ロールアップ メンズ 着こなし特集

ロールアップといえば、足元に抜け感を演出できる貴重な着崩しテクニックだ。今回はロールアップにフォーカスして注目の着こなし&アイテムを紹介!

スポンサーリンク

ウールパンツロールアップ×黒ニット×大判ストールコーデ

厚手のブラックニットに、似た素材感の大判ストールを首に巻いてモードな雰囲気を漂わせたコーディネート。インナーのレイヤードやグレーパンツのロールアップなど、細かな丈感への気遣いが洒脱な印象に。ざっくりとした風合いの生地には、少し幅の広いロールアップが相性◎。

Ted Baker(テッドベーカー)  Cramtro Herringbone Wool Trous Grey

1987年、イギリスでCEOのレイ・ケルビン氏により創業した「Ted Baker(テッドベーカー)」。当初から品質、ディテールにこだわり、ユーモアなセンスを交えた「通常でないデザイナーレーベル」と認知されイギリス有数のファッションブランドとなっている。ヘリンボーン生地で仕立てられたグレーウールパンツ。

詳細・購入はこちら

ALDEN(オールデン) ブラック Barrie Last

1884年に米マサチューセッツ州のミドルボロウという町で、チャールズ・H・オールデン氏によって創業したALDEN(オールデン)。シンプルなプレーンチップタイプのブラックレザーシューズ。

詳細・購入はこちら

ロールアップチェックパンツ×黒ニットコーデ

黒ニットに胸ポケットが両側に付いたデザインのコートを羽織り、チェックパンツでアクセントをプラスしたコーディネート。幅広にロールアップしてノークッション丈に仕上げた足元には、上品な光沢を放つパンチドキャップトゥをチョイスしてドレスアップ。

Enzo Bonafe(エンツォボナフェ) パンチドキャップトウ

50年以上靴の世界に携わってきた職人中の職人、エンツォボナフェ氏が1963年に自身の名を冠にして創立した革靴ブランド。アッパーにDUPUY社の革を使用したパンチドキャップトウのブラックレザーシューズ。グッドイヤー・ア・マーノ(九分仕立て)製法で アウトソールには本革を採用している。

詳細・購入はこちら

ロールアップ×ボーダーソックス×ナイロンジャケットスタイル

ミドル丈ナイロンジャケットのインナーに、ジップアップブルゾンを着込んだスタイリング。ボトムにチョイスしたモスグリーンのパンツは裾をピンロールさせてボーダー柄のソックスをチラ見せし、アクセントをプラス。

BERWICH(ベルウィッチ) SC SOFT

1975年にイタリアはプーリア州のマルティナフランカにパンツ専業会社としてICOMAN 2000 s.r.l.が創業した「BERWICH(ベルウィッチ)」。後染めコットンを使用した洗練されたシルエットのコットンスラックス。

詳細・購入はこちら

ロールアップ×ワークブーツコーデ

良くも悪くも武骨な印象をプラスしてくれるワークブーツ。ロールアップでワークブーツの高さにパンツ丈を合わせることで、野暮ったい印象を与えない。

RED WING(レッドウィング)  SHOES

1905年に創業し、110年以上の歴史を持つブランド「RED WING(レッドウィング)」。自社工場にて伝統に基づいたクラフツマンシップをもち、耐久性の高いブーツを作り続けている。中でも、オロラセットレザーをアッパーに採用したワークブーツはブランドを代表するアイコニックモデルだ。

詳細・購入はこちら

ジーンズロールアップ×シングルコート×ストールスタイル

ネイビーコートのフロントからマスタードカラーのストールをレイヤードさせてアクセントをプラスしたコーディネート。ボトムにはセンタープレスの入ったジーンズをロールアップして履くことでこなれ感を演出。

entre amis(アントレアミ) ストレッチジーンズ

イタリア、ナポリ発のパンツ専業ブランド「entre amis(アントレアミ)」。センタープレスの入ったデザインが、ジーンズに品のある雰囲気をプラスしてくれる。

詳細・購入はこちら

ジーンズロールアップ×Pコートスタイル

Pコートに味の出たブルージーンズを合わせた武骨なスタイリング。裾からレイヤードさせたストール使いやジーンズをロールアップさせてミミを見せた着こなしが洒脱な雰囲気を演出。足元には、ジーンズと相性の良いプレーントゥのダーヴィシューズを合わせたい。

rag & bone(ラグ & ボーン) FIT 2

2002年にMarcus Wainwright氏とDavid Neville氏によってスタートしたNYブランド「rag & bone(ラグ & ボーン)」。ストレッチの効いたカイハラ社のデニム生地を使用したテーパードジーンズ。

詳細・購入はこちら

Church’s(チャーチ) SHANNON

英国の老舗であり、名門の革靴ブランド「Church’s(チャーチ)」。SHANNONはアメリカンテイスト漂う「#103」ラストを使用した定番モデル。

詳細・購入はこちら

ネイビーコート×ホワイトパンツスタイル

独特な風合いが特徴のトースカーナ地方で作られる生地が目を惹くネイビーコートに、ロールアップやダメージが抜け感を加速させるホワイトパンツを合わせたクリーンなコーディネート。足元には、一枚革仕立てのスタンスミスをチョイスしてミニマルなスタイルに。

Nudie Jeans(ヌーディージーンズ) BRUTE KNUT PITCH WHITE

オランダデニムブランドの「Nudie Jeans(ヌーディジーンズ)」。ウエストや太もも辺りまでゆとりがあり、膝から下に向かって急激にテーパードが効いたキャロットシェイプシルエットのBRUTE KNUTをピックアップ。

詳細・購入はこちら

ロールアップグレーパンツ×ホワイトスニーカースタイル

ブークレー素材で仕立てられたチェスターコートに、ロールアップしたグレーパンツとスタンスミスのホワイトスニーカーを合わせて軽快な印象をプラスしたスタリイング。コートの襟は立て、タートルネックニットと組み合わせることで着こなしに立体感を演出。

PT01(ピーティーゼロウーノ)  ジップフライパンツ SAN BLAS SUPER SLIM FIT STRETCH

パンツ業界に面白みを持ち込んだパンツ専業ブランド「PT01(ピーティーゼロウーノ)」。SAN BLASは軽やかな印象を与えるサマーウェイトスラックスモデル。

詳細・購入はこちら

adidas(アディダス) スタンスミス

1995年に誕生したadidas(アディダス)の名作モデル「スタンスミス」。ギネスの記録上、世界一売れているスニーカーとして人気を集めている。

詳細・購入はこちら

ロールアップジーンズ×ハイカットスニーカースタイル

ビンテージ加工が施されたゴールデングースのハイカットスニーカーの高さに合わせて、ジーンズをロールアップした着こなし。アウターには金ボタンがアクセントになったアルスターコートをチョイス。

GOLDEN GOOSE DELUXE BRAND Francy ハイカットスニーカー

イタリアMTVでスタイリストして活躍していたFrancesca & Alessandro Gallo氏によって2000年に立ち上げられたブランド「ゴールデングース(Golden Goose)」。Francyはサイドジップが施されたハイカットスニーカーモデル。

詳細・購入はこちら

ロールアップ×ジャケパンスタイル

ネイビージャケットとグレーパンツのジャケパンスタイルに、カットソーとダウンジャケットを合わせてカジュアルダウンさせたコーディネート。足下には、オンオフ問わず幅広い着こなしにフィットするモンクストラップシューズをチョイス。ロールアップでチャコールグレーのソックスをチラ見せし、グラデーションを表現している。

Church’s(チャーチ)  MEADWELL

初めて左右で区別のあるシューズを製造したブランドとしても知られる英国革靴ブランド「Church’s(チャーチ) 」。ラストに「#103」を使用したモンクストラップシューズ。

詳細・購入はこちら

ネイビーテーラードジャケット×ブルージーンズロールアップスタイル

胸ポケットもパッチ仕様のネイビーテーラードジャケットに、色落ち加工の入ったブルージーンズを合わせたオフカジュアルジャケパンスタイル。幅広にロールアップし足元にはワークブーツをチョイスしてラギッドな印象をプラス。

DIESEL(ディーゼル) SAFADO L.32 TROUSERS

DIESELの定番ストレートモデルSAFADO。ローライズで、裾口にかけての絞りが無いストレートフィット。手作業によるダメージ加工やゴールデンスプレー&ブラシ加工を施しており、ベーシックな中にも、DIESELらしい遊び心が表現されている。

詳細・購入はこちら

グレーパンツロールアップ×バンズ スニーカーコーデ

チェスターコートにホワイトシャツ、柄スカーフを合わせた品ある印象のスタイリング。足元はバンズスニーカーにロールアップしたグレーパンツをチョイス。ホワイトソックスをチラ見せすることでスケーターテイストを漂わせている。

バンズスニーカー×ホワイトスニーカー

PT01 (ピーティーゼロウーノ)ジップフライパンツ FORWARD

PT01(ピーティゼロウーノ)から、カジュアルをコンセプトに掲げたFORWARDモデルをピックアップ。

詳細・購入はこちら

VANS(バンズ) スニーカー Basic Old Skool

1966年、アメリカの南カリフォルニアで設立された「VANS(バンズ)」。ジャズラインが初めて採用されたモデルとしても知られるオールドスクール。

詳細・購入はこちら

ベルベッドパンツロールアップ×ネイビーコートコーデ

ソフトな風合いのネイビーコートにタートルネックを着込んだカジュアルなスタイリングだが、ボトムにベルベットパンツを合わせることでドレスアップ&ラグジュアリーな雰囲気を演出した洒脱なコーディネート。スリッポンもアッパーに起毛感のある素材を採用したデザインをチョイスして統一感のある印象に。起毛素材同士の組み合わせだが、ロールアップして綿素材のソックスを間に挟むことにより、これ見よがしな印象を与えない。

ZERO-571(ゼロ-571) ベロアスリッポン

品のある雰囲気漂うイタリア製のスリッポンスニーカー。アッパーにはベロア素材を採用し、ヒールパッチにはレザーの切り替えが施されている。

詳細・購入はこちら

ロールアップブルーコットンパンツ×ナイロンパーカーコーデ

スポーツテイスト溢れるナイロンパーカーに、ブルーコットンパンツを合わせたコーディネート。ボトムの裾はロールアップさせてカモ柄のソックスをチラ見せしコントラストを効かせている。足元にチョイスしたスタンスミスのフェアウェイカラーが、カモ柄ソックスと絶妙にフィット。

INCOTEX(インコテックス) コットンパンツ

パンツ専業ブランドとして、1951年イタリアのヴェニスにて創業した「INCOTEX(インコテックス)」。ポリウレタンのミックスで、程よい伸縮性を持たせたコットンパンツ。

詳細・購入はこちら

adidas(アディダス) スタンスミス

ギネスの記録上、世界で最も履かれているスニーカーとして有名なアディダスのスタンスミス。

詳細・購入はこちら

ロールアップ×ダウンジャケット×ジャケパンスタイル

ミドル丈のダウンジャケットにテーラードジャケットとジーンズを合わせたカジュアルジャケパンスタイル。裾はロールアップして、コバの出た渋い輝きを放つプレーントゥのダーヴィシューズを引き立たせている。3Bジャケットは、基本的には真ん中のボタンのみを留めるが、あえて一番上のボタンを留めることによってこなれ感を演出している。

YANUK(ヤヌーク) Michel

2003年にデビューしたLA発のデニムブランド「YANUK(ヤヌーク)」。美しいパターンや裁断、ステッチワーク、本格的な色落ち加工などを得意とする。色落ちの爽やかな風合いが印象的なスリムストレートジーンズ。

詳細・購入はこちら

Tricker’s(トリッカーズ) Plain Toe Derby Shoe

1829年にジョセフ・トリッカー氏によって立ち上げられた「Tricker’s(トリッカーズ)」。バーガンディが目を引くプレーントゥのレザーシューズ。

詳細・購入はこちら

ロールアップ×チェスターコート×ジャケパンスタイル

ブロックチェックのテーラードジャケットをポイントにしたジャケパンスタイルに、パッチポケットが施されたカジュアルテイスト強いチェスターコートを肩掛けしたスタイル。アンクル丈よりも若干短めにロールアップしたグレースラックスやレザー製の白スニーカーがスポーティーなこなれ感を演出する。

GTA(ジーティーアー)  ジップフライパンツ EXTRA SLIM FIT

1955年、イタリアにて創業されたパンツ専門ファクトリーから始まったGTA(ジーティーアー)。引き締まったシルエットを演出してくれるウール100%のグレースラックス。

詳細・購入はこちら

ZESPA スニーカー ZSP4 Nappa

2009年に始動した南フランスのスニーカーブランド「ゼスパ」からシンプルなレザースニーカーをピックアップ。アッパーにはナッパレザー、かかと部分にスエードとカーフレザーのライニングを施したシンプルながらラグジュアリーな1足。

[ゼスパ] ZESPA スニーカー ZSP4 Nappa

詳細・購入はこちら

ロールアップ×ダメージジーンズスタイル

シャツとセーターの組み合わせに、テーラードジャケットではなくライダースジャケットを合わせて武骨さをプラスしたコーディネート。シャツボタンの外しやダメージジーンズのロールアップが、着こなしに抜け感を演出。

rag & bone (ラグ アンド ボーン) FIT 1

アメリカブランド「rag & bone (ラグ アンド ボーン)」。細身シリーズのFITより、膝にリップ加工の入ったモデル。

詳細・購入はこちら

Amb(エーエムビー) ホワイトスニーカー

2008年の春夏より展開しているブランド「Amb(エーエムビー)」。全てのパーツをホワイトで統一させた定番モデル。アウトソールにはブランドオリジナルのパターンを採用している。

詳細・購入はこちら

ロールアップスキニージーンズ×スリッポン

一着で存在感のあるアルスターコートに、ホワイトTシャツ、スキニージーンズ、スリッポンをシンプルに合わせたスタイリング。シューレースを取り除いたリラックス感のあるスリッポンは、シンプルスタイルとの相性◎。アンクル丈にロールアップさせたスキニージーンズと合わせて抜け感を演出。

lideal (リディアル) Prism スキニーデニム

エレガントなカジュアルウェアをコンセプトに、着る人のライフスタイルに溶け込み、高感度だけど主張しすぎないファッションを提案するブランド「lideal(リディアル)」。タイトでありながら、ヒップ部分の立体的パターン取りによって、しっかりとホールドされたフィット感を実現したブラックスキニージーンズ。

詳細・購入はこちら

C1RCA CORPUS

1999年からスケートボーディングを中心に活動している「C1RCA(サーカ)」。スケートボーダーによって、スケートボーダー達の為にデザインされたフットウェアを世に送り出し、スケートボーディングに特化したマテリアルのコンビネーションやテクノロジーなど常に新しい事を取り入れ、より良いプロダクトを提供できるように努めている。スエード素材をアッパーに採用した”BOHNAM”とのコラボスリッポンモデル。

 C1RCA CORPUS

詳細・購入はこちら

ロールアップ×プリーツパンツ×フライトジャケット

今シーズン注目を集めるアイテムプリーツパンツをロールアップした着こなし。履き込んだ風合いのレースアップブーツやフライトジャケットのチョイスが武骨な雰囲気を漂わせる。

POLO RALPH LAUREN(ポロラルフローレン) プリーツパンツ

アメリカを代表するブランド「POLO RALPH LAUREN(ポロラルフローレン)」。ツータックの入ったクラシックなウールパンツ。

詳細・購入はこちら

ジーンズ×ワンロールスタイル

ジーンズの裾を大胆に一度折り返したワンロールスタイル。裏面の表情が異なるデニム生地で行うことによって、インパクトのある印象に。チェック柄の入ったソックスをチョイスしてアクセントをプラス。

3×1(スリーバイワン) M3 Selvedge Slim

2011年、Scott Morrison氏によって立ち上げられたニューヨーク発デニムブランド「3×1(スリーバイワン) 」。耳のディテールを細身に仕上げたジーンズ。

詳細・購入はこちら

OFFICINE CREATIVE(オフィチーネクリエイティブ)  ウイングチップ

1968年に設立され、有名ブランドの生産も請け負っていた程の実力を持つシューズブランド「OFFICINE CREATIVE(オフィチーネクリエイティブ)」 。アメリカンなテイストを取り入れたラストを使用したウイングチップ。

詳細・購入はこちら

ロールアップ黒パンツ×グレーチェスターコートスタイル

ロールアップで抜け感を演出した黒パンツに、グレーのヘリンボーン柄チェスターコートを合わせた着こなし。インナーはタートルネックニットをチョイス。コートの上から垂らしたマフラー使いに注目したい。

CITIZENS of HUMANITY BOWERY in BLACK ROCK

プレミアムデニムの立役者、ジェロームダーハン氏によって2003年よりスタートしたブランド「CITIZENS of HUMANITY(シチズンズ・オブ・ヒューマニティ)」。生デニムの状態から穿いてアタリが出てきた頃の自然な雰囲気を再現し、加工感はあえてあっさり仕上げた大人のブラックデニム。

CITIZENS of HUMANITY BOWERY in BLACK ROCK

詳細・購入はこちら

DOUCALS(デュカルス)  ドレスシューズ コインローファー

1972 年イタリア中部に位置するマルケ州にて創業した「DOUCALS(デュカルス)」。コバのはみ出した武骨な雰囲気漂うデザインでありながら、履き口はスマートで足回りに程よくフィットする仕様が人気を集めるローファー。

詳細・購入はこちら

ロールアップダメージジーンズ×ライダースジャケットスタイル

ダメージジーンズとロールアップの組み合わせは、抜け感を演出するのに適したスタイルだ。武骨な雰囲気漂うライダースジャケットに、リップ加工の入ったダメージブルージーンズを合わせてメリハリを効かせたコーディネート。

RTA ダメージジーンズ

Eli Azran氏とDavid Rimokh氏の二人によって、2013年秋からスタートしたLAベースのデニムブランドRTA。膝にヒップ加工が施されたダメージジーンズ。他ブランドのデニムとは一線を画すデザインが特徴だ。

詳細・購入はこちら

adidas(アディダス)  スーパースター

1969年に、アディダスよりプロバスケットボール用のシューズとしてデビューし、NBA選手たちに愛用されたことから一躍注目を集め、瞬く間にストリートウェアの定番アイテムとなったアイコン的スニーカー。

詳細・購入はこちら

ロールアップ×ブラックデニムスタイル

ダークトーンを主体にしたコーディネート。全体が重い印象になりがちだが、ロールアップとスリッポンスニーカーを取り入れることで着こなしに”軽さ”を演出。トップス、ボトムともにジャストなサイズ感をこころがけたい。

rag&bone(ラグ アンド ボーン)の FIT1ブラックジーンズ

FIT1は細身のスキニータイプの股上浅めデニム。日本で製造されたデニム生地を使うなど素材や製法にこだわりつつも、モダンで洗練されたデザインが魅力だ。

(ラグ アンド ボーン)rag & bone FIT 1ダメージデニム,ブラックジーンズ

詳細・購入はこちら

ジーンズロールアップ×スプリングコートコーデ

グレイッシュカーキのステンカラーコートにロールアップジーンズを合わせた着こなし。アース系カラーを中心に組み立てた落ち着きある着こなしにポップなニュアンスをプラス。

SIVIGLIA(シヴィリア)のストレッチジーンズ

SIVIGLIA シヴィリアの数あるモデルの中でも大人の男によく似合うテーパードデニム。ブランドネーム入りのレザーパッチなど、こだわりを随所に感じる一本。

SIVIGLIA シヴィリア デニムパンツ 224J S997 6005 ストレッチ

詳細・購入はこちら

CARMINA(カルミナ)のタッセルローファー

1998年にJose Albaladejoが究極の革靴を求めてスペインで操業したカルミナ。グッドイヤー・ウェルト製法を採用しほとんどの行程を手作業で行う。日本の百貨店やセレクトショップでも売れ筋で、近年はさらに人気を高める。

[カルミナ] CARMINA 000734

詳細・購入はこちら

ロールアップブルージーンズ×半袖スウェット×スニーカー

グレーの半袖スウェットに対して程よい色落ち加工の入ったデニムを合わせた着こなし。足元にチョイスしたグレーベースのスニーカーも相まってこなれ感ある都会派コーデが完成。

KURO ヴィンテージウォッシュジーンズ Aulick

ジーンズの染色、縫製、加工すべての工程を、日本国内で行なうことにこだわっているKURO(クロ)。人気モデル「Aulick」は、強めのテーパードシルエットに浅過ぎない股上、ゆとりを持たせたヒップ周りが特徴のトレンド最先端デザイン。ヴィンテージデニムのような美しいライトブルーが美しい一本。

KATO,カトー,ブルージーンズ

詳細・購入はこちら

diadora N9000

1948年創業の「DIADORA(ディアドラ)」から、ランニングスニーカーの最上級機種「N9000」。1990年に開催された「イタリアワールドカップ」で「イタリア」代表が着用するトレーニングシューズとして開発されたという背景も男心をくすぐる。

ディアドラ9000,diadra

詳細・購入はこちら

ダメージデニム×ロールアップ

トレンドのダメージデニムを狭い折り返し幅で一回分ロールアップ。ジーンズの裾のダメージがさりげないアクセントに。

スラックスをロールアップ

白Tシャツをタックインしたスラックススタイル。ロールアップが一般的ではないスラックスを折り返した自由なスタイリング。おなじみのスタンスミスもさりげなくシルバーカラーがあしらわれた高級感のあるモデルをチョイスすることでコーディネートを格上げ。

アディダスオリジナルス スタンスミス ホワイト×シルバー

ヒールカップに光沢感のあるシルバーカラーを採用した高級感溢れるモデル。

adidas STAN SMITH スタンスミス (S80342) FTWHT/FTWHT/SILVMT [並行輸入品]

詳細・購入はこちら

ノンウォッシュデニムスタイル×白シャツ

ドレステイストが強めのオックスフォードシャツに、ノーブルな印象の濃紺デニムとサスペンダーでキレイめに仕上げたスタイリングが印象的。デニムのロールアップ幅が広めなので極めてカジュアルな雰囲気に。

NUDIE JEANS GRIM TIM

NUDIE JEANS 2016 SPRING&SUMMER NEW COLLECTION。腰回りがすっきりとした、タイトシルエットをベースに膝下はゆるやかなテーパードがかかったMADE IN ITALYのシルエット。

ヌーディージーンズ,nudiejeans,

詳細・購入はこちら

O’KEEFFE ロングウィングチップシューズ

アイルランドの伝統とラグジュアリーなイタリアのクラフトマンシップを融合した靴づくりをする「オキーフ」のロングウィングチップシューズ。

[オキーフ] O'KEEFFE レースアップシューズ OK1343

詳細・購入はこちら

ロールアップジーンズ×トレンチコートコーデ

ミリタリーウェアに起源をもつトレンチコートとワークアイテムの代表格ともいえるデニムを組み合わせたラギッドな着こなし。ロールアップ幅は標準的な3.5cm程度で一回折り返し。足元にはダークトーンのバーガンディーカラーが印象的なブローグシューズを合わせて、適度にキレイめな印象をプラス。

Care Label(ケアレーベル) のテーパドジーンズ「SLACK352 」

2011年に元フィアット社会長の孫、ラポ・エルカンやデザイナーのレオポルド・ドゥランテらが設立したイタリアのジーンズブランド「ケアレーベル」のフラッグシップモデルがこちら。鮮やかなインディゴブルーと縦長のバックポケットが特徴の一本。

(ケアレーベル)Care Label SLACK352 縦ポケテーパドジーンズ

詳細・購入はこちら

OFFICINE CREATIVE(オフィチーネクリエイティブ) アメリカンブローグ

イタリアの靴の名産地として知られるモンテグラナーロで名を馳せるデュカデルノルド社のファクトリーブランド「オフィチーネクリエイティブ」から、アメリカンテイストを感じさせるラウンドトゥのラストにウォッシュレザーを使用したブローグシューズ。

[オフィチーネクリエイティブ] OFFICINE CREATIVE アメリカンブローグ

詳細・購入はこちら

ロールアップジーンズ×デニムジャケット「デニムオンデニム」

ダークトーンのインディゴカラーを組み合わせたデニムオンデニムコーデ。サイドゴアブーツの淵までロールアップすることで足元にスマートなシルエットを構築。

TELLASON 14.75oz GUSTAVE MID-RISE SLIM TAPERED 5POCKET JEANS

サンフランシスコ発のデニムブランド「テラソン」のテーパードジーンズ。

(テラソン)TELLASON 14.75oz GUSTAVE MID-RISE SLIM TAPERED 5POCKET JEANS

詳細・購入はこちら

Andres Sendra(アンドレスセンドラ)のレザーブーツ「Country Tinol」

100年の歴史を持つスペインの高級靴ブランド「Andres Sendra」のサイドゴアレザーブーツ。

[アンドレスセンドラ] Andres Sendra ブーツ Country Tinol

詳細・購入はこちら

デニムロールアップ×ジャケパンスタイル

ドレスとカジュアルのコントラスト際立つ洗練ジャケットスタイル。あえてソックスが見える位置までロールアップすることで遊びの効いた着こなしに。

ネイビージャケットにタイドアップした白のドレスシャツインディゴブルージーンズをあわせたメンズ着こなし

roseborn

CITIZENS of HUMANITYスリムフィットジーンズ「HOLDEN in TENNYSON」

プレミアムデニムの立役者、ジェロームダーハンによって2003年よりスタートしたデニムブランド「CITIZENS of HUMANITY」のスリムフィットジーンズ。60年代・70年代ヴィンテージデニムをCitizens of Humanity流に解釈し再現を目指した一本で、生地はコーンミルズ社製。自然に発生した糸のアタリ感を再現し、この生地の魅力を最大限引き出すため、あまり手加工を加えずストーンウォッシュをメインに洗いこんだ一本。

(シチズンズ・オブ・ヒューマニティ)CITIZENS of HUMANITY HOLDEN in TENNYSON

詳細・購入はこちら

Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ) タッセルローファー

クロケット&ジョーンズ不朽の名作タッセルローファー キャベンディッシュの木型をベースに、日本人の足型にフィットしやすいように改良されたモデル。

詳細・購入はこちら

ロールアップジーンズ×ブラックレザーシューズ

濃紺デニムにブラックの外羽根プレーントゥシューズをあわせて足元を硬派に引き締め。ブライトベージュのジャケットのインナーには、ホワイトTシャツを合わせて抜け感を演出。

ONLY PREMIO(オンリー プレミオ) のジーンズ

伊・ボローニャの「HEAVEN TWO」とONLYのWネームジーンズ。ジャケットにマッチするテーラードシルエットで、品の良さと程よいカジュアル感を兼ね備えた一本。

(オンリー プレミオ)ONLY PREMIO パンツ

詳細・購入はこちら

Church’s SHANNON

イギリスの老舗名門紳士靴ブランド「チャーチ」のプレーントゥの名作「SHANNON(シャノン)」。ラストは丸みのあるボリューミーなトゥが特徴で、アメリカンテイストなイメージの「#103」ラスト。チャーチを代表するアッパー素材のポリッシュド・バインダーカーフとスキンステッチが用いられているシャノンは、ロールアップデニムからスラックスまであわせられるボトムの幅広さも魅力だ。

[チャーチ] Church's ビジネスシューズ SHANNON

詳細・購入はこちら

スキニーデニムロールアップ×白スニーカー

ボリュームのある白スニーカーとロールアップしたスキニーデニムをあわせたコーディネート。ボトムをロールアップすることでシューズとボトムが分断され、少し意外なシューズも着こなしに馴染みやすい。

KURO(クロ) Diamante Vintage Wash ジーンズ

2010年始動以来、毎年人気を高める日本のデニムブランド。世界中のバイヤーが集まるPITTI UOMOへの出展を皮切りに世界各国のショールーム、バイヤーからも高い評価を受けている。

(クロ)KURO(クロ) Diamante (Classic) Vintage Wash 13 デニム ジーンズ

詳細・購入はこちら

NIKE エアフォース1

一足は定番で持っておきたいNIKEの名作シューズ。ボリュームあるシルエットながら、オーソドックスなデザインがロールアップスタイルにフィット。

(ビームス) BEAMS NIKE / エアフォース1

詳細・購入はこちら

ロールアップ×セルビッジデニム

セルビッジデニムのいわゆる”耳”を見せつけるように一回折り返しただけのロールアップで、ラギッドな印象が際立つスタイルに。ニューヨークっぽいやや硬派な男臭いスタイルには太めロールアップが定番。あのニックウースターも昨今この手のロールアップを好んでいるようだ。

JACOB COHEN J622 ジーンズ

1995年にスタイリスト集団がイタリアで立ち上げたデニムブランド、JACOB COHEN(ヤコブ・コーエン)。王道モデルのJ688よりも股上が1.5cm浅く設定されており、よりシャープな印象のフィッティングに仕上げられているJ622。

(ヤコブコーエン)JACOB COHEN ハラコベルト付属 J622 デニムジーンズ

詳細・購入はこちら

Tricker’s Plain Toe Derby Shoe –

トリッカーズを代表する定番人気を誇るプレーントゥ・ダービーシューズ「ROBERT」。 程よくラウンドしたバランスの良いトゥが特徴の“W2298″ ラストは、様々なスタイリングにも好相性。

[トリッカーズ] Tricker's Plain Toe Derby Shoe - Calf / Dainite Sole ROBERT

詳細・購入はこちら

スキニーデニムロールアップ×スニーカー

ドレスシャツにスキニージーンズ。爽やかだけで終わらせないためには少しスニーカーで遊んでみるのも有効。

DIESEL スキニージーンズ

ひとことにスキニージーンズと言ってもスウェット素材から王道のストレッチデニム素材まで幅広い。

(ディーゼル) DIESELメンズ スウェットデニム SPENDER-NE Sweat jeans スリムスキニー

詳細・購入はこちら

アディダス ZX FLUXネイビー

アディダスの名作ランニングシューズ「ZX 8000」の進化版が「ZX FLUX」。ネイビーベースならロールアップデニムへの相性は抜群だ。

アディダススニーカーZX Flux

詳細・購入はこちら

白ポロシャツ×ブラックジーンズロールアップスタイル

ラコステの定番ポロシャツにブラックデニムを合わせたオーソドックスな着こなしながら、タイトシルエットをチョイスすることで都会的な印象に仕上げた着こなし。ブーツに合わせるとダブつきがちなデニムもロールアップを取り入れればスッキリと履きこなせる。

Nudie Jeans(ヌーディージーンズ) Long John

股上は浅く、スキニーフィットです。足元の裾口が細くなっているのでピタッとしたシルエット。Nudieのクラシックなブラックストレッチデニム、実はディープインディゴの生地をさらにブラックで後染め加工。

(ヌーディージーンズ)Nudie Jeans Long John

詳細・購入はこちら

ロールアップ×ハイカットスニーカー

ブーツとロールアップの相性が良いなら、当然ハイカットスニーカーにもハマる。

ロールアップ×スニーカー/レザーシューズ

足元にあわせるシューズによってロールアップの印象は大きく変化。

SIVIGLIAのデニムコレクション

細身のパンツを得意とする「SIVIGLIA(シヴィリア)」のデニムコレクション。デザイン性の高さに注目されがちではあるが、実は高い縫製技術や加工技術にも定評。

SIVIGLIA,シヴィリア,デニムパンツ,ジーンズ

詳細・購入はこちら

ロールアップ×サーフスタイル

ラフなサーフスタイル。ラフ感のある着こなしにロールアップは自然となじむ。

VANS AUTHENTIC

バンズの原点とも言えるオーセンティックモデル。

VANS/バンズ キャンバスデッキシューズ/キャンバスシューズ/カジュアルスニーカー/AUTHENTIC/オーセンティック/RED/レッド [並行輸入品]

詳細・購入はこちら

 クロップドパンツ×ロールアップ

元々短め丈のパンツ(クロップドパンツ)にロールアップを加えて夏対応。

チノパンロールアップ×エスパドリーユスタイル

エスパドリーユとチノパンですでに軽さの出ている足元にロールアップでさらなる抜け感を。真夏にぜひ取り入れたいスタイリング。

Sanseisha エアーマックスストレッチパンツ

スタイルを重視したすっきりシルエットなデザイン。股上も深すぎず、若々しくスタイリッシュに着こなせるパンツです。生地は、コットンや中空ポリエステル、ポリウレタンを混紡した機能素材「エアーマックス®」を採用。

(サンセイシャ)Sanseisha エアーマックスストレッチパンツ

詳細・購入はこちら

SOLUDOS(ソリュドス)のエスパドリーユ

2009年米国発の新興ブランド。 伝統的な機能性と快適性をもつクラシックスタイルにモダンなカラーやプリントを組み合わせたラインナップが魅力。

SOLUDOSエスパドリーユ

詳細・購入はこちら

ギンガムチェックシャツ×ロールアップコーデ

シャツとボトムにロールアップを取り入れた春夏らしい軽快な装い。

CARMINA ローファー

グッドイヤー製法でありながら、エレガントでシャープなデザインが人気の秘密。

[カルミナ] CARMINA 010082

詳細・購入はこちら

マスターしておきたいロールアップテクニック「ピンロール」のやり方

今まで紹介したロールアップスタイルの共通点は、すそを絞り込む「ピンロール」を使っていること。ピンロールのやり方は下の動画でチェック。「すそを重ねる部分は内側にすること」「タイトに絞り込んだ状態でロールアップしていくこと」がポイントだ。


FOLLOW US