ステンカラーコート メンズ コーデ 特集!歴史から注目の着こなし&アイテムを一挙紹介

ビジネススタイルの定番コートとして不動の人気を誇り、攻守自在に様々なスタイルとマッチするミニマルなデザインが特徴の「ステンカラーコート」。そのシンプルなデザインゆえに、シルエット、サイズ感、丈感が着こなしの良し悪しを大きく左右するといっても過言ではない。今回は「ステンカラ―コート」にフォーカスし、注目の着こなし&アイテムを紹介!

スポンサーリンク

ステンカラーコートとは?

正式名称は「バルマカーンコート(Balmacaan Coat)」。スーツなどテーラード系アイテムに強いファッション誌では「バルマカーン(コート)」という表現が多用されるのでご存知の方も多いかもしれない。形状において、衿腰が後ろで高く、前で低い状態で折り返る一枚の衿が特徴のコートだ。ちなみに「ステンカラーコート」という言葉は和製英語であり、スタンド・アンド・フォール・カラーがなまって生まれたという説が有力。他には、フランス語のsoutien(支える)から来ているという説も存在する。海外ではステンカラーのコートの括りを詳しく定めていないため「Overcoat」「Rain coat」と特に他の種類のコートとは呼び分けないケースも多い。

ステンカラーコートはスコットランド生まれ!

ステンカラーコートは正式名称「バルマカーンコート」からも類推される通り、スコットランドに存在する地名「バルマカーン(Balmacaan)」からそのまま名付けられている。バルマカーンは、インバネスコートの由来ともなった地域のインヴァネスの近郊に位置しているなど、”コートに縁がある地域で生まれた”というわけだ。ちなみに元々はレインコートの一種として誕生し、トレンチコートから派生したという説も存在する。

レインコートとして着用されていたという説も持つステンカラーコート

2/25GO TO NEXTPAGE
FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

公式 Instagram スナップ