男のワードローブに最適な”ステンカラーコート”の着こなし【2018最新】

オンオフ問わず活躍を期待できる定番コートといえば「ステンカラーコート」だ。今の気分にフィットするクラシックなディテールデザインから、着脱可能ライナーが備わることによって、3シーズンにわたっての活用を可能にした機能性の高いものまで、種類の幅も広い。今回は、そんな「ステンカラーコート」にフォーカスして、気になるエピソードから注目の着こなし&アイテムまで紹介!

スポンサーリンク

ステンカラーコートとは?

正式名称は「バルマカーンコート(Balmacaan Coat)」。スーツなどテーラード系アイテムに強いファッション誌では「バルマカーン(コート)」という表現が多用されるのでご存知の方も多いかもしれない。
形状において、衿腰が後ろで高く、前で低い状態で折り返る一枚の衿が特徴のコートだ。ちなみに「ステンカラーコート」という言葉は和製英語であり、スタンド・アンド・フォール・カラーがなまって生まれたという説が有力。他には、フランス語のsoutien(支える)から来ているという説も存在する。海外ではステンカラーのコートの括りを詳しく定めていないため「Overcoat」「Rain coat」と特に他の種類のコートとは呼び分けないケースも多い。

ステンカラーコートはスコットランド生まれ!

ステンカラーコートは正式名称「バルマカーンコート」からも類推される通り、スコットランドに存在する地名「バルマカーン(Balmacaan)」からそのまま名付けられている。バルマカーンは、インバネスコートの由来ともなった地域のインヴァネスの近郊に位置しているなど、”コートに縁がある地域で生まれた”というわけだ。
ちなみに元々はレインコートの一種として誕生し、トレンチコートから派生したという説も存在する。

レインコートとして着用されていたという説も持つステンカラーコート

ステンカラーコートの特徴とは?

素材とカラーリングのチョイスによって、数多くのシーンでも活用できるステンカラーコートは一着は所有しておきたいアイテムのひとつだ。一般的に無地のものが多く、素材はウール、カシミア、綿、ポリエステル、ナイロン等がある。カラーはブラック、ネイビー、グレー、ベージュ、カーキなどが存在し、丈も股から膝丈まで様々だ。腰や袖のベルトが付属しているものも存在する。
続いては「ステンカラーコートのクラシックディテールをおさえることで自分好みの一着を選ぶ基準になるのではないだろうか?」という視点で、クラシックなステンカラーコートに共通する3つの特徴を紹介。

ステンカラーコートの特徴 1「ステンカラー」

この衿の最大の特徴は、上記でも触れたが、衿腰(衿の折り返しから下の、首に沿って立っている立ち代の部分)の後ろが高く、前が低い状態で折り返る一枚で出来た形状だ。また、第一ボタンを外して折り返した衿の形状から「バルカラーコート」とも言われている。

ステンカラーコートの特徴 2「継承されたラグランスリーブ」

襟ぐりから袖下にかけて斜めの切り替えが入った袖のことをラグランスリーブという。ステンカラーコートは1858年頃から流行したようだが、ラグラン・ケープが派生して誕生したと言われている。ラグラン・ケープとは、クリミア戦争で活躍したラグラン将軍が右手を負傷した際、簡易な着脱を目的に採用したものだ。その名残としてラグランスリーブは存在しており、ステンカラーコートに採用されている。

ステンカラーコートの特徴 3「比翼仕立て」

ステンカラーコートは、前立てのボタンを全て閉めたとき、第一ボタン以外のボタンは表面に出ない仕様の比翼仕立てになっている。ボタンが隠れることで、品のある表情を演出。第一ボタンは全て締めた状態に見えるアクセントとなり、開いた状態では目立たずにスマートな印象を獲得できる。

続いては、ステンカラーコートを着用した注目のメンズ着こなし&アイテムをピックアップ!

ナイロンステンカラーコート×セーターでメリハリを表現した着こなし

ナイロン素材のネイビーステンカラーコートにクリーンな印象を与えるローゲージの白タートルネックニットを合わせて、素材感でメリハリを演出した着こなし。ホワイトとブルーの2色で全体をまとめることによって、着こなしの洗練度を高めたテクニックにも注目だ。

スポーティなナイロンコートにローゲージのタートルネックニットを合わせて素材のメリハリを表現

PRADA(プラダ) ライトウェイトコート

PRADA(プラダ) ライトウェイトコート

詳細・購入はこちら

雨の日にも有力なナイロンのステンカラーコート

吸湿性が低く、速乾性のあるナイロン素材を採用したステンカラーコートなら、雨の日にも重宝すること請け合い。襟を立てれば風の侵入も防ぐことも可能だ。足元にスニーカーを合わせて、アクティブな男のカジュアルスタイルが完成。

ナイロンステンカラーコートは春先にも重宝

TATRAS(タトラス) PETRONIO

TATRAS(タトラス) PETRONIO

詳細・購入はこちら

ステンカラーコートのインナーにデニムジャケットをレイヤード

シンプルなデザインゆえに、様々なアイテムと好相性のステンカラーコート。半歩先をいくスタイリングを目指すなら、重ね着を駆使して洒脱な装いに仕上げるのが有力だ。例えば、デニムジャケットをステンカラーコートのインナーに重ね着した装い。品のあるステンカラーコートにデニムジャケットがほどよくラギッドな男の印象を醸し出してくれる。

ナイロンステンカラーコートのインナーにデニムジャケットをセット

BOSS HUGOBOSS(ボスヒューゴボス) ステンカラー コート

BOSS HUGOBOSS(ボスヒューゴボス) ステンカラー コート

詳細・購入はこちら

ステンカラーコートをメインに据えたモノトーンスタイル

ヘリンボーン柄のステンカラーコートがモダンな雰囲気を漂わせるステンカラーコートをメインに据えたモノトーンスタイル。スニーカーはポップなイメージを与えがちだが、こちらのスタイリングで取り入れているバンズのオールドスクールのように、オールブラックのものであればシックな装いにも難なくハマる。

黒コーデにグレーのステンカラーコートをセット

【関連記事】バンズ スニーカーコーデ特集↓

バンズスニーカーコーデ
サーフィン、スケートボードなどの横乗り系スポーツをはじめ、サブカルチャーのアイコ...

化繊ステンカラーコートでスーツスタイルを快活な印象に

信頼感や品格、そして力強い印象を与えると言われているチョークストライプのスーツ。そんなスーツを纏ったスタイルにナイロン製のステンカラーコートを羽織ることで、軽快さをプラスして快活な印象に仕上げている。

ステンカラーコート×ネイビースーツスタイル

HERNO(ヘルノ) ステンカラーコート

HERNO(ヘルノ) ステンカラーコート

詳細・購入はこちら

2/5GO TO NEXTPAGE
FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

公式 Instagram スナップ