春服 メンズ特集!2022年注目のアイテムをトレンド視点、定番視点の2カテゴリで厳選ピックアップ

Share

9 ページ以降を表示しています。

元のページを表示
春服 メンズ特集!2022年注目のアイテムをトレンド視点、定番視点の2カテゴリで厳選ピックアップ

CONTENTS

9 ページ以降を表示しています。

目次を表示

春服 メンズ 定番アイテム⑤「“オイルドジャケット”があれば春先から梅雨どきまで安心!」

夜から朝にかけての冷え込みに加え、天気が変わりやすく急な雨に降られることもある春。そんな時期にあると便利なのが、オイルを染み込ませたオイルドジャケットだ。撥水性や防水性に優れているので冷たい雨風から凌げるうえ、耐久性も備えているので長年愛用できることうけあい。5月末~6月半ばにかけての梅雨どきにも重宝するので、この春の本命アウターとして取り入れてみてはいかがだろうか。

「Barbour(バブアー) BEDALE」

英国上流階級のアウトドア・ライフスタイルを体現するブランド「バブアー」のオイルドジャケットの代表作であり代名詞的なモデルである「ビデイル」をピックアップ。乗馬用ジャケットとして誕生したものの、本来の粋を超え世界中のアウトドアやファッションを愛する人々から支持されている。ココンチらしさあるクラシカルな重厚感を漂わせつつもスリムフィットで端麗なシルエットに仕上がっているので、アウトドアやワークスタイルにはもちろん、トラッドな装いにも着回しできる汎用性の高さが魅力だ。

詳細・購入はこちら

「Barbour(バブアー) International」

1936年に発表された元祖バイカーズジャケットの「インターナショナル」。バイクに乗ることを前提に作られているため、取り出しが行いやすいよう左胸のポケットは斜めに設計されている。オイルドコットンの生地がベーシックだが、シャリ感のあるナイロン地も展開されており、どれも春先にはピッタリのアウターだ。

詳細・購入はこちら

「BELSTAFF(ベルスタッフ) Trialmaster」

100年近い歴史を持つ、英国生まれのブランド「ベルスタッフ」。同ブランドの看板モデルである「トライアルマスター」は、1948年に発売されて以来、世界中で愛されているワックスドコットンジャケットだ。ヒップを覆う程度の丈感なので、カジュアルスタイルにはもちろん、スーツスタイルにもマッチする。脱・ブナンなスーチングスタイルに仕上げたいという方は、ぜひ取り入れてみては?

詳細・購入はこちら

【関連記事】英国の国民的老舗アウトドアブランド”バブアー”の魅力とは?

関連記事 英国の国民的老舗アウトドアブランド"バブアー"の魅力とは?
10/21GO TO NEXT PAGE

この記事の著者

Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する