カジュアルスタイルに欠かせない”デニムジャケット”を使ったメンズコーデを紹介

冬はインナーとして着用していたデニムジャケットも、春を迎えると主役アイテムとして活躍してくれる。カジュアルな装いに欠かせないアイテムであり、ジーンズを合わせたデニムオンデニムスタイルから、タイドアップシャツを合わせたミックススタイルまで、その着こなしのバリエーションは幅広い。今回はデニムジャケットにフォーカスして注目の着こなし&アイテムを紹介!

スポンサーリンク

オリーブカラーのコーデュロイシャツでアクセントをきかせたデニムジャケットコーデ

リジッドのデニムジャケットとほどよく色落ちしたブルージーンズを組み合わせてグラデーションを表現したデニムオンデニムスタイル。同素材で構築した着こなしの中間にオリーブグリーンのコーデュロイシャツを挟むことで、色味はもちろん、素材感の面でもアクセントをプラスしている。ちなみにオリーブグリーンやカーキなどのミリタリーテイストを感じさせるカラーは、トレンドとして現在注目を集めているため要チェックだ。

DSC_4075

2ndタイプのデニムジャケットと白Tシャツのレイヤードで軽やかなコーディネートを表現

ショート丈が特徴である2ndタイプのデニムジャケットに白Tシャツをレイヤードすることで、爽やかな着こなしに。スニーカーに合わせてパンツをロールアップするなど、随所に抜け感を出すことで春らしい軽快感のある装いが完成。

DSC_0128

SUGAR CANE(シュガーケーン) デニムジャケット LONE STAR 2ndタイプ

SUGAR CANE(シュガーケーン) デニムジャケット LONE STAR 2ndタイプ

詳細・購入はこちら

エフォートレスなチェスターコートコーデをデニムジャケットでラギッドな雰囲気に

タートルネックやクルーネックのニットセーターの上にコートを羽織ったエフォートレスなスタイリングが注目を集めているが、あえて中間にデニムジャケットを投入することでラギッドな雰囲気を演出。随所にトレンドカラーとして注目を集めているオリーブグリーンを取り入れた感度の高いカラーリングも見逃せない。

DSC_3194

Levi’s(リーバイス) リジッドデニムジャケット タイプ2nd

Levi’s(リーバイス) リジッドデニムジャケット タイプ2nd

詳細・購入はこちら

デニムジャケットにデニムシャツをレイヤードしてこなれ感を演出したコーディネート

デニムジャケットとデニム素材のバンドカラーシャツをレイヤードしてこなれた着こなしを演出。デニムジャケットのボアカラーはクリアなホワイトなので、インナーの白Tシャツと絶妙にマッチしている。ブルー×ホワイトをメインに構成した装いに、スニーカーはあえてグリーンのデザインが入ったモデルをセットすることでアクセントに。

DSC_9006

ダメージデニムジャケットでラギッドな着こなしを演出

一口にデニムジャケットといってもクリーンなデザインから、ダメージ加工でワイルドに仕上げられたものまで、その表情は様々。無骨なスタイリングを構築する際にはもちろん後者を選ぶべきだろう。そんなダメージ加工が施されたデニムジャケットでラギッドな雰囲気を演出したスタイリングをピックアップ。ボトムスにチョイスしたヴィンテージ感のあるパンツが馴染みよくマッチしている。

DSC_1729

Levi’s(リーバイス) トラッカージャケット RINSE

Levi’s(リーバイス) トラッカージャケット RINSE

詳細・購入はこちら

クリーンなデニムジャケットとダメージジーンズを合わせて表情にメリハリをつけたデニムオンデニムスタイル

ボアデニムジャケットとダメージジーンズを組み合わせたデニムオンデニムスタイル。トップスはクリーンなルックスのデニムジャケット、ボトムスはダメージジーンズをセットすることで表情にメリハリをつけている。インナーにはグレーのカットソー、シューズは白スニーカーと、ライトカラーのアイテムで全身をまとめることで軽やかな装いに。

DSC_2633

Levi’s(リーバイス) TYPE3 SHERPA TRUCKER BROTHER’S KEEPER

Levi’s(リーバイス) TYPE3 SHERPA TRUCKER BROTHER’S KEEPER

詳細・購入はこちら

2/7GO TO NEXTPAGE
FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

公式 Instagram スナップ