スーツに合わせる靴下の選び方【日本と西洋で異なる価値観とは?】

Share

スーツの着こなしにおいて気が抜けがちなのが靴下選び。スーツ、シャツ、ネクタイ、靴にこだわっても、靴下をハズしただけでスタイル全体の完成度がガクッと落ちてしまうことも。今回は、意外とおろそかにしてしまいがちなスーツスタイルにおける靴下について、「日本と西洋で違う靴下の存在価値」や「スーツにあわせるべき靴下選びのポイント」を紹介!

スポンサーリンク

日本では蔑ろにされがちな「靴下」。ネーミングに問題あり?

靴下というネーミングが示す通り、日本人にとっての靴下はあくまでも「靴の下着」のような立ち位置。旅館や料亭、居酒屋の座敷で靴を脱いだ時にみすぼらしくなければOK(つま先部分に穴が空いていなくて、臭わなければOK?)、というくらいの認識が浸透しているのは仕方がないことかもしれない。日本は海外と違って靴を脱ぐシーンが多いことから、消臭機能や通気性といった機能面が追求されることも日本特有だ。

amazon

海外と日本では異なる靴下の存在意義。西洋では靴下が主役級の役割を担ってきた歴史も!

海外では、靴下はれっきとしたファッションアイテムとして取り扱われている。「socks(ソックス)」「hose(ホーズ)」「stocking(ストッキング)」といった呼称からもうかがえる通り、靴とは完全に切り離されている。例えば1920年代には、プラスフォワーズ(ニッカの裾を4インチ長くした半ズボン)に、ロングホーズを合わせた着こなしが流行。アーガイル柄などを取り入れることで、ソックスに主役級の存在感を持たせたスタイルが多く見られたという。ちなみにこのスタイルはゴルファーの服装に起源をもっており、スポーツミックスのはしりと言っても良いスタイルとして知られている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Modern Siam(@modernsiam)がシェアした投稿

西洋では長期に渡るスーツ文化の中で、装飾性の高い革靴が流行れば靴下がシンプルになり、靴下が派手になればシンプルな革靴がスタンダードになったりと、主役と脇役を交代しながら進化してきた歴史がある。それに対して日本人にとっての靴下は、明治維新以降、スーツや革靴と一緒に入ってきた脇役としてのスタート。歴史からも西欧と日本では、ソックスに対する姿勢がそもそも違う理由をうかがい知ることができる。

2/9GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する