banner

パーカー コーデ メンズ特集

パーカーといえば、春のメンズファッションに欠かせないアイテムだ。キレイめからカジュアル、スポーツミックスまで着こなしの幅も広い。今回は”パーカー”にフォーカスして注目の着こなし&アイテムを紹介!

スポンサーリンク

パーカー×ライダースジャケットコーデ

ブラックのライダースジャケットにレッドのパーかーを合わせてアクセントをプラスしたコーディネート。程よい太さのブルージーンズがワイルドな印象を加速させる。足元にはVANSのオールドスクールをチョイス。

CAMBER(キャンバー) クロスニット プルオーバー フード パーカー

1948年に生地工場としてスタートしたペンシルバニア発のヘビーウェイトスウェットブランド「CAMBER(キャンバー) 」のプルオーバースウェットパーカー。ワイドな丸みのあるシルエットが特徴。

詳細・購入はこちら

パーカー×ブルゾンスタイル

ホワイトパーカーにブラックのブルゾンを合わせてメリハリのある印象に仕上げたスタイリング。ボトムにベージュのワイドパンツ、ホワイトソックス、スニーカーをチョイスしてスケーターテイストを漂わせている。

DRESSTERIOR(ドレステリア) Violet Buffalo Wallows 吊編みスウェットパーカー

クラシックで上質なワードローブを提案する日本のファッションブランド「DRESSTERIOR (ドレステリア)」。糸を無理矢理引っ張ることなく、ゆっくりと編み上げることによって手編みのように柔らかな風合いを実現したスウェットパーカー。

詳細・購入はこちら

パーカー×ライダースジャケット×白Tシャツコーデ

武骨な雰囲気漂うダブルライダースジャケットにライトグレーのジップアップスウェットパーカーや白Tシャツを合わせてクリーンなテイストをプラスした王道コーディネート。ボトムにブラックデニムを合わせてワイルドなモノトーンスタイルが完成。

rag & bone(ラグ & ボーン) STANDARD ISSUE ZIP HOODY

2002年にMarcus Wainwright氏とDavid Neville氏が設立したNYブランド「rag & bone(ラグ&ボーン)」。毎日着られる服をコンセプトに服を作り続けている。ペルー産の上質なコットンの生地を使用したSTANDARD ISSUEコレクションのスウェットパーカー。

詳細・購入はこちら

パーカー×レザージャケットコーデ

フードにナイロン素材を採用したパーカーに武骨なダブルレザージャケットを合わせたコーディネート。ボトムには大胆にワンロールしたブルージーンズを合わせてワイルドな雰囲気に仕上げている。

DIESEL BLACK GOLD クラシック パーカー

2007年に設立されたDIESEL BLACK GOLDは、洗練されたスタイルのなかに斬新さと個性をあわせ持つディーゼルのコンテンポラリーコレクション。フードにナイロンの切り替えを採用してスポーツテイストをプラスしたパーカー。サイドにはジップを採用。

詳細・購入はこちら

パーカー×ライダースジャケットコーデ

シボ加工が施されたレザーライダースジャケットに、グレーのフーディをチョイスしてスポーツテイストをプラスしたコーディネート。フーディは少しサイズアップさせてライダースジャケットとレイヤード。

LOOPWHEELER(ループウィラー) LW Light Slim Hoodie Pullover

1999年の始動以来「世界一、正統なスウェットシャツ」をテーマに昔ながらの釣り編み機にこだわったスウェットアイテムをリリースする日本発のブランド「LOOPWHEELER(ループウィラー)」。LW Light吊り裏毛を使用したメランジパーカー。

詳細・購入はこちら

パーカー×ホワイトジーンズコーデ

パーカーとインナーの色味を合わせて統一感を演出したコーディネート。ボトムにリップ加工が施されたホワイトジーンズを着込んで抜け感を演出。足元にスエードのダブルモンクストラップをチョイスして締りのある印象に。

パーカー×ライダースジャケットスタイル

ダメージジーンズとロールアップの組み合わせは、抜け感を演出するのに適したスタイルだ。武骨な雰囲気漂うライダースジャケットに、リップ加工の入ったダメージブルージーンズを合わせてメリハリを効かせたコーディネート。インナーにパーカーを着込んでソフトな雰囲気をプラス。

REMI RELIEF(レミレリーフ) シルクネップZIPパーカ

日本のメンズファッションブランド「REMI RELIEF(レミレリーフ)」。コットンにシルク素材をミックスしたネップ生地を採用して高級感とこなれ感を兼ね備えたジップパーカーに。

詳細・購入はこちら

パーカー×デニムジャケット×ブルゾンスタイル

パーカーの上に、デニムジャケットとブルゾンを重ね着したコーディネート。モノトーンのアイテムをメインに組み合わせることでデニムジャケットの色味を際立たせている。

N.HOOLYWOOD(エヌハリウッド) 47 pieces

肌着として在るものの中で最上級なものを提供するコンセプトのもと、生産された「N.HOOLYWOOD(エヌハリウッド)」のパーカー。身頃のつなぎ目を背中心に持ってくることで脇の下の縫い目を無くし、着心地を向上。

詳細・購入はこちら

パーカー×ジーンズコーデ

細かいストライプ柄が入ったアノラックパーカーにジーンズを合わせたコーディネート。腕まくりとロールアップによって軽快な印象に。

パーカー×デニムジャケットスタイル

スウェットシャツがデニムジャケットの中でもたつかない、ほどよい厚み・サイズ感を組み合わせることで、何気ない着こなしをハイセンススタイルに昇華。バイカータイプのジーンズと組み合わせて武骨な雰囲気をキープ。

CAMBER(キャンバー) PULLOVER HOOD PARKA

1948年に生地工場としてスタートしたペンシルバニア発のヘビーウェイトスウェットブランド「CAMBER(キャンバー) 」のプルーバースウェットパーカー。

(キャンバー)CAMBER(キャンバー) PULLOVER HOOD PARKA

詳細・購入はこちら

パーカー×ジーンズスタイル

パーカーとジーンズはカジュアルスタイルの鉄板コンビネーションと言える。ドクロプリントがインパクトのあるグレーパーカーにブルージーンズを合わせて。

パーカー×ジーンズ×ウィングチップコーデ

プルオーバータイプのネイビーパーカーにブルージーンズを合わせてグラデーションを表現したコーディネート。足元にはブラウンスエードの外羽根式ウィングチップをチョイス。素足履きで抜け感を演出。

SCOTCH&SODA(スコッチアンドソーダ)ショールカラープルオーバースウェット

オランダはアムステルダム発のブランド「SCOTCH&SODA(スコッチ&ソーダ)」。フードをショールカラーに変更して、スタイリッシュな見た目に仕上げたスウェットプルオーバー。

詳細・購入はこちら

パーカー×デニムジャケットスタイル

デザインが施されたデニムジャケットのインナーにパーカーを合わせたコーディネート。フードを被って立体感のあるシルエットに仕上げている。インナーには、ライトグレーのTシャツを合わせてグラデーションを表現。

STONE ISLAND ジップスウェットパーカー

1982年にイタリアにて設立したメンズスポーツウェアを取り扱うブランド「STONE ISLAND(ストーンアイランド)」。洗い加工によってこなれた風合いを演出したスウェットパーカー。

詳細・購入はこちら

パーカー×レイヤードコーデ

レイヤードを楽しむうえで重要なポイントと言える丈感。さりげなく2〜3cm程レイヤードしてこなれ感を演出するのも良いが、時には10cm以上の大胆なレイヤードも取り入れて個性を演出したい。ニット帽、パーカー、Tシャツ、スラックス、シューズをブラックで統一し、グレイッシュなミリタリカラーのMA-1でアクセントをプラスしたコーディネート。ショート丈のフーディから大胆にレイヤードしたブラックTシャツが個性を演出。

Champion(チャンピオン) トップス リバースウィーブスウェットパーカー

定番であり元祖のスウェットブランド「Champion(チャンピオン)」。リバースウィーブモデルは、通常は縦に地の目を通して裁断するが、あえて横に変更して裁断することにより、スウェット素材特有の縮みを解消したオリジナルのモデルだ。

詳細・購入はこちら

パーカー×セットアップスタイル

ブラックスウェットをセットアップで着たワイルドな雰囲気漂うスタイリング。輩な印象を回避するために細すぎず、太すぎない適切なサイズ選びを心掛けたい。

HYDROGEN(ハイドロゲン)  ジップアップパーカー

1歩先を行く燃料(=水素)という意味でネーミングされた「HYDROGEN(ハイドロゲン)」。メイドインイタリーのラグジュアリーな雰囲気漂うジップアップスウェットパーカー。

詳細・購入はこちら

HYDROGEN(ハイドロゲン)BIKER スウェットパンツ

蛇腹の切り替えが施されたバイカータイプのスウェットパンツ。

詳細・購入はこちら

パーカー×セットアップ×カーキスウェットシャツコーデ

カーキのスウェットシャツをセットアップコーディネート。野暮ったい印象を与えやすいスウェット生地だが、細身のシルエットのアイテムをチョイスすることでスマートな雰囲気に。足元にはアディダスのNMDオールホワイトモデルをチョイス。

パーカー×チェスターコートスタイル

パーカーの上にチェスターコートを羽織り、品のある印象に仕上げたスタイリング。フェンディのトートを合わせてポップな雰囲気をプラス。

wjk(ダヴルジェイケイ) raglan parka

2004年、渋谷区恵比寿のショールームとしてスタートした「wjk(ダブルジェイケイ)」。「w」「j」「k」という意味を持たないアルファベット3文字を並べて組み合わせたブランド名は、デザインを縛られたり、偏ったイメージを持たれたくないという考えから誕生している。縫い代をあえて表に持っていき、個性を演出したスウェットパーカー。

詳細・購入はこちら

パーカー×ブラックスウェットパンツ×オールブラックコーデ

全身を黒で統一したオールブラックコーデ。トップスにはラギッドな印象漂うダブルライダースジャケットとブラックパーカー、ボトムにはショート丈が抜け感を演出するスウェットパンツをコーディネート。足元にあわせたスリッポンスニーカーもこなれ感のポイントだ。

LES (ART)ISTS Hype Beast パーカー

サッカークラブをイメージしたデザインが特徴の「Les (Art)Ists(レスアーティスト)」。hypebeastのインパクトのあるプリントをバックに施したスウェットパーカー。

詳細・購入はこちら

パイル地パーカー×ライダースジャケットスタイル

硬派なブラックレザーライダースに相反するような、エフォートレスなフーディーとTシャツを取り入れたスタイリング。レイヤード感を強める長め丈のフーディーチョイスにも着目したい着こなしだ。

パーカー×ボアジャケット×ブラックジーンズコーデ

豪華にボアが施されたアウターにスラッシャーのロゴTシャツ、ブラックジーンズ、スウェットパーカーを合わせた横乗り系コーディネート。モスグリーンのコートに合わせるように腰元にはグリーンのペイズリーバンダナを合わせてアクセントをプラス。

three dots(スリードッツ) Cotton Knits L/S Zip Hoody

LA発のブランド「three dots(スリードッツ)」。適度な厚みのリングスパンコームドコットンを使用したスウェットパーカー。

詳細・購入はこちら

パーカー×ライダースジャケット×スニーカーコーデ

フーディとアンクルジーンズにスニーカーといったラフな印象を与えるアイテムに、ライダースジャケットを合わせてダンディな重厚感をプラスしたコーディネート。ベルトにはスタッズが施されたものをチョイスしてロックテイストをさりげなく演出。

LACOSTE(ラコステ) 無撚糸 プレミアム スウェットパーカ

1933年にフランスのテニスプレーヤーであるルネ・ラコステ氏が、ピケ素材の快適な半袖シャツを開発したことから生まれたブランド「LACOSTE(ラコステ)」。ブランドロゴは、ワニ皮のスーツケースをご褒美に試合の勝敗を賭けたことがきっかけで生まれている。

詳細・購入はこちら

パーカー×ベージュパンツスタイル

ReebokのアイコニックロゴであるRのマークが目を引くジップアアップパーカーに股上が深めに設計されたベージュパンツを合わせたスタイリング。足元にはハイカットのホワイトスニーカーを合わせて軽快な印象を与えるストリートスタイルが完成。

FOLLOW US