革靴 おすすめランキング【TOP35】

フォーマルからビジネス、さらにはカジュアルシーンにおいても「革靴」は永遠のメンズファッション定番アイテムと言えるだろう。今回は「ドレスシューズ」を中心に編集部おすすめの革靴をランキング形式でピックアップ!

スポンサーリンク

第1位 EDWARD GREEN(エドワードグリーン) 内羽根ストレートチップ CHELSEA

チェルシーは、最高峰の技術力を誇ることで有名なエドワードグリーンの代表作。冠婚葬祭やビジネスで幅広く使える内羽根ストレートチップの中でも、最も名高い一足と言えるだろう。シューレースホールの横に施された曲線状の”スワンステッチ”は、このブランドが最初に生み出したデザイン。ラスト「#915」によるシャープなラウンドトゥシルエットや、サイドから眺めたときのポルシェのようなフォルムなど、非の打ち所がない名品だ。

詳細・購入はこちら

【関連記事】エドワードグリーンのチェルシー↓

エドワードグリーンの代表的内羽根ストレートチップ、「チェルシー(Chelsea)...

第2位 Church’s (チャーチ) 内羽根ストレートチップ Consul

日本でも人気の高いチャーチのコンサルは、クラシックな英国靴のお手本のような存在。真面目な雰囲気の端正なラウンドトゥは、名作ラスト「#173」によるもの。乱れのない縫製や信頼性の高いグッドイヤーウェルト製法など、長年にわたって愛用できる一足。

詳細・購入はこちら

第3位 John Lobb(ジョン・ロブ) ダブルモンクストラップ William

かつてウィンザー公のためにデザインされたビスポークシューズがルーツのウィリアム。全てのダブルモンクシューズの原点モデルだ。2本のストラップの角度やバックルの大きさなど、計算しつくされたフォルムはキング・オブ・シューズの名に相応しい。厚めのダブルレザーソールで、ビジネスからキレイめカジュアルスタイルまで合わせられる。

詳細・購入はこちら

第4位 Trickers(トリッカーズ) 外羽根ウイングチップ Bourton

丁寧に施されたメダリオンやパーフォレーション装飾が美しいバートン。デニムやスラックスなど、スタイリング次第で異なる表情を演出できる。最初から最後の工程まで一人の職人が責任を持つ”ベンチメイド”によって製造されているため、既成靴ながら唯一無二の一足。ラギッドなラバーソールで歩く路面を選ばないのも魅力的だ。カントリーブーツの生みの親であるトリッカーズを象徴する傑作。

詳細・購入はこちら

第5位 Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ) 内羽根ストレートチップ AUDLEY 3

多くのブランドやセレクトショップとのダブルネームモデルを展開している他、映画007シリーズなどにも採用されている英国ノーサンプトンの老舗クロケット&ジョーンズ。オードリーはブランドを代表する内羽根ストレートチップである。この「オードリー 3」では、人気ラスト「#337」の土踏まず・カカトを絞り込んで改良した「#336」を採用。角度をつけたテーパード仕様のヒールになっており、より洗練されたデザインでなおかつフィット感もあり、疲れにくく、歩きやすい一足に仕上がっている。

詳細・購入はこちら

第6位 ALDEN(オールデン) PLAIN TOE BLUCHER OXFORD

革新的なラストの開発で、多くの人の憧れでもあるオールデン。アッパーの素材は、このブランド代名詞でもあるコードバンを使用。”革のダイヤモンド”の異名にそぐわぬ美しい光沢を放っている。ラストはオールデンのなかでも最も細いアバディーンラストを採用しており、シャープで洗練されたシルエットを描いている。経年変化も堪能でき、履けば履くほど愛着が湧く一足。

詳細・購入はこちら

第7位 Santoni(サントーニ) ダブルモンクストラップ

クラシコイタリアの概念を世界へと広めたサントーニのダブルモンクストラップ。ハの字型に開いたストラップや、ゴールドのバックルが上品な雰囲気を演出する。丁寧に色入れされたブラウンカラーやスクエアトゥのシルエットなど、イタリアらしい造形美も秀逸。

詳細・購入はこちら

第8位 JOHN LOBB(ジョン・ロブ) 内羽根ストレートチップ CITY2

不動の人気を誇る、ジョンロブを代表する内羽根ストレートチップ。採用されているラスト「#7000」は稀代の名作木型。英国ノーサンプトンで製造された本格的なグッドイヤーウェルト靴に、フランスの精神を感じさせるモダンなデザインセンスを融合している。素材はフランス・デュプイ社の高級カーフの中でも、さらに上質な部分だけを厳選して使用。時代を超越した職人技で現在も世界中で人々を魅了している。

詳細・購入はこちら

第9位 J.M.Weston(ジェイエムウエストン) コインローファー 180 SIGNATURE LOAFER

フランスの名門シューズブランドのジェイエムウエストン。「180」の名で親しまれているコインローファーは、ブランドの創始者によってデザインされたフラッグシップモデルだ。エレガントなルックスで、他のコインローファーとは一線を画す上品な雰囲気を醸成。高級レザーと頑強なグッドイヤーウェルト製法で履き慣れるまでに時間はかかるものの、足に馴染んだ後は「革の靴下」と呼ばれるほど極上の履き心地を得ることができる。

お問い合わせ:03-6805-1691(ジェイエムウエストン 青山店)

【関連記事】J.M. WESTONの180 シグニチャーローファー↓

ジェイエムウエストンの180 シグニチャーローファー(180 SIGNATURE...

第10位 Allen Edmonds(アレン・エドモンズ) キャップトゥ Park Avenue

アメリカ国内ではオールデンに匹敵する人気を誇るとも言われているアレン・エドモンズ。歴代大統領も愛用し、ハリウッドスターも顧客リストに名を連ねるこのブランドの代表作が、内羽根ストレートチップのパーク・アベニューだ。格式の高さを感じさせるステッチやトゥシェイプは、この製品が歩んできた歴史を感じさせる。アメリカンのドレスシューズを象徴する名作モデルだ。

詳細・購入はこちら

第11位 EDWARD GREEN(エドワードグリーン) 外羽根Uチップ Dover

エドワードグリーンのドーヴァーは、”Uチップの王”と言っても大げさではない存在である。最大の特徴はモカ部分の「スキンステッチ」。革の内側を手で縫い進んでいく縫製方法のため、素材は上質なもののみが選ばれる。さらに、つま先の釣り込みを手で行わなければいけないなど、高水準な技術レベルが求められる。ドレス、カジュアルどちらも対応可能で、エドワードグリーンの中でも1,2を争う人気モデル。

詳細・購入はこちら

第12位 Paraboot(パラブーツ) 外羽根Uチップ CHAMBORD

世界で初めて革靴用のラバーソールを開発したフランスブランドのパラブーツ。多くの有名モデルを輩出しているこのブランドの中でも最もアイコニックなシャンボードは、カジュアルスタイルにぴったりなUチップシューズ。アッパレザーにはオイルが存分に染み込まされており、独特の光沢と水への耐性を備えている。コバ周りのステッチやブランドタグなど、こだわりのデザイン要素が随所に見られるアイテムだ。

詳細・購入はこちら

第13位 JOHN LOBB(ジョン・ロブ) クォーターブローグ PHILIP2

クォーターブローグのフィリップ2は、ジョン・ロブの中でも高級ラインに位置づけされる「プレステージライン」の代表モデル。土踏まず部分をシェイプさせたべヴェルドウェストやシームレスヒールなど、ビスポークシューズに使われる意匠があらゆるところに採用されている。革靴の歴史を牽引してきたジョン・ロブの本気を感じさせる名品だ。

詳細・購入はこちら

第14位 STEFANO BEMER(ステファノ・ベーメル) シングルモンクストラップ

1988年にイタリア・フィレンツェ創業した新興ブランドのステファノ・ベーメル。代表作とも言えるこのモデルは、Sラストを使用しクラシックな雰囲気が特徴。甲が高めに設定されているため、足入れの厚さがポイントとなっている。イタリアらしいチゼル気味のスクエアトゥで、ビジネスの定番であるシングルモンクストラップながら上品な佇まいの美しいフォルムを備えている。

詳細・購入はこちら

第15位 CHEANEY(チーニー) セミブローグ FRANCIS

英国ノーサンプトンの老舗名門ブランド、チーニーが展開するセミブローグ。クラシックコレクションの新作であるフランシスは、古くからある「#6184」というラストを採用。クラシック回帰のトレンドにある昨今にぴったりなショートノーズのラウンドトゥシルエットが魅力だ。ただクラシックを追求するだけでなく、コバの張り出しを抑えたグッドイヤーウェルト製法は非常に現代的。

詳細・購入はこちら

第16位 ALDEN(オールデン) コインローファー

モカシン専用の木型「バンラスト」を使用したオールデンのローファー。モカが縫いやすいよう改良を重ねて設計されているため、立体感のあるハンドスキンステッチを実現。様々なコーディネートに合わせることができる。オールデンではおなじみのコードバンによる高級感も素晴らしい。

詳細・購入はこちら

第17位 J.M.Weston(ジェイエムウエストン) 外羽根Uチップ GOLF

5アイレットの伝統的なダービーシューズ。丸みのある形と独特なエプロンの形状で、独自の地位を確立している。ボリューミーなトゥながら都会的な雰囲気を備えているのは、フレンチトラッドを代表するジェイエムウエストンならではのワザ。履き慣れるまでの「万力締め」は革靴ファンなら誰もが知る有名な話である。パラブーツのシャンボードと比較されることがしばしばあるが、ビジネスでの使用も考えるならこちらがおすすめ。

お問い合わせ:03-6805-1691(ジェイエムウエストン 青山店)

【関連記事】J.M. WESTONの180 シグニチャーローファー↓

ジェイエムウエストンの180 シグニチャーローファー(180 SIGNATURE...

第18位 Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ) 外羽根プレーントゥ HIGHBURY

ラスト「#348」を使用した、クロケット&ジョーンズのシンプルなプレーンダービーシューズ。シューレースホールが3対のみのVフロント仕様になっているのが特徴だ。通常のダービーシューズよりもスタイリッシュで、潔く美しいシャープなシルエットは、ビジネスシーンにエレガントな雰囲気を与えてくれる。ソールは濡れた路面にも強いダイナイトソールを採用しており、機能性も申し分なし。映画007シリーズの「スカイフォール」にて、ダニエル・クレイグ扮するジェームス・ボンドが着用したことでも有名。

詳細・購入はこちら

第19位 JOHNSTON&MURPHY(ジョンストンアンドマーフィー) 内羽根ストレートチップ

アメリカ・ニュージャージー州で160年以上前に誕生したジョンストンアンドマーフィー。内羽根ストレートチップのこの一足は、ショートノーズのラウンドトゥで英国靴のようなクラシックな佇まい。シンプルなだけに素材の良さが際立っており、どんな場面に履いていっても恥ずかしくない一足に仕上がっている。歴代の米国大統領御用達ブランドながら、4万円以下で手に入る価格設定も、このブランドが長きに渡って支持されている理由だ。

詳細・購入はこちら

第20位 GRENSON(グレンソン) 内羽根ストレートチップ

熟練した技術を持つ職人により3週間をかけて靴を作り上げるグレンソン。内羽根ストレートチップのこのモデルは、ビジネスはもとよりフォーマルでも活躍する一足。甲革はフランスのアノネイ社のものを使用しており、ナチュラルな艶が魅力を放つ。チゼル気味のスクエアトゥが都会的。

詳細・購入はこちら

第21位 Church’s(チャーチ) 外羽根プレーントゥ Shannon

英国の名門チャーチが手がけるプレーンダービーシューズ。アッパー素材にはチャーチが独自に開発したポリッシュドバインダーカーフを使用している。しっとりとした光沢感を放つ他、一般的なカーフレザーよりも高い撥水力を持つのがこの素材の特徴。雨の多いロンドンでも気軽に履ける革靴として親しまれている。日本でも雨の多い時期などに重宝すること間違いなし。

詳細・購入はこちら

第22位 ALDEN(オールデン) Vチップ

革新的なラストの開発で、多くの人の憧れでもあるオールデン。通称Vチップと呼ばれるこのモデルは、矯正靴の分野を開拓したモディファイドラストを採用。美しいアーチシェイプと指先を自由に動かせる丸みのあるトウが特徴で、長時間歩いても疲れにくいという特性を持つ。

詳細・購入はこちら

第23位 三陽山長(サンヨウヤマチョウ) 内羽根ストレートチップ 友二郎

日本が誇るドレスシューズメーカー、を代表するマスターピースモデル「友二郎」 。小振りなヒールカップに絞り込んだ土踏まず、低く抑えた二の甲は日本人の足に馴染みやすく、立体的なホールド感を味わうことが可能。クラシカルな平紐やスワンネックステッチなど、高級ビスポークシューズのような仕様も随所に見られる。縫製の一つひとつにメイドインジャパンの息づかいを感じさせる逸品。

詳細・購入はこちら

第24位 SANDERS(サンダース) MILITARY DERBY SHOE

サンダースは、1873年にウィリアム・サンダースとトーマス・サンダースの兄弟によってラシュデンに設立されたブランド。90人以上の職人によって高品質な製品を手がけている。外羽根プレーントゥのこの一足は、英国国防省(MOD)のオフィシャルサプライヤーであるサンダースが誇るミリタリコレクションの逸品。英国軍靴としても納品実績があるポリッシュ加工されたカーフを使用し、格式と履き心地を追求している。

詳細・購入はこちら

第25位 PREMIATA ENDLESS(プレミアータ・エンドレス) ダブルモンク

1885年にイアリア・マルケ州モンテグラナーロで創業したプレミアータ。創業当時の社名を冠した「エンドレス」ラインのこの一足は、ビジネスはからオフの日のきれいめスタイルにもマッチするダブルモンクストラップシューズ。美しい光沢を放つ上質なレザーを採用したアッパーが、足下をエレガントに演出する。

詳細・購入はこちら

第26位 Paraboot(パラブーツ) チロリアンシューズ MICHAEL

パラブーツのミカエルは、カジュアル使いに最適なチロリアンシューズモデル。ぽってりとしたトゥシルエットや立体的なモカシンは、このブランドならではの意匠。高難易度のノルヴェイジャン製法が採用されており、登山道の難路でも物ともしない耐久性を誇る。アウトドアの要素を含みながらもデザインには愛嬌があり、ドレスな雰囲気も兼ね備えるチロリアンシューズの元祖とも言える存在だ。

詳細・購入はこちら

第27位 YANKO(ヤンコ) 外羽根Uチップ

スペインを代表する紳士靴ブランド、ヤンコの中でも特に評価の高い外羽根Uチップ。ラスト「#961」によるラウンドトゥで、ゆとりを持たせながらもスマートなトゥが印象的だ。ヤンコはグッドイヤーウェルト製法を広めたブランドとも言われており、中底に練りコルクを使用したこだわりの製法で履き込むほどに抜群の履き心地を堪能できる。アウトソールはラバーとレザーを組み合わせたヨークソールを採用。機能的な歩行感とエレガントな見た目を両立する。

詳細・購入はこちら

第28位 Alfred Sargent(アルフレッドサージェント) ホールカット HURST

200を超える生産工程を、卓越した技術力を持った職人たちによって作り上げているアルフレッドサージェント。英国の老舗が手がけるこのホールカットは、革質、底材、製法全てにおいて妥協のない仕上がり。ラストも程良くラウンドしており、様々なスタイルに合わせられる。

詳細・購入はこちら

第29位 SILVANO SASSETTI(シルバノ・サセッティ) 外羽根プレーントゥ

グッドイヤーフレックス製法などの技術に定評のあるイタリアのシューズブランド、シルバノ・サセッティ。ソフトな履き心地とムラ感のあるカラーリングに定評があり、フェンディとコラボモデルを展開した経験もあるブランドだ。シンプルな外羽根プレーントゥにも、品質の高さやモノづくりへのこだわりを感じさせる。つま先部分がピンと反り立っているのもシルバノ・サセッティならではの特徴。さり気なく放つ存在感が魅力の一足だ

詳細・購入はこちら

第30位 G.H.BASS(ジーエイチバス) LOGAN コインローファー WEEJUNS LOGAN

アメリカの老舗シューメーカー、ジーエイチバス。世界にペニーローファーを広めた立役者とも言える存在だ。学生からセレブまで幅広い層に支持され、あのマイケル・ジャクソンもこのブランドのWEEJUNSを愛用していたほど。マッケイ製法で丁寧に仕上げられており、足を包み込むようなフィット感が魅力の一足だ。

詳細・購入はこちら

第31位 Campanile(カンパニーレ) 内羽根ストレートチップ Francesina Lacci Punta Liscia

ナポリ3大靴ブランドとしても名高いカンパニーレ。シンプルかつトラディショナルなオックスフォードシューズながら、繊細なステッチディテールで違いを発揮できる一足。製法はスマートなフォルムを作りやすいマッケイ式を採用しているため、型くずれもしにくく、足に馴染みやすいという特性を持つ。

詳細・購入はこちら

第32位 CARMINA(カルミナ) ダブルモンクストラップ

スペインブランド、ヤンコの創業者が1998年にさらなるクオリティを追求して立ち上げたカルミナ。コシが強く履き込むほどに馴染むのが特徴で、中物にはコルクをふんだんに使うことで優れたクッション性を確立。シャープな木型によって、既成靴の領域を凌駕した立体的なフォルムを実現している。

詳細・購入はこちら

第33位 LOAKE(ローク) コインローファー PRINCETON

ロイヤルワラント(英国王室御用達)にも認定されている名門メーカー、ローク。幅広なトゥに、サドルはビーフロール仕様というアメトラ調なデザインだ。バーガンディの色使いとポリッシュカーフによる光沢感が贅沢な雰囲気を醸成。モカシンのデザインなど、英国的な要素も兼ね備える。

詳細・購入はこちら

第34位 JALAN SRIWIJAYA(ジャラン・スリウァヤ) セミブローグ 98441

一流ブランドのOEM生産も手がけるインドネシアのファクトリーブランド、ジャラン・スリウァヤ。セミブローグのこの一足は、レザーの風合いを活かしたブラック一色のシンプルなデザインながら、メダリオンでほどよくアクセントが利いている。ラウンドトゥの上品なシルエットがビジネスシーンでも好印象。

詳細・購入はこちら

第35位 SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン) クォーターブローグ

英国流のドレスシューズ作りを継承するジャパンブランドのスコッチグレイン。クォーターブローグのこのモデルは、従来の大小の穴が並んだパーフォレーションではなく、小ぶりな穴飾りを整然と配列しているのが独創的。アッパーには国産牛革を使い、洗練したシルエットのロングノーズスウエアトゥラストを採用している。グッドイヤーウェルト製法の中底にはクッション性に優れたオリジナルスポンジを使用。日本のクラフトマンシップの結晶とも言える逸品だ。

詳細・購入はこちら

FOLLOW US

Related post

公式 Instagram スナップ