ジーンズ 着こなし メンズ【最新】

超定番アイテム「ジーンズ」。男の定番アイテムであるだけに、着こなしやアイテムチョイスに最も差がつくアイテムと言っても過言ではない。今回は「ジーンズ」にフォーカスして、スタイリッシュな着こなし&アイテムをピックアップ!

スポンサーリンク

ジーンズ×ジャケット×ダウンジャケットスタイル

ヒゲ加工やタテ落ちの風合いが魅力的なブルージーンズにテーラードジャケットとダウンジャケットをセット。カジュアルアイテムとドレスアイテムの絶妙なバランス感覚に注目だ。色使いを極力抑えている点も洗練された印象を与える秘訣のひとつ。

YANUK(ヤヌーク) Philip テーパード

2003年にデビューしたLA発のデニムブランドYANUK。美しいパターンや裁断、ステッチワーク、本格的な色落ち加工などを得意とする。斜めに配されたコインポケットや、ブランドの頭文字を採用したバックポケットのステッチなど、随所に施されたさりげないアレンジがオリジナリティをプラスする。Philipはひざ下から強いテーパードをきかせたモデル。

詳細・購入はこちら

ジーンズ×デニムジャケット×ハンティングジャケットコーデ

ジーンズにデニムジャケットを合わせたデニムオンデニムの武骨なスタイリングにハンティングジャケットを羽織ったラギッドな雰囲気溢れるコーディネートに。タートルネックはハンティングジャケットのチェック柄に色味をリンクさせてレッド系をチョイスして統一感を。

upper hights(アッパーハイツ)「THE FIVE」

2014年に設立された東京ブランド「upper hights(アッパーハイツ)」。「SIMPLEかつSTYLISH」をテーマに掲げており、それを表現するために、生地、フィット、デザインを細部まで計算し構築している。スリムなシルエットにアンクル丈のすっきりとしたデザインになっているため、スニーカーやスリッポンとの相性も良い。加工を手作業で行っているため、色落ちに個体差がある点も特徴の一つだ。

詳細・購入はこちら

ジーンズ×シングルライダースジャケットコーデ

シングルライダースジャケットにライトブルージーンズを合わせたラギッドな印象のコーディネート。ホワイトレザースニーカーなど、シンプルなアイテムのチョイスによって、大人の風格漂う雰囲気に。

Care Label(ケアレーベル) TIGHT202

2011年にラポ・エルカンやデザイナーのレオポルド・ドゥランテらが始動したイタリアのジーンズブランド「ケアレーベル」。オーセンティックなモデルのタイト202。ダメージのリペアなどの加工がこなれ感を漂わせる。ロールアップして履くのもオススメ。

詳細・購入はこちら

ジーンズ×ステンカラーコート×ストールスタイル

ジーンズにセンタークリースを入れることで、ドレッシーなニュアンスをプラスするのも有力な選択肢だ。昨今では、スラックスにデニムを採用したモデルはもちろん、ジーンズにスラックスのシルエットを採用したモデルまで展開されている。革靴やジャケットなどのドレスアイテムとジーンズを合わせたスタイリングなどに取り入れていきたい。

SIVIGLIA(シビリア) ワンウォッシュコットンストレッチデニムジーンズ HERO

2005年にイタリアのアンコーナで始動した新鋭ブランド「SIVIGLIA(シビリア)」。20年以上にわたって大手ブランドの製造委託を請け負ってきたことからも証明される高い技術が多くのファッション関係者から評価される。5ポケットのジーンズの仕様はそのままに、シルエットをスラックスに仕上げた「HERO」。

詳細・購入はこちら

ジーンズ×Pコートスタイル

Pコートの襟を立てることで立体感のある首回りを表現したスタイリング。Pコートの特徴であるショート丈を利用したストールのレイヤードテクニックが洒脱な印象を与える。ボトムにはジーンズを合わせながらも、足元にウィングチップシューズをチョイスすることで、締まりのある雰囲気をキープ。

G-Star Raw(ジースター ロゥ) 3301

1989年にオランダのアムステルダムにて設立されたデニムブランド「G-STAR RAW」。立体裁断による独特のパターンで縫製されたジーンズが人気だ。3301モデルはベーシックなテーパードモデル。強めのブルーの発色がポイント。

詳細・購入はこちら

ジーンズ×レザーライダースジャケットスタイル

ライダースジャケットにジーンズを合わせた鉄板スタイリング。色落ちしたブルージーンズにホワイトソックスとスニーカーを組み合わせたスタイリングが、スケーターテイストを思わせる。トップスはブラックでまとめてシックな雰囲気をキープ。

CITIZENS of HUMANITY(シチズンズ・オブ・ヒューマニティ) GAGE in REDFORD Classic Straight denim

プレミアムデニムの立役者、ジェロームダーハンによって2003年よりスタートしたLA発のデニムブランド「CITIZENS of HUMANITY」。デニムは自社生産のMade in USA。新モデルのGAGEは、クラシックなシルエットを踏襲したストレートモデル。素材は10ozの軽く、伸縮性の強い生地を採用。膝が出にくい点も特徴だ。

詳細・購入はこちら

ジーンズを使用したカジュアルジャケパンスタイル

前立ての網目が変えられたグレーカーディガンに、フランネル生地のテーラードジャケットとジーンズを合わせたカジュアルジャケパンスタイル。足元にブラックのプレーントゥを合わせてカジュアルの中にも締まりのある印象に。

JACOB COHEN(ヤコブコーエン) ボタンフライ ジーンズ PW622 COMFORT

1985年にタト・バルデッレがイタリアのパドヴァで始動したブランド「ヤコブコーエン」。2003年に二代目のニコラ・バルデッレがヤコブコーエンをデニムブランドとしてリスタート。スラックスなどに用いられる「くせとり」と言われるアイロンワークを採用し、高級セレクトショップで展開されるようなラグジュアリーでドレスライクなジーンズを展開している。PW622は、比較的手の届きやすい価格帯に設定されたラインの股上が浅いモデルだ。

詳細・購入はこちら

ジーンズ×ダブルジャケットコーデ

ジャケットに裾を切りっぱなしにしたジーンズを合わせてラフな雰囲気を演出したスタイリング。切りっぱなしも裾のほつれがあまり目立たない程度のダメージ感であれば、取り入れやすい。素足履きでローファーを合わせて品のある印象もキープ。

PT05(ピーティーゼロチンクエ) ボタンフライジーンズ BRITPOP NEW SKINNY FIT

本国イタリアに限らず、世界中で大きな話題を集めているパンツブランドPT01(ピーティ・ゼロウーノ)。ディレクターであるマリオ氏が新たに仕掛けたプロジェクトがこのPT05(ピーティ・ゼロチンクエ)だ。ボタンフライとスキニーシルエットが魅力のモデルがBRITPOP。美しいテーパードのラインは、ジャケットスタイルにも絶妙にフィットする。

詳細・購入はこちら

ジーンズ×チェルシーブーツ×テーラードジャケットコーデ

スリムジーンズにスラントポケットやピークドラペルのディテールが英国調の雰囲気を漂わせるテーラードジャケットを合わせたジャケパンコーディネート。足元には、チェルシーブーツをチョイスしてスマートなシルエットに。

Tramarossa(トラマロッサ) LEONARDO TITOLO 24

1967年にイタリアで創業されたデニムブランド。ブランド名はイタリア語で「赤色の耳」という意味。 イタリア産のデニム生地を使用し、裁断・縫製、仕上げに至るすべての工程をイタリアで行う。

詳細・購入はこちら

ジーンズ×チェスターコートスタイル

ブルージーンズにチェスターコートを合わせたスタイリング。デニムの鮮やかなブルーの色味が、爽やかな雰囲気を演出してくれる。裾にはピンロールを採用し、スニーカーを合わせることで軽快な印象に。

KURO(クロ) Diamante Vintage Wash

2010年に設立された日本のデニムブランド「KURO(クロ)」。バックポケットのミミ使いや、あえて乱雑に施したステッチなどの独創的なデザインと圧倒的なコストパフォーマンスが世界中のバイヤーから高い評価を受ける。Diamanteはテーパードシルエットモデル。ストレッチのあるセルビッチ生地を採用している点も魅力。

詳細・購入はこちら

ジーンズ×チェスターコートコーデ

グレージーンズにネイビーチェスターコートを合わせたコーディネート。ブラック系の色味のジーンズなら、スタイリングも自然と締まりのある表情に。ブラックのプレーントゥの革靴とも相性◎

ENTRE AMIS(アントレアミ) ブラックデニム

2007年に創業されたナポリのパンツ専業メーカー。親会社が生地を取り扱う会社ということで様々な生地で作ったパンツのコレクションをPITTI UOMOにて発表している。テーラードジャケットにも絶妙にフィットするブラックデニムを紹介。

詳細・購入はこちら

ジーンズ×デニムジャケット×バブアースタイル

デニムオンデニムの上にバブアーのジャケットを羽織ることで、武骨な雰囲気溢れる男のスタイリングが完成。リーバイスのデニムジャケットの赤タグとリンクするように、バンズのスニーカーやバンダナでレッドの差し色を加えたスタイリングが洒脱な印象を与える。

3×1(スリーバイワン) M3 Selvedge Slim

デザイナー2011年Scott Morrisonによって立ち上げられたるニューヨーク発デニムブランド。Scottはプレミアムデニムブランドとして世界的に支持されているPaper Denim & ClothやEarnest Sewnの創始者としても知られ、3番目のブランドとして3×1を立ち上げた。約9割が日本産というのも特徴で、そのラインの美しさと履き心地の良さに定評があり、オーダーメイドが可能なことでも知られる。

詳細・購入はこちら

ジレ×テーラードジャケット×ジーンズスタイル

織りのある柄が特徴的なテーラードジャケットのインナーにジレを着込んだスタイリング。ジレのボタンホールに配されたレッドのカラーリングがアクセントに。メリハリのある濃淡とハードなダメージ加工が施されたジーンズで個性をプラス。

DIESEL(ディーゼル) デニムパンツ レギュラースリム テーパード BELTHER L.30 TROUSERS

レンツォ・ロッソとAGジーンズ社のアドリアーノ・ゴールドシュミットが1978年に設立したイタリアのジーンズブランド。トレンドであるテーパードシルエットのBELTHERをピックアップ。バックヨークの特殊な切り替えデザインが、腰回りをよりコンパクトに見せてくれる。

詳細・購入はこちら

ジーンズ×スタジャンスタイル

ケミカルウォッシュが施されたダメージジーンズにベースボールジャケットを合わせたスポーティな雰囲気漂うスタイリング。ホワイトの無地Tシャツを合わせたシンプルな組み合わせが、ジーンズの加工デザインを引き立てる。

ジーンズ×ダブルチェスターコートコーデ

スキニーシルエットのジーンズにダブルチェスターコートを合わせてドレッシーな雰囲気をプラスしたコーディネート。ダブルモンクストラップのデザインが施されたブーツが個性を引き立たせる。全身をネイビーで統一したまとまりのあるアイテムチョイスにも注目したい。

entre amis(アントレアミ) ボタンフライ ジーンズ GAGA

イタリアのパンツ専業ブランドとして知られる「entre amis(アントレアミ)」。GAGAは定番の9部丈モデル。

詳細・購入はこちら

ジーンズ×ダブルコートコーデ

ライトブルーに色落ちしたスリムシルエットのジーンズに、ダブルのナイロンベージュコートを合わせてシルエットにメリハリをきかせたコーディネート。全体に色味の明るいアイテムをチョイスすることで、重厚感のある冬の重ね着スタイルも軽快な印象に。

ジーンズ×ダブルジャケット×フーテッドコートスタイル

ヴィンテージ感のある色味が雰囲気のあるジーンズに、ストライプのダブルジャケットとフーテッドコートを合わせたスタイリング。ストールのピッティ巻きのアレンジがVゾーンにアクセントを与える。足元にはコードバンの輝きが目をひくプレーントゥの革靴を合わせて無骨な印象の仕上がりに。

DENHAM(デンハム) RAZOR

2009年、英国人デザイナーJason Denhamがオランダにてスタートさせたデニムブランド。Jason DenhamはU2のジーンズを製作しているJoe Casley-HayfordやPepe Jeansでキャリアを積み、自身のデニムブランドを設立。このブランドで注目したいのは、ヴィンテージデニムの表情を忠実に再現した加工技術だ。RAZORはスリムテーパードシルエット。DENHAMの中でも一番人気の高いモデルとして知られている。

詳細・購入はこちら

ジーンズ×ベルテッドコートコーデ

今シーズンの注目株であるベルテッドコートにジーンズを合わせたコーディネート。オイルが浸透した光沢のある生地感とデニムの武骨な風合いが好相性。あえてフロントでコートのウエストベルトを結ぶことで、アクセントとシルエットに変化を加えている。

Pepe Jeans(ペペジーンズ) Hatch Spray Jeans

1973年に英国ロンドンにて創業したデニムブランド「ペペジーンズ」。ストレッチ加工など加工技術の高さに加え、シルエットが美しいことで人気。ラインの美しいスキニージーンズは多くのセレブ、ミュージシャンなどから支持されている。

詳細・購入はこちら

ジーンズ×チェスターコート×スニーカースタイル

ジーンズは、チェスターコートのようなドレス系アイテムにも意外とすんなりとハマる点も魅力的。スリムシルエットも、細すぎない適度なゆとりのあるサイジングが今シーズンは人気だ。ロールアップを組み合わせれば、スマートで軽快な印象を演出できる。

CITIZENS of HUMANITY(シチズンズ・オブ・ヒューマニティ) BOWERY in NOMAD

CITIZENS of HUMANITYの中でも、大人気のBOWERYにレッドキャストの濃色ストレッチを採用したモデル。加工感も股部分のヒゲの陰影などのアメリカのベーシックなヴィンテージ加工に少し手を加えながらも、オーソドックスに仕上げている。

詳細・購入はこちら

ジーンズ×Pコート×スニーカーコーデ

ブルージーンズにネイビーコートを合わせてグラデーションを表現したコーディネート。トレーナーを腰に巻いたアクセントにも注目だ。足元にはクリーンなホワイトスニーカーを合わせて軽快な印象をプラス。

rag & bone(ラグ & ボーン) FIT 2

2002年にマーカス・ウェインライトとデヴィッド・ネヴィルが始動した米国のブランド。ファッションデザイナーとして教育を受けていない二人が「毎日着たくなるような服を作りたい」という想いを持ってジーンズのコレクションからスタートした「rag & bone(ラグ & ボーン)」。ケミカルウォッシュの風合いの色落ちのACID BLUE。膝下から適度なテイパードがかかっているため、すっきりとした綺麗なシルエットに仕上がる。日本のカイハラ社の生地を使用し、生産はアメリカで行われている。

詳細・購入はこちら

次のページを見る
ページ:

1

2 3 4
FOLLOW US

Related post

公式 Instagram スナップ