ブーツ メンズ 特集!種類別におすすめブランドのアイテムを紹介

12ページ以降を表示しています。

元のページを表示

12ページ以降を表示しています。

目次を表示
スポンサーリンク

ブーツの種類⑫「ハーネスブーツ」

ハーネスブーツは、エンジニアブーツの形状と似ているためかワークブーツと混同されることもあるが、実際はモーターサイクル用に作られたブーツと言われている。19世紀に流行したスクエアトゥのブーツをベースにしており、角張った見た目が特徴的。1960年代に入るとリングとベルトのディテールがプラスされ、現在のハーネスブーツが完成した。ちなみに、一見するとリングは意味をなしてなさそうだが、実はベルトがずれないように採り入れられたディテールだ。また、質実剛健なシューズブランドが展開しているものは武骨な見た目だが、メゾンブランドが打ち出しているハーネスブーツはエレガントであるなど、各ブランドの特徴が如実に表れるのも面白い。

ハーネスブーツのおすすめブランド①「Saint Laurent(サンローラン)」

今でこそメンズ・レディースを問わずメゾンブランドがハーネスブーツをリリースしているが、そのパイオニア的な存在と言えば間違いなく“サンローラン”だ。サンローランが誇る名作“ヒールブーツ”のサイドにリングをあしらった見た目は、まさにエレガントそのもの。ハリー・スタイルズやジャスティン・ビーバーなどの海外セレブもこぞって着用しているなど世界中で高い人気を獲得している。

ハーネスブーツのおすすめブランド①「Saint Laurent(サンローラン)」

サンローランのハーネスブーツを探す

ハーネスブーツのおすすめブランド②「FRYE(フライ)」

1863年に創業を開始したアメリカの老舗ブーツブランド”フライ”から紹介。「フライといえばハーネスブーツ」と言われるほど有名で、クラシックなディテールを踏襲したタフな作りが特徴的だ。たとえば通称“豚鼻”と呼ばれる角張ったつま先、太くて大きめのリングなど。グッドイヤーウェルト製法のため、半永久的に履き続けることが出来るのも魅力的なポイントだ。

ハーネスブーツのおすすめブランド②「FRYE(フライ)」

フライのハーネスブーツを探す

ハーネスブーツのおすすめブランド③「BUTTERO(ブッテロ)」

片面がファスナー式のみのひと味変わった“ブッテロ”のハーネスブーツを紹介。まるで履きこんだかのような、アジのあるスエードレザーを採用しているため、手に入れた瞬間から相棒感が漂うことうけあい。ドレスにもカジュアルにも使えそうなスマートなフォルムがイイ感じ。

ハーネスブーツのおすすめブランド③「BUTTERO(ブッテロ)」

ブッテロのハーネスブーツを探す

13/14GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

RELATED POST

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ