イギリスの政治家たちに愛されるチャーチの名靴「コンサル(CONSUL)」の魅力とは

ドレスシューズのスタンダードである内羽根ストレートチップのなかでも、チャーチの「コンサル(CONSUL)」といえば、英国はもちろん日本でも最も有名な一足だと言えるだろう。コンサルとは日本語で「領事」という意味であり、イギリスの政治家たちの多くがオックスフォード(内羽根)シューズを履いていたことから名付けられた。今回は、英国本格革靴の大定番チャーチの「コンサル」にフォーカスし、その魅力を紹介!

スポンサーリンク

革靴の基準を作り出したブランド「Church’s(チャーチ)」

「Church’s(チャーチ)」といえば、既成靴に右足用と左足用の区別がなく、真っ直ぐのものしか存在しなかった時代に、史上で初めて左右の形状が異なる靴「アダプタブル(=適合性)」を生み出したブランドだ。今日では当たり前となっているさまざまな概念を創造することで、1881年にロンドンで行われた靴の展覧会で金賞を受賞している。これをきっかけに、ヨーロッパ中に名を轟かせるシューブランドとして成長していくこととなった。

16920111-1

チャーチは「英国既製靴の父」とも呼ばれるブランドだ。これは、18世紀後半に米国で誕生したグッドイヤーウェルト製法をいち早く取り入れ「英国既成靴=グッドイヤーウェルト」というイメージを定着させた第一人者だからこその呼び名である。チャーチのグッドイヤーウェルト製法は、世界的にも絶賛されるほど丁寧でハイクオリティ。1足の靴を手掛けるのに非常に手間暇をかけており、最後の磨き上げまでに、およそ250の工程(約8週間)を経て生産される。

16920111-1

詳細・購入はこちら

ジェームズ・ボンド愛用の革靴としても知られる「チャーチ」

チャーチといえば、007のジェームズボンドが愛用していたことでも有名だ。「慰めの報酬」では、チャッカブーツの「RYDER3」に加えて「SHANNON」も履かれていたのではとの噂も。残念ながらその後、クロケット&ジョーンズにその座を明け渡してしまったものの「ボンドを象徴する革靴といえばチャーチ」というイメージは変わらない。革靴メーカーとして培ってきた確かな実績もさることながら「ボンド愛用の革靴」というこの上なく男心をくすぐるイメージも、チャーチの魅力を支える一因となっている。

ab0kl016

【関連記事】プレーントゥの名作革靴「チャーチ シャノン」の魅力↓

チャーチのシャノンヘッダー
英国靴のブランドは数多く存在するが、Church's(チャーチ)は日本でもトップ...

完成までに250の工程と8週間を費やすチャーチの革靴製造

1999年にプラダに買収された後も変わらずに、チャーチの革靴はノーサンプトンの自社工場にて製造されている。伝統的なグッドイヤーウェルト製法で手がけられており、1足の革靴が完成するまでに8週間の時間をかけ、250に及ぶ工程を経て製造。その品質が高い評価を受け、靴を長く使い続けたい世界中の紳士から支持を集めている。19世紀に靴製造に新たな革新をもたらしたチャーチは、創業から140年を超え今なお最高峰の靴作りを継承しているのだ。

81s-efvHuRL._UL1500_

詳細・購入はこちら

内羽根ストレートチップ「コンサル」はチャーチを代表するモデル

コンサルは、チャーチを代表する内羽根ストレートチップモデル。イギリス人大使や政治家の多くがオックスフォード(内羽根)シューズを履いていたことから、「コンサル(CONSUL)=領事」の名が付けられた。1940年から親しまれてきた名作木型の#73ラストに、ロングノーズ気味のモダンなフォルムを持つ#100ラストを継承する「#173」を採用。クラシカルな雰囲気を備えながら全体的にはモダンなシルエットに昇華されており、現代人の足形にも合うため快適な履き心地を実現している。アッパーやソールのバリエーションも幅広く、用途に応じた型番をセレクトすることが可能。頑強で素朴、それでいてエレガントなコンサルは質実剛健な英国靴を象徴する存在。フォーマルからビジネスまで、着用すると思わず姿勢が正される英国オックスフォードシューズの王道モデルだ。

71DU8EEYtNL._UL1500_ (1)

詳細・購入はこちら

チャーチの「コンサル」は様々なバリエーションのレザーで多彩な表情を持つ革靴

コンサルに限った話ではないが、チャーチの革靴に採用されるレザーは慎重に厳選されているのが特徴。仕上げの工程ではオリジナルのワックスが手作業で塗り込まれ、レザー本来の美しさが最大限引き出されるように時間をかけて作り上げられている。ブランドの代表作であるコンサルにおいては、通常のブラックカーフ以外にもさまざまなレザーをアッパーに使用したモデルが展開されている。

あらゆるシチュエーションで重宝するブラックカーフモデル

ブラックカーフのモデルは、最も王道な内羽根ストレートチップ。冠婚葬祭から重要な会議、面接まで幅広いシーンで着用できる。コンサルのカーフはやや固めな印象なのが特徴で、フォーマルを体現する1足として相応しい革質だと言えるだろう。もちろん履き込むごとにしなやかさは増していき、経年変化を楽しめるのも魅力の一つだ。

16920111-de1

詳細・購入はこちら

独自の光沢感を放つポリッシュドバインダーカーフモデル

ポリッシュドバインダーカーフ(Polished Binder Calf)は、チャーチが独自で開発したアッパー素材。一昔前はブックバインダーの名称で親しまれていたが、防水性などをアップデートして革の名前も刷新された。いわゆるガラスレザーのような性質を持つが、巷のガラスレザーとはクオリティに圧倒的な違いがある。取ってつけたような光沢感から安物扱いされることの多いガラスレザーと異なり、ポリッシュドバインダーは美しい輝きを備えているのが特徴である。

consul173-black_01

詳細・購入はこちら

雨の多いロンドンで気軽に履けることをコンセプトとしているため防水性にも優れており、1適の雨粒もアッパーから染み込むことはない。ラバーソールモデルや、レザーソールにハーフラバーを貼ってしまえば、雨でも雪でも恐れることなく履くことができる。ただし、革本来の自然な光沢ではないので好みが分かれるのも事実。内羽根ストレートチップは冠婚葬祭で履ける靴とは言え、ポリッシュドバインダーの光沢感は結婚式ならともかく、葬式の場ではやや派手な印象となってしまうのが実際のところだ。また、手入れをあまりしなくても光沢感を維持できることがメリットの一つだが、靴磨きが好きな人にとっては物足りなさを感じるだろう。

コンサル

詳細・購入はこちら

オフでもコーディネートに取り入れられるネバダカーフモデル

フォーマルで使える一方で、カジュアルシーンにはやや不向きな内羽根ストレートチップだが、ウォルナットカラーであればオフのスタイルにも愛用できる。ジャケットスタイルなどのキレイ目コーディネートはもちろん、デニムやチノとも相性抜群。経年変化による味わい深さが顕著に表れるのも茶靴の醍醐味だ。ダークブラウンのコンサルであればネイビースーツと合わせてもサマになるため、ビジネスシーンでも着用可能。2足目の内羽根ストレートチップとして有力な選択肢だ。

71PMu9FbBIL._UL1500_

詳細・購入はこちら

チャーチの代表的なラスト「#173」を使用したクラシックかつモダンなコンサルのシルエット

コンサルに使われているラストは、「#173」。丸すぎず、それでいてスクエアでもないバランスの良いトゥシルエットが特徴の木型だ。まさに現在のチャーチを代表するラストだが、開発されたのは意外にも近年で、2000年代に入ってからである。1999年にプラダグループに買収される前までは、セミスクエアトゥの名作ラストとして名高い「#73」がチャーチの看板は担っていた。

トゥ

詳細・購入はこちら

1980年代中頃までは、日本で英国靴と言えばジョン・ロブでもエドワードグリーンでもなく、チャーチだと言われていたほど憧れの存在だった。この時代のチャーチに熱狂的なファンが存在することから、プラダ買収以前のチャーチを「旧チャーチ」や「オールドチャーチ」、プラダ買収後のチャーチを「新生チャーチ」と区別する風潮もあるほどだ。とはいえ、プラダ買収後のチャーチは従来の素朴なイメージにモードな要素を加え、新たな顧客を獲得したのも事実。買収から20年近くた経つ現在も英国屈指の人気を誇っている点が、新生チャーチの戦略が正解であることの何よりの証明だと言えるだろう。

16920111-de1

詳細・購入はこちら

新生チャーチは2000年にラスト「#100」を開発。その後、2003年に「#73」の復活を願う声に応えるかたちで、復刻版として「#173」を発表した。オリジナルの#73が持つトゥシェイプを継承しながら、現代人の足型を考えアップデート。甲がやや低めに設定されており、足を入れたときにピッタリとフィットするのが特徴だ。パッと見ではチャーチ本来のクラシックな雰囲気を維持しつつ、快適な履き心地を実現することで新生チャーチを成功へと導いたのだ。

堅実な印象を与えるチャーチ「コンサル」の縫製とグッドイヤーウェルト製法

強度を必要とするトゥキャップやヒールカップにはダブルステッチを採用。寸分のズレも乱れも許さないコンサルのダブルステッチは、まさに”ストレートチップのお手本”と言える縫製だ。

71yon7zCfQL._UL1500_ (2)

詳細・購入はこちら

カカトをしっかりとホールドするよう設計されたヒールカップも素晴らしい。もちろん縫製も安定のクオリティだ。

61fpTJYHV2L._UL1235_

詳細・購入はこちら

底付けには英国靴の王道でもある「グッドイヤーウェルト製法」を採用。近年ではコバの張り出しを抑える趣向のブランドもある中、コンサルは堂々とした主張的なコバが特徴。コンサル

詳細・購入はこちら

年代によって刻印が異なるチャーチ「コンサル」のインソール

無着色のクォーターライニングやインソールのすっきりとしたデザインもチャーチらしい点。また、インソールにはチャーチのブランドロゴと共に、チャーチの拠点がある各国都市名を刻印している。この都市名がファンの間では新生チャーチと旧チャーチを見分ける一つのポイントとして知られており、旧チャーチのモデルではロンドン、パリ、ニューヨークの3都市のみ。現行のミラノが加わるものは、プラダ傘下に入って以降のもののみとなる。

コンサル2

詳細・購入はこちら

さらに、現在では表参道店がオープンしたこともあり、同じコンサルでも型番によっては「TOKYO」の刻印が入ったものも存在する。

コンサル1

詳細・購入はこちら

チャーチ「コンサル」のアウトソールはシーンによって使い分けられるレザー製とラバー製の2種類を展開!

飾らないからこそ美しいチャーチ「コンサル」のレザーソール

アッパーレザーの素材だけでなく、コンサルではアウトソールの素材も選択肢が用意されている。「レザーソール」は、高級ドレスシューズのスタンダード。見た目のエレガントさはもちろん、天然素材のため通気性に優れているのがメリットだ。歩けば歩くほど反りが良くなり、持ち主の足に馴染んで歩きやすくなっていくのも魅力である。コンサルのレザーソールは、インソールやライニング同様、着色やオークバークなどで装飾はされておらず、グッドイヤーウェルト製法の出し縫いも一切隠していないのが特徴。余計な飾り気を求めず、機能が生み出す自然な美しさを守り抜くスタイルこそがコンサルの魅力なのだ。

81s-efvHuRL._UL1500_

詳細・購入はこちら

気品と実用性を兼ね備えるチャーチ「コンサル」のダイアモンドソール

実用性においてレザーソールよりもはるかに優れるラバーソール。通気性にはレザーソールに劣るものの、濡れた路面でも気にせず歩けるのは大きなメリットだ。コンサルのラバーソールは「ダイアモンドソール」と名付けられており、高いグリップ力を誇りながら見た目をスマートに仕上げているのが特徴。ラバーソールの定番であるダイナイトソールはどうしても見た目がカジュアルライクになってしまうが、ダイアモンドソールはまるで「黒のレザーソール」と言っても大げさではないほど上品な印象である。アッパーを「ポリッシュドバインダーカーフ」、アウトソールは「ダイアモンドソール」のモデルをチョイスすれば、英国ドレスシューズとしての気品をしっかりとキープしながら雨の日でも気兼ねなくガシガシと履くことができる。

ch-consul-r-08

詳細・購入はこちら

FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

公式 Instagram スナップ