ジャケット×ジーンズの組み合わせでこなれ感溢れるジャケパンコーデに

ジャケットを取り入れた着こなしの中でも、ジャケット×ジーンズの組み合わせはほどよいカジュアル感を演出できる洒落者の御用達コンビだ。今回はそんな「ジャケット×ジーンズのジャケパンスタイル」にフォーカスして注目の着こなし&アイテムを紹介!

スポンサーリンク

白ジャケットコーデを濃紺Tシャツ×ジーンズで引き締める!

爽やかなホワイトジャケットを濃紺のTシャツ×ジーンズで引き締めたコーディネート。白ジャケットが浮かないように、チーフでもネイビーを取り入れて統一感を演出している。アウターからボトムスへ自然に繋がるようなまとまりのあるシルエットも秀逸だ。

ブラウンべっ甲のサングラス、白無地のテーラードジャケット、ネイビー無地のTシャツ、ブラウン無地のレザーベルト、ブルー無地のデニム/ジーンズ、ブラウンタッセルローファーの革靴を合わせた春夏秋のメンズコーデの着こなし。

PT05のジーンズならジャケットとのコーディネートも簡単!

イタリア随一の人気を誇るパンツ専業ブランドPT01が展開しているジーンズ専門ブランド「PT05(ピーティー ゼロ チンクエ)」。5のナンバリングは5ポケットパンツから採用されているという。スラックスがお得意のブランドから提案される5ポケットパンツなだけに、テーラードジャケットとの相性はすこぶる良し。PT01のディレクターを務めるドメニコ・ジャンフラーテ氏も、PT05のジーンズを黒ジャケットに合わせたコーデで直近のピッティウオモに参戦していた。

無地のサングラス、黒無地のテーラードジャケット、白無地のシャツ、黒無地のデニム/ジーンズ、黒その他のブーツを合わせた春夏秋のメンズコーデの着こなし。

タキシードライクなジャケットをTシャツとジーンズでハズしたコーディネート

ドレススタイルにあらゆるテイストをミックスしたコーディネートを得意とするマルコ・ザンバルド氏。ピッティウオモのとある1日では、ラルディーニのタキシードライクなフォーマル顔のテーラードジャケットを無地Tシャツ、ジーンズで大胆にハズしたコーディネートで参戦していた。ジーンズの裾は大胆にカットオフし、スエードのサイドゴアブーツを合わせてグランジな雰囲気に。

無地のサングラス、ネイビー無地のテーラードジャケット、白無地のTシャツ、ブルー無地のデニム/ジーンズ、ベージュサイドゴアのブーツを合わせた夏春秋のメンズコーデの着こなし。

縦縞ジャケットの色味とリンクするようにホワイトジーンズをコーディネート

やんちゃでパワフルな存在感を放つ幅広ストライプのジャケットをチョイスしたジャケパンコーデ。ボトムスはストライプの色味とリンクするようにホワイトジーンズをチョイスして統一感を。足元はスポーティにアディダスの新定番スニーカー「Iniki Runner(イニキランナー)」をセットして。

無地のサングラス、ネイビーストライプのテーラードジャケット、ネイビー無地のTシャツ、白無地のデニム/ジーンズ、アディダス イニキランナーの白ローカットのスニーカーを合わせた夏春秋のメンズコーデの着こなし。

おすすめジャケットブランド「Tagliatore(タリアトーレ)」

1960年代創業のレラリオ社が母体となり、二代目であるピーノ・レラリオ氏がスタートさせたブランド。ブランド名のTAGLIATOREはイタリア語で裁断士の意味。ピーノ氏の祖父が革靴のアッパーを裁断する職人だったことから呼ばれていたニックネームが由来なのは意外に知られていない。また実際にブランド自体もカッティング技術にこだわり、立体的でスリムなフォルムを実現している。高いウエスト位置から絞りこんだウエストや前肩を強調するショルダーラインは、タリアトーレらしい型紙のデザインだ。人気御三家の中では最もスリムシルエットであるため、痩せ型の男性には特にオススメ。ちなみに、ピーノ氏はバットマンの衣装を手がけるなどの実績も持つ。

https://www.amazon.co.jp/s?k=tagliatore&rh=n%3A352484011%2Cn%3A2131417051%2Cn%3A2131419051%2Cp_n_feature_thirteen_browse-bin%3A2284115051&dc&fst=as%3Aoff&qid=1515071076&rnid=2284103051&tag=otokomaelab-22&ref=sr_nr_p_n_feature_thirteen_1

商品詳細はこちら

2/13GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

RELATED POST

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ