1stタイプのデニムジャケット特集!注目のディテールとおすすめアイテムを紹介

Share

数あるデニムジャケットのなかでも、元祖モデルとしてデニムマニアやファッショニスタから愛されているのが「1stタイプのデニムジャケット」。今回は、全てで5タイプあると言われているGジャンのなかで元祖と言われている1stタイプのデニムジャケットにフォーカス!

スポンサーリンク

1stタイプのデニムジャケットで玄人感のある洒脱なコーデに!

“1stタイプ”という呼び名の通り、リーバイス初のGジャンとして1936年に産声を上げたのが「506XX」。現在世に出回っている全てのGジャンの礎とも言えるモデルであり、このデザインを好んで着用する根強いファンも多い。ボクシーなシルエットは、オーバーサイズがトレンドインしているイマの気分にピッタリだ。市場にはサードタイプをベースに仕上げたデザインが多いため、ファーストタイプのデニムジャケットを選ぶだけで着こなしの差別化も狙えるのもメリット。

詳細はこちら

ファーストタイプのデニムジャケットの特徴①「フロントプリーツ」

前立てのボタン脇に施されたヒダ(アクションプリーツ)。この特徴的なディテールから“プリーテッドブラウス”と呼ばれることも。装飾の役割に加えて、フロントを締めて着用した際の可動域も確保してくれる。

詳細はこちら

ファーストタイプのデニムジャケットの特徴②「片側のパッチフラップポケット」

左胸の低めの位置にのみ取り付けられたフラップポケットも見逃せない。バストラインよりも低めに配置した設計がレトロな雰囲気を漂わせる。片側のみにポケットが配されているのは、ファーストならではの特徴的なディテールのひとつだ。

詳細はこちら

ファーストタイプのデニムジャケットの特徴③「バックルベルト式アジャスター」

バックスタイルにもファーストモデルならではのディテールが。ウエスト部分のベルト(シンチバック)に注目してほしい。ワークウェアとしての実用性を追求していたことが見て取れるデザインは、5タイプの中でもひときわ武骨な雰囲気を漂わせる。当時リヴェットで補強する特許を取得していたリーバイスならではのデザインもイイ感じだ。

詳細はこちら

【関連記事】Gジャン メンズ特集!リーバイスが生み出した歴史からタイプ別の特徴、注目のコーデ・アイテムまでを一挙紹介

春と秋はアウターとして、冬にはミドルレイヤーとして活躍するGジャン。ファッション...

次のページでは、注目の1stタイプのGジャンを紹介!

2/3GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ