ジージャン コーデ メンズ 【着こなしを洗練させる7つのワザを紹介】

ジージャン(Gジャン)、すなわちデニムジャケットといえば、誰もが知っているメンズファッション定番アイテムでありながら、着こなしが難しいため意外と取り入れている男性が少ないという特徴も。今回は、そんなジージャンの洗練された着こなしを成功させるためのポイントを、具体的な着こなし事例とともに紹介!

スポンサーリンク

様々な名称を持つ「ジージャン」

ジージャンは「jean jumper」の略称。しかし実は「ジージャン」は和製英語で、英語圏では一般的に「jean jacket」「denim jacket」と呼ばれている。本来なら「ジージャケ」や「デニジャケ」という呼称の方がオリジナルに近い表現だが、語呂が良いこともあって「ジージャン」という呼称が日本では一般化している。ジージャンの誕生は1930年代、リーバイスがジーンズに合わせる作業上着の製造を開始したことが起源。

ジージャンamazon

ちなみに、デニムやヴィンテージフリークの間では有名な話だが、リーバイスが1930年代にリリースした初代モデルから徐々にシルエットやディテールを変化させている。古い順に「ファースト」「セカンド」「サード」「フォース」と4種類に分けて語られることが多い。この区別は日本の古着輸入業者が便宜的に分類した呼称であり、リーバイス社がつけた正式名称ではないことはおさえておきたい。ちなみに、多くのブランドがデザインベースとして用いるのはファッション的にも高い評価を得ている「サードタイプ」だ。

ジージャンの4タイプそれぞれのデザインや仕様の違いを紹介!

ジージャンのタイプによって、デザインや仕様には違いが存在する。続いては、ジージャン4タイプそれぞれにフォーカスして特徴を紹介!

ジージャンのタイプ①「元祖デザインの”ファーストタイプ”」

名前の通り、初めてデニムジャケットが完成された際のデザインが「ファーストタイプ」だ。前たて部分にヒダのディテールが存在している。また、胸ポケットは左の身頃のみに施されており、位置は低めに設計。バックのウエスト部分にはストラップが縫い付けられているのも特徴のひとつだ。

ジージャンのタイプ②「両ポケット&ヒダ付き前立てが特徴的な”セカンドタイプ”」

ファーストモデルからアップデートされた「セカンドモデル」。前立てヒダのディテールはそのままで、ポケットが両身頃の低い位置に施されているデザインだ。バックウエストに縫い付けられていたストラップもセカンドモデルからは取り除かれている。

ジージャンのタイプ③「最もメジャーなデザインの”サードタイプ”」

最もメジャーであり、デニムジャケットの完成形とも言われるデニムジャケットの「サードタイプ」。前立てヒダのディテールはサードタイプから省かれている。両見頃の胸ポケットの位置はヨークの切り替え線まで上昇。生産効率の高さを重視しているため、シンプルで洗練された雰囲気にデザインされている。胸ポケット部分から、裾にかけてVの字に入ったステッチも特徴的だ。

ジージャンのタイプ④「サードタイプより着丈が若干長い”フォースタイプ”」

サードタイプから、ぱっと見はあまり変化の無い「フォースタイプ」。サードタイプと比べて着丈が長めに設計されているのが大きな違いだ。また、前見頃のV字ステッチの傾斜は緩く設定されており、終わりの裾部分が閉じていない形が多い。サードタイプと並べて見比べると、印象が若干異なる点はおさえておきたい。

 

2/10GO TO NEXTPAGE
FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

公式 Instagram スナップ