テーラードジャケットの粋なメンズコーデ30選

Share

メンズファッションの定番中の定番アイテムである“テーラードジャケット”。クラシックな着こなしはもとより、昨今ではドレススタイルのカジュアル化が進んでいる影響から着こなしの自由度がますます高まっている印象を受ける。今回はそんな「テーラードジャケット」を使用した粋な着こなし30事例を様々な視点からフォーカスして紹介!

スポンサーリンク

オーソドックスなテーラードジャケットの着こなし

メンズファッションの定番と言えるテーラードジャケットといえば「ウール100%の生地」「ノッチドラペル」「2つボタン」などが挙げられる。そんな要素を備えたネイビーのテーラードジャケットに、トーンの変化をつけた同色のネクタイ、セミワイドカラーの白シャツ、グレースラックス、黒カーフの内羽根シューズを組み合わせた王道ジャケットスタイルをピックアップ。革靴とベルトの色味を揃えて色数をおさえるのも、着こなしセオリーのひとつだ。

LARDINI(ラルディーニ) テーラードジャケット

詳細・購入はこちら

【関連記事】ネイビージャケット コーデ メンズ特集!

ノーブルな雰囲気を醸し、キレイめで凛とした大人の装いへと格上げするネイビージャケ...

ネイビーテーラードジャケット×グレースラックスで王道ジャケパンスタイルを構築

ジャケパンスタイルの鉄板カラーコンビである“ネイビージャケット×グレーパンツ”。ジャケパンの色味の組み合わせについては同系色同士を組み合わせるスタイルも定番化しているため、実は現状ほとんどルールはないと言って良いが、ジャケットとスラックス素材の季節感に差異が出ないように気を配りたい。

INCOTEX (インコテックス) グレンチェックスラックス

詳細・購入はこちら

クラシックのセオリーを意識することで、好印象のテーラードジャケットコーデを表現

クラシックのセオリーを意識した着こなしは、誠実で精悍な雰囲気漂う好印象を相手に与えることが可能だ。例えば、全体の色数を3色以内におさえる、ジャケットのボタンを適切な箇所で留める、タイドアップではタイスペースに隙間を作らないなど、クラシックと言われる基本的な要素を意識するだけでも与える印象は大きく変化してくるだろう。

テーラードジャケット×白シャツの組み合わせは鉄板

テーラードジャケットのインナーに合わせるシャツの色に迷ったら、白を選べばまず間違いないだろう。ネイビーやグレーのジャケットはもちろん、トレンドカラーであるブラウンやカーキのジャケットにも好相性だ。ちなみに、最もクラシックな白シャツは、ブロードやツイルの織り柄でセミワイドカラーの襟型と言われている。

LUIGI BORRELLI(ルイジボレッリ) コットンポプリンセミワイドカラーシャツ LUCIANO

詳細・購入はこちら

テーラードジャケットに他アイテムも色味を合わせることで着こなしの洗練度を高める

テーラードジャケットの色味に合わせたスラックスやネクタイのチョイスで統一感のある洗練されたスタイルを構築。シャツからネクタイ、テーラードジャケットへと流れるようなグラデーションが洒脱さを醸し出す。キリッとしながらもオシャレさを演出したいという方は、ぜひ参考にしてみてはいかがだろうか。

BOGLIOLI(ボリオリ) ダブルテーラードジャケット

詳細・購入はこちら

Stefanobigi(ステファノビジ) グレーネクタイ

詳細・購入はこちら

2/6GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ