リバースパーマとは?メンズに似合うヘアスタイル事例とスタイリングのコツも紹介

Share

外巻きのカールがこなれ感と大人らしさを生み出すリバースパーマ。パーマ施術をせずともヘアアイロンやコテで手軽に作れて、なおかつ“髪型に気を遣ってる”感を醸せるのが魅力だ。今回はそんな「リバースパーマ」をテーマに、おすすめの髪型とヘアスタイル術を紹介していく。

スポンサーリンク

リバースパーマとは?

リバースパーマとは外巻きのカールを作り上げる技術の名称。作り方は2通りあり、パーマをかけて半永久的に形作るか、ヘアアイロンやコテの熱を利用して一時的に形作るのが一般的だ。パーマをかける場合はニュアンスパーマで緩い外巻きにしたり、スパイラルパーマで立体的な外巻きにするのが最近の流行り。また、ポイントパーマやピンパーマで部分的に外巻きを作るのも、さり気ない洒落感を演出するのにピッタリだ。そして手軽にリバースパーマスタイルを試したい場合は、ヘアアイロンやコテを駆使するのがおすすめ。一時的にリバースパーマにできるので気分次第でアレンジできるのが魅力だ。

リバースパーマを探す

リバースパーマスタイルは洗練された印象を醸すのに好適

内巻きカールのフォワードパーマはふんわりとした質感やポップな雰囲気を生み出すが、その反面、リバースパーマを取り入れたヘアスタイルはスマートな雰囲気や大人の落ち着きを演出するのに向いている。昨今トレンドの無造作っぽさを演出するのは難しいが、その分洗練された雰囲気を醸せるのでフォーマルな格好にもよく似合う。たとえば、スーツスタイルやビジカジスタイルと合わせて、“デキる男”な印象を演出するのもお手の物だ。また様々なベースのヘアスタイルにアレンジとして取り入れられるので、どの顔型の方でも似合わせられるのも嬉しいポイント。

リバースパーマを探す

メンズヘアにアレンジを!リバースパーマスタイルおすすめ10選

リバースパーマは短いレングスに取り入れると爽やかさとこなれ感のバランスが丁度よくなり、長めのレングスに合わせるとより洗練された雰囲気にできるのが魅力だ。外巻きゆえに顔周りをスッキリ見せられ、清潔感を演出するにもうってつけなので、多くの方のメンズヘア候補に挙がること間違いなし。ここからは、そんなリバースパーマを取り入れたヘアスタイル事例とスタイリング術を紹介していく。

メンズ リバースパーマ①「男らしいショートアップバングに外巻きカールで色気をプラス」

短く刈り上げたツーブロックショートをベースに、リバースパーマを毛先中心にかけることで清潔感たっぷりに仕上げ。はっきりと見える刈り上げの男らしさとリバースパーマのスマートな雰囲気が相まって、ワンランク上のショートスタイルに。また、七三分けの大人っぽさとリバースパーマの洗練された雰囲気の相性の良さを引き出しているのもこちらのヘアスタイルの魅力。スポーティースタイルに大人っぽさを加えた髪型は年代問わず似合うだろう。

▶︎スタイリングのポイント

リバーススタイルなので仕上がりは後ろ方向の毛流れにしたいが、乾かす時は前側に軽く引っ張りながら乾かすのがコツ。こうすることで仕上がりの毛流れの収まりが良くなるのだ。スタイリング剤はやや硬めのワックスを使い、根元のボリュームを出しながらホールドするのが躍動感を感じるアップバングショートを仕上げるコツだ。

この髪型のヘアセットにおすすめのスタイリング剤▶︎「ナカノ スタイリング タントN ワックス 4 ハードタイプ」

詳細・購入はこちら

メンズリバースパーマ②「大胆なリバースパーマワークで遊びをきかせた大人ショートスタイル」

レイヤーカットで立体感を生みだしたショートヘアに、複数のパーマワークを施して遊びを感じるヘアスタイルに。ランダムな毛先のハネ感を顔周りのリバースパーマで落ち着かせながらまとめ上げているのが印象的。また、前髪の長さを残して下ろしている点も派手さを控えたスマートな雰囲気作りに役立っている。適度なハネ感と下ろした前髪を組み合わせたさり気ないアップバングは、アップバングがキマりにくい面長の方にもピッタリだ。

▶︎スタイリングのポイント

艶髪に仕上げて大人ショートに色気をプラスする。ボリューム感と適度な束感も欲しいのでツヤが強めのワックスがおすすめだ。全体的に根元から馴染ませてボリュームを抑えながら束感を調整して仕上げよう。トップは短く、顔周りは髪が長いのでスタイリング剤を均一に馴染ませるように意識することを忘れずに。

この髪型のヘアセットにおすすめのスタイリング剤▶︎「LIPPS(リップス) ウェットブラストワックス」

詳細・購入はこちら

メンズリバースパーマ③「派手なカーリーヘアをリバースシルエットとツーブロックで男らしく仕上げる」

細めのロッドを使ってカールを主役にしたカーリーヘアを、リバースパーマとサイドのタイトな刈り上げで引き締め。リバースパーマをアップバングと組み合わせて顔周りをしっかりと見せているのも男らしさと誠実さを感じられてGOOD。こちらのヘアスタイルはスモークグレージュカラーでより立体的に動いているように見せているが、黒髪でさらに男らしさを引き立てるのもアリ。顔の輪郭がはっきりと見えて強いカールの丸みもあるので、丸顔の方は刈り上げをタイトにしたり刈り上げの位置を高めにしたりして調整しよう。

▶︎スタイリングのポイント

パーマによるはっきりとした動きがあるので、スタイリングはツヤを加えて軽くホールドする程度で問題ない。カッチリとしたキープ力は必要ないので、ツヤがある柔らかいワックスを揉み込むだけ。ドライヤーでサッと乾かしたらスタイリング剤を馴染ませるだけなので時短スタイリングが可能だ。

この髪型のヘアセットにおすすめのスタイリング剤▶︎「YOU TOKYO(ユー トーキョー) ウォータリーワックス」

詳細・購入はこちら

メンズリバースパーマ④「メンズミディアムボブをリバースカールで軽やかにアレンジ」

ミディアムマッシュボブにレイヤーカットを施して重すぎないようにカバー。そして毛先にワンカールパーマを外巻きにかけ、毛流れが後ろ向きになるようにした。ポイントはリバースパーマによるセンターパートでしっかりと顔を魅せながら上品さを演出している点。フェミニンな雰囲気に仕上がりやすいボブを男らしく仕上げたヘアスタイルゆえ、誰にでも取っ付きやすいはずだ。

▶︎スタイリングのポイント

パーマの質感を活かすためにふんわりとしたボリュームを付けやすいソフトワックスをチョイス。センターパートなので、乾かす前に真ん中辺りで分け目を決めてからドライする。この際に時折前側にも流すように乾かして髪の毛を立たせるようにするのがコツだ。

この髪型のヘアセットにおすすめのスタイリング剤▶︎「DEMI(デミ) ウェーボ デザインキューブ エアルーズワックス」

詳細・購入はこちら

メンズリバースパーマ⑤「ミディアムヘアをワイルドにキメるならリバース×ウェット仕上げで決まり!」

ミディアムレングスにしっかりとパーマで動きをつけ、リバースの毛流れを活かしてタイトにキメる。ウェットな質感とワイルドなハネ感、そして耳にかけたシルエットがセクシーさを際立てているのが特徴。また、襟足の長さを残して首付近にシルエットを作ることで面長フォローになっているのも見逃せない。美フォルム矯正効果を持ち合わせながらワイルドさを追求した大人ミディアムスタイルだ。ちなみに、男らしく仕上げるなら断然黒髪がおすすめ。

▶︎スタイリングのポイント

スタイリングに難しい技術は必要なく、しっかりとタオルドライした髪にヘアジェルを馴染ませて後ろ方向に流すだけ。襟足は横に広げるように軽く引っ張り、サイドの片側は耳にかける。もう片方のサイドはスタイリング剤を馴染ませたら自然に垂れるような感じにすればOK。もし髪が広がりやすい生え方をしている場合は、一度根元だけ乾かして方向性をつけるのがおすすめ。

この髪型のヘアセットにおすすめのスタイリング剤▶︎「ARIMINO(アリミノ) メン フリーズキープ ジェル」

詳細・購入はこちら

2/2GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する