記事で紹介した商品を購入すると、売上が当媒体に還元されることがあります。

メンズスキンケアの新常識と3のNG行為とは?

Share

メンズスキンケアの新常識と3のNG行為とは?

今回は「スキンケアをはじめたけれど、なかなか肌が綺麗にならない」というメンズに向けて、意外に見落としがちな3つのNG行為とここ最近注目されているスキンケアの新常識について筆者の体験談を交えながら言及していく。

スキンケア用品はただ高価なものを選ぶだけではNG!大事なのは相性

全てのスキンケア用品選びは、自分の肌との相性の良し悪しが最も重要といっても過言ではない。いくら高価な化粧品でも、使用後に肌がヒリついたり、水ぶくれができる場合は使用しないのが鉄則だ。高価なスキンケア用品を使えば必ず肌が綺麗になると思い込まず、あらゆる商品を試しながら自分の肌と相性が良いと感じるスキンケア用品を探し続けて欲しい。

肌に合う商品を選ぶために、まずは自分の肌質を理解しよう!

自分の肌と相性の良いスキンケア用品を使うのが理想とは言うものの、実際に好相性な化粧品に出会うのは難しい。しかしながら相性の良いスキンケア用品を選ぶための近道はいくつか存在する。そのひとつが肌質診断だ。肌質は大きく分けて「脂性肌」「乾燥肌」「混合肌」「普通肌」の4タイプに分けられており、肌タイプによって最適なスキンケア用品が変化する。例えば脂性肌とわかれば、油分・水分共に多い肌質のためテクスチャーの軽いクリーム、もしくは乳液で保湿することでベタつきをおさえるといった対策が有効と考えられる。肌診断はデパートや大型スーパー、ドラッグストアなど様々な場所で受けられるため、自分の肌質が何かわからない方はぜひ診断してみて欲しい。

編集部員N
私はIPSAで肌を診断してもらい、脂性肌寄りの混合肌という結果が出ました。そこで乳液用として提案されたテクスチャーが軽い「ME 1」を購入して使用したところ、以前よりもニキビができにくくなったと感じています。以前は保湿力を重視してテクチャー重めの乳液を使っていましたが、逆にニキビの原因になっていたのだなと思い知らされました。また肌質は常に変化をするため、肌質診断は定期的に行うのが良いようです。私が行った新宿の伊勢丹本館のコスメ売り場にあるIPSAは、意外に男性客も多く初心者でも入りやすかったと感じました。気になる方はぜひチェックしてみてください!

過剰な洗顔はNG!ダメージで肌がボロボロに!?

古い角質や毛穴の黒ずみを無理矢理とり除くような洗顔は避けるのがベター。例えば、ナイロンブラシや毛穴パック、スクラブ洗顔といった肌ケア用品は、一時的な爽快感を味わえるものの肌にダメージを与えてしまうためやり過ぎると逆に肌が荒れてしまう原因につながってしまう。他にも「手で擦るように顔を洗う」「シャワーの水を直接顔にかけて洗顔する」といった洗顔方法も肌にダメージを与えてしまうため避けるのがベターだ。

肌へのダメージが少ない洗顔方法をマスターしよう

1日の洗顔は朝と夜の1回ずつの計2回まで。そして洗顔時は細やかな泡を立てて肌を擦らないように優しく落とすなど、肌のバリア機能を壊さずに清潔に保つ洗顔方法をマスターしよう。前項の「自分の肌に合うスキンケア用品を選ぶ」で説明したように、洗顔料も肌との相性があるため、自分の肌質に合うものが見つかるまで色々と試してみるのがおすすめだ。また、洗顔後は使い捨てのフェイスタオルを使用するのも洗顔の新常識として知られている。一般的な使い回しの布タオルは刺激や雑菌の存在が肌に良くないと言われているため、避けるのがベターだ。

Winner クレンジングタオル

詳細・購入はこちら

編集部員N
最近では皮脂を落とし過ぎない優しいクレンジングを使ったり、週に1回のペースで酵素洗顔という酵素が入っている洗顔料を使用して普段の洗顔では落とせない古い角層や角栓、皮脂の詰まりなどを落とすといったケア方法も注目を集めています。いまの洗顔方法だと肌荒れが改善しないと感じている方は、肌にダメージを与え続けている可能性があるので早めに他の洗顔方法に切り替えた方がいいと思います。ちなみに私は化粧下地とファンデーションを塗るようになってから、W洗顔不要のクレンジングを日常の洗顔料として使用しています。ここ最近は「パーフェクトワン フォーカス スムースクレンジングバーム ディープブラック」がお気に入り。手に馴染みやすくて使いやすく、洗い上がりがしっとりしていて肌がつっぱる感覚が無いです。肌トラブルが少なくなった感じがするので、脂性肌寄りの混合肌の方はぜひ試してみてください!

正しいスキンケアだけで満足するのはNG!肌にダメージを与えない小さな習慣づくりの積み重ねが重要

スキンケアが正しく出来ていても肌荒れが改善しないという方は、生活習慣に問題がある場合が多い。あらゆる化粧品を試してようやくたどり着いたスキンケア方法を無駄にしないためにも、肌にダメージを与えない習慣づくりを心掛けたい。広く知られているのは「バランスの取れた食事」「7時間以上の睡眠」といった習慣づくり。もちろん理想的で間違いないが、継続するのは難しいという方は少なく無いはず。そんな方には小さな習慣の改善からはじめることをおすすめしたい。例えば「外出時には日焼け止めを塗る」「定期的に枕カバーを洗う」「顔を触らないように意識する」など。実現可能な範囲で肌をダメージから守る習慣をつくるだけでも、継続すれば将来的に肌質が改善される場合が多い。

編集部員N
はじめはどんなに小さな変化でも良いので習慣化するのが重要だと思います。日常会話やテレビ、SNSで度々話題に上がる肌や健康に良い生活習慣を送れているという実感が自己肯定につながり、さらにモチベーションが高まるという好循環が生まれるようになります。私は美肌と直接的な関係は薄いかもしれませんが「健康的な朝食を毎日摂る」ことからはじめました。以前は朝食抜きの日がほとんどでしたが、どんなに忙しくてもバナナとハチミツ&冷凍ブルーベリーを入れたオイコスのプレーンヨーグルトは食べるようにしています。ストックさえしていれば準備から食べ終わるまで10分程度で済むので継続しやすく、思えばこの習慣に慣れた頃からあらゆる生活習慣の改善に挑戦するようになり「肌が綺麗になった」と周りから言われる機会が増えた気がします。

【関連記事】メンズがおさえるべきスキンケアの基本。男性こそ手厚い肌ケアを!

関連記事 メンズがおさえるべきスキンケアの基本。男性こそ手厚い肌ケアを!
メンズがおさえるべきスキンケアの基本。男性こそ手厚い肌ケアを!
肌のコンディションは日々の生活習慣や体調のバロメーター。清潔感があり、キメの整った精悍な肌つきは、自己管理能力の高さを感じさせるもの。近年、エグゼクティブから若手ビジネスマンまでプロフェッショナルを志向するビジネスパーソンを中心に、自身の価...
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する