春のメンズコーデを洒脱にみせる12のアウターを紹介!

Share

冬から春へと移ろう季節、これからのコーディネートを悩んでいる方は少なくないのでは?そんな春のコーディネートを強く印象づける主役アイテムといえば、アウターだ。今回は”マストな春アウター”にフォーカスして、メンズファッションに欠かせない旬なアイテムを紹介!

【関連記事】春コーデ”2020最新メンズファッション”

気温の上昇と共にメンズファッションも活気付いてくるシーズン「春」。今回は旬な春の...

【関連記事】春服をスタイリッシュに。2020年春のメンズ服を厳選ピック!

着こなしの幅広さとアイテムの多さから春服のアイテムチョイスに悩んでしまうという方...

CONTENTS

スポンサーリンク

春の装いを洒脱にみせるアウター①「春アウターの鉄板!ショート丈が特徴的なデニムジャケット」

デニムジャケットといえば武骨な春アウターの代表格とも言えるアイテム。春秋のアウターとしてはもちろん、冬はコートスタイルなどのインナーとしても使え、一着あれば夏以外の3シーズンで主力としての活躍が見込める優れモノだ。1st・2nd・3rd・4thとタイプによってデザインも変わってくるため、手持ちのアイテムに合うもの、自分好みのものをしっかりと見極めて購入したいところ。昨今ではシンプルなデニムジャケットだけでなく、袖にラインが入ったデザインやスタッズが付いたものなど、現代的なアイテムが様々なブランドから展開されているため、そちらも要チェックだ。

デニムジャケットを探す

続いては、メンズの春アウターにおすすめのデニムジャケットを紹介!

Levi’s(リーバイス) トラッカージャケット TYPEⅢ 557

セカンドタイプの後続として生まれ、今やデニムジャケットの定番デザインとなったサードタイプは、リーバイスの557が原型と言われている。1961年当時の仕様を忠実に再現した復刻モデルは本格派のデニムジャケットをお探しのあなたにぴったりだ。

詳細・購入はこちら

Levi’s(リーバイス) TYPEⅡ デニムジャケット 1953モデル 507

リーバイスのデニムジャケットからもう一型をピックアップ。ゆったりとしたボックスシルエットや、アクションプリーツがフロントとバックに施されたアクションプリーツ、やや低めに設定された胸ポケットなど、セカンドタイプのオリジナルデザインを再現したモデルだ。洗練されたデザインのサードタイプよりも武骨な印象で、デニムジャケットコーデをより男らしく仕上げたいという方におすすめの一着。

詳細・購入はこちら

Lee(リー) デニムジャケット 101J

多くのブランドがリーバイスのデニムジャケットをベースにアイテムを開発するなか、Leeのデニムジャケット101Jも一つのベースモデルとして独自の路線を築いている。パッと見はサードスタイルに似たかたちだが、フロントのジグザグステッチや丸みを帯びた胸ポケットのデザイン、猫目と呼ばれるサイドアジャスターのボタンなど、Leeならではのディテールは数多い。リーバイスの定番モデルも良いが、他とは少し違ったデニムジャケットが欲しいという方はLeeの101Jを検討してみてはいかがだろうか?

詳細・購入はこちら

【関連記事】デニムジャケットを使ったメンズ春コーデ特集!

ロング丈のコートがトレンドになる一方で、ショート丈のアウターにも注目が集まってい...

【関連記事】カジュアルスタイルに欠かせない“デニムジャケット”を使ったメンズコーデを紹介

メンズライトアウターの定番アイテムと言えば「デニムジャケット」。アメカジやワーク...

【関連記事】ジージャンのコーデを洗練させる7つのワザを紹介

ジージャンといえばメンズファッションの定番アイテムだが、武骨なイメージのおかげか...

【関連記事】デニムジャケット アイテム特集!メンズにおすすめのブランドをタイプ別に紹介

アメカジのみならず様々なスタイルにフィットするカジュアルウェアとして、デニムブラ...
2/12GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ