banner

デニムジャケット 着こなし メンズ【最新】

昨今のデニムブームの中、アメカジのみならず、あらゆる着こなしにフィットする定番アイテムとして人気復活著しいデニムジャケット。今回はデニムジャケットにフォーカスして注目の着こなし&アイテムを紹介!

スポンサーリンク

デニムジャケット×タイドアップシャツスタイル

タイドアップシャツを合わせてテーラードジャケットのようにデニムジャケットを羽織ったコーディネート。リーバイスの赤タブとネクタイの色味を合わせて。

デニムジャケット×タイドアップシャツスタイル

デニムジャケットの胸ポケットにチーフをインして、ウエストあたりのボタンだけ締めることで、テーラードジャケットの雰囲気を演出したスタイリング。Vゾーンにはサックスブルーのシャツをタイドアップ。センタークリースの入ったベージュパンツを合わせて品のあるデニムジャケットスタイルが完成。

FACTOTUM デニムジャケット

「デニムに対する深い思いと、モードとリアルクローズを融合すること。」をコンセプトに活動する日本のファッションブランド「FACTOTUM(ファクトタム)」。ブラウンのステッチワークによって落ち着きのある雰囲気を演出したデニムジャケット。

詳細・購入はこちら

デニムジャケット×ブラックTシャツ×ニット帽コーデ

デニムジャケットにブラックTシャツ、ブラックニットキャップ、ブラックジーンズを合わせて、シックな印象に仕上げたコーディネート。リジッドデニムではなく、洗い加工が施されたデニムジャケットを合わせることでグランジスタイルのテイストをプラス。

orSlow(オアスロウ) 60’S DENIM JACKET

オリジナルデニムを使用したorslow定番のデニムジャケット。定番の形とvintage特有のディティールらしさは残しつつ、サイジングを現代に適したシルエットに微調整している。

詳細・購入はこちら

デニムジャケット×スキニージーンズコーデ

デニムジャケットにブラックスキニージーンズを合わせてタイトなシルエットに仕上げたコーディネート。デニムオンデニムスタイルだが、トーンに明快な差をつけることで武骨すぎる印象を与えない。

デニムジャケット×ネイビーパンツコーデ

切り替えの入ったネイビーパンツに、洗い加工が施されたデニムジャケットとブルーシャツを合わせたコーディネート。あえてベルトをしないスタイリングがこなれた雰囲気を演出。

Lee(リー) 101J OW

1889年に創業し、1911年より8ozデニム仕様のビブ・オーバーオールを始めとしたワークウエアの自社製造からスタートしたデニムブランド「Lee(リー)」。Leeカウボーイジャケットが誕生した1931年以後、永年改良を重ねて生まれた名品「101J」。フロントのジグザグステッチ、斜めにカットされた胸ポケット、ヨーク、ウエストのアジャスタのネコ目ボタンなどの伝統的ディテールが施されている。

詳細・購入はこちら

デニムジャケット×ストールスタイル

デニムジャケットにチェック柄のストールを合わせてシルエットに立体感をプラスしたスタイリング。ボトムのジーンズはロールアップし、ホワイトスニーカーと組み合わせることで抜け感を演出。

トラッカージャケット×ネイビースラックススタイル

ネイビーのトラッカージャケットにネイビースラックス、シューズまでネイビーで合わせた統一感のあるコーディネート。モスグリーンのタートルネックをインナーにチョイスしてアクセントをプラス。ホワイトTシャツをさりげなくレイヤードさせた着こなしに注目したい。

鬼デニム デニムジャケット セカンドタイプ

コアなファンを多く持つ日本デニムブランド「鬼デニム」。インディゴ生地にインディゴのステッチを施したデニムジャケット。生地はタテヨコ共にインディゴ染めで仕上げられておりヒゲやアタリが出やすく独特の経年変化を楽しむことが出来る。

詳細・購入はこちら

デニムジャケット×ホワイトシャツ×ジーンズ

デニムジャケットにホワイトシャツを着込んでこなれ感を演出したコーディネート。ボトムはインディゴカラーのジーンズをチョイスしてデニムオンデニム。

Nudie Jeans(ヌーディージーンズ) Billy

2001年スウェーデン、ゴーテボーグにて設立されたデニムブランド「Nudie Jeans(ヌーディージーンズ)」。Billyはデニムジャケットの細身モデル。独特な風合いを演出した色落ちが特徴のデニムジャケット。

詳細・購入はこちら

リジッドデニムオンデニムコーディネート

リジッドタイプの武骨さ溢れるデニムジャケットとジーンズを組み合わせたワイルドなデニムオンデニムスタイル。ジーンズの裾をロールアップし、ミミのディテールを魅せてアクセントをプラス。

WVM(ダブルブイエム) RAW DENIM JACKET INDIGO

日本の職人が拘って仕上げた縫製や加工が持ち味の「WVM(ダブルブイエム)」。リーバイスのサードモデルを基本とした馴染みのあるデザインで取り入れ易く、現代に合わせてリサイズされたシルエットが絶妙なラインを表現したデニムジャケット。

詳細・購入はこちら

グレーパンツ×ワークジャケット

チャコールグレーのワイドパンツと程よく色落ちしたデニムワークジャケットを合わせたスタイリング。短冊開きのホワイトシャツをインナーに着込んでクリーンな印象をキープ。

スタンスミス×デニムオンデニムコーデ

インディゴとホワイトのツーカラーがメインのデニムオンデニムコーデ。微妙な濃淡の差が綺麗なグラデーションを表現。タイドアップしたシャツとダメージジーンズがメリハリのある印象に。

GUCCI L’Aveugle Par Amour デニムジャケット

ラグジュアリーブランド「GUCCI(グッチ)」。バックスタイルにインパクトのある刺繍デザインが施されたデニムジャケット。

詳細・購入はこちら

adidas(アディダス) スタンスミス

ギネス記録上、もっとも履かれていると言われるアディダスのスタンスミス。シンプルなデザインが幅広い着こなしにフィット。

詳細・購入はこちら

ブラックデニムジャケット×ブルーデニムシャツスタイル

シックな雰囲気漂うブラックデニムジャケットに、ブルーデニムシャツを合わせたスタイリング。ベースボールキャップやナイキスニーカーのチョイスがストリートテイストをプラス。

RockyMonroe(ロッキーモンロー) Nudie Jeans BILLYG Black Black Worn

NUDIE JEANSが誇る上質な4.15オンスのオーガニックコットンを使用したブラックデニムジャケット。ソフトな風合いがインナー、アウターどちらの着こなしにもフィットする。

詳細・購入はこちら

デニムジャケット×グレーニット×ブラックジーンズコーデ

グレーニットと白Tシャツをレイヤードさせ、ボトムにはダメージブラックジーンズをコーディネート。デニム以外をモノトーンでまとめることでインディゴブルーの映える着こなしに。

CITIZENS of HUMANITY(シチズンズ・オブ・ヒューマニティ) CLASSIC JACKET in WLKES

2003年、プレミアムデニムの立役者「ジェロームダーハン」が立ち上げたデニムブランド「CITIZENS of HUMANITY」のデニムジャケット。着丈を少し長めにデザインすることによって大人の男性も無理なく着こなせるアレンジがなされている。

(シチズンズ・オブ・ヒューマニティ)CITIZENS of HUMANITY CLASSIC JACKET in WLKES

詳細・購入はこちら

rag&bone(ラグ アンド ボーン)の FIT1ブラックジーンズ

FIT1は細身のスキニータイプのシルエット。ストレッチの効いた生地を採用しているため、履き心地は抜群で股上は浅め。rag&boneのデニムは全てアメリカの工場で作られています。カイハラやコーンデニム、日本綿布など、世界でも最高品質のデニム生地を使用。昔ながらのデニムを感じさせる打ち抜きリベットや、バックポケットにはrbの刺繍が入るなどディテールにもこだわった、アメリカンヘリテージの雰囲気を漂わせつつ、モダンで洗練されたデザインが魅力。

(ラグ アンド ボーン)rag & bone FIT 1ダメージデニム,ブラックジーンズ

詳細・購入はこちら

デニムジャケット×Tシャツ×スニーカーコーデ

両胸ポケットにシームなしの2ndタイプのデニムジャケットにインナー、ボトム、スニーカーに至るまでモノトーンで統一したコーディネート。淡色デニムが着こなし全体の中で鮮やかな存在感を示す着こなしだ。

KURO(クロ) “Jetta Denim Jacket” Vintage Wash 02

2010年春夏シーズンからスタートしたデニムブランド「KURO」定番の3rd型デニムジャケット。11.5ozのデニム生地で経糸には弱めのムラ糸を使用し、高密度で織られている為、 しっかりとした肉厚のストレッチ生地に。 洗いのみによって色落ちさせ、程よく入ったハンドシェービングが特徴です。

(クロ)KURO "Jetta Denim Jacket" Vintage Wash 02

詳細・購入はこちら

CHEAP MONDAY(チープマンデー)のブラックスキニーデニム

スウェーデン、ストックホルム発の「CHEAP MONDAY(チープマンデー)」は、その名の通り「お金を使いすぎた週末の明けた月曜日でも買えるチープな洋服」がコンセプトのブランド。新しくなった定番のブラックスキニーパンツは、後染めブラックの柔らかい素材感が特徴だ。

(ビームス) BEAMS CHEAP MONDAY / TIGHT NEW BLACK

詳細・購入はこちら

ZESPA 「Nappa」グレー

2009年南フランス始動のシューズブランド「ZESPA(ゼスパ)」からナッパレザーを使用したグレースニーカー。

[ゼスパ] ZESPA スニーカー ZSP4 Nappa

詳細・購入はこちら

デニムジャケット×テーラードジャケットをレイヤードで着こなし

1年に2回イタリアで開催されるピッティ・ウオモにおいて最もスナップされる日本人としてお馴染みのBEAMS Fの西口修平氏のショット。昨今トレンドになっているテーラードジャケットのインナーへのデニムジャケット使いが印象的な着こなし。テーラードジャケット、シャツ、デニムジャケット、ジーンズ、バッグに至るまですべてをブルー系で統一、素材感やトーンの違いによる絶妙なグラデーションがこなれ感を演出。

Levi’s(リーバイス) デニムトラッカージャケット「72334」

リーバイスのデニムトラッカージャケットは、14ozデニムを用いた3rdタイプのジージャン。サイドアジャスター・スモールeレッドタブ・ペーパーパッチなどベーシックな定番ディテールが随所に施されている。

(リーバイス) Levi's デニムトラッカージャケット 72334

詳細・購入はこちら

デニムジャケット×クロップドパンツスタイル

デニムジャケットにホワイトのクロップドパンツを合わせて抜け感を演出したスタイリング。柄スカーフを首に巻いてアクセントをプラス。足元はニューバランスのスニーカーをチョイス。

デニムジャケット×タイドアップシャツコーデ

デニムジャケットをテーラードジャケット代わりに見立てた着こなし。青みの強いネクタイとスラックスの色味がリンク。腕まくりをプラスすることでこなれ感満載の着こなしに。

GTA/INCOTEXのトロピカルウールスラックス

強撚糸のトロピカルウールは、通称トロとも呼ばれる春夏シーズンの定番素材。さらっとした肌触りなので、汗をかいても肌にまとわりつきにくくなっています。GTAやINCOTEXなど洗練されたテーパードシルエットのスラックスをチョイスしてスタイルアップしたいところ。

インコテックス,GTA,トロピカルウールスラックス,ネイビー

詳細・購入はこちら

デニムジャケット×タイドアップシャツ×ジーンズコーデ

淡色デニムを使用したデニムジャケットに濃紺ジーンズを合わせたデニム・オン・デニムコーデ。もともとショート丈でボリューム感のないデニムジャケット、そして細身デニムに合わせて細めのタイをあわせるバランス感がポイントだ。

Levi’s(リーバイス)デニムトラッカージャケット「72334」

14ozデニムを用いた3rdタイプのデニムジャケット。リアルユーズド加工によるライトブルーが特徴の一着。

(リーバイス) Levi's デニムトラッカージャケット 72334

詳細・購入はこちら

SIVIGLIA(シビリア)のリジッドデニム

シビリアから洗いをかけないリジッドデニム。少し厚手の生地は、男らしく無骨な雰囲気を漂わせるが、ポリウレタン混紡でストレッチ性能をもたせているためはき心地も良い。

(シビリア)SIVIGLIA リジッドデニム

詳細・購入はこちら

濃紺デニムジャケット×タイドアップシャツ×ブラックジーンズ

ブラックジーンズ、ブラックタイ、ブラックレザーシューズなど黒を多用することによって、よりシャープで都会的な印象を醸し出す着こなしが完成。アンクル丈のブラックデニムが足元に抜け感を出す。

LEVI’S(リーバイス) デニムジャケット/リンスカラー

14.5ozのヘビーウェイトデニムを使用したリーバイスのデニムジャケット。ダークインディゴ(リンス)、フラットフィニッシュ仕様。

(リーバイス)LEVI'S トラッカージャケット/リンスカラー/14.5oz デニム

詳細・購入はこちら

デニムジャケット×コットンパンツコーディネート

デニムジャケット本来のラフなイメージを体現するかのような着こなし。ペールグリーンのコットンパンツを合わせてさりげなく個性をアピール。

BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS デニムジャケット

9.6オンスデニムを使用したデニムジャケット。一枚一枚手作業でのシェービング加工を施し、細やかなヴィンテージ感をプラス。

(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ) BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS 【予約】【WEB限定】by デニム Gジャケット

詳細・購入はこちら

デニムジャケット×ケーブルニットコーデ

Tシャツ、ドレスシャツ、オックスフォードシャツ、スウェットシャツ、ニットに至るまで合わせるインナーを選ばないことはデニムジャケットの特徴。

LEVI’S(リーバイス) デニムジャケット

1962年に発売されたオリジナルデニムジャケット。フォルムは定番のスタンダードフィットで、裾はウエストの下に届き、ウェルトポケットになっているのが特徴的。

 

詳細・購入はこちら

デニムジャケット×バンダナ首巻きスタイル

リーバイスの3rdタイプデニムジャケットにグリーンのバンダナでアクセントを加えた着こなし。

LEVI’S(リーバイス) デニムジャケット

1962年に発売されたオリジナルのデニムトラッカージャケット。

(リーバイス)LEVI'S トラッカージャケット

詳細・購入はこちら

HAV-A-HANKの定番ペイズリーバンダナ各色

アメリカ国内ナンバー1シェアを誇るバンダナメーカー「HAV-A-HANK」の定番ペイズリーは一枚はおさえておきたい。豊富なカラーバリエーションとリーズナブルな価格が魅力。(コットン100%、約54×54cm)

HAV-A-HANKの定番ペイズリーバンダナ各色

詳細・購入はこちら

デニムジャケットでデニムオンデニムコーデ

デニムオンデニムもダークトーンならシックな印象に。時にはブラックデニムジャケットで渋い表情を楽しみたい。

KURO “Jetta Black Denim Jacket” One Wash

KURO定番の3rd型ブラックデニムジャケット。

(クロ)KURO "Jetta Black Denim Jacket" One Washブラックデニムジャケット

詳細・購入はこちら

TELLASON 14.75oz GUSTAVE MID-RISE SLIM TAPERED 5POCKET JEANS

サンフランシスコ発のデニムブランド「テラソン」のテーパードジーンズ。

(テラソン)TELLASON 14.75oz GUSTAVE MID-RISE SLIM TAPERED 5POCKET JEANS

詳細・購入はこちら

Andres Sendra(アンドレスセンドラ)のレザーブーツ「Country Tinol」

100年の歴史を持つスペインの高級靴ブランド「Andres Sendra」のサイドゴアレザーブーツ。

[アンドレスセンドラ] Andres Sendra ブーツ Country Tinol

詳細・購入はこちら

オーバーサイズデニムジャケット×ブラックスキニージーンズコーデ

ワンサイズアップさせたオーバーサイズのデニムジャケットにブラックカットソーとスキニーブラックジーンズを合わせた着こなし。Yラインを構成することでスタイルアップしつつ、足元にはVANSオーセンティックをチョイスすることで横ノリテイストを感じさせるスタイリングに。

LEVI’S(リーバイス)デニムジャケット

定番の3rdタイプのデニムジャケット。リアルなユーズド加工が魅力の一着。

 

詳細・購入はこちら

Nudie Jeans(ヌーディージーンズ) Long John

股上は浅く、スキニーフィットです。足元の裾口が細くなっているのでピタッとしたシルエット。Nudieのクラシックなブラックストレッチデニム、実はディープインディゴの生地をさらにブラックで後染め加工。

(ヌーディージーンズ)Nudie Jeans Long John

詳細・購入はこちら

デニムジャケット×スウェットパンツスタイル

ラフに使えるという共通点はあれど、キャラクターは異なるスウェットパンツとデニムジャケットを組み合わせたアメカジ×スポーツのミックスコーデ。インナーにはヘンリーネックTシャツを合わせてワイルドにキメる。

rag & bone(ラグ&ボーン) のデニムジェケット「JEAN JACKET」

2002年にMarcus WainwrightとDavid NevilleによってスタートしたNYを代表するブランド「rag & bone(ラグ&ボーン)」の定番のヴィンテージデニムジャケット。

(ラグ&ボーン)rag & bone JEAN JACKETデニムジャケット

詳細・購入はこちら

デニムジャケット×プリーツパンツコーデ

トレンドキーワード「カーキ」「プリーツ」を兼ね備えたパンツに色落ちデニムジャケットをコーディネート。デニムジャケットの中には、Tシャツと同色のダブルブレステッドベストをさりげなくイン。

デニムジャケット×カバーオールコーデ

アイスブルーに色落ちしたデニムジャケットの上にチェック柄のカバーオールを着込み、ボトムにジーンズを合わせたデニムオンデニムスタイル。インナーはボルドーのタートルネックニットをチョイスしてコントラストを効かせている。

n(n) BY NUMBER (N)INE(エヌエヌ バイ ナンバーナイン) DENIM JACKET

デニムジャケットにオリジナル音符柄の生地を使用したあらたな加工を施した「n(n) BY NUMBER (N)INE(エヌエヌ バイ ナンバーナイン)」のデニムジャケット。ダーツや袖裏の音符テープ、クロスのかんぬき等のステッチワークがアクセントに。

詳細・購入はこちら

デニムジャケット×トレンチコート×ホワイトパンツ

ウール地でざっくりした風合いの生地で仕立てられたトレンチコートのインナーにデニムジャケット、タートルネックニットを着込んだスタイリング。ホワイトパンツで抜け感を演出し、さりげない裾のカットオフでこなれた雰囲気に。

RHC Ron Herman(ロンハーマン) Crush Denim Jacket

RHCオリジナルのリーバイスセカンドモデルを参考に生産されたデニムジャケット。随所にハードなクラッシュ加工を施しており、海の潮風で焼けたような色落ちを施したデザインが魅力的。

詳細・購入はこちら

SIVIGLIA(シビリア) ホワイトデニム

2005年にイタリアのアンコーナで始動したSIVIGLIA(シビリア)の中でも高い人気を誇るホワイトジーンズ。ほどよく厚みがある生地のため、透けもなくコーディネートに加えやすい1本だ。

SIVIGLIA(シビリア) ホワイトデニム

詳細・購入はこちら

デニムジャケット×オイルドコットンジャケットスタイル

オイルドコットンジャケットにデニムジャケットを合わせた武骨な雰囲気漂う着こなし。ホワイトタートルネックとホワイトシャツを合わせてメリハリのある印象に。腰から垂らしたバンダナやスニーカーにはレッドをチョイスしてアクセントをプラス。

LEVI’S (リーバイス) トラッカージャケット

デニムの原点ブランドとして現在も高い人気を誇る「LEVI’S (リーバイス)」。サードタイプトラッカージャケットの胸ポケットに施された赤タグがアクセントをプラス。

詳細・購入はこちら

Barbour(バブアー) Beaufort SL

オイルコットンジャケットの雄「Barbour(バブアー)」。Beaufort SLモデルはゲームポケットや内ポケットの実用的ディテールはそのままに、日本人向けにフィットするよう設計されたモデル。

詳細・購入はこちら

デニムジャケット×モノトーンコーデ

ホワイトのデニムジャケットに、ブラックチェスターコートとブラックジーンズを合わせたモノトーンコーディネート。ダメージジーンズやスニーカーのチョイスがストリートテイストをプラス。

JACOB COHEN(ヤコブコーエン) デニムジャケット YORK

テーラードジーンズという言葉を生み出したイタリアデニムブランド「JACOB COHEN(ヤコブコーエン)」。YORKはタイトシルエットに設計されたデニムジャケットモデル。ストレッチ素材を使用してストレスフリーな着心地を実現。

詳細・購入はこちら

デニムジャケット×ブラックトレンチコートスタイル

デニムジャケットにブラックトレンチコートを羽織り、シックな印象をプラスしたコーディネート。ブラックダメージジーンズを合わせて都会的な表情の中にも抜け感を演出。

SUGAR CANE シュガーケーン ロンスター デニムジャケット 14oz

1975年、東洋エンタープライズがスタートしたブランド「SUGAR CANE(シュガーケーン)」。デニムジャケットの完成形とも謳われる1960年代のデニムジャケットサードモデル(サードタイプ)をベースとし、ロンスターシリーズ特有のリアルなエイジング、経年変化を表現したモデル。

詳細・購入はこちら

デニムジャケット×マウンテンパーカースタイル

オリーブカラーのマウンテンパーカーの下に、ブラックデニムジャケットを着込んだワイルドな雰囲気漂うスタイリング。ボトムはウールパンツをチョイスして着こなしにメリハリを効かせている。

AMERICAN RAG CIE(アメリカンラグシー)  LEE×AMERICAN RAG CIE 別注 デニムジャケット

アメリカンラグシー×リーの別注デニムジャケット。「101J」の別注モデルで、すっきりした身幅デザインとやや長めにとられた着丈のシルエットバランスが特徴。

詳細・購入はこちら

デニムジャケット×チェスターコートスタイル

デニムジャケットにピークドラペルのキャメルチェスターコートを着込んだスタイリング。タートルネックやハットなどの他アイテムはブラックで統一させて、締まりのある雰囲気を演出。

TAGLIATORE(タリアトーレ) ダブルチェスターフィールドコート

デザイナーが縫製の仕様からスタイリングの提案まで携わるイタリアブランド「TAGLIATORE(タリアトーレ)」。ワイドラペルが凛々しい雰囲気を演出するダブルチェスターコート。

詳細・購入はこちら

LEVI’S(リーバイス) トラッカージャケット PICCOLO

ジーンズの原点ブランド「LEVI’S(リーバイス)」。1962年に発売されたオリジナルのデニムジャケット。

詳細・購入はこちら

デニムジャケット×テーラードジャケット×カーゴパンツコーデ

チェック柄テーラードジャケットに、デニムジャケット、カーゴパンツを合わせたカジュアルジャケパンスタイル。ジレとホワイトシャツの合わせが、カジュアル過ぎる印象を与えない。

REMI RELIEF(レミレリーフ) デニム1ST JK

日本のメンズファッションブランド「REMI RELIEF(レミレリーフ)」。オリジナルの加工を施した後、職人がアタリを演出した1st モデルのデニムジャケット。

詳細・購入はこちら

デニムジャケット×トレーナースタイル

デニムジャケットにマスタードカラーのトレーナーを合わせてコントラストを効かせたコーディネート。ブラックスキニージーンズとチェルシーブーツの組み合わせがスマートな印象を演出。

Fioさん(@fio_11_)が投稿した写真 –

orSlow(オアスロウ) 60’S DENIM JACKET

兵庫県西宮発の国産デニムブランド「orSlow(オアスロウ)」。全工程を「Made in Japan」のハンドメイドにこだわっている。定番のデニムジャケットは、オリジナルのデニム生地を使用し、ビンテージ独特の風合いを再現しながらもサイジングを調整したデザイン。

詳細・購入はこちら

デニムオンデニム×トレンチコートスタイル

リジッドタイプのデニムオンデニムスタイルに、光沢のある素材で縫製されたトレンチコートを羽織ったスタイリング。裾からさりげなくドット柄シャツをレイヤードさせている点に注目したい。足元にはチェルシーブーツをチョイス。

Lee(リー) 101J OW

1889年より創業しているデニムブランド「Lee(リー)」。アイコニックデザインとも言えるフロントのジグザグステッチが施されたデニムジャケット。

詳細・購入はこちら

デニムジャケットメンズ着こなし「ドレス×カジュアルミックスコーデ」

ネイビージャケット×グレーパンツの定番ジャケパンスタイルにデニムジャケットを挟んだ着こなし。ドレステイストの強いジャケット、シャツ、タイを選ぶことでデニムとのコントラストが強調されたメリハリあるコーディネートが完成。

タリアトーレ ホップサック2Bジャケット「モンテカルロ」

イタリアのファクトリーブランドの雄「タリアトーレ」から、軽やかな仕立てで人気のシングルテーラードジャケットモデル「モンテカルロ」。立体感のある織り柄で知られるホップサックは通気性が高いため、ウール100%ながら夏以外の3シーズンに渡って活用できる。

タリアトーレ110’Sホップサック2Bジャケット/モンテカルロ ネイビー

詳細・購入はこちら

G.H.BASS(ジーエイチバス) メンズローファー LAYTON

1876年George Henry Bass氏により創業した米国の老舗シューズブランドG.H.BASS(バス)社は世界で始めてローファーのスタイルを確立したことでも知られる。アッパーにキルトとタッセルが付いたデザイン性の高い1足。

G.H.BASS(ジーエイチバス) メンズローファー LAYTON レイトン/キルト タッセル メンズローファー

詳細・購入はこちら

デニムジャケット×チェスターコート着こなし

デニムオンデニムに対して、インナーにはデニムとの相性抜群のオックスフォードシャツをコーディネート。アウターにはネイビーのチェスターコートを合わせドレス×カジュアルのミックススタイルが完成。

CITIZENS of HUMANITY(シチズンズ・オブ・ヒューマニティ) HOLDEN in NATURAL INDIGO

プレミアムデニムの立役者、ジェロームダーハンによって2003年よりスタートした「CITIZENS of HUMANITY(シチズンズ・オブ・ヒューマニティ) 」から、定番モデル「HOLDEN」にコーンミルズ社のホワイトオーク・ミルズ110周年を祝って復活させた記念生地を使用した特別な一本。

(シチズンズ・オブ・ヒューマニティ)CITIZENS of HUMANITY HOLDEN in NATURAL INDIGO

詳細・購入はこちら

デニムジャケット×ボタンダウンシャツ×ストール

濃紺デニムにオックスフォードボタンダウンシャツ、ストール、タッセルローファーをコーディネートすることでトラッド感漂わせるドレステイストの装い。

デニムジャケット×バブアーオイルドジャケットに合わせた着こなし

ユーズド感あふれるバブアーのオイルドジャケットにデニムジャケットをあわせてラギッドな着こなしに。デニムジャケットのアウター使いに抵抗がある場合にも重宝するデニムジャケットのインナー使いはメンズファッションの定番だ。

Barbour(バブアー)「Bedale SL」

1894年創業以来、英国上流階級のアウトドアアウターを中心に展開する「BARBOUR(バブアー)」の定番ジャケット「BEDALE」。中でも現代的な着こなしにフィットするようデザインされた細身フォルムのSLはコーディネートの幅を広げてくれる。

(バブアー)Barbour Bedale SL

詳細・購入はこちら

デニムジャケット×アウトドアジャケットコーデ

使い込んで味の出たライトブラウンのオイルドクロスアウターにデニムジャケットを組み合わせた着こなし。

Levi’s(リーバイス) デニムジャケット 72334

14ozデニムを用いたリーバイス3rdタイプのジージャン。

(リーバイス) Levi's デニムトラッカージャケット 72334

詳細・購入はこちら

デニムジャケット×スウェットパーカースタイル

スウェットシャツがデニムジャケットの中でもたつかない、ほどよい厚み・サイズ感を組み合わせることで、何気ない着こなしをハイセンススタイルに昇華。

Lee(リー) デニムジャケット インディゴブルー

1911年以来、質実剛健なワークウェアを展開するデニムブランド「Lee」定番のデニムジャケット。歴史的なGジャンのデザインはそのままに、より体に程良くフィットするフォルムを採用。

 

詳細・購入はこちら

CAMBER(キャンバー) PULLOVER HOOD PARKA

1948年に生地工場としてスタートしたペンシルバニア発のヘビーウェイトスウェットブランド「CAMBER(キャンバー) 」のプルーバースウェットパーカー。

(キャンバー)CAMBER(キャンバー) PULLOVER HOOD PARKA

詳細・購入はこちら

デニムジャケット×ミリタリージャケット

メンズファッション定番のミリタリー×ワークを組み合わせたラギッドな着こなし。デニムオンデニムに抵抗がある場合にも、アウターを組み合わせることでトライしやすい。

デニムジャケット×ショールカラーチェスターコート

ショールカラーのチェスターコート、シャツ、スラックスに至るまでブラックで統一した着こなし。色味が不足しがちな冬のメンズファッションにインディゴブルーがダークカラーの中で鮮やかに存在感を主張。

デニムジャケット×タイドアップシャツ×ウールスラックス

アウター一辺倒でマンネリになりがちな真冬の着こなしにアクセントをプラスしてくれるデニムジャケット。ツイード調のグレーウールスラックスをあわせてシックで落ち着いた大人の着こなしが完成。

Lee(リー) 101J

フロントのジグザグステッチが特徴的なLeeのデニムジャケット。元々、ライダースジャケットとして使用されていたモデルであり、ウエストボタンはバイクを傷つけないためにプラスチック製のものを採用している。

詳細・購入はこちら

この記事を気に入ったら
いいね!してね

今読んだ記事

デニムジャケット 着こなし メンズ【最新】

Share