日本の革靴ブランド9選【メイドインジャパンが熱い!】

革靴といえば、イギリスやイタリア、アメリカといった海外のブランドに目がいきがちだが、日本が誇る革靴ブランドも見逃せない。優れた品質はもちろんのこと、日本人の足型になじむラストなど海外ブランドにはない日本ならではの魅力がある。今回は、日本における革靴産業の発展の概要、メイドインジャパン革靴の特徴、そして上質なアイテムを手がける実力派のブランドを紹介!

スポンサーリンク

日本の革靴ブランドの起源「リーガルの前身である軍靴製造所を基盤に発展」

日本の革靴の誕生は幕末・明治初期。明治3年に日本陸軍の創始者である大村益次郎の要請をうけ、軍靴の製造のために旧佐倉藩士の西村勝三が築地に「伊勢勝造靴場」を開いたことが日本の革靴産業の幕開けとされている。当初、輸入で軍靴を調達しようとしていたところ、日本人の足にまったくサイズが合わず国内製造に踏み切ったとされている。ちなみに、この伊勢勝造靴場は日本を代表する革靴ブランド「リーガル」の起源でもある。民間の需要が増えたのは終戦後の1950年代から1970年代で、ヨーロッパの革靴が輸入されるとともに、民間向けの日本製革靴が大量に生産・供給されていった。

日本の革靴ブランドの特徴「日本ならではの確かな技術と丁寧な作りにデザイン性の高まり」

日本の職人ならではの丁寧なつくりや技術こそが日本の革靴ブランドの真骨頂。コバの側面をくの字にすることでソールをシャープに見せる「ヤハズ仕上げ」などは分かりやすい例だ。それだけではなく、いわゆるOEMメーカーとしての生産技術も強みのひとつ。大量生産に対応したパターンメイドの導入などは世界に先駆けている。

しかし、日本独特の「靴を脱ぐ文化」が影響して「上質な靴」よりも「着脱しやすい靴」が求められてきたため、成熟した文化として革靴が根付かなかった経緯も。それも1990年以降は上質な革靴を自分の足になじませながら長年はき続けるスタイルが徐々に浸透し、日本ブランドのデザイン性の向上なども相まって上質な国産革靴に注目が集まっている。

ここからは注目の日本の革靴ブランドを紹介!

2/4GO TO NEXTPAGE
FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

公式 Instagram スナップ