カーゴパンツコーデならミリタリー/ワークテイストを効果的に演出可能!注目のメンズ着こなし&アイテムを紹介

カーゴパンツは労働者用のパンツを起源とし、各国軍隊のミリタリーウェアとしても採用された歴史も持つ武骨なアイテム。機能性を重視したカーゴポケットなど、その武骨なデザインから男らしさあふれる着こなしを作るのにうってつけだ。今回は、機能性とファッション性を両立する「カーゴパンツ」にフォーカスして注目の着こなし&アイテムを紹介!

スポンサーリンク

ワーク・ミリタリーなムードたっぷりのカーゴパンツとは?

カーゴパンツ(cargo pants)とは、貨物船で荷役作業などに従事する労働者の間で使われるようになった作業用パンツである。生地の厚い丈夫な綿布で作られており、腰をかがめた際にも物の出し入れがしやすいよう太もも外側の左右に大きなポケットが付けられているのが特徴。6つポケットが付属するものが基本形のため“6ポケットパンツ”と呼ばれることもある。

61eXTw-ujKL._UL1280_

カーゴパンツを探す

チノパンと同じく綾織りが多いが、ウールやコーデュロイ製のカーゴパンツも存在する。また、スラックス仕様でセンタークリースの入ったカーゴパンツを総称して”ドレスカーゴ”と呼び、新たなカテゴリとして近年人気を博している。起源が作業着のため動きやすさを重視したルーズシルエットが多いが、昨今では裾がリブ仕様になったジョガータイプのシルエットにメリハリをきかせたカーゴパンツも目立つ。

各国軍隊の”ミリタリーウェア”として採用されたカーゴパンツ

港湾労働者用の作業パンツとして誕生したカーゴパンツだが、その機能性の高さゆえ、太平洋戦争頃から各国軍隊のユニフォームとしてディテールが採用されはじめる。1942年には、「M-42パラトルーパーパンツ」がミリタリーパンツとして米国で誕生。それ以降は、フランス軍の「M-47」など、イタリア、ドイツなど各国にさまざまな種類のミリタリーカーゴパンツが登場しており、ミリタリーウェアフリークの間では国や年代ごとそれぞれに愛好家が存在する。

 

View this post on Instagram

 

Asoc Argentina Recreadores SGMさん(@aarsgm_)がシェアした投稿

1970年代頃には多くのミリタリーパンツが民間に払い下げられ市場に流通。これを契機にカーゴパンツが市民の間に広がったという経緯をもつため「カーゴパンツ=軍パン」というような共通認識が生まれている。

続いてはカーゴパンツを使った注目の着こなし&アイテムを紹介!

2/14GO TO NEXTPAGE
FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

公式 Instagram スナップ