ネイビースーツ 着こなし【最新スタイル】

ネイビースーツと言えばビジネスパーソンにとっては欠かせない定番スーツだ。ビジネス第一線で戦う男にとっては「戦闘服」あるいは「鎧」と表現しても良いかもしれない。ひとことにネイビースーツと言ってもピッティ・ウオモにおけるファッションスナップに登場するような個性と色気あふれる着こなしから、金融業界に代表される保守的な業界でも通用するようなオーソドックスな着こなしまで幅広い。今回は堅い業界のビジネスシーンにも対応できる極めてオーソドックスな着こなしから、華美にならない範囲でこなれ感あふれる着こなしまでピックアップ!

スポンサーリンク

ネイビースーツ×ブラウン小紋タイ

ブルー系スーツと相性の良いカラーアイテムと言えばブラウン。暖色で落ち着いた印象を与えるブラウンがスーツのブルーを引き立たせる。小紋柄が配されたブラウンタイのチョイスなら、クラシックな雰囲気をキープしつつコントラストのきいた洒脱な印象のスーツスタイルに。クラシック回帰のトレンドを意識した幅広のラペルや6~7cmに設定したパンツのダブル仕上げにも注目だ。

夏服メンズファッションランキング

ネイビースーツ×ネイビーソリッドタイ

男を最も精悍に見せてくれる定番スーツスタイルと言えば、「ダークネイビースーツ×ダークネイビーソリッドタイ」だろう。ビルドアップショルダーやボディーラインに吸い付くような仕上がりのダブルブレステッドテーラードジャケットが精悍な印象を強める。Vゾーンはセオリーどおりにまとめながらも、足元の抜け感でハズしたこなれ感にも注目したい。

ネイビースーツの着こなし

ライトネイビースーツ×レギュラーカラーシャツ×ソリッドタイ

商談相手や業界が保守的なら、あえて引き算したシンプルな着こなしも有効だ。威圧感を与えない細身のスーツにオーソドックスなレギュラーカラーの白シャツをあわせつつ、スーツと同系色のソリッドタイをチョイスすることでシャープで知的、そして誠実な印象を与えている。ポケットチーフが一般化していない業界も多いので、ビジネススーツにあえてポケットチーフを使わないのも極めて実践的だ。

ネイビースーツの着こなし

ネイビースーツ×ダブルモンクストラップシューズ

打ち込みの密度が高く、光沢感のある上質なネイビースーツを纏ったロジャー・バーマン氏の着こなし。ボディーラインに吸い付くようなシルエットのジャケットにナロータイを合わせたシャープな印象を与えるスーツスタイルでスタイリストとして活躍する妻のレイチェル・ゾー氏をエスコート。足元には、ダークブラウンのカラーリングで上品な佇まいに仕上げたダブルモンクストラップシューズを合わせて。保守的な業界におけるビジネススーツとしても最適なだけでなく、ほどよく感度の高さもうかがわせるバランスのとれた洗練スーツスタイルの好例だ。

ネイビースーツの着こなし

ネイビースーツ×シルバータイ「ビジネスから結婚式まで対応する着こなし」

無地のネイビースーツに適度な光沢感を放つシルバータイをあわせた着こなしは、あらゆる業界におけるビジネスシーンから結婚式へのゲスト参加シーンまで活躍の場は多い。違和感を感じさせない適度なジャケットフォルム・ラペル幅でありながら、高め位置のゴージラインがコンテンポラリーな印象をさりげなく与えてくれる。実際に結婚式に参加する場合、足元はネイビーかブラックのソックスに内羽根のストレートチップを合わせたい。関連記事▶︎結婚式の服装特集【お呼ばれでの着こなし編】

ネイビースーツの着こなし

ネイビースリーピーススーツ×ブラウン小紋タイ「紳士なビジネスエグゼクティブスタイル」

スーツのトレンドがクラシックに向かう中、これから入手するならスリーピーススーツが有力な選択肢に。ちなみにベストの一番下のボタンは飾りボタンなので常に外しておくのをお忘れなく。ネイビーに相性の良いブラウンの小紋柄が施されたタイを合わせて。

ネイビースーツの着こなし

ネイビースーツ×セミワイドカラーシャツ

スーツ発祥の地である英国は伝統的、あるいは保守的な文化圏として有名だ。中でもビジネスエリートの集まる金融街シティのビジネスマンの着こなしは極めてオーソドックス。現在でも、とある銀行の採用インタビューで「スーツの着こなしが洗練されていない(例:ネクタイが派手すぎる)」「スーツの着こなしがTPOをわきまえたものではない(ex.靴がブラウンのフルブローグ)」などを理由に不採用とする面接官も珍しくないそうだ。
例えばダークネイビースーツ、セミワイドカラーの白シャツ、ネイビーの小紋タイを組み合わせた着こなしは保守的な業界やビジネスパートナーも納得させることだろう。そんな着こなしを取り入れたベッカム氏のスタイリングをピックアップ。

ネイビースーツスタイル

ネイビースーツ×ウィングチップ

ネイビーのソリッドスーツにストライプシャツ、ドット柄のタイを合わせてVゾーンにボリュームをプラス。武骨な雰囲気を高めるのは、伝統的な穴飾りやギザギザの切り返し、二重のステッチなどが施されたウィングチップのチョイスが理由だ。
ネイビースーツの着こなし

ネイビースーツ×グレーニットタイ

ストライプが配されたネイビースーツにグレーのニットタイを合わせてソフトな雰囲気をプラスしたスタイリング。一見するとオーソドックスなスーツスタイルだが、随所にハズしの要素を取り入れることでさりげない遊び心を演出している点は見逃せない。例えば、小ぶりな上衿がスポーティな印象を与えるショートポイントカラーシャツのチョイス。ラバーソールを採用することでアクティブな表情を加味したプレーントゥのレザーシューズもVゾーンの印象と程よくリンクしている。ネイビースーツの着こなし

ネイビースーツ着こなし「細身スーツであえて若々しさを演出」

スーツトレンドのクラシック回帰傾向はあるものの、若々しいイメージを醸し出すため、いきすぎない程度の細身スーツをチョイスするのも一手だ。細いラペルに合わせて細いネクタイをあわせるのは鉄則。

ネイビースーツの着こなし

ネイビースーツ×ブラウンスエードシューズ

スエードの革靴といえば、結婚式の披露宴に代表されるフォーマルシーンにはそぐわないものの、足元に効果的にソフトな表情を加えてくれるアイテムだ。雨の日や気心の知れたビジネス相手との商談時など、状況やシーンに応じて賢く取り入れたい。トーンの明るいオレンジの小紋柄タイを合わせれば、より親しみのある雰囲気に。

ネイビースーツの着こなし

次のページを見る
ページ:

1

2 3 4
FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

公式 Instagram スナップ