革靴 カジュアルコーデ 特集

スニーカーから革靴まで、足元の選択肢が広いカジュアルスタイル。革靴をチョイスすれば、カジュアルな着こなしでも程よくきれい目で締まりのある表情に仕上がる。今回は、革靴を使用したカジュアルスタイルにフォーカスして、注目の着こなし&アイテムをピックアップ!

スポンサーリンク

コインローファー×チノパン

グレーのスウェットシャツにツープリーツのチノパンを合わせたスポーティな着こなし。シンプルでカジュアルなコーディネートに、コインローファーを取り入れることで上品な表情をプラスしている点に注目したい。光沢感のあるレザーをアッパーに採用したデザインが締まりのある雰囲気を演出。

J.M.WESTON(ジェイエムウエストン) 180シグニチャーローファー

お問合せ先:J.M. WESTON 青山店 03-6805-1691

ビットローファー×クロップドパンツ

シャツの片身頃のみをタックアウトした、こなれ感溢れるスタイリング。抜け感のあるクロップドパンツが華やかなゴールドのビットローファーを引き立てている。大きく開いた胸元にはバンダナをチョーカー風に巻くことで絶妙なアクセントに。

GUCCI 1953ホースビットローファー

詳細・購入はこちら

内羽根ストレートチップ×シャツ

胸ポケットにポップなデザインが施されたホワイトシャツにグリーンのパンツを合わせたカジュアルスタイル。カジュアルテイストが強い着こなしに、内羽根式のストレートチップシューズを取り入れることでドレッシーな要素をプラスし、カジュアルになりすぎないようバランスを取っている。

Church’s(チャーチ)ビジネスシューズ CONSUL

詳細・購入はこちら

ビットローファー×ネイビーパンツ

シンプルなコーディネートに華やかさを与えたい場合、ホースビットがラグジュアリーな印象のビットローファーを取り入れるのは有力な選択肢の一つだ。ビットローファーをネイビーのパンツと合わせることで上品な雰囲気を醸し出している。肩にかけたイエローのロングスリーブTシャツがアクセントして目を引く。

 

GUCCI(グッチ) ホースビットローファー

詳細・購入はこちら

ダブルモンクストラップシューズ×バンドカラーシャツ

ダークトーンで統一した着こなしにダブルモンクストラップのレザーシューズを合わせることで重みのある雰囲気を演出したスタイリング。重苦しくなりすぎないようにシャツの袖とパンツの裾をロールアップし、襟を大きく開けることで抜け感を出している。シャツはバンドカラータイプのものをチョイスすることでこなれた印象に。

Santoni(サントーニ) ダブルモンクストラップシューズ

詳細・購入はこちら

フルブローグシューズ×チノパン

ラフにカットオフしたチノパンがラギッドな雰囲気を醸し出すカジュアルなジャケパンスタイル。インナーにはポロシャツを着込んでカジュアルさを強めているが、ボタンを全て閉めることで締まりのある印象に仕上げている。フルブローグのレザーシューズは外羽根式のものをチョイス。カジュアルな装いにも違和感なくフィットしている。

Allen Edmonds(アレンエドモンズ)  AMERICANBROGUE

詳細・購入はこちら

内羽根式フルブローグシューズ×サスペンダースタイル

サスペンダーを取り入れて上品な印象に仕上げたシャツスタイル。フルブローグのレザーシューズはカジュアルさをプラスしたい場合の有効な手段として挙げられるだろう。シャツの左身頃に施されたイニシャルの刺繍がさりげないアクセントに。

BARBANERA(バルバネーラ) SPERELLI

詳細・購入はこちら

ダブルモンクストラップシューズ×バンドカラーシャツ

シックな色合いでまとめたシンプルなシャツ×パンツスタイル。アイテムのチョイスはシンプルで無駄がない印象だが、バンドカラーディテールやさりげないロールアップがこなれ感を演出している。ダブルモンクストラップのレザーシューズが重厚感をプラス。

三陽山長(サンヨウヤマチョウ) 源四郎

詳細・購入はこちら

プレーントゥ×チェスターコート

あえてダメージ感を出すようにカットしたジーンズとレザーシューズを合わせたワイルドな印象のコーディネート。上品なチェスターコートとの組み合わせがこなれ感溢れる雰囲気に。シックなカラーリングの着こなしに暖色のニットキャップを取り入れることでアクセントを加えている。

BUTTERO(ブッテロ) レースアップシューズ

詳細・購入はこちら

プレーントゥ×ジャケパンスタイル

ストライプ柄のダブルジャケットに、絶妙な色落ち加工が施されたジーンズを合わせたカジュアルなジャケパンスタイル。プレーントゥのレザーシューズならカジュアルな装いにもうまくマッチする。ジャケットにインしたストールはピッティ巻きがこなれた印象に。

Church’s(チャーチ) SHANNON

詳細・購入はこちら

ストレートチップ×ジャケパンスタイル

カジュアルなジャケパンスタイルながらもモノトーンで統一したカラーリングや、タートルネックニットのチョイスが上品な着こなし。ヘリンボーン柄のチェスターコートは襟を立てることで、さりげないハズしに。

ALDEN(オールデン) ストレートチップブルッチャー オクスフォード

詳細・購入はこちら

プレーントゥ×ウールパンツ

メランジ調のウールパンツをはじめ、コートやストールなどウール素材のものを組み合わせることで統一感を出したスタイリング。足元には光沢のあるレザーシューズをチョイスし、ソフトなイメージのウールアイテムとメリハリを効かせている。高めに設定したロールアップがメリハリを強調している点にも注目だ。

ALLEN EDMONDS(アレンエドモンズ) LEEDS

詳細・購入はこちら

ストレートチップ×ジーンズ

ウールのステンカラーコートにスリムシルエットのジーンズを合わせたカジュアルなスタイリング。マフラーを巻かずにコートの内側を通すことでボリュームを出し、スリムジーンズとのVラインシルエットを強調している。ジーンズをロールアップしてさりげなく見せたヘリンボーン柄のソックスとマフラーをリンクさせたカラーリングにも注目だ。

LARDINI(ラルディーニ) ストレートチップシューズ

詳細・購入はこちら

ウイングチップ×テーパードパンツ

ウイングチップデザインのローカットブーツに、テーパードが強く効いたジョガーパンツを合わせたアクティブな着こなし。ニットキャップの取り入れなどがアクティブコーディネートの統一感を出している。オールブラックのコーディネートがシックでまとまりのある雰囲気に。

プレーントゥ×レザージャケット

ジャケットやシューズにレザー素材のものをチョイスしている点や、リップ加工が施されたブラックジーンズがラギッドな雰囲気のコーディネート。これ見よがし感を抑えるためにインナーには暖かい色味のスウェットをチョイスしている。

SILVANO SASSETTI(シルバノサセッティ) プレーントゥ

詳細・購入はこちら

コインローファー×ワイドテーパードパンツ

コインローファーと合わせたワイドテーパードのパンツが今の気分なコーディネート。アウターのチェスターコートとインナーのダブルジャケットに、ともに立ち襟のアレンジを加えることで洒脱な雰囲気を醸し出している。ニット素材の組み合わせやタートルネックニットが知的な印象に。

プレーントゥ×ストライプジレ

ネイビーシャツにネイビーパンツを合わせたトーンオントーンの着こなしにストライプのベストを合わせてアクセントをプラスしたスタイリング。大胆に太く設定したパンツのダブル仕上げやシューレースを省いたレザーシューズの取り入れが独自性のあるセンスを表現している。サングラスのレンズカラーもブルーで統一させている点にも注目したい。

タッセルローファー×オールブラックコーデ

全身をモノトーンでまとめたトーンオントーンスタイル。ソックスにあえてクッションを多く出すことで、重い雰囲気になりがちなモノトーンコーデに動きのある印象を与えている。

プレーントゥ×ジャケパンスタイル

グレーのテーラードジャケットにブラックジーンズを合わせたカジュアルなジャケパンスタイル。プレーントゥのレザーシューズは幅広く活用できるアイテムのため、カジュアルなスタイルにも違和感なくフィットする。インナーにはタートルネックのニットをチョイスすることで知的な要素をプラス。

Enzo Bonafe(エンツォボナフェ) プレーントゥ

詳細・購入はこちら

タッセルローファー×プリーツパンツ

クラシック回帰で注目を集めているプリーツパンツを取り入れたスタイリング。ゆとりのあるパンツにシャツを合わせたラフな着こなしだからこそ、シャツをタックインすることで締まりのある表情に。足元にはスエード素材のタッセルローファーをチョイスすることでドレッシーな要素をプラスしている。

CROCKETT&JONES(クロケット&ジョーンズ) CAVENDISH L-SOLE

詳細・購入はこちら

Uチップレザージューズ×ブラックジーンズ

元来ゴルフなどの野外スポーツ用に使用されていたシューズが原型となっているUチップシューズは、カジュアルな装いに取り入れるレザーシューズの最右翼だろう。トップスにはライトブルーのシャツをチョイスすることで、ブラックジーンズとのコントラストを効かせている。左肩に施されたドイツの国旗デザインがアクセントに。

PARABOOT(パラブーツ) CHAMBORD

詳細・購入はこちら

タッセルローファー×ネイビーパンツ

デニムシャツに対して、センタープレスが入ったネイビーのパンツをチョイスすることでカジュアルすぎない雰囲気にまとめたスタイリング。デニムシャツはボタンを多めに開けることでワイルドな印象をプラスしている。鮮やかな三色のブレスレットとサングラスのフレームが絶妙なアクセントになっている点にも注目したい。

CROCKETT&JONES(クロケット&ジョーンズ) CAVENDISH

詳細・購入はこちら

ダブルモンクストラップシューズ×ジレパンスタイル

ホワイトシャツに合わせたブラックのジレが上品な印象を与えるモノトーンスタイル。上品なアイテムの組み合わせでも気張らない雰囲気に仕上がっているのは、アンクル丈のパンツやシャツのロールアップで随所に抜け感を出しているため。ダブルモンクストラップのレザーシューズがモノトーンでシックな着こなしに華やかさをプラス。

Church’s(チャーチ) ダブルモンクグローブ KELBY

詳細・購入はこちら

シングルモンクストラップシューズ×デニムオンデニム

グレーのダメージジーンズにライトブルーのデニムシャツを合わせたデニムオンデニムスタイル。デニムシャツはフラップ部分のみが色落ち加工されておらず、コントラストが洒脱な雰囲気に。レッドが差し色としてアクセントになっている腕時計は、あえて小ぶりなものをチョイスすることでこれ見よがし感を回避している。シングルモンクのレザーシューズはキルトのディテールが華やかさをプラス。

Church’s(チャーチ) フリンジモンクシューズ

詳細・購入はこちら

編み込みレザーシューズ×ジャケパンスタイル

ストライプの織り柄が入ったプリーツパンツにコットン生地のテーラードジャケットを合わせたカジュアルなジャケパンスタイル。細やかなスタッズが配されたベルトやストーンビーズのアクセサリーなどの細かいディテールが特徴のアイテムを取り入れることで、同じく繊細な編み込みディテールのレザーシューズとリンクさせている。

 スエードローファー×ワークジャケット

第一、第二ボタンのみを閉めることで、重厚感が出やすいワークジャケットを軽快に着こなしたコーディネート。インナーのホワイトTシャツをチラ見せすることで抜け感を演出している。ダークブラウンのスエードローファーとネイビーのソックスを合わせることで、さりげなくアズーロエマローネを表現。目立ちにくいパートに取り入れることで、こなれ感溢れる着こなしに。

Bettanin&Venturi(ベッタニン&ヴェントゥーリ) Hydro Jasper-1

詳細・購入はこちら

スエードスリッポン×ジャケパンスタイル

ジャケットとパンツ、スリッポンでグラデーションを表現したジャケパンスタイル。タイドアップせずに胸元を大きく開けてカジュアルダウンしている。丈が長めに設定されたダブルジャケットは、テーパードのきいたパンツを合わせることでうまくバランスを調整。

デッキシューズ×チノパン

開襟シャツとチノパンのロールアップで絶妙な抜け感を演出したシャツ×パンツスタイル。足元にチョイスしたデッキシューズが軽快な印象をプラスしている。

PARABOOT(パラブーツ) オイルドレザー製デッキシューズ ブラウン

詳細・購入はこちら

FOLLOW US

Related post

公式 Instagram スナップ