ブラジリアンワックスでムダ毛を一網打尽!使う際の5のポイント&おすすめ製品を紹介

Share

自宅で手軽にムダ毛の処理ができるとあって人気のブラジリアンワックス。一度使えば2週間ほどツルツル肌を継続できるうえ、カミソリ負けなど肌荒れが起きにくく、キレイに仕上がることから男女を問わず愛用者が多い。今回はそんなブラジリアンワックスにフォーカスし、使う際に押さえておきたいポイントやおすすめ製品を紹介していく。

ブラジリアンワックスとは?

ブラジリアンワックスとは、粘着性のあるワックス剤を用いて脱毛する方法のこと。本来はアンダーヘア用の脱毛方法として誕生したが、現在では足や腕などにも使用するのが一般的になっている。ムダ毛を毛根から処理できるため仕上がりが美しく、しかも週間ほどツルツルの状態が続くのが特徴。また、産毛や古い角質すらも絡め取って処理できるため、ブラジリアンワックスを使った後の肌がなめらかになることも高い人気を集める理由だ。

ブラジリアンワックスを探す

ブラジリアンワックスには“ソフト”と“ハード”の2タイプが存在!

ブラジリアンワックスには、ソフトワックスとハードワックスの2種類が存在する。それぞれ特徴も使い方も異なるので、購入する前にそのタイプの違いを理解しておくことが重要だ。

ブラジリアンワックス初心者には、失敗しにくい“ソフトワックス”がおすすめ!

ソフトワックスは粘度が高く柔らかいテクスチャーが特徴のワックスだ。肌に塗布した後、専用のシートを貼り付けて固まったら剥がす方法になっており、柔らかいので扱いやすく初心者でも失敗しにくい。そしてソフトワックスにも2タイプあり、砂糖やハチミツを使った水性タイプ、松ヤニなどを主成分とした油性タイプに分けられる。水性のほうが肌にはやさしいが、粘着力では油性に軍配があがるため、使用する部位に合わせてタイプを選ぶのが良いだろう。

ソフトワックスを探す

一気に太い毛をすっきり処理するなら“ハードワックス”一択!

ハードワックスは、固形のワックスを専用ウォーマーや電子レンジなどで温め、しっかり溶かしてから部位に塗り、ワックスが固まったところで剥がすタイプだ。事前に温めるという手間はあるものの脱毛力は非常に高く、しぶとい剛毛もしっかり絡め取って一気に処理できるのが魅力。基本的にはVIOラインやワキ毛といったソフトワックスでは処理しにくい部位に使うが、粘着力が高い分、原材料には肌への刺激性が強いものもあるので要注意。ハードワックスを使用する前にパッチテストをするのはマストだ。

ハードワックスを探す

2/3GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する