スーツに合わせる靴下【日本と西洋で異なる存在価値とは?】

靴下メンズ

スーツに合わせる靴下をおろそかにしていませんか?スーツ、シャツ、ネクタイ、靴にこだわっても靴下をハズしてしまうとせっかくの苦労が水の泡です。今回は、意外とおろそかにしてしまいがちな、スーツスタイルにおける靴下について「日本と西洋で違う靴下の存在価値」や「スーツにあわせるべき靴下選びのポイント」というテーマで紹介していきたいと思います。image:menswearstyle

スポンサーリンク

日本では、ないがしろにされる「靴下」。ネーミングが悪い?

スーツに合わせる靴下消臭銀イオン除菌靴下

靴下というネーミングが示す通り、日本人にとっての靴下はあくまでも「靴の下着」のような立ち位置です。旅館や料亭、居酒屋の座敷で靴を脱いだ時にみすぼらしくなければOK(つま先部分に穴が空いていなくて、臭わなければOK?)というくらいの認識がまかり通っているのは仕方がないことかもしれません。海外と違って靴を脱ぐシーンが多いことから、消臭機能や通気性といった機能面が追求されることも日本特有。たたみ文化が強く影響しているものと思われます。

海外と日本では異なる靴下の存在意義。西洋では靴下が主役級の役割を担ってきた歴史も!

靴下メンズsavilestreets

海外では、靴下はれっきとしたファッションアイテム。「socks(ソックス)」「hose(ホーズ)」「stocking(ストッキング)」呼称からうかがえる通り靴とは切り離された、立派な装いアイテムです。

例えば1920年代には、プラスフォワーズ(ニッカの裾を4インチ長くした半ズボン)に、ロングホーズを合わせた着こなしが流行しました。アーガイル柄など、靴下が主役級の存在感を放っています。ちなみにこのスタイルはゴルファーの服装に起源をもっており、スポーツミックスのはしりと言っても良いスタイル。

プラスフォアーズが1920年代に流行42ndblackwatch1881

西洋では長期に渡るスーツ文化の中で、装飾性の高い革靴が流行れば靴下がシンプルになり、靴下が派手になればシンプルな革靴がスタンダードになったりと主役と脇役を交代しながら進化してきた歴史があります。

靴下メンズ歴史freeenglishsite

それに対して日本人にとっての靴下は、明治維新以降、スーツや革靴と一緒に入ってきた脇役としてのスタート。歴史からも西欧と日本では、ソックスに対する姿勢がそもそも違う理由をうかがい知ることができます。

スーツに合う靴下の履きこなしのポイント1「スポーツソックスは避ける」

ナイキスポーツソックスはスーツに合わないfootlocker

クラシックなスーツの着こなしに厚手のスポーツソックスを合わせるのは当然NGです。白ソックスを一般的なビジネススーツに合わせないことも鉄則。

スーツに合う靴下の履きこなしのポイント2「足を組んでもスネが見えない長め丈をチョイス」

ロングホーズメンズforyourlegs

スーツスタイルにおいて男性がスネをさらすのは「最もみっともない」とされています。足を組んだり、しゃがんだときに決してスネが見えない長めのソックスをチョイスすることが重要です。38cm〜50cmが目安。ソックスがたるんでいるのもNGなので気をつけるべし。

スーツに合う靴下の履きこなしのポイント3「ソックスの基本色は、黒と濃紺の無地。」

靴下色 スーツ

まずは基本をおさえることが重要です。難しく考えずに「黒の革靴に対しては黒無地の靴下」「茶色の革靴に対しては黒無地か濃紺無地の靴下」というルールを守れば、どこに出ても恥ずかしくありません。派手色のソックスを履いているオシャレな男性ほど、実は黒と濃紺のソックスをクローゼットに備えていることを忘れてはなりません。

スーツに合う靴下の履きこなしのポイント4「無地か小紋柄が基本」

スーツスタイルにおいて、ソックスが重要というのは間違いありませんが、派手なソックスをチョイスして悪目立ちするのはNG。

アーガイル柄ソックスをスーツにbrides

ピッティウオモに登場するような伊達男たちは、しばしば派手な柄物ソックスを履いていますが、実はイタリアや英国においてもスーツに派手なソックスをあわせるのは一般的ではありません。無地が基本、柄が入っていたとしても控えめな小紋柄がポピュラーです。

スーツに合う靴下の履きこなしのポイント5「ブランドロゴは不要!」

ラルフローレンソックス

日本特有のブランド信仰のせいか、残念ながら日本市場においてはワンポイントでブランドロゴの入った靴下が多い(それもライセンスもの..)。ハイブランドのネクタイには稀にありますが、スーツや靴の目に触れるところにブランドロゴが入ったアイテムはありません。そんな中、ブランドロゴ入り靴下を合わせるのは粋ではありません。ちなみに世界の紳士に愛されるソックスを求めるなら、英国のPantherella(パンセレラ)やイタリアのSocci(ソッツィ)などの靴下ブランドが有名。ノーブランドであってもブランドものであっても良いですが、ロゴなしタイプ、もしくはロゴが高い位置にあって裾から見えないタイプを選択することが重要です。

FOLLOW US

Related post