顔の筋膜リリースでフェイスラインを引き締める!リファカッサレイで効率良くアプローチを

Share

年齢を重ねると徐々に気になってくるのが顔のたるみ。血液やリンパの流れが悪くなることが原因で、顔の筋膜をほぐすことが効果的だと言われている。そこで今回は、そんな顔の筋膜リリースに便利な「リファカッサレイ」にフォーカスし、魅力や使い方を紹介していく。

顔のマッサージに慣れてない人でもカンタンに扱える「リファカッサレイ」

顔の筋膜をほぐすためにマッサージが効果的なのは想像に難くないだろう。しかし、自己流で行なう顔のマッサージは良くないと言われており、筋膜がほぐれないどころか、余計なたるみを生んでしまうのだとか。そこで頼りたいのがビューティーブランド「リファ」より展開されている「リファカッサレイ」。この美しい曲線フォルムは、肌のカーブに密着するように計算されて作られており、スルスルっと肌の上を滑らせるだけでリリースが叶うアイテムになっている。つまり、これならマッサージに慣れてないメンズも扱いやすいうえ、自己流マッサージでフェイスラインのたるみが悪化することもほぼ無いというわけ。

詳細・購入はこちら

“マイクロカレント”搭載だから、肌のハリや肌荒れが気になる男性にもおすすめ!

リファが展開するほとんどのアイテムには、“マイクロカレント”という微弱電流が流れる仕組みが搭載されている。このマイクロカレントは刺激を感じないほど微弱な電流だが、細胞を活性化させて自然治癒力を高めると言われており、肌にハリが出たり、肌荒れしにくくなるといった美肌効果も期待できる。むくみ予防だけでなく美肌まで目指せるうえ、暇な時間にちょっと肌の上を滑らせるだけというアイテムだから、取り入れて損はないはずだ。

詳細・購入はこちら

リファカッサレイを使うタイミングは?

どのタイミングでも使用してOKだが、基本的には夜のスキンケアの仕上げとして乳液やクリームを使用した後に使うのがおすすめ。普段のスキンケアが済んだ後のほうが肌の滑りが良くなっており、摩擦ダメージが少ないためだ。また、長時間使ったほうが効果が表れそうだと思われがちだが肌への負担となるので、ケア方法に合わせて1日1~5分程度に抑えると良いだろう。ちなみに週2~3回程度のスペシャルケアがメーカー推奨されているので、毎日使用する必要はない。そして防水加工も施されているので、風呂場で使用しても大丈夫だ。

詳細・購入はこちら

リファカッサレイの主な使い方は2パターン!“リフトアップ”と“ほうれい線ケア”のやり方を紹介

買ったは良いものの、使い方が分からなくて適当に転がすだけになってしまっては宝の持ち腐れ。せっかくなら効果的に活用したいところだ。そこで、ここからはリファカッサレイの使い方を動画にて紹介。既にお持ちの方は、動画を見ながら動かしてみてほしい。

リファカッサレイの使い方①「リフトアップ」

リフトアップさせる方法というと難しそうに感じがちだが、ウォームアップを含めて6工程、トータルで3分程度で済むのでご安心を。まず鎖骨周りからほぐしたら、耳下から鎖骨に向かってリンパを流し、筋膜リリースへと入っていく。フェイスライン、頬、額の順番で、内側から外側へと数回ほど滑らせ、それを両側やったら完了だ。コツとしては、力を入れすぎず、肌を持ち上げるようなイメージで滑らせていくのが◎

リファカッサレイの使い方②「ほうれい線ケア」

ほうれい線ケアも6工程、3分ほどで完了するカンタンな内容となっている。鎖骨周りをほぐし、首筋の巡りを良くしたら、フェイスケアへと移行。フェイスラインの表情筋から目元、額と手順を踏んでほぐしていけば完了だ。ちなみに、ほうれい線をケアするだけでなく、表情筋が動かしやすくなったり、目元の開きが良くなったりと、他の効果も期待できる。

Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する