ブーツ メンズ 特集!種類別におすすめブランドのアイテムを紹介

Share

5ページ以降を表示しています。

元のページを表示

5ページ以降を表示しています。

目次を表示
スポンサーリンク

ブーツの種類⑤「カントリーブーツ」

カントリーブーツは、19世紀末に英国貴族たちが田舎(カントリー)での散策やハンティングで使用するブーツとして誕生した。丈の高さや紐を締め上げる形式はワークブーツと同様だが、メダリオン(穴飾り)やピンキング(ギザギザの切り替え)といった装飾を施した外羽根ウィングチップの形状はカントリーブーツならでは。アウトドアなルーツから、ダブルソールやトリプルソールといった重厚なものも多い。

カントリーブーツのおすすめブランド①「Tricker’s(トリッカーズ)」

靴作りの名人ジョセフ・トリッカー氏が1829年に創業した“トリッカーズ”。もはや「カントリーブーツ = トリッカーズ」と言っても大げさではないほど、カントリーブーツやブローグシューズで名を馳せるブランドだ。王道の7アイレット仕様のモルトンは、カジュアルながらもドレッシーな雰囲気に溢れる一足。伝統を感じさせる装飾美で大人のカジュアルスタイルを格上げする。他とは一線を画す完成度は、上質な天然皮革を使っていることはもちろん、一人の職人が最初から最後まで仕上げる「ベンチメイド」によるもの。

トリッカーズのカントリーブーツを探す

【関連記事】カントリーブーツの代名詞”トリッカーズ”が愛され続ける理由↓

「トリッカーズと言えばカントリーブーツ、ブローグシューズ」というほどにトリッカー...

カントリーブーツのおすすめブランド②「SANDERS(サンダース)」

イギリス屈指のシューズブランド“サンダース”のCHELTENHAMも、世界的に有名なカントリーブーツ。グッドイヤーウェルテッド製法を用いてコマンドソールを取り付けた武骨な見た目が男心をくすぐる。もちろん見た目だけでなく、土でもアスファルトでも対応可能という実用性も兼ねているから使い勝手バツグンだ。

サンダースのカントリーブーツを探す

6/14GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ