banner

無地Tシャツ 特集【2017最新】

夏のマストアイテムといえば”Tシャツ”。定番ながら、生地、縫製、デザインにこだわればこだわるほどに差が出る奥深いアイテムだ。今回は”Tシャツ”にフォーカスして、注目のコレクションブランドから下着メーカーのTシャツまで幅広くピックアップ!

スポンサーリンク

SUNSPEL(サンスペル) TWO FOLD 60’S

1860年に設立された真正な英国製品を生産する伝統的ブランド「SUNSPEL(サンスペル)」。希少な資源から美しく仕上がった生地を使用し、格別な品質の普段着を生産している。ノッティンガム近郊のロング・イートンを拠点とした自社工場も所有しており、世界基準でも最高レベルのコットンを扱えるブランドとしても有名だ。コムデギャルソンのTシャツのボディとして使用されるなど、その品質の高さは折り紙つき。適度な肉厚感を持ちながらもソフトな着心地を実現したホワイトTシャツ。

詳細・購入はこちら

three dots(スリードッツ) JAMES サンデッドジャージー ショートスリーブ クルーネック

1995年にロサンゼルスで誕生したthree dots(スリードッツ)。フィット感とクオリティを追求したプレミアムカット&ソーのコレクションを展開するブランドだ。スリードッツの3つのドットには、pure (シンプルで洗練されていること)、effortless (自然体でいられる気持ちよさ)、luxury (最高の素材からくる上質感) の3つの意味が込められている。コームドコットンを使用した定番カットソー。サンデッドジャージーは、ピーチスキンのような心地よいなめらかな肌触りが特徴だ。適度なとろみがあり、襟ぐりも広めに設計されているためインナー使いとしても活躍を期待できる。

詳細・購入はこちら

CIRCOLO(チルコロ) チルコロT シャツクルー

イタリアのバーリを拠点に、2009年から始動した新鋭アパレルブランド「チルコロ(CIRCOLO1901)」。20年間テキスタイルメーカーのS.G.L.社で経験を積んだジェラルド・ダルジェーニオ(Gennaro Dargenio)氏が、面白半分で発表したスウェット素材のジャケットが話題を集め、ブランドとして本格的に始動。ガーメントダイを得意としており、実際に手に取るまでカットソー素材と見分けのつかない高度な染色技術は世界から注目を集めている。細めに設計した襟ぐりや小さめの胸ポケットのデザインがラグジュアリーな雰囲気を漂わせているクルーネックTシャツ。

詳細・購入はこちら

COMME DES GARÇONS SHIRT(コムデギャルソン・シャツ) クルーネック Tシャツ

フランス社がブランド運営を行い、パターンメイキングを東京主体で展開する「COMME DES GARÇONS SHIRT(コムデギャルソン・シャツ)」。密度の高い生地を採用し、さらりとした風合いを演出。襟ぐりはバインダーネックによって高い耐久性を実現。洗濯後の伸び縮みの寸法も少なく、長年の使用で活躍を期待できる。

詳細・購入はこちら

rag & bone(ラグ & ボーン) BASIC TEE Tシャツ

2002年にマーカス・ウェインライト氏とデヴィッド・ネヴィル氏が始動した米国ブランド「Rag & Bone(ラグアンドボーン)」。ファッションデザイナーとして教育を受けていない二人が「毎日着たくなるような服を作りたい」という想いの元、ジーンズのコレクションを展開したことからスタートしている。定番のペルー産コットンTシャツ。表情のある生地感が着こなしにこなれ感を与えてくれる。襟ぐりは切りっぱなしの生地をバインダー仕様でセット。

詳細・購入はこちら

zimmerli(ジィメリ) 半袖Tシャツ

1871年にスイスで創業した「zimmerli(ジィメリ)」。英国王室のチャールズ皇太子やJ・F・ケネディ大統領など、世界中のエグゼクティブに愛用されているブランドだ。素材には上質な超長綿を採用。透けるような薄さとシルクのような光沢感と肌触りが魅力的だ。縫製は職人たちによるハンドメイド。”見えない部分にまで決して手を抜かない”という創業当時からの伝統が守られている。ロイヤルクラスシリーズのコットン100%Tシャツ。細番手の少しシャリ感のある着心地が特徴。

詳細・購入はこちら

SCAGLIONE(スカリオーネ) Tシャツ

1960年ミラノ郊外のベルガモで設立してから、1980年に2代目ジョバンニ・スカリオーネに代替わりしたのちニット専業ブランドとしてリスタートしたSCAGLIONE(スカリオーネ)。全てイタリア生産にこだわり、細かな品質管理が徹底されている。コットン100%のベーシックなカットソー。ニットブランドならではの上質な生地感が魅力的だ。

詳細・購入はこちら

BELLWOOD(ベルウッド) Crew Neck T-shirt

ベーシックかつ上質な素材とハイセンスな技術で、支持を得ているイタリアのニットブランド「Bellwood(ベルウッド)」。イタリアのカルピに本拠地をかまえ、100%イタリアンメイドにこだわっている。襟ぐり幅を細めに設計することで大人の雰囲気を演出したクルーネックTシャツ。

詳細・購入はこちら

N.HOOLYWOOD(エヌハリウッド) UNDER SUMMIT WEAR

2000年に尾花大輔(おばな だいすけ)氏が「MISTER HOLLYWOOD」という古着やリメイク品を販売していたショップを設立。その後、2002年春夏シーズンより「N.Hoolywood」というブランド名で東京コレクションを発表したことが始まりだ。古着のリメイクから全く新たな価値を表現するブランドで知られている。Tシャツは、ブランドをスタートした当時から作り続けられているモデル。肌着として在るものの中で最上級なものを提供するコンセプトのもと、生地や縫製、型紙に到るまでこと細やかに作り込まれている。両脇の縫い目を背中心で一つにまとめ、脇下の縫い代のかさばりを無くすことで着心地を向上させている。また絶妙な丈の設定がされた袖は、後付けにより腕の可動域が広がる仕様だ。タバコ等を収納できる胸パッチポケットは、内側にライターを収納出来る小さなポケットが中に施されている。

詳細・購入はこちら

ANATOMICA(アナトミカ) ATC POCKET TEE

フィッティングを重要視したピエール・フルニエ氏と寺本欣児氏がつくりあげるコンセプトショップブランド「ANATOMICA(アナトミカ)」。“多種多様な人体にフィットする服と靴”をコンセプトに、ピエール氏独自の目線で世界中のオリジナティを持った本物のブランドを発掘している。ブランドとしてのスタートは2008年から。12番単子を採用したオリジナルの肉厚生地で生産されたTシャツ。脇の縫い目を排除した丸胴仕様のため、着用時のストレスを最小限に抑えている。

詳細・購入はこちら

GUY ROVER(ギローバー) コットンパイル クルーネックTシャツ

1967年北イタリア・ヴィチェンツャ創業のブランド「GUY ROVER(ギローバー)」。オールマシンメイドのしっかりとした縫製・着心地の良さを追求する品質選び・身体を包み込むような立体的なデザインに定評がある。高級ブランドのシャツを生産してきたファクトリーとしても有名だ。一枚でも様になる生地感のパイルを採用したポケット付きTシャツ。裾にはブランドロゴ刺繍をセット。パイル地のポロシャツは多く見られるが、Tシャツでパイル地をあえてチョイスするのも有力な選択肢だ。

詳細・購入はこちら

GIRELLI BRUNI(ジレリ ブルーニ) パイルクルーネックTシャツ

イタリアはヴェローナにて、デザイナーのGUARTIERO GIRELLI BRUNI氏により2004年に誕生したメーカー「GIRELLI BRUNI(ジレリ ブルーニ)」。全ての工程をイタリアで行う高品質なカットソーブランドだ。技法もサルトリアをベースに仕立てており、カットソーながら立体的なシルエットに仕上がっている。サイドにスリットの入ったタイトシルエットのパイルクルーネックカットソー。

詳細・購入はこちら

Neil Barrett(ニールバレット) クルーネック ジャージTシャツ

グッチやプラダのデザイナーを務めた経験を持つNeil Barrett(ニール バレット)氏が1999年に、自身の名を冠にして立ち上げたブランド「Neil Barrett(ニール バレット)」。イギリス仕込みのトラッド、テーラードにスポーティな機能性をプラスしたデザインが特徴。素材の研究とこだわりにはただならぬものがあり、完成まで何十回もの調整を経て完成させている。あのブラッドピッド氏を顧客に持つブランドとしても有名だ。ジャージ素材を採用したクルーネックTシャツ。少しオーバーサイズの設計にすることでスポーツテイストをプラス。バックにはライトニングのプリントをさりげなく同色でセット。

詳細・購入はこちら

SWEEP!!(スウィープ) ワンポイントTシャツ

ブラジル出身ラテン系アメリカ人デザイナー、ロベルト・マウリシオ氏が2002年にロサンゼルスにて立ち上げたブランド「SWEEP!!(スウィープ)」。「Comfortable(心地よい)」がブランドコンセプトだけあり毎シーズン完売のTシャツは柔らかく肌触りの良いコットン素材。ほどよくタイト&ショートに仕上げており、フィッティングにも優れた一着。首周りのステッチを丁寧に施すことで、何度も着用しても伸びにくく、大人らしい適度な詰まり感を実現。ベーシックデザインの中にも、同ブランドの象徴であるユリの紋章の首元への刺繍がさりげないアクセントに。

SWEEP!!白Tシャツメンズ

詳細・購入はこちら

REMI RELIEF(レミレリーフ) ポケットTシャツ

古き良き時代のアメリカを表現したいという思いから、2008年スタートした日本のメンズファッションブランド「REMI RELIEF(レミレリーフ)」。 「REMI RELIEF」とは「REMIX=ミキシングし直す」という工夫と、「RELIEF=取り除く」という作業を意味している。 胸ポケットが付いたベーシックなTシャツ。ポケットの位置を若干下げることによって、どこかレトロな雰囲気を漂わせている。裾にはさりげない装飾のアクセントを。

詳細・購入はこちら

OURET(オーレット) BOUCLE CREPE STITCH DOLMAN

2008年のS/Sよりスタートした「OURET(オーレット)」。「BLACK RESORT」をコンセプトに、大人のリアルクローズを展開している。ブークレー糸を生地に採用することで、独特の風合いを表現したクルーネックTシャツ。袖にはドルマンスリーブを採用し、リラックスした表情を演出。カットオフを有効に活用することで生地の風合いをより強く表現している。

詳細・購入はこちら

The White Briefs(ザ・ホワイト・ブリーフス) Basic Man

本質的価値観に基づいたレーベルを目指して2009年にスウェーデンで設立された「The White Briefs(ザ・ホワイト・ブリーフス)」。極限まで無駄を削ぎ落したミニマルで洗練されたデザインに、さりげないひねりとディテールが加えられた数々のデイリーユースアイテムを提案している。襟ぐりの幅を細めに設計して生産されたTシャツ。襟ぐりは広めに設計されているため、インナー使いとしても活躍を期待できる。

詳細・購入はこちら

WAIMEA CLASSIC(ワイメア クラシック) Tシャツ

2007年、イタリアはミラノで生まれたブランド「WAIMEA CLASSIC(ワイメア クラシック)」。デザイナーのエミリアーノ・アリエッタ氏によって創り出される、ミラネーゼによる大人向けカジュアルブランドだ。サーファーでもあり、バイカーでもあるエミリアーノ氏から生み出される世界感がブランドを通して表現されている。ポケット付きのクルーネックTシャツ。裾とポケットにはブランドロゴをセット。さりげないアクセントが魅力的な一枚だ。

詳細・購入はこちら

MXP(エムエックスピー) Tシャツ

MXPは、ゴールドウインと独立行政法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)、J-Spaceがコラボレーションして「宇宙オープンラボ」における着用を経て製品化されたウェアのブランドだ。「動きやすさ」や「吸汗速乾性」「ベーシックで研ぎ澄まされたデザイン」「カラダから発するニオイの原因を中和する素材(マキシフラッシュ®プラス)使用」など最先端の宇宙仕様を採用。中でも消臭機能が高く”臭わない”を着るという心地よさが、新しい喜びを生み出してくれそう。

詳細・購入はこちら

v-room(ヴィ ルーム) FINE COUNT COTTON MINI FLEECE

2004年にニューヨークで創立された、日本人デザイナーの山崎氏によるカットソーブランド「V::ROOM(ヴィ ルーム)」。ベーシック&シンプルなデザインが特徴。シンプルなデザインの分「素材」「縫製」「着心地」を徹底的にこだわっている。「最上の普段着」として、世界中の高感度なセレクトショップで取り扱われているブランドとしても有名だ。ミニ裏毛素材の採用によって柔らかな肌触りを実現したカットソー。随所に施された切りっぱなしのディテールが、着こなしにこなれ感を演出してくれる。

詳細・購入はこちら

FilMelange(フィルメランジェ)「VICTOR」「SUNNY」

素材と製法にこだわるカットソーブランド「FilMelange(フィルメランジェ)」が、毎シーズン展開しているVネックTシャツ「VICTOR」。超長綿であるGIZAコットンを使用した天竺生地は、超長綿ならではの綿糸の美しさを活かすために糸の番手を変更し、あえて太めに紡績。シルキータッチと光沢感を維持しつつ、よりコシがあって耐久性にも優れた素材に進化している。旧式の織り機が生み出す柔らかな丸胴編みなので、着用したときのごろつき感が少ないのも嬉しいポイント。クルーネック版の「SUNNY」も定番なのでチェックしておきたい。

 

詳細・購入はこちら

JAMES PERSE(ジェームスパース) Tシャツ

1994年 LA生まれの「JAMES PERSE(ジェームスパース)」は西海岸のセレブ御用達ブランド。無地Tシャツはスタンダードラインのロングランヒットアイテムだ。軽やかな透け感のある生地を使用した、柔らかな肌触りの上質なカットソーは最高の着心地。伸縮性があり、着ていくうちに生地が伸びていい感じに仕上がっていく経年変化も楽しめる。タイト過ぎないリラックスシルエットと絶妙な深さのVゾーンがアウター、インナー問わず使いやすい。透け感のある生地なので、一枚で着る場合はダークトーンがおすすめ。

James perse,無地Tシャツ,メンズ

詳細・購入はこちら

CROSS&STITCH(クロスアンドステッチ) オープンエンドマックスウエイトTシャツ

スウェットウェアを中心としたメンズブランド「CROSS&STITCH(クロスアンドステッチ)」。レギュラーウェイトとヘビーウェイトをラインナップ。良質の綿花を使用した厚手のパーカーが人気だ。表面をきわめてなだらかに仕上げることで、プリント後のインク面を綺麗にするという配慮もなされているため、プリントTシャツのボディとしても人気を集めている。豊富なカラーラインナップにも注目したい。

ONEITA(オニータ) ヴィンテージクルーネックTシャツ

アメリカのニューヨーク州にて1893年創業という長い歴史を持つ老舗ブランド「ONEITA(オニータ)」。20世紀前半、アメリカ本国で3本の指に入る程の有名アンダーウェアメーカーとしての地位を築き、その品質の高さから1980~1990年代にもプリント用のベースボディとして、こぞって「ONEITA」のTシャツが使用されるなど業界でも名の知れた人気ブランド。1度はブランドが消滅してしまったものの、2015年に待望の復活を遂げている。アメリカ製のコットンTシャツは5.5ozの天竺生地を採用。型崩れしにくい2本針のステッチや丸胴仕上げのストレスフリーな着心地が魅力的。左裾にはアメリカ製を象徴する星条旗モチーフのビスネームが施されている。

詳細・購入はこちら

ENTRY SG(エントリーエスジー) UネックTシャツ

定番のクルーネックTシャツ「EXCELLENT WEAVE」のネックの開きを、優雅に大きくしたUネックTシャツ。クルーネックの正統派と深いVネックの緩さの中間ともいえるようなネックは、ENTRY SGの新たな新境地とも言えるアイテムだ。日本には200台ほどしか残っていない吊り編み機を使用して編んだ生地を使用。柔らかでもっちりとした素材感・着心地は、このブランドならではの唯一無二の存在。MADE IN JAPANの綿密なクオリティに、海外からのファンも多い。

ENTRY SG白Tシャツ無地,メンズ

詳細・購入はこちら

GiveLife(ギブライフ) SUN BURN クルーT

1992年に東京の原宿にて設立したブランド「GiveLife(ギブライフ)」。モノづくりの基本は「日常の中でも風を感じられる服」であることをコンセプトに、生活の中に自然と溶け込むようなラフでありながら上品さを持ち合わせているリラックスウェアを手がけている。耐久性の高いバインダー仕様の襟ぐりやポケットのさりげない切り替えがアクセントになったクルーネックTシャツ。

詳細・購入はこちら

Champion(チャンピオン) US Tシャツ 

1919年にアメリカで設立したスウェットシャツの元祖ブランド「Champion(チャンピオン)」。ガゼット仕様やリバースウィーブを生み出したブランドとして世界から高い人気を集めている。ガーメントウォッシュを採用した丸胴仕様のポケット付きTシャツ。バインダー仕様を採用することで耐久性の高いネックを実現している。袖口にはブランドロゴのワッペンをセット。

詳細・購入はこちら

COTTON STAFF(コットンスタッフ) 7.1オンスTシャツ

総合アパレルメーカーBONMAXが展開する、世界で雇用を作る為、各国のメーカーが共同で企画、開発、生産している無地Tシャツレーベル「COTTON STAFF(コットンスタッフ)」。オーガニックやリサイクル素材などを積極的に使用したエコブランドとしても有名だ。肉厚のコットン素材を使用した無地Tシャツ。

詳細・購入はこちら

Carhartt(カーハート) BASE T-SHIRT

1889年アメリカのデトロイトで創業したワークウェアブランドのパイオニア的存在「Carhartt(カーハート)」。現在、US発信のワークウェア、ヨーロッパ発信のCarhartt WIPのストリートウェアなど、世界中の人々から愛されるブランドとして幅広いアイテムを展開している。ブランドロゴは「コーヌコピア(豊穣の角)」がモチーフ。ギリシャ神話に登場するゼウスに乳を与えたヤギの角からインスピレーションを受けている。シンプルなロゴデザインが袖に施されたクルーネックTシャツ。ヨーロッパ発信のWIPのストリートウェアとしてより洗練されたデザインに仕上がっている。

詳細・購入はこちら

Healthknit(ヘルスニット) クルーネック

USAコットンにこだわり、昔ながらの編み機で編み上げる生地にこだわった製品を世の中に送り出している老舗メーカー「Healthknit(ヘルスニット)」。肉厚ではないものの、しっかりとした生地感が魅力的のクルーネックTシャツ。袖丈を若干短めで、アームホールもしぼったディテールにする事でインナー着用時の余分なゆとりを軽減。生地と縫製はアメリカ製のこだわり。

詳細・購入はこちら

UnitedAthle(ユナイテッドアスレ) 7.1オンス へヴィーウェイト Tシャツ

1930年創業の長い歴史をもつ日本ブランド「UnitedAthle(ユナイテッドアスレ)」。糸の選定から縫製の一つに至るまで様々な角度からアプローチし、長く愛される無地アイテムを多く展開している。かつてはアメリカ軍の放出品を取り扱い、ミリタリーグッズに求められるタフさを習得。高品質、豊富なカラーサイズ、伸びないタフなネックが人気を集めている。ヘヴィーウェイトの7.1オンス生地を使用したポケット付Tシャツ。厚手の生地感が活きる最適なスペックを追求。ポケットの大きさと位置にこだわっている。ステッチワークはあえて太めの縫製糸を使用し運針数を粗めに仕上げて風合いを演出。

詳細・購入はこちら

RED KAP(レッドキャップ) 6.7ozクルーネックヘビーウエイト

1923年創業の老舗ワークウェアブランド「RED KAP(レッドキャップ)」。洗濯を繰り返しても型くずれしづらい機能性にサイドシームのない着心地の良い丸胴仕様のヘビーウェイトTシャツ。日本人の体型に合わせたボックス型のレギュラーフィットボディを採用。タフさとリーズナブルな価格設定が魅力的。

詳細・購入はこちら 

Gildan(ギルダン) ウルトラコットン クルーネック

Tシャツにおいて北米マーケットシェアNO.1の実績を誇る「ギルダン(GILDAN)」。様々なブランドがプリントTシャツを展開する際にボディとして採用されるTシャツとしても有名だ。至極ベーシックな縫製のため、定番のTシャツを低価格で手に入れたい場合、GildanのTシャツは有力な選択肢になるだろう。

詳細・購入はこちら

Hanes(ヘインズ) Tシャツ ジャパンフィット クルーネック

1901年に創業したアメリカのカジュアルアンダーウェアブランド「Hanes(ヘインズ)」。「日本人の心地よさのために」をコンセプトにしたヘインズのパックTシャツ。ジャパンフィット仕様で、着丈、袖丈、身幅を日本人体型に合わせて絶妙なフィット感を実現。ソフトで心地よい風合いの100%コットン天竺を使用し、脇に縫い目がない丸胴編み、襟ネームは熱転写のタグレス仕様によって、タグによる肌へのストレスを解消している。

詳細・購入はこちら

この記事を気に入ったら
いいね!してね

今読んだ記事

無地Tシャツ 特集【2017最新】

Share

Related post