グレージャケットのおすすめメンズコーデ特集!旬に装う3つの視点や注目の着こなし&アイテムを紹介

グレージャケットは、ネイビージャケット同様にビジネス・カジュアル問わず大人の男たち御用達の定番品。日常でテーラードジャケットを羽織る方は、誰もが袖を通したことがあるほど鉄板のアイテムであるがゆえに、コーディネートやチョイスにおしゃれの差が如実に現れる。今回は「グレージャケット」にフォーカスし、旬に装う3つの視点と注目の着こなし&おすすめアイテムを紹介!

スポンサーリンク

グレージャケットメンズコーデを旬に仕上げる視点①「英国チェック柄で迫力をプラス」

数年前から続くクラシック回帰を強く打ち出せる有効手段のひとつとして、注目を集めているのが英国柄の取り入れ。グレンチェック、ハウンドトゥース、タータンチェックなど、由緒正しい柄でグレージャケットの着こなしに迫力をプラスすれば、大人の品をキープしたまま洒脱に格上げできることうけあい。日本でも人気の洒落者、ドメニコ・ジャンフラーテ氏も実践しているテクニックなので、ぜひ挑戦してみて欲しい。

グレージャケットメンズコーデを旬に仕上げる視点①「英国チェック柄で迫力をプラス」

グレージャケットメンズコーデを旬に仕上げる視点②「2019/20AWのトレンドワードである“フレンチテイスト”を意識」

2019/20AWのトレンドワードのひとつとして注目を集めているのが“フレンチテイスト”。フレンチカジュアルの立役者であるアニエス・ベーのようなモノトーンの着こなしにまとめれば、たちまち洗練度の高い旬な装いに。グレージャケットの特徴であるモノトーンのポテンシャルを存分に活かせるので、積極的に取り入れていきたい。

グレージャケットメンズコーデを旬に仕上げる視点②「2019/20AWのトレンドワードである“フレンチカジュアル”を意識」

グレージャケットメンズコーデを旬に仕上げる視点③「イマの気分は仕立てもクラシック。ゴージラインまで意識して洒脱度UP」

幅広のピークドラペル、サルトリアテイスト漂う構築的なシルエットや仕立て、etc…。テーラードジャケットも数年に渡って緩やかながらトレンドの変化を確認できる。なかでも今季注目したいのは、ゴージラインの位置。テーラードジャケットは、もともとヴィクトリア朝時代に着用されていた狩猟用コートの第一ボタンをはずして外側に折り返された部分が下襟へと発展したものであるため、ゴージラインの位置は本来決まっているもの。そんなクラシックな仕様を踏襲したテーラードジャケットが、世界のウェルドレッサーを筆頭にじわじわと人気を集めている。

グレージャケットメンズコーデを旬に仕上げる視点③「イマの気分は仕立てもクラシック。ゴージラインまで意識して洒脱度UP」

続いては、参考にしたいグレージャケットのメンズコーデ&アイテムを紹介!

2/31GO TO NEXTPAGE
FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ