ネイビーTシャツ コーデ メンズ特集!夏にトライしたい着こなしのコツや旬な海外スナップを一挙紹介

Share

ネイビーTシャツはホワイトやブラックのTシャツと同等かそれ以上に使い勝手が良く、コーデをシックに引き締めてくれる優れモノ。そんな「ネイビーTシャツ」にフォーカスして、着こなしのコツや旬なメンズスナップを紹介!

スポンサーリンク

ネイビーTシャツをコーデに取り入れた際のメリット・デメリットとは?

ネイビーTシャツのメリット

ネイビーTシャツのメリットはスタイリングを上品かつシックに引き締め、キレイめな印象でコーデを大人っぽく底上げするということ。さらに定番の白Tシャツと比べ汚れやシワが目立たないうえ、清潔感を損なうような透け感がなく、同じダークトーンでも黒Tシャツほどキメ過ぎず、暑苦しく見えないという点もネイビーTシャツの大きな魅力だ。

ネイビーTシャツを探す

ネイビーTシャツにデメリットはある?

キレイめでノーブルな印象の色味だけに、コーデをこじんまりまとめがち。しかも相性の良い定番のブルージーンズやグレースラックスをおざなりに合わせてしまうと、ヒネリや面白味にかけるブナンな量産型コーデにもなりかねない。加えて、圧倒的バリエーションの多さを誇る白Tシャツや黒Tシャツに比べシルエットや着丈の選択肢が限られるため、ネイビーTシャツ単体で個性を打ち出すには不向きであり差別化しづらいという側面もある。

ネイビーTシャツを着こなす際の3つのコツとは?

ネイビーTシャツを着こなすコツ①「爽やかさを後押ししながらラフにこなすならブルージーンズ、大人っぽくキレイめにまとめるならグレースラックスをコーディネート」

ネイビーTシャツに合う色の筆頭が同系色のブルー系であるのは言わずもがなだが、黒と白の中間にある無彩色として無限の濃淡幅を持つグレーも負けず劣らず相性バツグン。特に爽やかさを後押ししながらラフにこなすならブルージーンズ、大人っぽく落ち着いた雰囲気でキレイめにまとめるならグレースラックスを合わせるのが、洒落者の常套テクニックだ。

ネイビーTシャツを着こなすコツ②「白ボトムスとの組み合わせで清潔感と爽やかさを両得」

夏の装いに不可欠な、清潔感と爽やかさを両得できるネイビーTシャツと白ボトムスの組み合わせ。スタイリッシュなマリンスタイルを表現するのにも重宝し、ホワイトデニムや白チノパン、カジュアルな着こなし向きの白スラックスなど、白ボトムスのチョイス次第で表情の異なるスタイリングが可能となる。さらにボトムスの丈を短めに設定し、素足履きがサマになるスニーカーやローファー、サンダル、エスパドリーユを合わせれば、こなれ感のある足元で他との差別化も思いのまま。

ネイビーTシャツを着こなすコツ③「シアサッカーやリネン素材、クロップドやショート丈のパンツを合わせ涼しげな夏仕様の着こなしに」

暑さが厳しく湿度の高い日本の夏にネイビーTシャツを着こなすなら、快適な着心地で見た目的にも涼しげなシアサッカーやリネン素材、抜けにより通気性を担保したクロップドやショート丈のパンツと合わせるのが得策だ。もちろん色味もネイビーTシャツとのコントラストが際立つ白やニュートラルカラー、涼感を誘う寒色系のブルーやグレーのアイテムをチョイス。色味の相性に関わらず、赤みの強いボトムスではせっかくの涼しげな印象を損なうことにもなりかねないのでご注意を。

ここからはネイビーTシャツを使った夏のメンズコーデを一挙紹介!

2/21GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する