コーチジャケット メンズ特集!編集部おすすめの16モデルを一挙紹介

Share

N.W.AやPublic Enemyなどのヒップホップアーティストが着用したことで、ファッションアイテムとして広がったコーチジャケット。薄手かつ軽やかでサラリと羽織れ、どんなカジュアルウェアとも好相性などオフシーンの着こなしに重宝すること間違いなし。今回は、そんな「コーチジャケット」にフォーカスして、OTOKOMAE編集部がオススメする注目のアイテムをピックアップ!

スポンサーリンク

コーチジャケットはアメカジと横ノリスタイルを同時に演出可能な定番やんちゃアウター

コーチジャケットとは、アメカジファッションを象徴するアウターのひとつだ。アメリカで誕生し、学生やスポーツ観戦者、野外で作業をする労働者など幅広い人がユニフォームとして着用していたという。80年代後半から90年代にかけては「N.W.A」や「Public Enemy」といったヒップホップグループが愛用したことでファッションアイテムとして市民権を獲得。それ以来ストリートウェアとして親しまれるようになり、昨今では80’sや90’sのリバイバルの流れから人気が再燃している。現在ではストリート系ブランドのみならず、メゾンからセレクトショップのプライベートブラントなどあらゆるブランドから展開されており、メンズの定番ウェアとしても定着した感がある。

コーチジャケットを探す

主に使われる素材としてはポリエステルやナイロンなどの化繊で、防風性や耐水性に秀でていて軽やかな着心地なのが特徴。また、首元は一枚襟で袖口がゴム縛り、そして裾にはドローコードが配されており遮風性を高めた機能的なデザインを採用しているケースが多い。中にはポケット口にドットボタンやファスナーをあしらうことで、より機能性を高めたものも存在。基本的には春や秋のライトアウターといったポジションだが、裏地にフランネルやフリースなどを配した防寒性に優れたモデルなども秋冬には展開される。ちなみにコーチジャケットとは和製英語であり、アメリカの競技スポーツで監督が着用していたサマから呼ぶようになったというのが定説だ。英語圏では基本的にウィンドブレーカーと呼ばれるため覚えておきたい。

続いては、編集部がオススメする注目のコーチジャケットを紹介!

2/5GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する