ネイビースーツの粋な着こなし【2019最新】

ビジネスパーソンにとって欠かせない存在である「ネイビースーツ」。ビジネス第一線で戦う男にとっては「戦闘服」あるいは「鎧」と表現しても過言ではない。ひとくちにネイビースーツと言ってもピッティ・ウオモにおけるファッションスナップに登場するような個性と色気あふれる着こなしから、金融業界に代表される保守的な業界でも通用するようなオーソドックスな着こなしまで様々だ。今回は堅い業界のビジネスシーンにも対応できる極めてオーソドックスな着こなしから、華美にならない範囲でこなれ感あふれる着こなしまでピックアップ!

スポンサーリンク

ネイビースーツスタイルの王道Vゾーンといえばコレ!ブラウンタイを合わせたアズーロ・エ・マローネ

ネイビースーツのコーディネートをグッとこなれた印象に仕上げられる色合わせのひとつが、こちらの御仁が実践しているアズーロ・エ・マローネだ。ノーブルな青(AZZURRO)と艶やかな茶(MARRONE)のコンビネーションがコントラストをきかせながら上品な色気を演出してくれる。ネクタイはもちろん、足元もブラウンシューズをセットしてとことんまとめこむのも◎ ボスウェリントンのアイウェアによって表現された知的なムードも絶妙にマッチしている。

ブラウンタイをセットしてアズーロ・エ・マローネを表現したネイビースーツスタイル

ストライプを組み合わせたネイビースーツスタイルは、ピッチ間隔をばらけさせて好バランスに

ペンシルストライプが走るスマートなネイビースーツに細ピッチのシャツ、チェック柄のグレータイをセットして好バランスにVゾーンをまとめたフランコ氏のコーディネート。ドレススタイルで柄×柄のVゾーンを表現する場合、組み合わせるアイテムのピッチ間隔は、こちらの御仁のようにばらけさせて、まとまり良く仕上げるのが手だ。

白無地のシャツ、ブラウンタッセルローファーの革靴、白無地のボストンバッグ、ブルーストライプのスーツ、グレーチェックのネクタイを合わせた春夏秋のメンズコーデの着こなし。

ノータイでも色気たっぷりに仕上がるネイビースーツをコーディネートに取り入れて

単体でサマになるほど色気たっぷりなネイビースーツが一着あれば、ノータイでもモノ足りない印象を与えない。ほどよく主張するラペルや、身体を包み込むような肩周り、シェイプのきいたウエストの曲線など、一切の妥協を許さない仕立てによって完成されたスーツは、男の魅力を最大限に引き出してくれることうけあいだ。

ノータイでも色っぽくキマるネイビースーツ

2/32GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

RELATED POST

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ