banner

ローファー メンズ コーデ特集

古くはアメトラ、アイビースタイルから人気に火がつき、今やメンズファッションにおける定番となったローファー。スーツに合わせて抜け感を出すこともできるとはいえ、やはり主戦場はジャケパンやカジュアル服。今回はローファーにフォーカスして注目の着こなし&アイテムを紹介!

スポンサーリンク

ローファー×スラックス×スキッパーポロシャツスタイル

スキッパーカラー、すなわちボタンレスなポロシャツをチョイスすれば首元に適度なゆとりが生まれ、洒脱な印象を与えられること請け合い。ネイビースラックスにブラウンスエードローファーの組み合わせでコントラストを効かせてベーシックなスタイリングにニュアンスを。

CROCKETT&JONES(クロケット&ジョーンズ) タッセルローファー CAVENDISH

詳細・購入はこちら

ローファー×ネイビーパンツ×グレースウェット肩掛け

ローファーにネイビーパンツとボタンダウンシャツを合わせた着こなし。シンプルなアイテムの組み合わせだが、スウェットを肩掛けすることで動きのあるシルエットを演出することでアクセントをプラス。まとまりのある印象をキープしつつも、それぞれの色味を微妙に変化させたアイテムチョイスが洒脱な雰囲気を漂わせる。

CHURCH’S タッセルローファー

詳細・購入はこちら

ローファー×デニムプリーツパンツスタイル

タッセルローファーに食傷のあるイタリア人が新たに注目しているキルトローファー。コインポケットやプリーツのディテールが施された華やかさのあるパンツに引け目を取らないボリューム感が程よいバランスをキープしている。ドレスシャツにスラックスといったドレス寄りなアイテムの組み合わせだが、スラックスにデニム生地を採用することでカジュアルな表情に仕上がる。

 

HESCHUNG(エシュン) HELIX

詳細・購入はこちら

ローファー×ジレパン×柄シャツコーデ

ベストとジレを同布で揃えたジレパンスタイル。ジャケパンに食傷のある方はジレパンスタイルの取り入れは有力な選択肢になるだろう。足元にはバーガンディのコインローファーをチョイスしてアクセントをプラス。

TOD’S クラシックローファー

詳細・購入はこちら

ローファー×テーパードパンツスタイル

ウエストから強いテーパードがきいたパンツにコインローファーを合わせて。シルエットにインパクトがある分、アイテムはシンプルにまとめてバランスの良い仕上がりに。

YANKO(ヤンコ) ペニーローファー

詳細・購入はこちら

ローファー×スラックス×デニムシャツコーデ

ブルーをメインにコーディネートすることで清涼感を演出したコーディネート。武骨な印象を与えやすいデニムアイテムも、センタークリースが入ったトラウザーズとタッセルローファーを合わせることによって、綺麗目でこなれた表情にまとまる。

Berwick(バーウィック) 1707 バインダーカーフタッセルローファー

詳細・購入はこちら

ローファー×白パンツ×デニムシャツコーデ

デニムシャツを白パンツにタックインして爽やかな印象を演出したコーディネート。パンツを落とし気味に履くことで服の面積バランスを調整するのはイタリア伊達男の着こなしテクニックの一つ。パンツ丈はノークッションのアンクル丈にロールアップして足元のコインローファーを引き立たせる。

CHURCH’S グラデーション ローファー

詳細・購入はこちら

ローファー×ジャケパンスタイル

ネイビーポロシャツにラルディーニのブラウンテーラードジャケットを合わせてアズーロ・エ・マローネを表現したマルコ・ザンバルド氏のスタイリング。コロニアルカラーのジャケットに対して、ボトムスはホワイトパンツを合わせてクリーンな印象をキープ。洗い加工が施されたコットン素材と似た見た目のスエードタッセルローファーを足元に合わせて統一感を演出。

Corno blu(コルノブルゥ)  FORNAX

詳細・購入はこちら

ローファー×スキニージーンズ×ストールコーデ

ローファーにアンクルスキニージーンズを合わせてスマートなシルエットを演出したコーディネート。Tシャツ×ジーンズのカジュアルなスタイリングはキルトローファーを合わせることによって大人の色気漂う仕上がりに。ストールを首に巻くことで、シンプルなコーディネートにも華やかさが生まれる。

ローファー×カジュアルスラックス×ポロシャツコーデ

ボタンを上まで留めてクラシックに着たポロシャツと洗い加工が施されたカジュアルスラックスが絶妙にフィットしたコーディネート。起毛感のあるスエード素材のタッセルローファーがスラックスの風合いとリンクする。

SANTONI タッセル装飾 ローファー

詳細・購入はこちら

ローファー×アンクルパンツ×プルオーバーシャツコーデ

ローファー、スラックス、シャツの組み合わせはオーソドックスだが、プルオーバーシャツを取り入れることでひとヒネリある印象のコーディネートに。シャツをタックアウトしてラフに合わせても野暮ったく見えない秘訣は、着丈バランスと洗練された色使いにあり。

三陽山長(サンヨウヤマチョウ) 堅弥

詳細・購入はこちら

ローファー×プリーツパンツスタイル

ブラウンのスエードタッセルローファーに合わせたのは、鮮やかなブルーが目をひくプリーツパンツ。クラシック回帰のトレンド傾向に合わせて、ベルトレスデザインのパンツにサスペンダーを取り入れ。サスペンダーのベルトとローファーの色味をさりげなく合わせて統一感を演出するのは、PT01を手掛けるドメニコ・ジャンフラーテ氏ならではのこなれテクニックだ。

CARMINA(カルミナ) タッセルローファー

詳細・購入はこちら

ローファー×プリーツ入りスラックススタイル

ローファーとスラックスに同じ色味をチョイスしたスタイリング。パンツを短丈に仕上げて肌色をアイテムの間に挟むことで、お互いのアイテムが相殺されないように調整。首回りにゆとりを作れるポロシャツにブルーバンダナを合わせたアクセントにも注目したい。

ローファー×ネイビーパンツ×シャツタックアウト

ダークブラウンのローファーにネイビーパンツを合わせてコントラストを表現した着こなし。シンプルなスタイリングに合わせた小物使いに注目したい。

ALDEN(オールデン) ブラウン Aberdeen Last タッセルモカシン

詳細・購入はこちら

ローファー×クロップドパンツスタイル

ブラックのコインローファーにクロップドパンツを合わせたスタイリング。ブラックは重い印象を与えやすいカラーでもあるため、夏シーズンは短丈のパンツを合わせて軽快な印象をキープしたい。着丈が短めのシャツをタックアウトして適度なラフ感を演出。

PREMIATA(プレミアー) ローファー

詳細・購入はこちら

ローファー×ダークネイビースーツスタイル

夏場のスーツスタイルにはローファーを合わせるのが鉄板。無地スーツに合わせた武骨な表情のウォレットチェーンやキルト付きタッセルローファーのボリューム感がポイント。

CHURCH’S タッセルローファー

詳細・購入はこちら

ローファー×ジーンズスタイル

色落ちが始まったジーンズもノークッション丈で履くのが今の気分。足元がだらしなく見えないため、ローファーとの相性も高まる。Tシャツを二枚着用したレイヤードスタイルにも注目だ。

F.lli Giacometti(フラテッリ ジャコメッティ) グラデーションコードバン ローファー ブラック

詳細・購入はこちら

ローファー×白パンツ×ダブルテーラードジャケットスタイル

奇抜なカラーリングを選ばないという選択肢もスタイリングを成功させるためのテクニックとして有効だ。下記の着こなしは、ブルーのテーラードジャケットに対してブラウンのスエードローファーがコントラストをきかせるが、シックで落ち着きのあるカラーチョイスのため品のある雰囲気に仕上がっている。

CROCKETT&JONES(クロケット&ジョーンズ) タッセルローファー 

詳細・購入はこちら

ローファー×ジーンズ×ベストコーデ

大胆に裾をターンナップしたジーンズがポイントのコーディネート。ウォレットチェーンを組み合わせて武骨な印象をプラス。ポケットチーフをインしたジレの取り入れや渋い輝きを放つコインローファーがダンディな雰囲気へと導く。

Allen Edmonds(アレンエドモンズ) PENNYLOAFER

詳細・購入はこちら

ローファー×グレーパンツ×サファリジャケットコーデ

グレースラックスに合わせたのはオフホワイトの爽やかな風合い漂うサファリジャケット。テーラードジャケットとは一味違う表情が着こなしにこなれ感を演出してくれる。足元にはブラウンスエードのコインローファーをセット。

paraboot(パラブーツ) DAX スエードローファー

詳細・購入はこちら

ローファー×スーツスタイル

正統派の着こなしを得意とするアンドレア・ラルディーニ氏のスーツスタイル。シンプルなネイビースーツスタイルに合わせた革靴は、キルトタッセルやブローグの装飾がエレガンスな雰囲気を纏うウィングタッセル。ニットタイをタイドアップで合わせることで夏の季節感をプラス。

SANTONI フリンジ ローファー

詳細・購入はこちら

ローファー×クロップドパンツスタイル

ローファーの素足履きとクロップドパンツの組み合わせが清涼感溢れる印象のスタイリング。ストライプジレのフロントまでシャツはボタンを開けて抜け感を演出。ローファーと色味をリンクさせたクラッチバッグのチョイスがまとまりのある雰囲気につながる。

DOLCE & GABBANA ブラッシュドレザー ローファー

詳細・購入はこちら

ローファー×ホワイトパンツ×サファリジャケットスタイル

ピークドラペルのディテールがテーラードジャケットらしさを演出したサファリジャケットに白シャツと白パンツを合わせて爽やかな印象を演出したスタイリング。フロントをオープンしたシャツの下にはコントラストをきかせるようにブラウンスカーフをセット。ブラウンスカーフの取り入れによって足元にチョイスしたブラウンローファーが馴染みの良い仕上がりに。

ALBERTO FASCIANI Ulisse ローファー

詳細・購入はこちら

ローファー×デニムアイテム

デニム生地で仕立てられたベストにダメージジーンズを合わせたまとまりのあるコーディネート。上下デニムアイテムの組み合わせだが、白シャツを間に挟むことでこれ見よがし感を回避。足元に合わせたタッセルローファーが締りのある表情を与えている。

JOSEPH CHEANEY(ジョセフ チーニー) HARRY

詳細・購入はこちら

ローファー×ジャケパン×ポロシャツスタイル

ジャケパンスタイルのインナーにポロシャツを合わせることでスポーツテイストをプラスしたスタイリング。テーラードジャケットとローファーの色味をリンクさせて統一感のある印象に。

Heinrich Dinkelacker(ハインリッヒ ディンケラッカー) ドレスシューズ Wien

詳細・購入はこちら

ローファー×グレージーンズコーデ

ネイビーローファーにグレージーンズをセット。程よくテーパードしたアンクル丈のスリムシルエットジーンズはローファーと好相性。ブルーシャツをタックインして締まりのある雰囲気を演出。

SANTONI フリンジローファー

詳細・購入はこちら

ローファー×チェックパンツスタイル

タリアトーレのテーラードジャケットと色味を合わせたローファーにチェックパンツを合わせてアクセントをプラスしたスタイリング。インパクトの強い柄パンツもスリムテーパードシルエットなら、面積が少なくなるためこれ見よがしな印象を与えない。

SANTONI スエードローファー

詳細・購入はこちら

次のページでは、秋冬の着こなしを中心にピックアップ!

ページ:

1

2
FOLLOW US