れた温故知新なデザインにあり。

詳細・購入はこちら

第26位 アディダスオリジナルス ガッツレー

流通量が少ないものの、根強い人気を誇るアディダスのガッツレー(ガゼル)がランクイン。スエード素材ながら発色の良さも魅力。セレクトショップで限定カラーが出ることもあるので要チェック!ちなみに007ファンの間では、ダニエルクレイグが着用したことでも知られるモデルだ。

詳細・購入はこちら

第27位 NIKE AIR VAPORMAX FLYKNIT

ランニングの際に必要なAirの量と配置を正確に特定したデータから生まれたトレッドパターンのソールが特徴的なナイキ エア シリーズの新作「ヴェイパーマックス」。このテクノロジーを開発、発売するために7年の歳月を費やしているという。アッパーにはフライニットを採用することで、スニーカーの軽量化に成功。発売と同時に世界中から人気を集め、プレミア価格で転売されているモデルも存在する。

詳細・購入はこちら

第28位 オニツカタイガー MEXICO 66 SLIP-ON

25年間の封印を解き、ヨーロッパで復活をとげたオニツカタイガー。いまや世界中のファッショニスタの相棒といえる存在に。こちらのモデルは、ヒモなしで履ける手軽さと秀逸なデザインでランクイン。他モデルも人気でセラーノやMEXICO 66あたりも定番!

詳細・購入はこちら

第29位 ナイキ インターナショナリスト

ナイキのレトロランニングスタイルをベースにした王道デザインが人気。ニューバランスよりもやや細身のデザインで、合わせる服を選ばないことも魅力。ローカットが定番だが、ミッドカットで個性を出すのもおすすめ。

詳細・購入はこちら

第30位 Atlantic STARS(アトランティックスター)

イタリアのトスカーナ州Fucecchio(フチェッキオ)にある老舗の靴工場発のラグジュアリースニーカー。100%メイドインイタリリーにこだわった職人たちが、ひとつひとつオールハンドメイドで作りだしたその品質は最高峰そのもの。ノスタルジックかつポップでありながら決して野暮ったくならない独特のカラーリングセンスとデザインが存在感大のスニーカーだ。

詳細・購入はこちら

第31位 ナイキ エア・ハラチ

足の裏から靴のベロの部分が一体になっているハラチシステムによって、ホールド感の良さ、軽量化、素足感覚を実現。NIKEiDで自分オリジナルデザインをすることも可能だ。オシャレ女性にも人気のスニーカー。

詳細・購入はこちら

第32位 ナイキ ローシワン

瞑想や禅からインスピレーションを受けて開発されたナイキのローシシリーズ。無駄な装飾を一切排除したミニマルなデザインと通気性の良いアッパー素材が魅力の逸品だ。カジュアルコーデはもちろん、ジャケットスタイルなどドレスライクな着こなしにもフィットする守備範囲の広さも◎。ローシシリーズの中でもフライニットを使用したタイプは超軽量でソックスのように足にフィットするハイテク仕様だ。

詳細・購入はこちら

第33位 adidas(アディダス) VALCLEAN2

スリーストライプのブランドとしておなじみのadidas。VALCLEAN2は、シンセティックレザーのアッパーに、パンチング加工のスリーストライプスとスポーティーなヒールプルを合わせて、洗練された一足に仕上げている。スタンスミスライクなデザインながら、リーズナブルに設定された価格も魅力的。

詳細・購入はこちら

第34位 ナイキ Airmax90 / Airmax1

特に原宿、青山、代官山界隈の20台前半までの男女の間で人気を博している。ハイテクスニーカーであるもののハイテクすぎず、ほどよく足元にインパクトとボリュームを出せる点が人気の秘密。

詳細・購入はこちら

第35位 DIADORA HERITAGE 各種

1948年に”トレッキングブーツ”等を開発するシューズメーカーとして「イタリア」で創業した「DIADORA(ディアドラ)」。ヘリテージラインは、テニス、サッカー、1500メートル走などで履き込まれてクタクタになったシューズを、仕事をやり終えた男のようないい表情をしていると捉えており、ストーンウォッシュやビンテージ、ワックスといった現代の加工技術を駆使することによって、アスリートに履き込まれたような自然な風合いを再現している。

詳細・購入はこちら

第36位 Golden Goose FRANCY

2000年にイタリアのヴェネチアで創業したアパレルブランド”Golden Goose”。洗練されたヴィンテージ感漂うディティールと、上質な履き心地で世界中のファッショニスタを魅了している。このスニーカーを履いているだけで、オシャレ業界人からは注目の的になることうけあいだ。ちなみに数あるモデルの中でも、ハイカットスニーカーFRANCYが男前研究所のイチオシ。一部が隠れた星マークと独特のユーズド加工が人気の秘密だ。

詳細・購入はこちら

第37位PHILIPPE MODEL(フィリップモデル)

独特のデザインと職人によるハンドメイドがウケている「PHILIPPE MODEL(フィリップモデル)」。2008年にスタートした新鋭ブランド。イタリアでもっともハイレンジで高品質の靴を生産さするリヴィエラ・デル・ブレンタで革のカッティングから組み立て、ウォッシュ加工などきめ細やかな作業を職人一人一人が丁寧に行っているのが特徴。

詳細・購入はこちら

第38位 diadora(ディアドラ) N9000

1948年に”トレッキングブーツ”等を開発するシューズメーカーとして「イタリア」で創業した「DIADORA(ディアドラ)」。現在、古代ギリシャ語で”神より賜れし至上の贈り物”を意味する同ブランドは「イタリア」特有の「デザイン性」やユーザーからの声を真摯に追求しながら開発される「機能性」に強みを持つ。80年代に培われたテクノロジーをブラッシュアップさせて1990年に「DIADORA」のランニングスニーカーカテゴリーにおける最上級モデルとして誕生した「N9000」。

詳細・購入はこちら

第39位 adidas(アディダス) COURT VANTAGE

ヴィンテージのコートシューズのフォルムを踏襲したデザインが魅力のCOURT VANTAGE。キャンバス地のライニングと バルカナイズド風のラバーアウトソールを備えている。シンプルなデザインのため、幅広いスタイリングで活躍を期待できる。

詳細・購入はこちら

第40位 リーボッククラシック インスタポンプフューリー

30代の男性なら、「懐かしい!」なんて思う方も多いのでは?未来感の溢れる独特のシルエットが着こなしの主役に。リーボッククラシックが復刻を行い、最近では各種ブランドとコラボレーションモデルを発表するなど注目モデル!スキニーはもちろんワイドパンツにも合わせやすいため、男性以上に女性にも人気。

詳細・購入はこちら

第41位 PUMA(プーマ) SUEDE CLASSIC

スエードといえばやはりこの一足は外せない。プーマを象徴するモデルとして様々なファッションブランドとのコラボでも注目を集めるが、昔からストリート系やアウトロー系からの支持が根強いことで知られる「プーマスエードクラシック」。有名モデルだが決してメインストリームには踊り出てこない立ち位置が男心をくすぐる。

詳細・購入はこちら

第42位 PREMIATA 各種

1885年にイタリア・マルケ州モングラナーロで創業した老舗メーカーが手掛けるシューズブランド「PREMIATA(プレミアータ)」。ピッティウオモで着用している人物も多く見られた。クラシックをベースに、革新的なアイデアを落とし込んだデザインが人気を集めている。サイドに施されたカタカナのホに見えるロゴデザインは、ロック好きなデザイナーがPREMIATAのTをユニオンジャックからアレンジしたデザインマークだ。

詳細・購入はこちら

第43位 SPERRY TOP-SIDER CVO

マリンコーデに必須のトップサイダー。シルエットが細身でクセの無いデザインなので、実は合わせる服のジャンルを選ばない。

詳細・購入はこちら

第44位 アディダスオリジナルス ZX750

80年代後半に登場した“ZXランナー”の雰囲気と見た目を蘇らせた「ZX750」。スエードのアッパーにリフレクターとなる合皮のスリーストライプスを配したデザインが特徴的。人とかぶるのは絶対にイヤ、でもはずしたくないという人にもおすすめ。

詳細・購入はこちら

第45位 Reebok CLASSIC クラシックレザー

リーボッククラシック(Reebok Classic)の定番スニーカー。1983年にランニングカテゴリーから発売されて以来、ガーメントレザーによる高いフィッティングと優れたグリップ性能、そしてなによりシンプルなデザインが世界中で支持されている。

詳細・購入はこちら

第46位  オニツカタイガー  COLORADO EIGHTY-FIVE

1980年代に発売されたオフロードランニングシューズをデザインベースにした一足。機能性を残しながらもどこかレトロなデザインとカラーリングが足元に個性を与えてくれるスニーカーだ。

詳細・購入はこちら

第47位 Keds(ケッズ)「ROYAL CVO(ロイヤル)」

スニーカーという言葉を世の中に広めたブランドとしても知られる「Keds(ケッズ)」。シンプルなアッパーデザインに対して、ブランドアイコンのラインがワンポイントでミッドソールに配置されたデザインが特徴だ。

詳細・購入はこちら

第48位 Reebok(リーボック) CL NYLON

1984年の発売以来世界的に根強い人気を誇る「Classic Nylon(クラシック ナイロン)」。ナイロン素材をベースにスエードを部分使いしたコンビネーションアッパーで、履き心地とデザイン性をアップさせている。サイドにあしらわれた配色ラインが、レトロな雰囲気を演出。ボリュームが出すぎないベーシックなフォルムで、コーディネートに取り入れやすいデザインも魅力的。

 

詳細・購入はこちら

FOLLOW US

Related post

公式 Instagram スナップ