パンツ コーデ総集編【2017最新】

脚のシルエットを補正して着こなしの印象を整えてくれるパンツ。他アイテムと比べて、トレンドの変化が緩やかな印象もあるが、今シーズンは”プリーツパンツ”がビックトレンドになるなど、にわかにパンツへの関心度が高まる。今回は、パンツの種類別に注目の着こなしをまとめてピックアップ!

スポンサーリンク

パンツ コーデ「ネイビーパンツ」

数あるパンツの中でも、メンズのベーシックカラーであるネイビーパンツは幅広い着こなしにフィットするアイテムだ。

ネイビーパンツ×白シャツスタイル

タイトなネイビーパンツに、ストライプの織りが入った白シャツをタックインしたスタイリング。細身のスタイルにストライプ柄のシャツを取り入れることで、すっきりとしたシルエットを助長している。赤いフレームのサングラスが程よいアクセントになっており、洒脱な雰囲気に。

ネイビーパンツ×白シャツ×デニムベストコーデ

ネイビーのイージーパンツに、タックアウトした白シャツとベストを合わせたカジュアルなコーディネート。ベストはデニム生地のものをチョイスすることでワイルドな印象をプラスしている。

ネイビーパンツ×デニムシャツスタイル

デニムシャツに対して、センタープレスが入ったネイビーのパンツをチョイスすることでカジュアルすぎない雰囲気にまとめたスタイリング。デニムシャツはボタンを多めに開けることでワイルドな印象をプラスしている。鮮やかな三色のブレスレットとサングラスのフレームが絶妙なアクセントになっている点にも注目したい。

【詳細記事】ネイビーパンツの着こなし記事の続きは↓

パンツ コーデ「グレーパンツ」

中間色のグレーパンツは、シックな落ち着きのあるスタイリングから、色モノを取り入れた派手めのスタイリングまで幅広くフィット。

グレーパンツ×ジャケパンスタイル

グレー系アイテムを組み合わせることによって洗練された雰囲気を演出したジャケパンスタイル。スーツスタイルと違い、ジャケパンスタイルは上下の色味を変化させることで無限大の着こなしバリエーションを楽しめる点が魅力。中でも、トーンを変化させたグラデーションスタイルは色合わせが難しくなく取り入れやすい定番スタイルとして人気だ。

グレーパンツ×ダブルブレステッドジャケットスタイル

服のサイジングは着こなしを成功させるための重要ポイントの一つだ。自分の体型と服のサイズが合っているか否かでスタイリングの洗練度は大きく変化する。ピッティウオモでキャッチしたこちらの男性は、ジャケットとパンツ面積の比率を等しく設計することでバランスの良いジャケパンスタイルを完成させている。

グレーパンツ×ロールアップスタイル

今や定番の着こなしテクニックとして多くの人々が使うロールアップ。ジャケットスタイルに合わせる場合は、幅を細めに設計してシャープな印象に仕上げたい。洗い加工によってこなれ感を演出したコットンテーラードジャケットがカジュアルスタイルにこよなくマッチする。

【詳細記事】グレーパンツの着こなし記事の続きは↓

パンツ コーデ「チノパン」

19世紀中頃に英仏軍隊の制服に使われた生地「チノクロス」を採用したパンツがチノパンだ。定番であり、誰もが持っているアイテムだからこそ、コーディネートやアイテムのチョイスでセンスの差があらわれる。

チノパン×ダブルジャケットコーデ

ネイビーのダブルジャケットに、裾をラフにカットオフしたチノパンを合わせてカジュアルダウンしたジャケパンスタイル。インナーにチョイスしたポロシャツがカジュアルな印象を強めている。フルブローグのレザーシューズが外羽根デザインのため、カジュアルな装いにも違和感なくフィット。

チノパン×スウェットシャツコーデ

グレーのスウェットシャツにツープリーツのチノパンを合わせたスポーティな着こなし。シンプルでカジュアルなコーディネートに、コインローファーを取り入れることで上品な表情をプラスしている点に注目したい。

チノパン×ジャケパンスタイル

上下にそれぞれグラデーションを取り入れることで、こなれ感を演出したカラーリングが目を引く着こなし。中間であるウエストにはブラックのベルトをチョイスして分かれ目を強調している。

【詳細記事】チノパンの着こなし記事の続きは↓

パンツ コーデ「ジーンズ」

男の定番アイテムであるジーンズは、着こなしやアイテムチョイスに最も差がつくアイテムと言っても過言ではない。

ジーンズ×デニムシャツコーデ

デニムシャツにジーンズを合わせることでトレンドのトーンオントーンコーデを実現。足元にはダークブラウンのダブルモンクストラップシューズを合わせてドレッシーなテイストもプラス!

ジーンズ×ネイビーダブルジャケットスタイル

アイウェアのフレーム、テーラードジャケット、ジーンズ、タッセルローファーに至るまでブルー系でまとめたコーディネート。ドレスとカジュアルのアイテムを絶妙にミックスしたバランス感覚にも注目だ。

ジーンズ×ストライプコットンシャツ×ローファーコーデ

色落ちしたペールブルーのジーンズにストライプシャツをタックインしてシンプルに仕上げたコーディネート。シンプルなだけに身体にフィットしたサイズ選びが洗練感のキーを握る。

【詳細記事】ジーンズの着こなし記事の続きは↓

パンツ コーデ「ダメージジーンズ」

70年代、ヒッピー、グランジといったファッショントレンドキーワードを自然に取り込むことのできるアイテムといえばダメージジーンズだ。クリーンなファッションにアクセントを加える意味でも見逃せないボトムである。

ダメージジーンズ×カモ柄ジャケットコーデ

膝に大胆なリップ加工が施されたダメージジーンズに、カモ柄のミリタリージャケットを合わせた武骨な雰囲気漂うコーディネート。足元にレザーシューズを合わせることでラフ過ぎる印象を与えない。

ダメージジーンズ×グレーテーラードジャケットスタイル

ホワイトTシャツとホワイトダメージジーンズの抜け感溢れる組み合わせにグレーテーラードジャケットを合わせてホワイトのこれみよがし感を回避。小物使いは、ネックレスよりもブレスレットやウォレットチェーン、リングといったカテゴリが今シーズンのメインだ。

ダメージジーンズ×シャツ×Tシャツコーデ

膝にリップ加工が施されたダメージジーンズにシャツと白Tシャツを合わせたコーディネート。コンバース オールスターHiの高さに合わせてジーンズの裾はロールアップ。

【詳細記事】ダメージジーンズの着こなし記事の続きは↓

パンツ コーデ「ブラックデニム」

黒デニムといえば、年間を通じて不動の地位を占めるメンズファッション定番アイテムだ。

ブラックデニム×スイングトップスタイル

ブラックスキニージーンズにブラックサイドゴアブーツですっきりとしたシルエットをキープしながら、トップスにミニマルデザインのジャケットを羽織ることで、ほどよくYラインを構築。黒で統一したスタイリングがシャープな印象を与える。

ブラックデニム×スニーカースタイル

ブラックデニムジャケットにブラックスキニージーンズをあわせたモノトーンのデニムオンデニムスタイル。足元には幅狭めのロールアップ、スニーカーを取り入れ抜け感を演出。トップスやボトムのデザイン・色味がシンプルな分、ミッドソールが厚めのスニーカーをチョイスしてさりげなくアクセントを取り入れている点にも注目だ。

ブラックデニム×ジャケパンスタイル

ここ数年で街中でも頻繁に見かけるようになったダブルブレステッドのテーラードジャケット。ドレスシャツやスラックスといったドレッシーなアイテムにはもちろんだが、ジーンズやTシャツ、チャッカブーツといったカジュアルなアイテムに合わせてハズすのもまた良しだ。ブラックデニムなら締まりのある雰囲気に仕上がりやすい。

【詳細記事】ブラックデニムの着こなし記事の続きは↓

パンツ コーデ「白パンツ」

着こなしに合わせるだけでクリーンな印象を演出できる白パンツも見逃せない。

白パンツ×ポロシャツ×コットンテーラードジャケットスタイル

今や定番の着こなしとして定着しつつあるポロシャツ×テーラードジャケットスタイル。ファッショニスタとして知られるザンバルド氏も違和感無く取り入れている。コロニアルカラーのコットンテーラードジャケットに対して、ボトムは白パンツをチョイスして抜け感を演出。

白パンツ×ダブルジャケットスタイル

チェック柄のダブルテーラードジャケットに白パンツを合わせたジャケパンスタイル。ブラックのポケットチーフに合わせてスエードローファーもブラックをチョイスして締まりのある表情を演出。

白パンツ×ネイビーテーラードジャケットスタイル

ネイビーとホワイトは好相性。利便性の高いネイビーテーラードジャケットは白パンツと合わせることで清涼感溢れる印象に。インナーにTシャツを合わせる場合は、ポケットチーフやウォレットチェーンなどの小物を駆使して華やかさをプラスしたい。

【詳細記事】白パンツの着こなし記事の続きは↓

パンツ コーデ「ワイドパンツ」

1920年代に英国のオックスフォード大学の学生が、禁止されたニッカーポッカーズを隠せるように好んで履いたことから”オックスフォードバッグス”とも呼ばれているワイドパンツ。昨今では、ゆとりのあるシルエットが注目されているためチェックしておきたい。

ワイドパンツ×ジャケパンスタイル

イタリアでは、カジュアルジャケパンスタイルにもワイドパンツを取り入れている人物が多く見られた。サマー素材のグレーテーラードジャケットに、ベージュのワイドパンツを合わせてソフトな印象に。

ワイドパンツ×デニムシャツコーデ

プリーツの入ったホワイトワイドパンツにデニムシャツを合わせたカジュアルコーディネート。シャツの前立てに配されたジャンネットシャツのアイコニックデザインである太陽の刺繍がアクセントに。裾のボタンはあえてとめないことで、インナーにチョイスした白Tシャツのレイヤードを強調している。

ワイドパンツ×ベージュジャケットスタイル

ペールトーンで全身をまとめたソフトな雰囲気漂うスタイリング。インナーのTシャツのタックインが締まりのある印象につながる。足元にはコモンプロジェクトのレザースニーカーを合わせることでラグジュアリーな雰囲気を演出。

【詳細記事】ワイドパンツの着こなし記事の続きは↓

パンツ コーデ「プリーツパンツ」

プリーツパンツといえば、テーラードパンツの原型とも言えるクラシックなメンズファッションアイテムだ。今シーズンはビックトレンドとして注目を集めているアイテムでもあるため、おさえておきたい。

プリーツパンツ×ショールカラーコート×タートルネックコーデ

チャコールグレーのショールカラーチェスターコートに、ライトグレータートルネックを着込んでグラデーションを表現したコーディネート。ボトムはネイビークロップドプリーツパンツとナイキのコルテッツを合わせて軽快な印象に。

プリーツパンツ×ライダースジャケットスタイル

ライダースジャケット、タートルネック、プリーツパンツ、スニーカーの順にモノトーンでグラデーションを表現した着こなし。アンクル丈プリーツパンツのチョイスが、トレンド感のあるスタイリングを演出。

プリーツパンツ×ジャケパンスタイル

ツータックの入ったプリーツパンツに、ストライプ柄のネイビーテーラードジャケットを合わせたジャケパンスタイル。ネイビーアイテムに合わせたパンツのキャメルカラーがコントラストを効かせている。

【詳細記事】プリーツパンツの着こなし記事の続きは↓

パンツ コーデ「アンクルパンツ」

大人っぽさを保ちつつ、抜け感や清涼感が演出できるアンクルパンツ。裾がくるぶし位置にくるパンツの丈感は昨今のトレンドだ。

アンクルパンツ×テーラードジャケット×ジレスタイル

ネイビーのアンクル丈スラックスにチェック柄のテーラードジャケット、ジレを取り入れたピーノ・レラリオ氏のスタイリング。チェック柄のテーラードジャケットに柄のチーフを取り入れたり、ジレにチェーンのアクセントをプラスするなどでVゾーンを量感のある表情に仕上げている分、足元はアンクル丈で素足を見せて軽やかに。

アンクルパンツ×ジャケパンスタイル

ベージュホワイトのダブルテーラードジャケットにホワイトアンクルパンツを合わせたジャケパンスタイル。全身をホワイトで統一したスタイリングだが、アンクル丈パンツで露出した肌色のワンクッションを取り入れることでこれ見よがし感を回避。スカーフの取り入れによって気品のある雰囲気をプラスしている点にも注目したい。

アンクルパンツ×チェック柄テーラードジャケット×スニーカースタイル

ジャケパンスタイルにスニーカーを合わせてカジュアルダウンしたスタイリング。スラックスとスニーカーの組み合わせは、パンツをアンクル丈に仕上げるのが今の気分だ。裾はダブル仕上げを採用し、大胆に5cmに設定することで貫禄のある表情をキープ。

【詳細記事】アンクルパンツの着こなし記事の続きは↓

パンツ コーデ「スウェットパンツ」

スウェットパンツといえば、「着こなしにスポーツテイストをプラスできる定番ボトム」として不動の地位を獲得しているメンズファッションアイテムだ。

スウェットパンツ×ブルゾンスタイル

ブラックブルゾンにブラックのスウェットパンツを合わせたドスノヴェンタのメンバーのシックなスタイリング。裾を捲り上げて足を露出することで軽快な印象を演出。足元にチョイスしたアシックスタイガーが映える。

スウェットパンツ×ネイビーTシャツ

スウェットパンツだけではなく、Tシャツ、タッセルローファーに至るまで、すべてのアイテムをネイビーカラーでそろえたトーンオントーンの着こなし。

ネイビースウェットパンツ×ネイビージャケット×レッドスニーカー

ネイビーのスウェットパンツに、同系色のM-65ライクなマウンテンジャケットを合わせた着こなし。ニューバランスのスニーカーに赤をチョイスし、アクセントを効かせることでメリハリあるコーディネートが完成。

【詳細記事】スウェットパンツの着こなし記事の続きは↓

パンツ コーデ「ジョガーパンツ」

足元にスニーカーをあわせたスタイルとの相性抜群のジョガーパンツを使用した着こなしをピックアップ!

ジョガーパンツ×スリッポンコーデ

ブラウンのジョガーパンツにダークブラウンのスリッポンを合わせてグラデーションを表現したリラックスコーディネート。トップスにブラックのロングスリーブを合わせて締まりのある印象に。

ジョガーパンツ×オールブラックスタイル

ジョガーパンツにランニングスニーカーを合わせたスポーツテイスト溢れるコーディネート。ブルゾンやインナーに到るまで、すべてのアイテムをブラックで統一して都会的なオールブラックスタイルを構築。

ジョガーパンツ×ブーツスタイル

高さのあるブーツにもジョガーパンツは相性◎。足元の存在感を最大限に引き出してくれる。ジョガーパンツのネイビーに対してブーツはブラウンをチョイスしてコントラストを効かせて。

【詳細記事】ジョガーパンツの着こなし記事の続きは↓

パンツ コーデ「カーゴパンツ」

貨物船の荷役作業を行う労働者用のパンツに起源をもつ、メンズファッションに欠かせないアイテムのひとつ。

カーゴパンツ×ナイロンコートコーデ

スウェットタイプのカーゴパンツに、ナイロン素材のコートを羽織ったスポーティな雰囲気漂うコーディネート。インナーにはハイゲージニットとホワイトシャツを着込んで品のある雰囲気をプラス。

ノーカラージャケット×ドレスカーゴスタイル×白スニーカー

ネイビーのノーカラーブルゾンにクルーネックTシャツをドレスカーゴにタックインした、シンプルな中にも洗練された印象の着こなし。足元には、スタンスミスの中でも一番人気のヒールパッチがフェアウェイカラーの仕様をチョイス。シンプルな着こなしの中にあって、ヒールパッチのフェアウェイグリーンが差し色に。

gimoraesconsultoriadeimagem

カーゴパンツ×モノトーンコーデ

全体をモノトーンアイテムで統一させたシックなコーディネート。ブラック系のアイテムが主軸だが、インナーにホワイト系のアイテムを合わせることでポップ感が増し、親しみやすい雰囲気を演出。

【詳細記事】カーゴパンツの着こなし記事の続きは↓

パンツ コーデ「カーキパンツ」

昨今トレンドになっているコロニアルカラーの影響もあり、注目を集めているカーキパンツ。

カーキパンツ×ブラックダブルブレストジャケット×ニットタイスタイル

モードな雰囲気漂うブラックダブルブレストジャケットに、ブラックのニットタイを合わせてシックにまとめたカジュアルジャケパンスタイル。ノークッション丈のカーキパンツを合わせて品のある雰囲気を演出。

カーキパンツ×ステンカラーコートスタイル

パンツとアウターにコロニアルカラーをチョイスしたミリタリーテイスト漂うコーディネート。インナーにボルドーをチョイスしてアクセントをプラス。足元にはセーターと同系色のシューレースを合わせて統一感のある印象に。

カーキパンツ×ベージュコットンジャケットコーデ

オフカジュアルの参考にしたいジャケパンスタイル。アンクル丈にタッセルローファーの素足履きによってリラックス感のある雰囲気を演出。ベージュのコットンジャケットのインナーにはデニムシャツを着込んで武骨な印象をプラス。ノーネクタイでVゾーンにボリュームが足りないと感じる場合は、ポケットチーフのクラッシュドで華やかさをプラスしてバランスを取りたい。

【詳細記事】カーキパンツの着こなし記事の続きは↓

パンツ コーデ「カラーパンツ」

時には色鮮やかなカラーパンツを投入することで着こなしに新鮮さを取り入れてみては?

カラーパンツ×ミリタリーシャツ×ブルーパンツスタイル

カーキのミリタリーシャツのインナーにグレーTシャツをあわせアースカラーでリンクさせつつ、ボトムに鮮やかなブルーが印象的なコットンスラックスを組み合わせたコーディネート。足元にもスエードタッセルローファーをチョイスすることであくまでもアースカラーをベースにしつつ、ボトムにヴィヴィッドカラーを加える差し色コーデが成立している点が”TOO MUCH”にならないポイントである。

カラーパンツ×ツイードジャケット×ライトブルーパンツコーデ

サマーツイードジャケットとタイドアップしたピンホールカラーシャツで上半身はあくまでもドレッシーにまとめつつ、ボトムにスキニーシルエットのカラーパンツとスリッポンスニーカーをあわせたドレス×カジュアルミックススタイル。足元に、昨今密かなトレンドになっているドレススニーカーをあわせている点にも注目。ダブルモンクストラップ仕様であるため、ドレススタイルにしっかり馴染みながらも、スニーカーであることからハズしとしても機能する要チェックアイテムである。

カラーパンツ×黒Tシャツ×イエローパンツスタイル

ブラックTにペールレモンイエローのパンツを合わせたスタイル。足元にあわせたスニーカーのシュータン、ソールなど随所に取り入れられたイエローが洒脱な印象のポイントだ。

【詳細記事】カラーパンツの着こなし記事の続きは↓

パンツ コーデ「ショートパンツ」

春夏の代表的アイテムでありながら、意外と着こなしの難しいショートパンツの着こなし特集!

ショートパンツ×ダブルテーラードジャケットスタイル

ストライプショートパンツに対して、ジャケットはチェック柄をチョイスしてインパクトを強めたジャケパンスタイル。パンツに装飾とゆとりをもたらすプリーツのディテールやワイドラペルのデザインなど、トレンドも随所に取り入れて。

ショートパンツ×半袖シャツスタイル

ショートパンツに柄入りの半袖シャツを合わせたリゾートスタイル。足元にはスポーツサンダルを合わせて軽快な印象をプラス。ブルーのグラデーションにも注目したい。

【詳細記事】ショートパンツの着こなし記事の続きは↓

FOLLOW US

Related post

公式 Instagram スナップ