banner

グレースーツ 着こなし【最新スタイル】

ネイビースーツに並び「ビジネススーツの定番」の地位を確立するグレースーツ。ひとことにグレースーツと言っても冠婚葬祭でも通用するチャコールグレースーツから、ややカジュアルで華やかな印象を演出できるライトグレースーツまで選択肢のバリエーションは広い、今回は”グレースーツ”にフォーカスして注目の着こなしを紹介!

スポンサーリンク

グレースーツの着こなし「印象はトーンで変わる!」

グレーとひとことで言ってもライトグレーからブラックに近い色味まで幅広く、印象は大きく変化。まずはミディアムグレー〜チャコールグレーのオーソドックスなスーツを揃え、徐々に涼しげなライトグレーや色味を帯びたグレーなどにも手を伸ばしていきたいところ。

グレースーツの着こなし「ストライプスーツは戦略的に選ぼう」

「ピンストライプ」「チョークストライプ」「シャドーストライプ」などストライプの”種類”はもちろんのこと、ストライプの”幅”にもフォーカスしたい。ビジネスパーソンなら「間隔の広いピンストライプスーツで迫力・風格を出す」逆に「シャドーストライプで控えめな印象を出す」など戦略的視点からも検討するのは有力だ。

グレースーツ アイテム紹介

色味、ストライプの幅、柄の種類などの織り柄に注目して、自分のスタイルに合ったグレースーツをチョイスしたいところ。

▶︎グレースーツを探す

グレースーツ×ブラックレザーシューズは王道のコンビ

ブラックやブラウンの革靴は「ネイビースーツ」「グレースーツ」ともに合わせられますが「王道の組み合わせは?」と問われれば「ネイビースーツにはブラウンレザーシューズ」「グレースーツにはブラックレザーシューズ」が基本。

グレースーツには黒革靴

グレースーツの着こなし紹介!

グレースーツ×レッドタイ

積極性や情熱的な印象を与えるレッドタイを無地のグレースーツに合わせた着こなし。コントラストをきかせるように取り入れたサックスブルーのワイドカラーシャツが、ネクタイの色味を引き立たせる。そんなVゾーンの色味の主張を妨げないのは、グレースーツならではの魅力だ。足元にはミニマルデザインのブラックレザーローファーを組み合わせてモダンなテイストをプラス。

グレースーツ×モンクストラップシューズ

幅広のピークドラペルとダブルブレステッドのグレースーツが貫禄のある印象を与えるスタイリング。ダブルジャケットはフロントを開けてこなれた雰囲気に着こなすのがトレンドだ。パッチポケットタイプのカジュアルな仕様がノータイスタイルと絶妙にフィット。足元にはブローグが施されたモンクストラップシューズを合わせて。

グレースーツ×ダブルジレスタイル

ワイドラペルが風格を漂わせるストライプ柄のスリーピーススーツを纏ったガブリエレパジーニ氏の着こなし。ジレもワイドなラペル付きのデザインをチョイスして個性を演出。レザーシューズのシューレースは、タブーとされている縦の結び目をあえて作りこなれ感をプラス。

グレースーツ×ダブルモンクストラップシューズ

グレースーツにネイビータイを組み合わせることで知的な印象に仕上げたオーセンティックなスタイリング。肩に吸い付くような構築的なシルエットやラペルの先が尖ったピークドラペルのデザインが精悍な印象を与える。ノークッション丈で仕上げたパンツの足元には、オンオフ問わず活躍を期待できるダブルモンクストラップシューズを合わせて。

グレースーツ×小紋柄ネイビータイ

チャコールグレーのラインでチェック柄が表現されたグレースーツに小紋柄のタイ、ストライプシャツを合わせた着こなし。ノークッションのパンツ丈が注目を集めている昨今、あえてセオリーどおりのクッションを入れた丈感で着こなすのも有力だ。革靴はブラックレザーをチョイス。

グレースーツ×トーンオントーンスタイル

グレーのグラデーションを全身で表現したトーンオントーンスタイル。スエードのタッセルスリッポンもグレーをチョイスした徹底ぶりに注目だ。インナーのシャツはあえてボタンダウンカラーをチョイスしてスポーティで若々しい印象に。

グレースーツ×ストライプシャツ×ニットタイ

落ち着きのあるソリッドグレーのスーツにストライプのタイドアップシャツを合わせて精悍な印象をプラス。先端がベルトの上にかかるタイの適正な長さや袖口のレイヤードなど、スーツのセオリーを意識したサイズバランスが洒脱な印象を与える。

グレースーツ×ブルードットタイ

ラペル幅が広めに設計されたグレースーツにポルカドット柄が配されたブルーのタイを合わせてアクセントをプラス。ディンプルをしっかりと作ったタイドアップによってダンディな雰囲気を漂わせる。袖口の第一ボタンをあえて外してこなれ感を演出する着こなしはイタリアの伊達男の間で多く見られるテクニックだ。

グレースーツ×ソックス

オーソドックスなライトグレースーツにライトブラウンのベルトやダブルモンクストラップシューズを合わせてアクセントをプラス。一見ベーシックにまとめたスーツスタイルだが、剣先付きニットタイの取り入れやビビッドカラーのソックス使いによって随所にさりげない遊び心をプラスしている。

グレースーツ×エスパドリーユ

ネイビーとグレーでオーセンティックに仕上げたスーツスタイル。エスパドリーユをチョイスした足元が涼感を演出。スーツはグレー、小物はネイビーで色味を使い分けたスタイリングがこなれ感を漂わせる。スーツスタイルの参考にしたいスタイリングだ。

グレースーツ×レジメンタルタイ

袖山を盛り上げたビルドアップショルダーが凛とした印象を与えるピークドラペルのダブルジャケットにレジメンタルのタイドアップシャツを合わせて。レジメンタルとは英語で「連隊に属する」という意味で特定のグループに属することを示すため、身に付ける際は注意が必要だ。関連記事▶︎レジメンタルストライプのネクタイは誤解を招く!?

グレースーツ×スニーカースタイル

ホワイトのストライプが走るグレースーツにニットタイとスニーカーを合わせてスポーティな印象をプラス。カジュアルアイテムを組み合わせながらも品のある雰囲気をキープしているのは、色味を3色以内に抑えている点が大きい。

グレースーツ×タイドアップシャツ

ワイドなラペル、プリーツによってゆとりのあるウエスト周り、6~7cmに設定されたパンツのダブル仕上げなどがクラシックな雰囲気を漂わせるグレースーツスタイル。ボタンダウンのボタン外しやタイの小剣ずらしが上級者の風格を醸し出す。

グレースーツ×スニーカースタイル

ソフトな風合いのライトグレースーツにストライプ柄のバンドカラーシャツ、白スニーカーを合わせてカジュアルダウン。タイの代わりにストールをセットしたスタイリングが洒脱な雰囲気を漂わせる。

グレースーツ×ネイビーTシャツコーデ

グレイッシュブルーのスーツにネイビーTシャツを合わせてグラデーションを表現したコーディネート。ニューバランスのスニーカーもヒールパッチでしっかりとブルーをリンクさせている。ラフな腕捲りやフロントボタンを開けたさりげない着崩しはカジュアルスーツスタイルを成功させる鍵だ。

グレースーツ「足元でグラデーションを表現」

グレースーツに合わせる革靴の色はブラックがセオリーだと言われているが、あえてチャコールグレーのスエードダブルモンクストラップシューズを合わせることでグラデーションを表現したスタイリング。誠実な印象をキープしたい場合、ソックスは主張の少ないネイビーやブラックの無地が好ましい。

グレースーツ×ボタンダウンシャツ

3パッチタイプのカジュアルなグレースーツにチェック柄のボタンダウンシャツとドット柄のタイをセット。ボタンダウンシャツといえば、イギリスの上流階級がたしなむポロ競技で、選手が着用していたポロシャツの衿が浮くのを固定するためにボタンを施したことから生まれたディテールだ。シャツの衿ボタンを外して、あえて襟元を崩して見せるという着こなしは、故ジャンニ・アニエッリ氏のトレンドマークとして広く知られている。

グレースーツ×オッドベスト

ビジネススーツはもとより、結婚式披露宴へのゲスト参加の際などにぜひ取り入れたいのオッドベスト。色味や素材感の異なるベストを取り入れることによって、スリーピーススーツとは一味違う印象を与えられる。グレースーツのチェック柄に色味をリンクさせて、さりげなく統一感を演出するのも有力な選択肢だ。関連記事▶︎ベスト着こなし特集

グレースーツ×ニットタイスタイル

柄の中でもカジュアルな印象が強いチェック柄のスーツは、ニットタイが好相性。ニットタイは、通常のプレーンノットで結ぶと生地の厚みが原因でノットが大きくなりすぎたり、小剣が短くなりすぎたりしがち。オリエンタルノットやフォアインハンドといった結び方をマスターしてスマートに合わせたい。関連記事▶︎ニットタイ結び方&アイテム特集

グレースーツ×ローファー×Tシャツ

グレーのカジュアルセットアップスーツスタイルに合わせたサングラスはポップなイエローのカラーフレーム。グレーにホワイトTシャツといった無彩色のアイテムに合わせることで、アクセントとしての効果を高める。カジュアル過ぎる印象を回避するために、足元には革靴のダブルモンクローファーをチョイス。

グレースーツ「チェック柄を取り入れて貫禄を」

若々しさや物足りない印象をスーツスタイルで回避したい場合、柄の取り入れは有力な選択肢になるだろう。柄が大きいほど、与えるインパクトは強くなる。他アイテムも程よい主張のデザインをチョイスして全体のバランスを整えることで、偏りのない雰囲気を表現。

グレースーツ×Tシャツスタイル

トーンの明るいグレーのラインがチェック柄を表現したダブルブレステッドのグレースーツスタイル。貫禄のある表情を演出するスーツのデザインだが、インナーに白無地Tシャツをチョイスすることでカジュアルでソフトな雰囲気に。裾にクッションを入れることで足元に重心を持っていき、物足りない印象を回避。

グレースーツ×ノータイスタイル

Vゾーンの浅いダブルブレステッドのスーツなら、ノータイスタイルでも物足りない印象を与えない。チェーンが短めのネックレスやポケットチーフなどの取り入れによって華やかさを加味するのもアリだ。足元にはスリッポンのレザーシューズを合わせるなど、リラックスした雰囲気を上手く取り入れたバランス感覚も参考にしたい。

グレースーツ×スニーカースタイル

ライトグレーのスーツにホワイトレザースニーカーを合わせたスタイリング。無彩色のアイテムで全身をまとめることで洗練された雰囲気を獲得。ドレスアイテムであるスーツの裾をラフにロールアップしてカジュアルなテイストをプラスすることで、スニーカーとの馴染みを良くさせている点にも注目したい。

グレースーツ×チャコールグレーTシャツスタイル

チャコールグレーのスーツに同系色のTシャツを合わせて統一感を演出したスタイリング。無彩色で主張の少ないダークトーンだからこそ、合わせたサングラスのインパクトのあるデザインが際立つ。幅広に仕上げたパンツのダブル仕上げや絶妙な丈感も参考にしたい。

グレースーツ×スニーカースタイル

信頼感や品格、そして力強さを与えると言われるチョークストライプスーツ。そんなスーツにTシャツとブラックレザースニーカーを合わせてカジュアルなスタイリングを構築。モノトーンで全身をまとめることで、モードな雰囲気を漂わせる。

グレースーツ×スニーカーコーデ

チェック柄が施された貫禄のあるスリーピーススーツにトロピカル柄が配されたスニーカーを合わせたスタイリング。違う柄同士の組み合わせながら、色味やトーンを近付けることによってまとまりのある雰囲気を演出。裏地やポケットチーフにはグリーンをチョイスしてスパイスを。

グレースーツ×ネイビースエードローファー

グレースーツにブルーのアクセントをプラスしたコーディネート。色味はもとより、グレーとブルーのトーンにもメリハリをつけることで、アクセントの効果を高めている点に注目したい。

グレースーツ×ブローグスニーカー

ストライプが配された風格のある表情のグレースーツスタイルにグローブの装飾が施されたスニーカーを合わせてアクセントを加味。スクエアで取り入れたポケットチーフやノータイのVゾーンなどスーツの主張が強い分、他のアイテムは控えめに。

グレースーツ×ヘンリーネックシャツ

チェック柄が配されたグレースーツにヘンリーネックシャツとホワイトスニーカーを合わせたカジュアルスーツスタイル。あえて細幅ラペルのデザインをチョイスすることで、クラシック回帰のトレンドとは異なるモダンな雰囲気を醸し出している。

グレースーツ×ウィンドウペンチェック

クラッシックでトラディショナルな印象を与えるウィンドウ・ペンのグレースーツを身に纏ったスタイリング。手入れの行き届いたブリーフケースに対して、足元はスポンジソールの革靴をチョイスするなど、遊び心を取り入れたアイテムチョイスがポイント。

グレースーツ×スニーカースタイル

タイトなサイジング、スニーカーを合わせたカジュアルなスタイリングながら、頼りない印象を与えないのはチェック柄とダブルブレステッドによって貫禄のある表情を演出したグレースーツのデザインが理由だ。

グレースーツ「小物の色味を統一させて個性をプラス」

無彩色であり、様々な色味と絶妙にフィットする点が魅力でもあるグレースーツに、グリーンをリンクさせた小物アイテムを合わせることで個性をプラス。スーツの着こなしのセオリーとして、ベルトとシューズの色味を合わせたスタイリングはポピュラーだが、ポケットチーフ、ミラーレンズに至るまで色味をリンクさせたスタイリングは珍しい。

グレースーツ×ブラウンスエードシューズ

ナチュラルショルダーの肩周りやマニカカミーチャの袖、パッチポケットとといったカジュアルテイストを取り入れたスーツの仕様がイタリアのらしさを漂わせるスーツスタイル。足元はブラウンスエードのウィングチップをチョイス。

グレースーツ×スニーカースタイル

年に2回イタリアのフィレンツェにて行われる世界規模のメンズファッション展示会ピッティウオモ。そこに訪れるファッショニスタのスーツスタイルは参考にしたいポイントも多い。ストライプスーツにドット柄のタイを合わせたVゾーンや袖のレイヤード、スニーカーと好相性のパンツ丈などはぜひチェックしておきたいポイントだ。

グレースーツ×スリッポンスニーカー

昨今では、スーツのスラックスにドローコードや伸縮ベルトを取り入れることで快適な履き心地を実現したイージーウェアの仕様が各ブランドから展開されはじめてきている模様。カジュアルなスーツに合わせるように、足元にはスリッポンスニーカーをチョイス。

グレースーツ×ブーツスタイル

細身のグレースーツに合わせたブラックレザーブーツのヒールデザインがスマートなシルエットを構築。ダブルブレステッドジャケットで左右のボタン付け位置の幅がYライン上に設定されている場合は、一番感覚の狭い位置のボタンを止めるのが正式だ。ノータイでトップボタンまでを全て留めた白シャツがモードな雰囲気を高める。

グレースーツ×チェスターコートスタイル

フランネル生地で仕立てられたソフトな風合いだが、ダブルブレステッドが凛々しさを演出するグレースーツに、同じくフランネル生地で縫製された青みの強いネイビーチェスターコートを合わせて統一感を演出したコーディネート。チェスターコートの胸ポケットにはレザーグローブを入れるのが基本だが、あえてホワイトポケットチーフをチョイスすることで紳士的な印象に。

グレースーツ×カーディガンコーデ

ストライプ柄がシャープな印象を与えるグレースーツコーディネート。タイドアップシャツを合わせたドレッシーな装いに、ハイゲージカーディガンやチャッカブーツを合わせてこなれ感溢れるスーツスタイルを演出。

グレースーツ×グレーコートスタイル

ラペルの刻みが独特な仕様のグレーコートに、スリーピースのグレースーツ、内羽根式レザーシューズを合わせたドレススタイル。タイにはモノトーンチェック柄をチョイス。モノトーンカラーで着こなしを完成させることによって洗練された印象を演出できる。

グレーチェック柄スーツスタイル

丸みのある自然なシェイプシルエットがナポリ仕立てを思わせるグレーチェックスーツスタイル。タイにソリッドグレーをチョイスしてグラデーションを表現。

グレースーツ×ホワイトシャツ×ホワイトスニーカー

チャコールグレーのストライプ柄スーツに、スタンドカラーホワイトシャツの裾出しやスニーカーのチョイスがストリートテイストを漂わせるコーディネート。アウターにはカジュアルスーツスタイルと相性の良いヘリンボーン柄チェスターコートをチョイス。

キャメルコート×グレンチェックスーツスタイル

キャメルコートにグレンチェック柄が目を惹くグレースーツを合わせたスタイリング。シューズやストールにブラックカラーをチョイスしてシックな印象に。

グレースーツ×ファーコートスタイル

グレースーツに切り替えデザインのファーコートを合わせたラグジュアリーな雰囲気漂うスーツスタイル。足元のタッセルローファーやタイは赤系のアイテムをチョイスしてアクセントをプラス。

次のページでも、引き続きグレースーツの着こなし事例をピックアップ!

ページ:

1

2
FOLLOW US

Related post