アメカジ特集!注目の歴史やメンズコーデをピックアップ

トレンドに左右されない男の鉄板スタイル、アメカジファッション。ミリタリーやワーク、カントリーなどのスタイルをベースにした武骨でラフなアメカジは、ワイルドな男の魅力を最大限に引き出すコーディネートとして時代を超えて愛されている。今回は「アメカジコーデ」にフォーカスし、ラギッドなスタイルにこだわる大人の着こなし&注目アイテムを紹介!

スポンサーリンク

「アメカジ」は男達に欠かせない鉄板スタイル!

アメカジとはアメリカンカジュアルの略で、自由な気風が強いアメリカ人好みな機能性を重視した衣類や、その着こなし全般を指す言葉だ。イメージベースとして有力なのは、1954年にアメリカの国際衣服デザイナー協会にて発表された「アイビーリーグモデル」というメンズファッションスタイル。アメリカ西海岸にある名門私立大学の通称「アイビー・リーグ」の学生やOBの間で広まっていたファッションスタイルを基に提案された。当時のリアルなアメカジスタイルは、ジェームズ・ディーンの代表作である「理由なき反抗(Rebel Without a Cause)」や、ジョージ・ルーカスが手掛けた名作「アメリカングラフィティ」などのムービーでチェックできる。

アメリカングラフィティ

詳細・購入はこちら

アメカジと一口に言っても、西海岸のサーファーが好んだ服装から生まれたサーフスタイルや軍から払い下げられた衣料を着用したサープラススタイル、大学生ならではのカレッジスタイルまで様々。現代では、上で挙げたスタイルの総称としてアメカジが使われる場合が多い。一部では、カジュアルは「アメカジ」、ドレスは「アメトラ」とあえてカテゴリーを分けて使われるケースも存在する。

ミラノでは「パニナリ」日本では「渋カジ」。アメカジ文化は様々な国で形を変えて流行を繰り返す

1980年代、当時のアメリカの輝かしい文化は、世界の若者たちを魅了した。イタリアのミラノでは、モンクレールのダウンにリーバイスの501、ティンバーランドのブーツを合わせた「パニナリ(Paninari)」という若者のスタイルが流行。日本では、渋谷界隈の有名私立高校の学生集団を中心にアメカジが大流行して「渋カジ」というひとつのスタイルが誕生した。

 

View this post on Instagram

 

Bircide (Il Paninaro)さん(@bircide_il_paninaro)がシェアした投稿

近年、そんなアメカジブームが世界的にジワジワと再来している模様。当時の空気感をそのまま再現した王道スタイルはもちろん、ドレスなどの他テイストをベースにアメカジの要素をミックスしたフレッシュな提案まで、着こなし方の幅もかなり広がっている。続いては、そんなアメカジ要素を取り入れた注目のコーディネートをピックアップ紹介!

2/9GO TO NEXTPAGE
FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

公式 Instagram スナップ