スタンスミス徹底解剖「定番スニーカーたる理由や歴史に迫る!」

Share

世界で最も認知されているスニーカーと言っても過言ではないアディダスオリジナルスの「スタンスミス(STAN SMITH)」。どんな着こなしにも似合う無駄のないデザインで、モード界前線で活躍するコムデギャルソンの川久保玲氏からピッティウオモのスナップ常連者まで業界でも愛用者は多い。また原型といえるモデルはスタンスミスとは異なる名前で発表されていたり、品番によって価格が異なるモデルが存在するなど、有名が故に興味深い歴史や魅力を多く秘めている。今回はそんな「スタンスミス」にフォーカスして、魅力や注目のコーディネートをまとめてピックアップ!

「スタンスミス(STAN SMITH)」は大手スポーツメーカーのアディダスが生み出した名作!

1971年に発表されたアディダスオリジナルスの代表的スニーカーで、1991年の段階で2200万足の販売数を記録。現在ギネスブックにも「世界で一番売れたスニーカー」として認定された定番中の定番モデルだ。スタンレー・ロジャー・スミス(Stanley Roger Smith)というテニスプレイヤーがモデル名の由来となっていることはご存知の方も多いだろう。

httpwww-adidas-comusstan_smith

詳細・購入はこちら

シュータンに描かれているスタン・スミスって誰?

スタン・スミス氏は、1946年にアメリカのカリフォルニア州に生まれたアメリカを代表するプロテニス選手。シングルス、ダブルス問わず優秀な戦績を残し、約10年間の選手生活で通算100勝を挙げ、様々な大会で記録を残したことで1987年に国際テニス殿堂入りまで果たしている偉大な人物だ。また、彼は有名なテニスコーチとしても名が知られており、テニスを語る上でも外すことは出来ない。フルネームはスタンレー・ロジャー・スミス。彼が22歳の頃から生やしはじめたという「くちヒゲ」はトレードマークとしても知られており、初期モデルのスタンスミスの似顔絵にも採用されていた。

スタンスミスは本当に世界で最も売れたスニーカー?

スタンスミスが世界で最も売れたスニーカーと言われて「コンバース オールスターの方が売れているのでは?」このような疑問を抱く方は少なくないはずだ。50年以上も歴史に差があれば当然オールスターの方が販売数が上だと考えるのが一般的。実際、オールスターの発売は1917年で現在の販売数は5億足は越えているといわれている。それに対してスタンスミスの発売は1971年で、1991年の段階で販売数は2200万足だ。

詳細・購入はこちら

では何故スタンスミスが世界で最も売れたスニーカーとしてギネスに認定されているのか。ギネスブックは始まった年が1955年であり、申請をしないと評価に入らないという決まりがある。1917年からしばらくの年月が空いている影響で総販売数をコンバースが把握してないことから申請を行わず、ギネス認定がはじまった後に発売され、爆発的な人気を記録したスタンスミスが認定されているという説が有力だ。

2/3GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する