ナイキ(Nike)が誇る歴史的名作「コルテッツ」の3つの注目ポイントとは?

数あるナイキスニーカーのなかでも、コルテッツは最も歴史のある一足。シンプルながらも飽きの来ないデザインで、永遠の定番と言えるローテクスニーカーだ。Kendrick Lamarが曲中で“コレしか履かない”と証言するほど、コア層からもアツい支持を集めている。今回はナイキ(Nike)の「コルテッツ」にフォーカスし、その魅力とおすすめのモデルを紹介!

スポンサーリンク

1972年に誕生したNikeの初期モデル「コルテッツ」

コルテッツは、ナイキの歴史において最も重要なスニーカーと言っても過言ではない存在。ナイキは創業者のフィル・ナイトが神戸でオニツカタイガーの品質と低価格を気に入り、1962年にアメリカでの販売権を取得したことから始まる。1964年には元陸上競技のコーチであったビル・バウワーマンと共同でBRS(ブルーリボンスポーツ)社を設立し、オニツカタイガーのランニングシューズをアメリカ国内で販売した。やがてオニツカタイガーの製品開発にも関わるようになり、ビル・バウワーマンの試行錯誤によって「タイガー コルテッツ」が誕生。軽量でクッション性に優れ、快適な履き心地を実現するタイガー コルテッツは陸上界に革新を起こし、またたく間に看板商品になった。

1972年に誕生したNikeの初期モデル「コルテッツ」

ナイキ「コルテッツ」を探す

やがてBRS社はオニツカと袂をわかつこととなり、1971年に提携を終了。ブランド名をNikeとし、自社でシューズを製造するようになった。そしてタイガー コルテッツにスウッシュロゴを縫い付けた「ナイキ コルテッツ」を発売。オニツカ側もバウワーマンの名付けた「コルテッツ」の名称を使用していたため法廷闘争へと発展したが、ナイキが勝利したことで「タイガー コルセア(現在のアシックス コルセア)」へと名称を変更した。その後ナイキはエア・ジョーダンやエアマックスシリーズによって世界的なスポーツブランドへと成長するわけだが、コルテッツはその原点と言える一足。現在でもさまざまな素材や色使いで展開し、根強い人気を誇る。

nike98-s5

ナイキ「コルテッツ」を探す

ナイキのコルテッツはストリートミックスにも最適!

シンプルかつクラシックな佇まいのコルテッツは、きれいめな大人の着こなしからストリートスタイルまで幅広いコーデにフィットする。ピッティ ウオモでは、タートルネック合わせの準・フォーマルなスーツスタイルの足元にセットしている御仁をキャッチした。

無地のサングラス、黒無地のチェスターコート、白無地のタートルネックニット、白無地のソックス、ナイキ コルテッツの白ローカットのスニーカー、ブラウン無地のスーツを合わせたメンズコーデ・着こなし。

ナイキ「コルテッツ」を探す

2/4GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

RELATED POST

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ