グレージーンズ メンズコーデ特集!キメ過ぎず抜けすぎない大人の着こなし&アイテムを紹介

どんなアイテムとも合わせやすい汎用性の高さを誇り、コーデ次第でワイルドにもキレイ目にも着こなし可能なグレージーンズ。ブラックジーンズほどモード過ぎる印象を与えず、ブルージーンズよりも都会的で洗練された雰囲気を演出してくれるメンズファッションの定番アイテムだ。今回はそんな「グレージーンズ」にフォーカスして注目の着こなし&アイテムをピックアップ!

スポンサーリンク

ニュアンスカラーで上品にまとめたグレージーンズのジャケパンコーデ

グレージーンズにベージュのダブルジャケットを合わせ、ニュアンスカラーで統一感を演出した上品なジャケパンスタイル。インナーには白シャツをレイヤードすることで、繊細なトーンの違いをつけているのがポイントだ。明るめかつニュアンスカラーでぼやけた雰囲気にならないよう、足元にダークブラウンの入ったキルトモンクシューズをセットして引き締めつつエレガントさを後押ししているのも抜け目がない。

無地のサングラス、ベージュ無地のテーラードジャケット、白無地のシャツ、ブラウン無地のレザーベルト、グレー無地のデニム/ジーンズ、ブラウンモンクシューズの革靴を合わせた秋春夏のメンズコーデの着こなし。

Nudie Jeans(ヌーディー ジーンズ) グレージーンズ

Nudie Jeans(ヌーディー ジーンズ) グレージーンズ

詳細・購入はこちら

ヴィンテージ風のグレージーンズを使って個性的に仕上げたコーデ

パッチワークが特徴的なデニムシャツの存在感もさることながら、ヴィンテージ風のグレージーンズもコーデを個性的に仕上げている立役者だ。ムラのあるグレーの風合いと、金属のサビのようなエフェクトが独特な“アジ”を醸し、シャレ者感を漂わせている。クローゼットの奥に眠っているグレージーンズがあるなら、DIY感覚でサビっぽさや色落ち加工を施して気分を一新してみるのはいかがだろうか。

黒無地のサングラス、ブルー・水色ストライプのデニム/シャンブレーシャツ、グレー無地のデニム/ジーンズ、黒プレーントゥの革靴を合わせた春夏秋のメンズコーデの着こなし。

柄シャツとダメージ加工のグレージーンズでシンプルコーデを表情豊かに

ダメージ加工を施してエッジをきかせたグレージーンズを使い大人に相応しいコーデをつくるなら、Too Muchな印象を感じさせないようキレイ目にまとめるのがベターだ。ピックアップした御仁は、白ベースの柄シャツを合わせることで遊びをきかせながら清潔感をプラスし、かつタックインで着こなしてスマートにまとめている。ダメージ加工が悪目立ちしないよう、アクセントとなるアイテムやディテールを良い塩梅に配置して表情豊かなスタイリングに仕上げたい。

無地のサングラス、白ドットのシャツ、黒無地のレザーベルト、グレー無地のデニム/ジーンズ、オリーブグリーンローカットのスニーカーを合わせた夏春のメンズコーデの着こなし。

グレージーンズのジャケパンコーデはすっきりとしたシルエットとクリーンな色味で洗練度を上げる

グレーのジーンズとジャケット、白Tシャツを組み合わせて精巧にトーンオントーンに仕上げ、奥行き感を演出したジャケパンスタイル。ライトグレーとホワイトの組み合わせによるクリーンな印象と、すっきりとしたシルエットで洗練度を高めている。ペニーローファーをセットした足元にクッションをつくらないよう、裾をワンロールさせ軽妙に仕上げているのが見事だ。

無地のサングラス、グレー無地のテーラードジャケット、白無地のTシャツ、グレー無地のデニム/ジーンズ、ブラウンコインローファーの革靴を合わせた春夏秋のメンズコーデの着こなし。

Citizens Of Humanity(シチズンズ・オブ・ヒューマニティ) グレージーンズ

Citizens Of Humanity(シチズンズ・オブ・ヒューマニティ) グレージーンズ

詳細・購入はこちら

2/10GO TO NEXTPAGE
FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ