靴紐 通し方【革靴に適するたった2つの方法】

革靴靴紐通し方

靴紐といえば、革靴の履きこなしにおいて「見た目」もさることながら「機能」という面でも重要なファクターです。革靴に適したひもの通し方ですが、実は2つしか方法がありません。その他のひもの通し方はスニーカーなどのカジュアルシューズ用であり、ビジネスシューズには基本的には適しません。今回は意外と知らない靴紐の通し方を紹介していきたいと思います。

※外羽式シューズに対してスポーティーテイストを加える意味で、あえてスニーカーのひも通しを取り入れる確信犯的なオシャレ男性も稀にいますが、あくまでも変化球です。

スポンサーリンク

靴紐の通し方「パラレル」これが王道。紳士ならマスターは必須!

革靴の靴紐の通し方の中でも、最もクラシックで王道なのがパラレルと呼ばれるこの方法。伝統的な革靴ブランドのほとんどは、この方法でひもが通されます。

靴紐通し方パラレルregal

通し方はやや複雑ですが、こちらの動画で非常にわかりやすく説明されています。靴紐は、傷んだらすぐに交換するのが紳士のたしなみ。マスター必須のテクニックです。

靴紐の通し方「シングル」通すのが簡単

見た目は、パラレルと同じですがこちらの方が靴紐を通す方法がシンプルで簡単です。

靴紐通し方シングルregal

しかし「ひもを緩めて履く度に長さ調整が必要」という致命的な欠点があります。靴の着脱が多い方にはお勧めできませんが、こちらもクラシックな靴紐の通し方です。

靴紐を通したら、結び方もパーフェクトに仕上げよう

靴紐の通し方をマスターして安心してはいけません。結び目が下の画像の左のように、斜めになってしまうことありませんか?

革靴紐の結び方

ビジネスマンあるあるではないでしょうか?蝶々結びをする際に紐をかける方向を変えることで防ぐことができます。下の動画でわかりやすく説明されているのでぜひご覧ください。

FOLLOW US

Related post