グレージャケット コーデ メンズ 特集!ビジネスからカジュアルスタイルまで注目の着こなしを一挙紹介

ドレスからカジュアルまで、様々なシーンやオケージョンにマッチする着回し力抜群のグレージャケット。シックで落ち着きのあるスタイルはもちろんのこと、グレー特有の汎用性の高さで攻めた色合わせもこなせるアイテムだ。今回は「グレージャケット」にフォーカスし、注目のコーデ&アイテムを紹介!

スポンサーリンク

本切羽のグレージャケットをアレンジしてコーディネートに抜け感を演出する

テーラードジャケットの代表的なディテールのひとつとして挙げられるのが袖口に取り付けられた4つのボタン。袖口のボタンホールが開いているかのように見せた“開き見せ”ではなく、しっかりとホールが開けられた本切羽仕様なら着こなしのアレンジが可能になる。こちらの御仁が着用しているグレージャケットは、まさにその本切羽を採用したもの。実際にホールがあるためボタンを外して抜け感を演出する、なんて小ワザも取り入れられる。

本切羽のグレージャケットをアレンジしてコーディネートに抜け感を演出する

グレージャケットのトーンオントーンコーデを洒脱なブラウン差しで引き締める

グレーのタートルネックニットにグレースラックスを合わせたトーンオントーンコーデに、ライトグレーのテーラードジャケットを羽織ってグラデーションを表現。グレーのアイテム一辺倒でボヤけた輪郭にならないよう、足元にはブラウンの革靴を合わせてさりげなく引き締め。べっ甲のアイウェアをチョイスしたさりげないアクセントも◎ 老練な色使いとナチュラルな装いに余裕と品格が漂うグレージャケットの着こなしだ。

グレージャケットのトーンオントーンコーデを洒脱なブラウン差しで引き締める

BOGLIOLI(ボリオリ) グレージャケット

LARDINI(ラルディーニ) グレージャケット

詳細・購入はこちら

グレージャケット×黒スラックスのモノトーンコーデに差し色をプラス

グレージャケット×黒スラックスのシックなジャケパンスタイルに、赤いドット柄のポケットチーフをプラスすることで華やかなアクセントに。スーツやジャケパンスタイルにアクセントとして差し色を加える場合、ネクタイが有力な候補として挙げられるが、ポケットチーフという選択肢も捨てられない。タイドアップせずにジャケットスタイルを着崩したい時などは特に重宝するはず。

グレージャケット×黒スラックスのモノトーンコーデに差し色をプラス

SOLIDO(ソリード) TANTALO

SOLIDO(ソリード) TANTALO

詳細・購入はこちら

【関連記事】差し色コーデ特集↓

着こなしにメリハリやこなれ感を演出するのに最適な「差し色」。ダークトーンが主体の...

グレージャケットのメンズコーデをイエロー使いで旬度高めに仕上げる

直近のピッティウオモで多く見られた色使いといえばイエローの取り入れだ。WWDのスタイルディレクターであるアレックス・バディア氏は、そんなイエロー使いをモノトーンベースのグレージャケットコーデで実践していた。グレージャケットにグレースラックスを合わせ白スニーカーをセットしたモノトーンベースのコーデにイエローのスタジャンをプラス。ボトムスにはイエローのチェック柄ニットを腰巻きすることで、トップスのレイヤードとのボリューム感をしっかりと調節している。旬度が高くバランスのとれたバディア氏ならではのミックススタイルだ。

グレージャケットのメンズコーデをイエロー使いで旬度高めに仕上げる

LARDINI(ラルディーニ) グレージャケット

LARDINI(ラルディーニ) グレージャケット

詳細・購入はこちら

2/22GO TO NEXTPAGE
FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ