クエン酸で筋トレを効率化!飲むタイミングや量、おすすめのサプリメントを紹介

Share

2 ページ以降を表示しています。

元のページを表示
クエン酸で筋トレを効率化!飲むタイミングや量、おすすめのサプリメントを紹介

クエン酸を摂るタイミングや量は?

優れた効果を持つクエン酸だが、摂取するタイミングや量にも気を配えば、より恩恵を受けられることうけあい。そこで、この項ではタイミング&量について詳しく解説。

クエン酸のサプリメントを探す

クエン酸を摂るタイミング「複数回に分けて摂るのが効率良し!」

一般的にクエン酸が体内に留まるのは約2〜4時間と言われているため、複数回に分けて摂取するとメリットが感じられやすいだろう。取るタイミングについては決まりがなく、いつ摂っても効果があるとされるが、胃腸に負担をかけるとも言われているので寝る前は避けるのが吉だ。ボディメイクに役立てるのであれば、トレーニング前&トレーニング中がおすすめ。エネルギー生産効率が上がり、パワーが出やすくなるはずだ。

クエン酸を摂る量「一日あたり約2~5gのクエン酸が◎」

量に関しても明確に決められているわけではないが、しっかり効果を感じるのであれば2~5g程度が好ましいと言われている。中には、運動後に体重×0.4gのクエン酸を摂取することで疲労回復に繋がったとする研究もあるため、計算して適切な量を摂るのもアリだろう。逆に、摂りすぎてしまうとお腹を下すことがあるので注意が必要だ。

クエン酸は食事よりもサプリメントで摂るのがオススメ!その理由とは?

多くのメリットを持つクエン酸だが、毎日食事で摂取するのは難しいという側面も。たとえばクエン酸を豊富に含む食材の代表格であるレモンの場合でも、5g程度を摂取するには1個を4分の3にカットしたものを摂らなければならない。梅干しであれば10個程度だ。それを毎日続けると塩分過多になる可能性もあるため、効率よく摂取できるサプリメントを活用するのがオススメ。持ち運びに優れていて、疲れを感じた時にサッと飲めるという利便性も◎

食品 100g辺りのクエン酸量
レモン 6.5g
梅干し 3.4g
きな粉 1.6g
じゃがいも 1.1g
3/3GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する