グレースーツ 着こなし【最新スタイル】

ネイビースーツに並び「ビジネススーツの定番」の地位を確立するグレースーツ。今回は”グレースーツ”にフォーカスして注目の着こなしを紹介!

スポンサーリンク

グレースーツ×ダブルジレスタイル

ワイドラペルが風格を漂わせるストライプ柄のスリーピーススーツを纏ったガブリエレパジーニ氏の着こなし。ジレもワイドなラペル付きのデザインをチョイスして個性を演出。レザーシューズのシューレースは、タブーとされている縦の結び目をあえて作りこなれ感をプラス。

グレースーツ×チェスターコートスタイル

フランネル生地で仕立てられたソフトな風合いだが、ダブルブレステッドが凛々しさを演出するグレースーツに、同じくフランネル生地で縫製された青みの強いネイビーチェスターコートを合わせて統一感を演出したコーディネート。チェスターコートの胸ポケットにはレザーグローブを入れるのが基本だが、あえてホワイトポケットチーフをチョイスすることで紳士的な印象に。

グレースーツ×カーディガンコーデ

ストライプ柄がシャープな印象を与えるグレースーツコーディネート。タイドアップシャツを合わせたドレッシーな装いに、ハイゲージカーディガンやチャッカブーツを合わせてこなれ感溢れるスーツスタイルを演出。

グレースーツ×グレーコートスタイル

ラペルの刻みが独特な仕様のグレーコートに、スリーピースのグレースーツ、内羽根式レザーシューズを合わせたドレススタイル。タイにはモノトーンチェック柄をチョイス。モノトーンカラーで着こなしを完成させることによって洗練された印象を演出できる。

グレーチェック柄スーツスタイル

丸みのある自然なシェイプシルエットがナポリ仕立てを思わせるグレーチェックスーツスタイル。タイにソリッドグレーをチョイスしてグラデーションを表現。

グレースーツ×ホワイトシャツ×ホワイトスニーカー

チャコールグレーのストライプ柄スーツに、スタンドカラーホワイトシャツの裾出しやスニーカーのチョイスがストリートテイストを漂わせるコーディネート。アウターにはカジュアルスーツスタイルと相性の良いヘリンボーン柄チェスターコートをチョイス。

キャメルコート×グレンチェックスーツスタイル

キャメルコートにグレンチェック柄が目を惹くグレースーツを合わせたスタイリング。シューズやストールにブラックカラーをチョイスしてシックな印象に。

グレースーツ×ファーコートスタイル

グレースーツに切り替えデザインのファーコートを合わせたラグジュアリーな雰囲気漂うスーツスタイル。足元のタッセルローファーやタイは赤系のアイテムをチョイスしてアクセントをプラス。

グレースーツ×チェックシャツスタイル

ライトグレーがソフトな雰囲気を放つスーツスタイルにギンガムチェックシャツを合わせてカジュアルダウンさせたコーディネート。ノーソックスでフルグローブを履き、ボトムはクロップド丈をチョイスして抜け感を演出。

グレースーツ×オレンジポケットチーフ

無彩色&中性的な色でもあるグレーは、インパクトあるカラーアイテムとの相性◎。グレースーツにタイドアップシャツのシンプルな着こなしだが、ポケットチーフにオレンジをチョイスしてポップな雰囲気をプラス。

グレーダブルスーツ×ブルーシャツコーデ

グレーのダブルブレステッドスーツスタイルに、ブルーのタイドアップシャツを合わせたコーディネート。ブルーシャツにネイビーのソリッドタイを合わせてグラデーションを表現。シューズはバーガンディのローファーを履いてコントラストを効かせている。

グレースーツ×スタンスミスコーデ

うっすらとチェックの入ったグレースーツにノーネクタイでスタンスミスを履いたラフなコーディネート。スニーカーに合わせて、シャツやポケットチーフもホワイトカラーをチョイス。

ホワイトスニーカー×グレースーツ×チェスターコート

チャコールグレーとライトグレースーツの組み合わせによってグラデーションを表現したスタイリング。アンクル丈パンツのチョイスがホワイトスニーカーを引き立たせる。

グレースーツ×グレーソリッドタイ

しっかりと肩パッドの入った構築的なコンケーブドショルダーは風格を出したいビジネスマンにとっては頼りになるディテールだ。また、元々は乗馬用ジャケットのハッキングポケットに起源を持つ、傾斜角のついたスラントポケットはさりげなく個性を打ち出すのに効果的な仕様。ストールに至るまでグレーで統一、とりわけタイのトーンをスーツよりも暗めにおくことでシャープな印象の着こなしに。

グレースーツ,グレーソリッドタイ,グレーネクタイ,着こなし、マフラーmenstyle

グレースーツ(チェック柄)×ブルーシャツ×小紋ネクタイ

無地、そしてストライプに続いて入手したい、ソフトでフレンドリーな印象をプラスしてくれるチェックパターンのグレースーツ 。ビジネススタイルならば、これ見よがしの派手なチェックではなくさりげない織り柄デザインをチョイスしたい。

グレースーツ×ネイビー小紋タイ

シャープで都会的な反面、ともすれば表情に乏しい無地のグレースーツ。クラシックスーツスタイルの基本アイテム「ネイビーの小紋タイ」を合わせた定番スタイルはおさえておきたい。

グレースーツ×ブラックニットタイ

カジュアルになりがちなニットタイも、グレースーツと合わせてモノトーンでまとめればシャープな雰囲気に。スーツトレンドはクラシック傾向で幅の狭いラペルがもてはやされるが、あえて細めラペルのスーツを選ぶことで威圧感が少なくフレッシュな印象に。

ダブルのグレースーツ

ラルディーニのグレースーツのスタイリング。良くも悪くも風格を放つダブルブレステッドスーツも、無地のライトグレーならほどよくソフトにまとまる。

グレーストライプスーツ×ブラウンタイ

良い意味でもシャープでクール、落ち着いた印象を放つグレースーツスタイル。ブラウンのネクタイで”温かみ”や”落ち着き”を演出。秋冬は肉厚なネクタイで、表情豊かなディンプルを楽しみたい。

ダークグレーベースのチョークストライプスーツ(スリーピース)着こなし

ベースとなるグレーが暗いほど、ホワイトのチョークストライプの存在感が高まり迫力のあるスタイルに。活力をアピールするスーツスタイルに取り入れたい。

シャドーストライプのグレースーツ×織り柄ソリッドタイ

落ち着きある姿勢が評価される職種なら、無地以上に控えめな印象を放つシャドーストライプが有力候補。

チェックグレースーツの着こなしは”色の関連性”がポイント

ネイビーが織りなすチェックを踏まえて、ネイビータイとネイビーシューズをチョイス。色を絞ることでシャープな印象の着こなしに。

グレースーツ×ブルーシャツスタイル

水色のチェック柄が入ったグレースーツ。下地のグレーに対してコントラスト差がなく、さりげなく爽やかに。色柄物ではあるが、シャツやタイの定番色ブルー系を多用できるので意外にも着まわしは効く。

グレンチェックスーツ

遠目でグレーに見えるグレンチェックスーツもピックアップ。スコットランド伝統のグレンチェックは温かみのある雰囲気でありながら間の抜けた印象にならない、紳士から愛されるチェックパターンのひとつだ。ニックウースター氏は、タイ、オッドベスト、ポケットチーフなどをふくめモノトーンで統一しスタイリッシュな着こなしをまとめ上げている。

グレイッシュネイビースーツ×ブルーシャツ

少し青みを帯びたグレースーツは、個性的であると同時にブルーシャツやホワイトシャツへの馴染みが良い。

グレースーツ×ノータイスタイル

グレーは無彩色であるがゆえ、スーツの生地トーンによる季節感コントロールが重要なファクターになる。明るすぎないライトグレースーツとライトトーンのブルーシャツがノーネクタイシーズンのビジネススタイルにフィットしそうなニューヨーカーの着こなし。

グレースーツ着こなし×サスペンダー(ブレイシーズ)

ビジネスエグゼクティブ御用達アイテムといえば、サスペンダー(ブレイシーズ)。こなれ感を演出できる強い味方だ。

グレースーツ×ハイネックセーター

フォーマルスタイルにはそぐわないものの、エレガントな雰囲気をプラスしながらほどよくドレスダウンできるハイゲージニットのタートルネックセーター。ビジネスカジュアルスタイルならダークカラーを選んでシックにきめたい。

グレースーツ×アルスターコート肩掛けスタイル

ちょっとしたラフな着こなし、立ち振る舞いがグレースーツの装いを格上げする。例えば会社近くでのランチシーンなど、短時間の移動時に取り入れるチャンスはあるかもしれない。

グレースーツ(ウィンドーペンチェック)着こなし

チェック柄の中でも比較的トライしやすいウィンドーペンチェックのグレースーツ。手持ちのオーソドックスアイテムとの相性も悪くないはず。

グレースーツ×Tシャツタックインスタイル

カジュアルスタイルにもスーツを取り入れる機運が高まる中、ドレスシャツを合わせるのはハードルが高いケースも。グレーTシャツタックインスタイルにブラックスニーカーをあわせてモードテイストのスタイリングが完成。

グレースーツ×ダウンベストスタイル

グレンチェックスーツにトムブラウンのダウンベストを組み合わせた着こなし。インナーにはさりげなくカーディガンをレイヤード。秋冬のオフスタイルに取り入れてみたいスタイリングだ。

グレースーツ×スニーカー

細身スーツならスポーティーなスタイリングにも馴染みやすい。白Tシャツとニューバランスのスニーカーを合わせてあくまでもシンプルに。

グレーダブルスーツ×スリッポンスニーカー

ダブルながら、丸みの強いパッチポケット仕様によってカジュアルに仕上がったグレースーツをカジュアルコーデに取り入れ。起毛仕様のスリッポンで、さりげなく秋冬の季節感を演出。

グレースーツ×小紋ネクタイ

グレーのスリーピーススーツ。ネイビーと組み合わせて精悍に。

グレースーツ×リバースストライプタイ

グレーのスーツに合わせた青のレジメンタルタイが爽やかな着こなし。ラペルピンもチーフと合わせてホワイトにしているのがポイント。

グレースーツ×ギンガムチェックシャツ

シャツはカジュアルなのに、ネクタイとチーフはドレッシーという絶妙なバランス感で構成された着こなし。

ライトグレースーツ×春夏の着こなし

チーフとシャツの色味を合わせて。タイと合わせるのが王道。色味の近い、水色とライトグレーならこんなアイテム組み合わせて春夏にふさわしい清涼感あふれる着こなしが完成。

グレースーツ×色柄アイテムコンビネーション

グレースーツは無彩色であるがゆえ、ネクタイやシャツ、チーフに色柄を取り入れても色数が多くなりすぎてしまう事態を回避しやすい。

グレースーツ(ツイード)×ネクタイのチーフ使い

グレーのツイードスーツの着こなし。昨今少しずつメジャーになりつつあるチーフ代わりに入れたネクタイがポイント。

グレースーツ(ウィンドーペンチェック)×ライトブルータイ

華やかさが求められるパーティースタイルに取り入れたいシャイニー&ブライトな水色シルクタイ。ウィンドーペンチェックスーツでこなれ感も。

グレースーツ×ネイビータイスタイル

グレーのスーツに入ったネイビーのラインに合わせてネイビータイ。チェック柄スーツの着こなしで大事なのはチェックに含まれる色の把握です!!!

グレースーツの着こなし「印象はトーンで変わる!」

グレーとひとことで言ってもライトグレーからブラックに近い色味まで幅広く、印象は大きく変化。まずはミディアムグレー〜チャコールグレーのオーソドックスなスーツを揃え、徐々に涼しげなライトグレーや色味を帯びたグレーなどにも手を伸ばしていきたいところ。

グレースーツの着こなし「ストライプスーツは戦略的に選ぼう」

「ピンストライプ」「チョークストライプ」「シャドーストライプ」などストライプの”種類”はもちろんのこと、ストライプの”幅”にもフォーカスしたい。ビジネスパーソンなら「間隔の広いピンストライプスーツで迫力・風格を出す」逆に「シャドーストライプで控えめな印象を出す」など戦略的視点からも検討したい。

グレースーツ アイテム紹介

色味、ストライプの幅、柄の種類などの織り柄に注目して、自分のスタイルに合ったグレースーツをチョイスしたいところ。

▶︎グレースーツを探す

グレースーツ×ブラックレザーシューズは王道のコンビ

ブラックやブラウンの革靴は「ネイビースーツ」「グレースーツ」ともに合わせられますが「王道の組み合わせは?」と問われれば「ネイビースーツにはブラウンレザーシューズ」「グレースーツにはブラックレザーシューズ」が基本。

FOLLOW US

Related post