ジャケパン特集【2021 最新 コーデからセオリー、注目アイテムまで一挙紹介!】

Share

「ジャケパン」は、ドレスのなかで最も組み合わせのバリエーション・自由度が高いスタイルだ。オンオフ問わず男性にとって欠かせない着こなしの定番として、幅広くスタイルが提案されている。そして定番だけに、コーディネートによって印象に大きく差が出るスタイルであることも事実。今回はそんなジャケパンスタイルに着目して、コーデに関わるセオリーやポイントを我々が撮影してきた海外スナップの着こなしを通じて紹介する。

スポンサーリンク

そもそもジャケパンスタイルとは?

そもそもジャケパンスタイルとは、スーツ(セットアップ)ではない単品として提案されたテーラードジャケット(ブレザー)とパンツの組み合わせ。スラックスをはじめとするドレスパンツはもちろん、ジーンズやチノパン、ワークパンツなどボトムスのオプションが幅広く、より個性的な着こなしが表現できるうえ、スーツを着るよりもリラックスした状態をキープできるのも大きな魅力だ。ちなみに海外では『separates combinations(セパレーツ コンビネーション)』と一般的に呼ばれている。

王道のジャケパンスタイルはネイビージャケット×グレースラックス!

品性や知性、信頼をイメージさせる端正なネイビーブレザーとグレースラックスによるジャケパンスタイルは、ビジネスシーンに相応しい保守的なイメージでありながら洗練さとこなれ感を併せ持ち、クラシックなスマートカジュアルの王道とされてきた着こなしだ。古くは1800年代初頭のケンブリッジやオックスフォードなど英国の学校でブレザーがクラブ活動やソサイエティのなかで使われるようになったことがきっかけとなり、いわゆる“ジャケパンスタイル”が普及。ドレスの文脈で最もフォーマルなブラックに次ぐネイビーとグレーを使った幅広いシーンに対応できるスタイルとして、ネイビーブレザーとグレーのフランネルパンツの組み合わせは多くの学校で制服に採用されることとなる。

そして1930年代にはブルックスブラザーズがネイビーブレザーを発売し、スタイリングの一つのオプションとしてダークウールトラウザーズとの組み合わせを提案。タイドアップすることでビジネスシーンやセミフォーマルでも通用するカジュアルな装い、スーツよりも堅苦しさのないアメリカントラッドなスタイルのステータスを確立する。ネイビージャケットとグレースラックスのジャケパンスタイルが王道と呼ばれることの最大の理由は、この組み合わせがお互いに美しく機能しながら年齢や肌の色に関係なく常に精悍さと知的な印象をもたらし、清潔感を醸しながら洒落感を底上げしてくれるからに他ならない。しかも、テーラードワードローブの基礎を形成するためにメンズファッションにとって最も重要な色がネイビーブルーとグレーであり、すでにビジネスシーンではネイビースーツとグレースーツが万国共通の絶対的な定番として広く認知されていることも王道のイメージを強固なモノにしていると思われる。

ブルックスブラザーズのブレザー

ジャケパン コーデを作る際のコツとは?

ジャケパン コーデのコツ①「上下で色柄にメリハリをつける」

まずはジャケットとパンツで色柄にはっきりメリハリをつけること。さらにスタイリングの輪郭を際立たせるため、コーデアイテムの色数は3色程度に絞ることも重要だ、この2つのポイントを踏まえてコーディネートを構築すれば、洗練度の高いすっきりとした印象のジャケパンスタイルが完成する。

ジャケパン コーデのコツ②「季節に適した素材のアイテムを選ぶ」

ジャケパンスタイルを作る上で意外と見過ごされがちなのが素材感。春夏用の生地のジャケットには春夏用のパンツ、秋冬用の生地のジャケットには秋冬用のパンツとペアリングされていないと、スタイリング自体がチグハグになってしまう。まずはその時季に着用して快適な素材感のアイテムを選ぶこと、季節に適したジャケットとパンツを組み合わせることが重要だ。特に素材に詳しくなくても、ある程度見た目と肌触りで春夏生地と秋冬生地の違いは見当がつくが、基礎知識としてサマーウール、コットン、リネン、シアサッカーが春夏向き、ウール、ツイード、フランネル、メルトンが秋冬向きと覚えておいて損はない。

ジャケパン コーデのコツ③「ジャストサイズのジャケットにこだわり、ドレッシーな印象を上半身で担保する」

制約のない数多くのオプションからどんなパンツをチョイスしてどんなふうに装うかは着る人それぞれのお好み次第だが、常にジャケパンスタイルの根幹にあり洗練された雰囲気を醸すのは主役たるテーラードジャケットだ。たとえオーバーサイズやドロップショルダーがトレンドになろうとも、大人のジャケパンスタイルはジャストサイズのテーラージャケットにこだわり、ドレッシーな雰囲気を上半身で担保するのが基本の基。ゆったり過ぎずぴったり過ぎないジャストなサイズ感のジャケットを選ぶことが、ジャケパン攻略の第一歩と言っても過言ではない。

次のページでは、2020年で特に参考にしたいジャケパンコーデをピックアップして紹介!

2/43GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する