自宅で出来る大胸筋を鍛えるトレーニングメニューとは?

Share

厚い胸板を手に入れればスーツ姿はもちろんTシャツ1枚でもカッコよくキマる。しかし、いつの間にか自己流になっていたり、ジム通いが続かなかったりという方も少なくないだろう。そこで今回は「自宅で出来る大胸筋のトレーニング」を紹介!

スポンサーリンク

自宅で出来る胸トレーニング①「プッシュアップ/腕立て伏せ」

大胸筋を鍛える定番的な種目である“プッシュアップ”。身一つあれば手軽に出来るため、自宅でのトレーニングに最も適しているといっても過言ではない。男性なら誰もが一度は実践したことがあると思うが、効果を高めるためのポイントはあまり知られていない。しっかりコツを押さえて効率的に大胸筋を鍛えていきたいところだ。

大胸筋にしっかり効かせるなら、まずは“姿勢”に気を付けたい。頭から足までが板のように真っ直ぐになっていて、かつ胸が張られているのがベストだ。また、顔が床に向いていると背中が丸まりやすくなり胸が張れないため、しっかり斜め前を向いておくのも重要なポイント。フォームが崩れたまま続けてしまうと大胸筋に効く前に腕が疲れてしまう場合もあるため、常に姿勢に注意しながら行いたい。まずは10~15回3セットを目標に、物足りなくなってきたら回数を増やしたりスピードに抑揚をつけるのがおすすめ。もし15回行うのが難しい場合は限界まででOKだ。

【関連記事】腕立て伏せはシンプルなようで奥が深い筋トレ!大胸筋に効かせる正しいやり方&コツを紹介

誰もが知っている筋トレの鉄板メニューといえば“腕立て伏せ(プッシュアップ)”。ひ...

プッシュアップがキツい時や、さらに追い込みたい場合は“膝つき”で!

プッシュアップのフォームが安定しない方や、トレーニングの後にもっと追い込みたいという方にオススメなのが“膝つきプッシュアップ”。通常のプッシュアップより負荷が低下するため、感覚をつかむための練習になったり、より極限まで胸を追い込むために使える種目だ。

膝つきプッシュアップでは、頭から膝までが真っ直ぐになるように姿勢を整えるのがポイント。また、膝つきでも上手くいかない…という場合には、足の間隔を開けたり、体を落とす位置を普通よりも高めに設定するなどで調整するのが良いだろう。

2/5GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ