春コーデ メンズ【2018最新メンズファッション】

気温の上昇と共にメンズファッションも活気付いてくるシーズン「春」。今回は、旬な春のコーディネートにフォーカスして注目の着こなし&アイテムを紹介!

スポンサーリンク

2018春のメンズコーデ、着こなしのコツ1「明るいトーンで”春らしい季節感”を演出するのがお約束」

春らしい季節感を演出するなら、明るいカラー・トーンのアイテムを取り入れるのがお約束。ライトベージュやライトグレー、ホワイトなどが春のメンズ定番色。ライトベージュのスプリングコート、ホワイトジーンズ、白Tシャツ、白スニーカーなどブライトトーンのアイテムをコーデにプラスするのがポイントだ。

▶︎着こなし事例
色味アイテムを取り入れて、春コーデならではの華やかさを演出したコーディネート。ブルーのニットとグラデーションになるように、インナーにはライトブルーのデニムシャツをレイヤード。ライトグレーのパンツでソフトにまとめながら、ソックスのチラ見せによってアクセントを取り入れるなど、さりげないアレンジテクニックを随所に取り入れたこの御仁には学ぶところが多い。

明るいトーンで”春らしい季節感”を演出するのがお約束

BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ)  30ゲージ ギザ コットン ニット

BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ)  30ゲージ ギザ コットン ニット

詳細・購入はこちら

2018春のメンズコーデ、着こなしのコツ2「アンクル丈パンツ・ロールアップでコーディネートに抜け感をプラス!」

同じ素材感、シルエットのパンツもショート丈に設定することで春らしい軽さを加えることが可能だ。スラックスであれば、お直しで軽快な短丈に。ジーンズなら、ラフに裾をロールアップするのもオススメだ。ロールアップにも様々な種類が存在するためチェックしておきたい。

▶︎着こなし事例
レッドウィングのアイリッシュセッターなどのワークブーツと相性の良いパンツを挙げるとすればジーンズは欠かせないだろう。なかでもストレートシルエットのジーンズは相性抜群。その組み合わせに一手間を加えてこなれ感を出したのがこちらの着こなしだ。丈が長過ぎるジーンズをそのまま履くとクッションができてしまい野暮ったい印象になってしまうが、ロールアップで丈感を調整すればスタイリッシュな表情に。特に、裾を絞るようにアップするピンロールはシューズを引き立てるのに最適なワザだ。

DSC_0430

Levi’s(リーバイス) 501CT

Levi’s(リーバイス) 501CT

詳細・購入はこちら

春らしい軽快感を演出するピンロールのやり方は下の動画でチェック↓

【関連記事】ロールアップ特集「基本 & 応用」

ロールアップ アイキャッチ画像
手持ちのボトムスを使って印象を変化させるのに有効な手段のひとつが「ロールアップ」...

2018春のメンズコーデ、着こなしのコツ3「トレンドのコロニアルカラーにブラックを組み合わせて旬なスタイルに」

オリーブグリーン、ベージュ、ブラウンといったコロニアルカラーは昨年に引き続き、今季も流行継続の色。トップスやボトムスで大胆に取り入れるのも良いが、レイヤードや小物でさりげなく”差し色”的に取り入れるのも◎ コロニアルカラーに対してはホワイトをあわせるのが定番だが、今季はそんなコロニアルカラーにブラックを組み合わせてモダン・都会的に装うのもおすすめ。

▶︎着こなし事例
コロニアルカラーのオリーブグリーンが配されたフーテッドコートにブラックのカットソーを合わせてモダンに仕上げたコーディネート。白パンツの取り入れによって、春らしい抜け感も忘れない。

コロニアルカラーをブラックでしめる

2018春のメンズコーデ、着こなしのコツ4「春らしいライトな素材のアイテムを取り入れ」

色味のあるアイテムで華やかな雰囲気を演出するのもアリだが、素材感で清涼感を演出するのも手段だ。春を迎えてコーディネートに取り入れたくなるのが、コットンやリネン、ナイロンなどのライトな素材のアイテム。ニットセーターなどはコットンやリネン素材のものへと移ろい、ナイロン生地のコートなどもコーディネートの主役として重宝する。

▶︎着こなし事例
ナイロン素材のネイビーステンカラーコートにクリーンな印象を与えるローゲージの白タートルネックニットを合わせて、素材の質感でメリハリをきかせた春のコーディネート。ボトムはネイビーパンツと白スニーカーを合わせ、ネイビー×ホワイトの2色で全体をまとめることによって、着こなしの洗練度を高めている。

DSC_1750-750×1125

2018春のメンズコーデ、着こなしのコツ5「ブリティッシュテイストは今春もドレススタイルのキーワードの一つ」

ドレススタイルにおいて昨年から引き続き人気を集めているのが、ブリティッシュテイストの着こなしだ。チェンジポケットやピークドラペルを採用したディテールデザインはもちろん、ヘリンボーンやグレンチェックなど英国調の柄を配したアイテムを取り入れれば、ブリティッシュなムード高まる装いに。ちなみに、高感度なビジネスマンの間ではブリティッシュ柄のネクストとして「ガンクラブチェック」が注目を集めている様子。

▶︎着こなし事例
2018年1月に行われたピッティウオモ 93において、イタリアの洒落者が多く取り入れていたのが”ブリティッシュ”の要素。本場英国のクラシックなスーツスタイルというよりも、随所にブリティッシュの薫りを醸すのが今の気分だ。例えば、英国を代表する”柄”の取り入れ。様々なカルチャーをミックスしたスタイリングに定評があるガブリエレ・パジーニ氏も、ピッティウオモ 93のとある1日では英国らしい”ガンクラブチェック”が配されたジャケット&ジレを着用したスタイリングで参戦していた。

ブリティッシュのトレンドを取り入れた春コーデ

ガブリエレ・パジーニのコレクションはこちら

2018春のメンズコーデ、着こなしのコツ6「シューズを素足履きして抜け感のある足元に」

気温の上昇に伴い、ノンソックスで靴を履く機会も増えてくるはず。革靴もスニーカーも素足で履けば自然と抜け感が生まれ、春らしい軽快な足元に。素足で靴を履くことに抵抗がある方は、”素足風”に見せることができるローカットタイプのソックスがおすすめ。

▶︎着こなし事例
男を最も精悍に見せてくれる定番スーツスタイルと言えば、「ダークネイビースーツ×ダークネイビーソリッドタイ」だろう。ビルドアップショルダーやボディーラインに吸い付くような仕上がりのダブルブレステッドテーラードジャケットが精悍な印象を強める。Vゾーンはセオリーどおりにまとめながらも、足元の抜け感でハズしたこなれ感に注目したい。

ネイビースーツの着こなし

続いては、2018春コーデの参考になりそうな注目のスタイリングを厳選ピックアップ!

2/10GO TO NEXTPAGE
FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

公式 Instagram スナップ