記事で紹介した商品を購入すると、売上が当媒体に還元されることがあります。

メンズ スニーカー 人気ランキング【最新総合版】

Share

メンズ スニーカー 人気ランキング【最新総合版】

メンズファッションにおいてスタイルジャンルを問わず、ますます重要度が高まる「スニーカー」。今回は定番人気スニーカーはもちろんのこと、急激に人気を伸ばす注目最新モデルまで有力ショップでのヒアリングや海外のファッションイベント、東京ストリートにおける観察をもとにOTOKOMAE編集部のおすすめの人気スニーカーをピックアップ紹介!※随時更新

第1位 バンズ AUTHENTIC(オーセンティック)

VANSが始動した当時に処女作として世に生み出されたのが「オーセンティック」だ。発売当時から今にいたるまでサーファーにはもちろん、手の届く価格と服装を選ばないシンプルなデザインが多くのメンズに愛される。定番のオールホワイトやオールブラック、ブラック×ホワイトも良いが、カラーバリエーションが豊富なので人とかぶりにくいカラーを選ぶのも◎!

詳細・購入はこちら

【関連記事】バンズのルーツにして永遠の定番スニーカー!「オーセンティック(AUTHENTIC)」 の5つの特徴とは?

関連記事 バンズのルーツにして永遠の定番スニーカー!「オーセンティック(AUTHENTIC)」 の5つの特徴とは?
バンズのルーツにして永遠の定番スニーカー!「オーセンティック(AUTHENTIC)」 の5つの特徴とは?
長年愛用される定番スニーカーを数多く輩出してきたバンズ(VANS)。そのなかでも「オーセンティック(AUTHENTIC)」はブランドのルーツでもあるスタンダードモデルだ。今回はバンズの「オーセンティック」にフォーカスし、その魅力を紹介! ...

第2位 コンバース チャックテイラー70 通称“CT70”

コンバース オールスターの70年代のディテールを復刻した「CT70」。インソールに最新のテクノロジーを取り入れることで、履き心地をグッと向上させている。アウトソールは現行モデルと比べて5mmほど厚く、ヒールには三ツ星と筆記体の「CHUCK TAYLOR」がプリントされた黒パッチがセットされるなど、ディテールデザインの違いも多く存在。日本での公式展開が無いのは残念だが、感度の高いセレクトショップや海外ECサイトなどで手に入れることは十分に可能だ。あまりの人気から、フリマアプリなどでは偽物が大量に販売されるなどの被害情報も出てきているため、購入する際は少し高額でも信頼出来るショップから手に入れるのがベター。

詳細・購入はこちら

【関連記事】コンバース「チャックテイラー CT70」の現行オールスターにはない7つの魅力とお得に購入できるショップとは?

関連記事 コンバース「チャックテイラー CT70」の現行オールスターにはない7つの魅力とは?
コンバース「チャックテイラー CT70」の現行オールスターにはない7つの魅力とは?
スニーカーの大定番であるコンバースのオールスター。その定番モデルを取り入れたスタイルに、他とさりげなく差がつくこだわりを見せたいなら海外限定で展開されている「チャックテイラー CT70」がおすすめだ。今回はコンバースの「チャックテイラー C...

第3位 バンズ OLD SKOOL(オールドスクール) 通称“ジャズ”

VANSを代表する「OLD SKOOL」通称「ジャズ」。ローカットスニーカーの中ではオーセンティックと並ぶ不動の人気を誇るモデル。着こなしにストリート色やサーフ色を取り入れる際に重宝する一足だ。

詳細・購入はこちら

【関連記事】バンズの人気スニーカー「オールドスクール」が誇る6つの特徴とは?注目コーデも紹介!

関連記事 バンズの人気スニーカー「オールドスクール」が誇る6つの特徴とは?注目コーデも紹介!
バンズの人気スニーカー「オールドスクール」が誇る6つの特徴とは?注目コーデも紹介!
バンズ(VANS)のスニーカーの中でも「オールドスクール(Old Skool)」と言えば誰もが知る名作。象徴的なサイドパネルのジャズストライプをはじめ、長きにわたって愛されるさまざまなディティールを備えている。今回はバンズの「オールドスクー...

【関連記事】バンズのスニーカーを使ってメンズコーデにスケーターテイストをプラス!

関連記事 バンズ スニーカー メンズ コーデ 特集!不朽の定番モデルから旬な着こなしを紹介
バンズ スニーカー メンズ コーデ 特集!不朽の定番モデルから旬な着こなしを紹介
サブカルチャーのアイコン的存在として、世界中にその名を馳せる西海岸発祥のスケートシューズブランド「VANS(バンズ/ヴァンズ)」。丈夫なアッパーとグリップ力の強いソールを特徴としたローテクなデザインを頑なに守り抜き、老若男女問わず時代を超え...

第4位 コンバース ALL STAR Hi(オールスター ハイ)

コンバースを代表する名作スニーカー「オールスター」。あらゆるスニーカーの比にならないほどの累計販売数を誇るオールスターの現行モデルがこちら。2位にランクインした、70年代の仕様を復刻させた「CT70」よりも手の出しやすいリーズナブルな価格設定で、気軽に履けるのが最大の魅力。

詳細・購入はこちら

【関連記事】コンバース オールスターはメンズコーデに欠かせない王道アイテム!

関連記事 コンバース オールスター コーデ特集!王道スニーカーを使ったメンズの着こなしとオススメのモデルを紹介
コンバース オールスター コーデ特集!王道スニーカーを使ったメンズの着こなしとオススメのモデルを紹介
100年以上にのぼる歴史のなかで“世界一売れているスニーカー”との呼び声高く、時代を超える王道として不動の地位を獲得するコンバース(CONVERSE)の「オールスター(ALL STAR)」。カジュアルな着こなしはもちろんのこと、ドレススタイ...

第5位 アディダス オリジナルス Stan Smith(スタンスミス)

しばらく販売中止になっていたが、アディダスオリジナルスからオリジナルそのままに復刻されたスタンスミス。ストリート系から、ジャケットを用いたキレイめコーデまでとにかく何にでも合わせやすいスニーカーなので一足持っておいて決して損はなし!

詳細・購入はこちら

【関連記事】アディダス スタンスミスはあらゆるメンズコーデにフィットする万能スニーカー!

関連記事 スタンスミス コーデ特集!アディダスが誇る万能スニーカーの魅力&着こなし紹介
スタンスミス コーデ特集!アディダスが誇る万能スニーカーの魅力&着こなし紹介
伝説的プロテニスプレイヤーであるスタン・スミス氏のシグネチャーモデルとして1973年にリリースされ、以来アディダスのアイコンとして確固たる存在感を放ち続ける「スタンスミス」。ブランドのシンボルと言えるスリーストライプスはパンチングによる控え...

【関連記事】スタンスミス徹底解剖「定番スニーカーたる理由や歴史に迫る!

関連記事 スタンスミス徹底解剖「定番スニーカーたる理由や歴史に迫る!」
スタンスミス徹底解剖「定番スニーカーたる理由や歴史に迫る!」
世界で最も認知されているスニーカーと言っても過言ではないアディダスオリジナルスの「スタンスミス(STAN SMITH)」。どんな着こなしにも似合う無駄のないデザインで、モード界前線で活躍するコムデギャルソンの川久保玲氏からピッティウオモのス...

第6位 ニューバランス 990番台

ニューバランスの900番台といえば、ニューバランスの中でロードランニング用シューズの位置付け。1982年に100ドル(当時1ドル=280円)という当時のスニーカーとしては高額な価格設定や、”On a scale of 1000 this shoe is a 990.(1000点満点で990点に到達した。)”という性能の高さをアピールした広告が大きな話題となった990にはじまり時系列で995、996、997、998、999、991、992、993まで多くの品番がリリースされているが、とりわけ昨今ファッションユースにおいて分厚いミッドソールや絶妙にレトロな外観といった特徴をもつ990の注目度が急激に上昇中。

<ニューバランス M990v5>

詳細・購入はこちら

【関連記事】至高の履き心地を追求し続けるニューバランス「990」の6つの魅力とは?

関連記事 至高の履き心地を追求し続けるニューバランス「990」の6つの魅力とは?
至高の履き心地を追求し続けるニューバランス「990」の6つの魅力とは?
ニューバランスの「990」シリーズと言えば、初代モデルから数えて12代にわたりアップデートを続けるスニーカーファンに愛されてきたシリーズ。厚みのあるソールは単にトレンドにマッチしているというだけでなく、他のスニーカーにはない極上の履き心地を...

第7位 ナイキ AIR FORCE 1(エア フォース 1)

定番とも言えるナイキのスニーカー「AIR FORCE 1 LOW」。ベーシックなデザインと機能性の高さは、一般層からセレブまで幅広く愛用されている。アッパーがレザーのため、足元にほどよい高級感をプラスできるのも魅力のひとつ。

詳細・購入はこちら

【関連記事】ナイキの名作スニーカー「エアフォース1(AIR FORCE 1)」が世界で愛され続ける5の理由とは?

関連記事 ナイキの名作スニーカー「エアフォース1(AIR FORCE 1)」が世界で愛され続ける5の理由とは?
ナイキの名作スニーカー「エアフォース1(AIR FORCE 1)」が世界で愛され続ける5の理由とは?
ナイキのエアフォース1と言えば、スニーカーヘッズでなくても知っている不朽の名作。エアクッションシステムのミッドソールやシンプルなデザイン、豊富なバリエーション展開などその魅力は枚挙にいとまがない。今回は「エアフォース1」にフォーカスし、人気...

【関連記事】ナイキのスニーカーを使った最旬メンズコーデ特集

関連記事 ナイキのスニーカーを使ったメンズコーデを一挙紹介!定番だけでなくレアモデルにもフォーカス
ナイキのスニーカーを使ったメンズコーデを一挙紹介!定番だけでなくレアモデルにもフォーカス
数多くのシグニチャーモデルと旬なブランドとのコラボにより、高感度なファッショニスタやスニーカーヘッズたちを虜にするNIKE(ナイキ)のスニーカー。先進的な機能性と斬新なデザイン性を兼ね備え、常にトレンドを牽引し、モード系からストリート系ブラ...

第8位 バンズ CLASSIC SLIP ON(クラシック スリッポン)

これ以上ないミニマルなデザインが魅力のクラシックスリッポン。カラーバリエーションが豊富で、リーズナブルな価格なので着こなしにあわせて複数所有するのも有り!

詳細・購入はこちら

【関連記事】バンズのスリッポンという不朽の名作スニーカーを海外の洒落者はどう着こなすか?メンズコーデ事例を歴史とともに紹介!

関連記事 バンズのスリッポンという不朽の名作スニーカーを海外の洒落者はどう着こなすか?メンズコーデ事例を歴史とともに紹介!
バンズのスリッポンという不朽の名作スニーカーを海外の洒落者はどう着こなすか?メンズコーデ事例を歴史とともに紹介!
シューレースの無いシンプルなデザインと着脱のしやすさ、頑丈でグリップ力に優れたワッフルソールで、スケーターやBMXライダー、サーファーから絶大な支持を受け続け、時代を超越したクラシックとして君臨するVANS(バンズ/ヴァンズ)の名作“SLI...

第9位 ホカ オネオネ BONDI 6(ボンダイ 6)

現在急激に注目度を高めているランニングシューズブランドHOKA ONE ONEからダッドスニーカー BONDI 6(ボンダイ 6)を紹介。通常のランニングシューズの約2倍のボリュームを持ったミッドソールが最大の特徴で、快適で通気性の良いメッシュ素材を採用したアッパーに、フルEVA素材のミッドソールとメタロッカーテクノロジーのアウトソールが滑らかでバランスの取れた走り心地を実現している。パッドの入ったシュータンで足とシューズはよりフィットし、ヒールカウンターもホールド感抜群。硬い路面での長時間ランニングにおいても極上のクッション性を持続して体感できる。

詳細・購入はこちら

【関連記事】ランニングシューズとしてもダッドスニーカーとしても有能な「ホカ オネオネ(HOKA ONE ONE)」の魅力とは

関連記事 ランニングシューズとしてもダッドスニーカーとしても有能な「ホカ オネオネ(HOKA ONE ONE)」の魅力とは
ランニングシューズとしてもダッドスニーカーとしても有能な「ホカ オネオネ(HOKA ONE ONE)」の魅力とは
軽量の薄型ソールが信仰されていたランニングシューズ界隈において、真逆のアプローチとも言える極厚ソールを携えたシューズで革命を起こした「HOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)」。長時間ランにも耐えうる衝撃吸収性と、まるで“マシュマロのよう...

第10位 ナイキ Air Jordan 1(エア ジョーダン ワン)

「Bred」や「Royal」「Shadow」などの定番モデルから、昨今様々なバリエーションで展開されている「つま黒」シリーズなど、NIKEの定番モデルとして不動の地位を獲得している「Air Jordan 1(エア ジョーダン ワン)」。ミッドカットやローカット、1.5シリーズなど、様々なフォルムやモデルが展開されているなかでも、一番人気を集めているのが「Air Jordan 1 Retro Hi」だ。有名アーティストが愛用していたり、プレミア価格が付くモデルが多く展開されていることで知られている。昨今ではコラボモデルも展開されるなど、人気は益々高まるばかり。リアルなバッシュとして使用するのはもちろん、お洒落履きとして活用するのも十分にアリだ。

詳細・購入はこちら

【関連記事】エア ジョーダン特集!おさえておきたい歴代の注目モデルを時系列に沿って紹介

関連記事 エア ジョーダン特集!おさえておきたい歴代の注目モデルを時系列に沿って紹介
エア ジョーダン特集!おさえておきたい歴代の注目モデルを時系列に沿って紹介
NIKEのなかでも独立したひとつのブランドとして認知されつつある「エア ジョーダン」。特にスニーカー類の展開は豊富で、いざ購入しようと思ってもどれを購入すれば良いか迷う方も少なく無いのでは?今回は特に注目を集めるエア ジョーダンにフォーカス...
2/8GO TO NEXT PAGE

この記事の著者

Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する