サイドゴアブーツ 着こなし特集 「注目の着こなし&歴史を紹介!」

数あるブーツの中でも、着脱が容易な上にコーディネートの幅が広い”サイドゴアブーツ”はメンズファッションの定番だ。ジーンズやチノパンなどカジュアルパンツとの相性もさることながら、古くは礼装に合わせられていた経緯もあるせいかスーツに合わせても違和感が少ない稀有な存在だ。今回はサイドゴアブーツにフォーカスして、知られざる歴史や注目の着こなし&アイテムを紹介!

スポンサーリンク

サイドゴアブーツとは

サイドゴアブーツとは、足首〜スネにかけての部位に伸縮性のあるゴア(Gore)、すなわちマチを施したショート丈のブーツ。チェルシーブーツ、サイドエラスティックブーツと呼ばれることもある。

サイドゴアブーツの起源にはヴィクトリア女王が関係?

1830年代中盤に英国のロンドンを拠点とする革靴メーカーが、当時即位したばかりのヴィクトリア女王のために、着脱が簡単でフィット感の良いブーツを作るべくサイドゴア仕様を取り入れたのが、サイドゴアブーツ誕生の瞬間と言われている。

CROCKETT&JONESのサイドゴアブーツはこちら

ヴィクトリア女王のブーツを見てたいそう気に入ったのが、彼女の夫であるアルバート公。実用性の高いこのブーツを正装が求められる英国議会において履いたことから「アルバートブーツ」という別名が生まれる。注目したいのは、サイドゴアブーツ自体が誕生当時は、フォーマルシューズとして受け入れられたことである。日本においても明治時代から第二次大戦前まで礼装にあわせる事例が見られる。

サイドゴアブーツがファッションアイテムとして脚光を浴びたのは1960年代以降

1840年代後半から徐々に街中でも見られるようになったサイドゴアブーツだが、第一次大戦後には街中では見られなくなる。しかしながらその実用性の高さから、礼装用に、また乗馬の際にジョッパーズブーツとしては根強く使用されていたようだ。

ファッションアイテムとしてサイドゴアブーツが脚光を浴びたのは、実は1960年以降だ。ビートルズ、ローリングストーンズ、そして英国モッズがこぞってキューバンヒール仕様のサイドゴアブーツを着用、ストリートにおいても一大ムーブメントに。当時の流行中心地のひとつであったチェルシーにちなんで、チェルシーブーツという名称が生まれたというわけである。

続いては、サイドゴアブーツを使ったメンズコーディネート事例とおすすめサイドゴアブーツを紹介。

サイドゴアブーツ×ジップアップパーカー

肉厚な生地の質感とダブル仕様のディテールが重厚な雰囲気を醸し出すジップアップパーカーと、スリムシルエットのホワイトジーンズを合わせてYラインを構築。パーカーとジーンズはともにカットオフのディテールを採用しており、ジーンズのリップ加工と相まってラギッドな印象に。

Blundstone(ブランドストーン) サイドゴアブーツ

詳細・購入はこちら

サイドゴアブーツ×ジャケパンスタイル

ミドル丈のキルティングコートに、起毛感のあるベスト、テーラードジャケットを着込んだマルコ・ザンバルド氏の着こなし。全体をダークトーンで統一することによってまとまりのある雰囲気に。ブラックスキニージーンズはアンクル丈にカットオフし、こなれ感をプラス。ヒールのあるサイドゴアブーツがスマートな足元を演出している。

サイドゴアブーツ×ベロアスーツ

レディースファッションでもトレンドとして注目を集めるベロアで仕立てられたブラウンスーツにスエード製のチェルシーブーツを合わせて素材に統一感を持たせたデビッド・ベッカム氏のスタイリング。クラシックスーツに使用されるウールとは異なる素材のスーツも違和感なく着こなせるのは、感度の高いベッカム氏ならではの魅力だ。インナーとキャップにはグレーをチョイスして馴染みの良い仕上がりに。

OFFICINE CREATIVE(オフィチーネ クリエイティブ) Attitude

詳細・購入はこちら

サイドゴアブーツ×デニムオンデニム

インナーのタートルネックニットとアウターのチェック柄をリンクさせて洒脱なカラーリングを表現。インナーでデニムオンデニムを構築している点にも注目したい。ダークブラウンのサイドゴアブーツはスエードのものをチョイスしており、デニムアイテムを多く取り入れた着こなしにもうまくマッチする。

Enzo Bonafe(エンツォ ボナフェ) サイドゴアブーツ

詳細・購入はこちら

サイドゴアブーツ×ジャケパンスタイル

ベージュのテーラードジャケットにジーンズを合わせたカジュアルなジャケパンスタイル。足元にチョイスしたブラックのサイドゴアブーツがラフな着こなしを引き締まった印象に仕上げている。

Tricker’s(トリッカーズ) サイドゴアブーツ

詳細・購入はこちら

サイドゴアブーツ×M-65

ラギッドな印象のM-65にカーキのチノパンを合わせたミリタリースタイル。オンオフで活躍が期待できるサイドゴアブーツは、ラフな着こなしにも違和感なく取り入れることができる。

BONTONI(ボントーニ) Cavaliere

詳細・購入はこちら

サイドゴアブーツ×ステンカラーコート

首にかけるだけで立体感を演出できる厚手のマフラーを採用することで、ウールのステンカラーコートとともにボリューム感のあるシルエットを構築したスタイリング。リップ加工が施されたジーンズがラギッドな印象をプラスしている。

サイドゴアブーツ×スタンドカラーコート

ミニマルなデザインのスタンドカラーコートにチノパンを合わせたカジュアルコーデ。足元にはウイングチップのデザインが施された個性的なサイドゴアブーツをチョイスすることで、シンプルな装いに華やかな要素をプラスしている。

Church’s(チャーチ) KETSBY

詳細・購入はこちら

サイドゴアブーツ×カーコート

ブラックを基調とした着こなしに、ほどよく色落ち加工が施されたジーンズを取り入れることで抜け感を演出し、重苦しい雰囲気を回避。カーコートはドライビングシーンを想定した仕様で、胸元にハンドウォーマーポケットが備えられたスポーティーなコートだ。ロング丈で重厚感のあるコートでも、すっきりとしたシルエットのサイドゴアブーツを合わせればスマートな印象に仕上がる。

CHURCH’S(チャーチ) Houston

詳細・購入はこちら

サイドゴアブーツ×アルスターコート

ベージュのアルスターコートに同色のサイドゴアブーツを合わせたスタイリングに、ブラックニットを着込むことでモダンな雰囲気を構築したカジュアルコーディネート。インナーのデニムジャケットやカットオフディテールのホワイトジーンズがラギッドな要素をプラスしている。ウォレットチェーンライクに取り付けたバンダナなど、洒脱な小物使いも注目したいポイントの一つだ。

サイドゴアブーツ×グレースーツ

タイトなシルエットのグレースーツとヒールディテールを採用したサイドゴアブーツを合わせることでスマートなシルエットが完成。シャツは全てのボタンを閉めているが、あえてタイドアップしないことでモードな印象を強めている。

CROCKETT & JONES(クロケット&ジョーンズ) サイドゴアブーツCHELSEA

詳細・購入はこちら

サイドゴアブーツ×ダウンジャケット

グレーのダウンジャケットや程よく色落ちしたブラックジーンズなど、全体的にグレイッシュなカラーリングで仕上げた着こなし。サイドゴアブーツは光沢のあるレザーの質感が土臭い印象になりすぎるのを回避している。

SANDERS(サンダース) BUCHAREST

詳細・購入はこちら

サイドゴアブーツ×ブラックジーンズ

ダークネイビーのコートにブラックジーンズを合わせたダークトーンコーデ。インナーに着込んだベージュのシャツとリンクさせるように、同系色のサイドゴアブーツを足元にチョイスして絶妙な抜け感を演出している。ジーンズをロールアップすることでブーツの存在感を強めている。

DOUCAL’S(デュカルス) サイドゴアブーツ

詳細・購入はこちら

サイドゴアブーツ×ジャケパンスタイル

ピークドラペルのテーラードジャケットにバンドカラーシャツ、ジーンズを合わせてカジュアルダウンしたジャケパンスタイル。ロングノーズタイプのサイドゴアブーツは、ヒールのディテールも相まってドレッシーな表情に。カジュアルアイテムとドレスアイテムをうまく組み合わせたコーディネートになっている。

BUTTERO(ブッテロ) サイドゴアブーツ

詳細・購入はこちら

サイドゴアブーツ×ライダースジャケット

ビートルズなどのロックスターたちも愛用していたサイドゴアブーツとライダースジャケットを組み合わせることで、ロックテイストに仕上がったコーディネート。パンツはスキニーシルエットを採用することで、ミニマルな印象に。インナーに着込んだメランジ調のニットとサングラスのレンズをさりげなくリンクさせている点にも注目したい。

SALVATORE FERRAGAMO(サルバトーレ フェラガモ) Dimitri

詳細・購入はこちら

サイドゴアブーツ×チェスターコート

ウインドウペーンが配されたチェスターコートをメインにしたジャケパンスタイル。ウインドウペーンの柄はレッドとブルーの線で構築されており、それぞれがインディゴブルーのジーンズとブラウンのサイドゴアブーツにリンクしている。

サイドゴアブーツ×フーデッドコート

ラペルとフードがつながったかのようなデザインが個性的なベージュのフーデッドコートに、ダメージ加工が施されたブラックジーンズを合わせることでメリハリのきいた着こなしに。ウエストから垂らしたメッシュベルトはスタッズのディテールがアクセントに。

FRATELLI ROSSETTI(フラテッリ ロセッティ) サイドゴアブーツ

詳細・購入はこちら

サイドゴアブーツ×ジャケパンスタイル

グレージャケットとグレーのサイドゴアブーツを合わせることで、まとまりのある印象に仕上げたジャケパンスタイル。アクセントとして取り入れたビッグペイズリー柄のストールは、シンプルな装いだからこそ華やかな印象が強まる。

BUTTERO(ブッテロ) Chelsea アンクルブーツ

詳細・購入はこちら

次のページを見る
ページ:

1

2
FOLLOW US