メンズ肌の特徴&使うべきスキンケアアイテム【20代編】

Share

歳を重ねるにつれ肌質はどんどん変わってくるもの。であれば、その年代に合わせた最適なスキンケアアイテムを取り入れて然るべきだ。今回は、20代のメンズに向けてスキンケアのポイント&取り入れたいアイテムを解説していく。

まずはメンズ肌の特徴をチェック!

年代別の特質を解説する前に、まずはメンズ肌の基本をおさらい。女性の肌とは特徴が異なるので、知らないという方は要チェックだ。

メンズ肌の特徴①「男の肌は“皮脂が多い”!その量なんと女性の約2~3倍ほど」

男性の肌は、思春期頃から皮脂の分泌量が急速に増加する。そして20歳を迎える頃には、女性と比較して約2~3倍ほどになり、肌のテカリやベタつきが気になるように。また、女性は20代をピークに皮脂量が減少していくのに対し、男性は大きく減少することがない。

メンズ肌の特徴②「“水分量は少なめ”だから乾燥しがち。それによって皮脂が出ることも」

皮脂量が女性の約2~3倍であるものの、水分量は女性の約40%も少ないと言われている。そのせいで乾燥を招き、肌のキメが粗くなったり小ジワが目立ったりなど別の肌悩みを生じる恐れも。また、乾燥を防ごうとして皮脂量が増え、毛穴が開きやすくなることもメンズ肌の特徴だ。

メンズ肌の特徴③「毎日のように行う“シェービングのダメージ”が肌悩みを増幅させる」

多くの男性が習慣的に行なっているシェービング(髭剃り)が、肌に大きなダメージを与えていることも忘れてはならない。剃り方次第では角層の表面、皮脂などを必要以上に落とす可能性があり、そのせいで肌トラブルを起こすこともしばしば。また、おでこや鼻といったTゾーンはテカリがちだけど、口周りやフェイスラインはカサカサしているといった乾燥性脂性肌(混合肌)がメンズに多く見られるのも、シェービングが大きな要因となっている。

20代のメンズ肌の特徴を前半・後半に分けて解説

前述したメンズ肌の特徴を踏まえたうえで、ここからは20代の男の肌質について解説。20代前半・20代後半でも微妙に肌質や肌悩みが異なるので、ぜひチェックを。

20代前半は皮脂量がもっとも多い時期!

メンズ肌の特徴でも述べた通り、男は女性と比較して皮脂量が約2~3倍ほどになる。そのピークを迎えるのが20代前半だ。皮脂による肌トラブルは多く、ニキビや毛穴の開き、黒ずみなどが挙げられる。「まだ若いから大丈夫でしょ」なんて考えでスキンケアをサボっていると、ニキビ跡がずっと消えずに悩むことになるかもしれないので要注意を。とくに毛穴開きは美容クリニックでレーザー治療などをしないと治りにくいので、20代前半のうちに防げるなら防いでおくべきだ。

20代後半は水分量が低下して乾燥しがち

20代前半と大きく変わることはないが、20代中盤を超えた辺りから徐々に水分量が低下し、肌が乾燥しやすくなる。これによって皮脂量がまた増加したり、酷い場合は赤み・痒みといった肌トラブルを生じる可能性も。また、歳を重ねるごとに水分量は徐々に減っていくので、それに向けたスキンケアを取り入れることも大切だ。

2/3GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する