無地Tシャツ メンズコーデ特集!6カテゴリーに分けて注目のコーデ&おすすめアイテムを紹介!

Share

5ページ以降を表示しています。

元のページを表示

5ページ以降を表示しています。

目次を表示
スポンサーリンク

無地Tシャツのカテゴリー⑤「異素材Tシャツで一味違うムードに仕上げる」

天竺、フライス、鹿の子などの一般的な生地とは一味違う素材で仕立てられたTシャツをチョイスするのもアリだ。生地に違いがあれば、いつもの着こなしも一味違う印象に仕上がる。編みで仕立てられた半袖ニットや布帛で仕立てられたTシャツなど、選択肢も意外と存在。オーソドックスな着こなしに食傷気味という方は、異素材Tシャツを今シーズンの買い物リストに加えてみてはいかがだろうか?

カテゴリー⑤のおすすめ無地Tシャツはコレ!

Daniele Fiesoli(ダニエレ・フィエゾーリ) 天竺 Tシャツ

ドルチェ&ガッバーナをはじめとする有名ブランドの製品を手掛けたことで知られている“Daniele Fiesoli(ダニエレ・フィエゾーリ)”。ピックアップしたのは、ココンチのロングセラーアイテムである天竺織りのTシャツ。一見するとシンプルだが、ネック部分にポイントが。実は、リブではなく共地を用いた断ち切り始末のロールネックになっている。ヒネリのきいたネックの仕様だから、この一枚だけでもこなれ感漂うコーデが構築できる。

詳細・購入はこちら

BAGUTTA(バグッタ) Albini社コットン モール布帛 Tシャツ

マリオ・マランを迎え新しくなった“BAGUTTA(バグッタ)”から、リラックス感のあるシルエットで仕立てられた布帛Tシャツをピックアップ。立体的な縫製はもちろん、イタリア老舗大手生地メーカーAlbini社の柔らかなコットンモール生地を採用しているため、着心地は申し分なし。シャツ生地のような布帛ならではの表情が普通のTシャツとは一味違う魅力を放つ。

詳細・購入はこちら

Drumohr(ドルモア) コットンニット Tシャツ

世界最古のニットブランド“Drumohr(ドルモア)”よりピックアップしたのは、コットンニットの半袖Tシャツ。生地の特徴である伸縮性の良さを活用し、ネックを詰めて作ることで上品な見た目に仕上げている。袖や裾にもリブを施しているため、タックアウトで着こなしてもだらしなく見えないのが魅力だ。カラーバリエーション豊富に展開しているため、気に入る一着が見つかるハズ。ぜひチェックしてみては?

詳細・購入はこちら

6/6GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ