トレンチコート メンズ 着こなし【最新版】

定番の“トレンチコート”は、第一次世界大戦時に英国軍に向けた軍用ミリタリーコートに起源をもつ伝統的なメンズウェアだ。1930年頃にはバーバリーやアクアスキュータムといったブランドによりブラッシュアップされ、ミリタリーアイテムとしてのディテールは残しながらも洗練されたファッションアイテムへと進化を遂げた。トレンチコートといえば国内では春用アイテムという印象もやや強いが、もちろん秋冬に至るまでオンオフ問わず活用できる頼れるアウターだ。今回はそんなトレンチコートにフォーカスして注目の着こなしを紹介!

スポンサーリンク

トレンチコートコーデ×白Tシャツスタイル

トレンチコートといえば、あわせるインナーを変化させることで3シーズンに渡って活用できる便利なアウターだ。白Tシャツをあわせることで、春はもちろん秋口においてもコーディネートに重宝する。ライトベージュのチノパンを合わせれば、全体がペールトーンのグラデーションで構成され軽やかな印象を残したいシーンにハマる装いが完成。

preludetoreality

トレンチコートコーデ×デニムシャツ×ジャケパンスタイル

軽快さは演出できるものの、ともすればボヤけた印象になるライトベージュを主体とした着こなし。濃紺のネイビージャケットやボタンダウンデニムシャツをコーディネートに加えることでコントラストが生まれメリハリのあるスタイリングに。ボタンは閉めずジャケットやシャツをあえて見せるのがキモだ。

トレンチコートの着こなしにおいてポイントとなるベルトの扱い。サイドで垂らすことで気取らないラフな印象を演出。バックスタイルにおいてはライトブラウンのダブルモンクストラップシューズを足元にあわせ、ベージュ〜ライトブラウンのグラデーションを構築。また、ボリューム感のないスキニーチノスラックスにあわせてショート丈のトレンチでバランスをとっている点にも注目したい。

【コラム①】トレンチコートのディテール名称と各部位の機能

トレンチコートは前述の通り軍用コートをベースにしており、”機能美の塊”といっても過言ではない。トレンチコートのファッションアイテム化によって省略されているディテールもあるが、トレンチコート本来のクラシックなディテールをおさえることによって「何が省略されているか?」を知ったり、どう着こなすかのヒントにつながり、トレンチコート選びや着こなしをより一層楽しくするのではないだろうか?

burberry

トレンチコートのディテール①「エポレット」

もともとは階級を示すバッジを付けたり、銃や双眼鏡、水筒のストラップが滑り落ちるのを防ぐため使われた。

トレンチコートのディテール②「ガンフラップ」

名前からも想像がつくように、かつてはライフルで発砲した際の肩への衝撃を和らげる役割を担っていたディテール。女性用コートに見られる右前合わせなら左側、男性用コートに見られる左前合わせなら右のみに施される。

トレンチコートのディテール③「Dリング(Dカン)」

第一次世界大戦当時は、手榴弾を吊り下げる使われたディテール。現在では何かを吊り下げる用途で使うことはないと思われるが、ステッチをかけたベルトにしっかりと固定されて強度が保たれているのは誤って落下させることが命取りになりかねない第一次世界大戦当時の要請を反映した名残だ。

burberry

トレンチコートのディテール④「ストームシールド(アンブレラヨーク)」

肩から背中にかけて二重構造になった布部分を指し、嵐の際に水が侵入しにくいように考案されたディテールだ。やや傾斜したストームシールド上を水がすべり落ちていくイメージだ。

トレンチコートのディテール⑤「インバーテッドプリーツ」

ひだ山を突き合わせた構造のプリーツ。広い範囲に切れ込みが入っており、内側のボタンを外すと大きく広がる。戦地で乗馬する際に、開いた足の動きを阻害しないよう考案されたといわれている。

トレンチコートのディテール⑥「スロートラッチ(チンウォーマー、チンストラップ)」

本格仕様のクラシックなトレンチコートに見られる襟裏に収納されている小さなベルト。雨風が侵入するのを防ぐため、フック留めした襟元を上からカバーするための役割を果たす。チン・ウォーマーとも呼ばれることもある。

トレンチコートコーデ×白シャツ×ブラックジーンズ

ベルト、ベルトループ、エポレット、右肩に配されるストームフラップなど、トレンチコートならではのディテールがそぎ落とされたミニマルデザインのトレンチコート。オックスフォード地のシンプルなボタンダウンシャツをトレンドの着崩し”ハーフタックイン”でブラックジーンズにIN。エアリーな「ツーブロック×ソフトモヒカン」ヘアやロールアップによって、ナチュラルかつエフォートレスなトレンチスタイルが完成。

styleseconds

トレンチコートコーデ×ネイビースラックス×ランニングスニーカー

金のメタルボタンやウェストベルトの金刺繍がアクセントになったライトネイビーのトレンチコート。シャリ感のあるネイビートラウザーズ、アッパーにネイビーが配色された。

silhouettedskyline

トレンチコートコーデ×カジュアルストリートスタイル

ワインレッドのスニーカー、プリントTシャツ、スキニージーンズを基軸にしたカジュアルストリートスタイル。歴史が深くオーセンティックでラギッドなトレンチコートをあわせたミックススタイリングが魅力だ。足元のロールアップは、裾の絞りを意識的に強める”ピンロール”といわれるテクニックを駆使。

notorious-mag

<ピンロールのやり方解説動画>

トレンチコートコーデ×グレンチェックスーツ

英国伝統のグレンチェックを水色でアレンジしたスーツにサンドベージュのトレンチコートをあわせた着こなし。胸元にベージュベースのレジメンタルタイをコーディネートすることでトレンチコートとの馴染みを演出。

トレンチコートベルトの結び方①「バックスタイル」

フロントの見た目をスッキリさせるようバックでベルトをまとめるのもトレンチコートの定番スタイルのひとつだが、意外と結び方が知られていないのも確か。アレンジが数種類あるので、マスターすることでバックスタイルに幅がでる。

【コラム②】トレンチコートの素材「ギャバジン」

クラシックなトレンチコートに用いられるのは、耐久性と撥水性に優れたギャバジンという生地だ。

thestar

第一次世界大戦以前にも、バーバリーが製造したギャバジン製の衣服は1911年に南極点に到達したロアール・アムンセン、南極大陸横断探検隊を率いたアーネスト・シャクルトンをはじめ、極地探検家たちに愛用されたことでも知られる。名実ともにハードな環境に耐えうるクラシックな素材と言えるだろう。現在ではタウンユース用にナイロンなど化学繊維が用いられることもあるが、あくまでクラシックなトレンチコートの生地素材は100%コットンウーステッドのギャバジンというのはおさえておきたい。

トレンチコートコーデ×ジップアップスウェットパーカー×スキニージーンズ

膝をリップ加工したダメージスキニージーンズ、Tシャツ、ジップアップパーカー、そしてVANSのオールドスクールといったカジュアルなアイテムにあわせてショート丈のトレンチをコーディネート。横ノリ系スタイルに合わせるなら、着こなしを格上げしつつも自然になじむトレンチコートチョイスが王道だ。

lookbook

トレンチコートコーデ×ネイビーワントーン×差し色レッドスニーカースタイル

トレンチコート、ハイゲージニットカーディガン、スラックスに至るまでネイビー系かつ、キレイめで統一されたコーディネートだからこそ足元に配置したヴィヴィッドカラーのスニーカーが差し色、ハズしアイテムとして機能している。ファションマガジンのディレクターとしてのみならずファッショニスタとして注目されるシモーネ・マルケッティ氏のセンスが光る装いだ。

wwd

トレンチコートコーデ×タイドアップデニムシャツ×ハンティングブーツ

トレンチコートやストレートシルエットのチノパンツといったラギッドテイストの強いアイテムを組み合わせたスタイリング。こなれ感のポイントはメガネやニットタイなどの小物はもとより、ゆとりあるボトムにあえてショート丈のトレンチをウエストを絞りこんだシルエットの妙にある。

maxwellliving

ネイビートレンチコート着こなし×チンストラップ垂らし

ボタンを全閉じで着こなすことで雨風ををシャットアウトすることができるのも、トレンチコートならではの利点だ。スロートラッチ(チンウォーマー)をはずさずに垂らすことで、クラシックなディテールをあえてアピールしているのも見逃せない着こなしポイントだ。

timeless-chic

トレンチコートコーデ×ドレスシャツ×スラックススタイル

トレンチコートの利点といえばウェストベルト。ウェストベルトを強めに絞りこむことで男の色気あふれるグラマラスなシルエットを構築。関連ページ:トレンチコートの着こなしに差が出るベルトの結び方

F.Y

トレンチコートベルトの結び方②「フロントスタイル」

いつの時代も定番なのはフロントでラフに縛ったスタイル。気張らないのがクールだ。特にコツは存在しないが、ファッションディレクター干場氏の動画を参考で紹介。

トレンチコートコーデ×ブルージーンズ

インディゴブルージーンズやブルーのシャンブレーシャツといったカジュアルテイストの強い組み合わせに、あえてフロントボタンやウェストベルトをきっちりと締めた状態で着こなすことでメリハリ感あふれるスタイリングが完成。

artofthetrench

トレンチコートコーデ×チャコールグレースーツ×ギンガムチェックシャツ

トレンチコートといえば、バーバリー、アクアスキュータムといった老舗英国ブランドが元祖といわれる。英国伝統のギンガムチェックシャツやノーブルなチャコールグレーのスーツとは当然相性抜群だ。

hespokestyle

トレンチコート着こなし×ストール

トレンチコートのベルトをフロントサイドでタイトに結びながら、首元にはボルドーのストールを垂らし巻き。首元にあわせてクラッチに落ち着いたブラウンをチョイス。ショートレングスのトレンチコートがスキニージーンズにバランスよくフィット。

ショート丈トレンチコートコーデ

トラッディショナルなトレンチコートは膝丈〜膝下が主流だが、より気軽に羽織ることのできるショート丈のトレンチコートにも注目したい。本家バーバリーのヘリテージラインにおいても3種の丈がラインナップされるなどスタイルに応じたチョイスが可能だ。特にスキニーパンツやアンクルパンツ、ロールアップしたボトムなどをシルエットやボリュームが抑えられたボトムスに合わせるなら、ショート丈のトレンチコートは、すんなりハマりやすい。

zara

トレンチコートコーデ×ハイゲージニット×リジッドデニム

上品な印象のネイビーのハイゲージニットにトレンチ襟立てでスタイリング。足元にはアディダスロッドレーバーをチョイス。ロールアップデニムの印象もあいまって上品な中にもアクティブさを感じさせる着こなしが完成。

nationtrendz

ロング丈トレンチコート×スキニーシルエットスタイル

スキニージーンズ、デニムジャケットともにタイトシルエットのスタイルに、あえてボンリューム感のあるクラシックなトレンチをミックスしたコーディネート。あえて相反する現代的テイストと伝統的テイストの温度差を演出した装いがスタイリッシュ。

次のページを見る
ページ:

1

2
FOLLOW US

Related post

公式 Instagram スナップ