春服 メンズ特集!2020年最旬コーデにピッタリなメンズ服を厳選ピックアップ

Share

10ページ以降を表示しています。

元のページを表示

CONTENTS

10ページ以降を表示しています。

目次を表示
スポンサーリンク

春服 メンズ トレンドアイテム⑩「“デニムジャケット”がインナーとしてもアウターとしても重宝する!」

寒い季節は重ね着用のインナーとして、春先には主力のアウターとして重宝するデニムジャケット。ショート丈の特徴を活かしてレイヤードしたり、ドレスアイテムを合わせてミックススタイルを楽しむなど、着こなしの幅も広い。下の御仁のようにジーンズを合わせたデニムオンデニムの着こなしも、春に実践したいスタイルの一つだ。

春服の着こなし事例「インナーとして使ったデニムジャケットと他アイテムの色を合わせてシックな装いに」

鮮やかなブルーのデニムジャケットをコートの内側に着込んでアクセント使いするのもアリだが、シックに着こなすならコートやボトムスと似たトーンのものをチョイスするのがオススメ。素材感でメリハリをつけながらも、色使いでデニムジャケットが持つラフな雰囲気を抑え、シックな大人の装いに仕上げている。

永遠のマストアイテム!「Levi’s」のデニムジャケット

ジーンズ界の原点にして頂点の「Levi’s(リーバイス)」からピックアップしたのは、1962年に発売されたオリジナル仕様のデニムジャケット。まさにヘリテージといえるモデルで、デニムジャケットとしてはミニマルながらも武骨な雰囲気に仕上がっているのが特徴だ。スタンダードフィットで、ややゆとりのあるサイズ感なのでレイヤードスタイルにもバッチリ。

詳細・購入はこちら

クラシックなディテールが武骨な表情を醸す!「Lee」のデニムジャケット

デニムジャケットの原点ともいえるカウボーイジャケットを1931年に生み出した「Lee(リー)」。永年改良を重ねて作られたのが「101J」だ。補強とデザイン性を兼ね備えたフロントのジグザグステッチや、斜めにカットされた胸ポケットとヨーク、猫目ボタンを採用したウェストアジャスターなど、クラシックなディテールを忠実に再現しているのが特徴だ。

詳細・購入はこちら

使い込んだ感のある風合いがこなれ感を演出する!「DIESEL」のトラッカージャケット

イタリアを代表するカジュアルウェアブランド「DIESEL(ディーゼル)」では数多くのデニムジャケットを展開中。その中より紹介するのは、オーセンティックなデザインが特徴的な“D-BRAY”だ。ウォッシュやダメージなどの加工が施されているため使い込んだ感があり、買ってすぐ相棒感が漂うのが魅力。

詳細・購入はこちら

デニジャケに関する記事は下のリンクで公開中!

【関連記事】カジュアルスタイルに欠かせない”デニムジャケット”を使ったメンズコーデを紹介

メンズライトアウターの定番アイテムと言えば「デニムジャケット」。アメカジやワーク...

【関連記事】デニムジャケット特集

アメカジのみならず様々なスタイルにフィットするカジュアルウェアとして、デニムブラ...

【関連記事】ジージャン コーデ メンズ “着こなしを洗練させる7つのワザを紹介”

ジージャンといえばメンズファッションの定番アイテムだが、武骨なイメージのおかげか...
11/22GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ