ニキビに悩むメンズ必見!洗顔で意識すべき4のポイント&おすすめのアイテムを紹介

Share

ポツンと1つできるだけでテンションをグンと下げ、清潔感を損なう要素にもなる“ニキビ”。今回は、そんなニキビが出来てしまう原因から、洗顔料の選び方、出来てしまったときの洗顔方法まで一挙紹介。ニキビケアができる洗顔料のおすすめも併せてピックアップしているので要チェックだ!

そもそもニキビができる原因とは?

大人ニキビはスキンケア不足や生活習慣の乱れ、ストレスなど様々な要因が重なって出来るのが特徴。まずは原因をひとつひとつ確認していこう。

大人ニキビの原因①「そのスキンケアは正解?自分に合ったケアができてないかも」

ニキビができる間違ったスキンケア方法として挙げられるのが皮脂を除去するハードなケア。皮脂の除去に注力するのは正解だが、ニキビは乾燥が原因でできるケースも多いため、洗いすぎは逆効果だ。また、肌は過乾燥すると肌の水分を守るために油分を分泌するため、その皮脂によってニキビが増えるという悪循環に。自分の肌質をしっかりと理解し、最適なスキンケアを行うのが何よりも重要だ。

大人ニキビの原因②「日々の生活で溜まったストレスも大きな要因の一つ」

ストレスはホルモンバランスを乱し、男性ホルモンであるアンドロゲンを大量に出す。この男性ホルモンは皮脂分泌を活発にさせるため、おでこや鼻などTゾーンを中心にニキビができやすくなる。さらに、背中やデコルテのニキビもストレス性である場合が多い。適度にストレスを発散させることもニキビ対策には大切だ。

大人ニキビの原因③「アゴ・フェイスラインのニキビは髭剃りが原因かも」

毎日のシェービングで肌荒れを起こす、いわゆるカミソリ負け。髭を剃る際に肌が傷つき、雑菌が入ることでニキビが発生する。毎日のダメージを追った肌は非常に敏感なため、洗浄力の優しい洗顔料で洗うのがポイントだ。

ニキビ対策のための洗顔料はどう選ぶのが正解?

先述したように、大人ニキビの対策として洗浄力の高い洗顔料を選ぶのはNGだ。理想は「不要なものを落とすけど、必要なうるおいは残す」というスキンケアであるため、アミノ酸系の洗浄成分が配合された洗顔料など、肌に優しいものをチョイスしよう。さらにニキビの炎症を抑える効果が期待できるグリチルリチン酸ジカリウムやアラントイン、殺菌効果のあるイオウなど有効成分が配合されたアイテムや、ノンコメドジェニックテスト済みのものを選べば、ニキビができるリスクは低減できるだろう。

ニキビに効く洗顔料を探す

ニキビに優しい洗顔の方法とは?手順ごとに意識すべきポイントを紹介!

ニキビ対策をするなら洗顔料にこだわるだけでなく、“正しい洗顔方法”をマスターすることも大切。ここからは洗顔料の魅力を最大限に活かす方法を紹介していく。

ニキビに優しい洗顔の手順①「必ず泡立てネットで濃密泡を作る」

洗顔料を直接肌につけて泡立てるのは、肌に大きなダメージを与えるためNG。さらに手のみで泡立てるとキメの粗い泡しか作れず、毛穴汚れにまでアプローチできない。必ず泡立てネットを使用し、モコモコの泡を作ろう。泡立てが苦手であればポンプ式も◎

バルクオムの洗顔ネットを見る

ニキビに優しい洗顔の手順②「皮脂の多いTゾーンから。60秒以内に洗顔を終わらすことを意識して」

洗顔料は肌に乗せる時間が長いほど、洗浄効果が発揮される。そのため皮脂分泌が多く汚れの溜まりやすいTゾーン(おでこ・鼻)から洗うのがポイント。また、長時間の洗顔は乾燥ニキビの原因に。朝の洗顔は15~30秒ほど、汚れが蓄積しがちな夜には30~60秒ほどで洗顔を完了させるのが理想的だ。

ニキビに優しい洗顔の手順③「強く擦るのはNG!優しく撫でるイメージ」

ニキビ肌に刺激を与えるのは禁物。泡を乗せたら擦らず、毛穴に泡を入れ込むイメージで、くるくると優しく撫でるのが好適だ。その時、指の腹を使って丁寧な洗顔を意識するとより良いだろう。

ニキビに優しい洗顔の手順③「強く擦るのはNG!優しく撫でるイメージ」

ニキビに優しい洗顔の手順④「すすぎも重要!洗顔以上に丁寧かつ時間をかけよう」

洗顔料は洗い残しがあるとアクネ菌の餌になり、ニキビを発生させる原因となる。しかし、シャワーを直接顔に当てるのは刺激が強すぎるため、手でぬるま湯をすくってすすぐのが重要だ。すすぎは30回を目安に、残りやすい髪の生え際や小鼻周りもしっかりと洗い流そう。

【関連記事】洗顔時の正しいすすぎ方、知ってる?

スキンケアアイテムに気をつかう男性が増えつつあるが、それらのアイテムの効果を十分...

大人のニキビ肌にはピーリング石鹸を使った方がいい?

普段の洗顔料だけでは落とせない、皮脂や角質を取り除く「ピーリング石鹸」。角質が剥がされずに溜まっていくことはニキビの原因となるため、ピーリング石鹸はニキビ対策として有効だが、他の洗顔料と比べると刺激が強いので使用する頻度には要注意。基本的には週に1回ほど、もしくは月に2回ぐらいの使用がおすすめだ。また、乾燥が原因のニキビの場合も悪化する可能性があるため、何が原因でニキビができるのか見極めたうえでの使用が推奨される。

ピーリング効果のある洗顔料を探す

【関連記事】メンズがおさえるべきスキンケアの基本。男性こそ手厚い肌ケアを!

肌のコンディションは日々の生活習慣や体調のバロメーター。清潔感があり、キメの整っ...
2/2GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する