スーツに合わせる靴下【日本と西洋で異なる存在価値とは?】

スーツに合わせる靴下選びは、着こなしを洗練させるための重要なファクターだ。スーツ、シャツ、ネクタイ、靴にこだわっても靴下をハズしてしまうとせっかくの苦労が水の泡。今回は、意外とおろそかにしてしまいがちな、スーツスタイルにおける靴下について「日本と西洋で違う靴下の存在価値」や「スーツにあわせるべき靴下選びのポイント」というテーマにフォーカス!

スポンサーリンク

日本では、ないがしろにされる「靴下」。ネーミングに問題あり!?

靴下というネーミングが示す通り、日本人にとっての靴下はあくまでも「靴の下着」のような立ち位置。旅館や料亭、居酒屋の座敷で靴を脱いだ時にみすぼらしくなければOK(つま先部分に穴が空いていなくて、臭わなければOK?)というくらいの認識がまかり通っているのは仕方がないことかもしれない。海外と違って靴を脱ぐシーンが多いことから、消臭機能や通気性といった機能面が追求されることも日本特有だ。

YAZHI ソックスamazon

海外と日本では異なる靴下の存在意義。西洋では靴下が主役級の役割を担ってきた歴史も!

海外では、靴下はれっきとしたファッションアイテムとして取り扱われている。「socks(ソックス)」「hose(ホーズ)」「stocking(ストッキング)」といった呼称からうかがえる通り、靴とは切り離された立派な装いアイテムだ。例えば1920年代には、プラスフォワーズ(ニッカの裾を4インチ長くした半ズボン)に、ロングホーズを合わせた着こなしが流行。アーガイル柄などを取り入れることで、ソックスに主役級の存在感を持たせたスタイルが多く見られたという。ちなみにこのスタイルはゴルファーの服装に起源をもっており、スポーツミックスのはしりと言っても良いスタイルとして知られている。

Malene Haldさん(@malenehald)がシェアした投稿

西洋では長期に渡るスーツ文化の中で、装飾性の高い革靴が流行れば靴下がシンプルになり、靴下が派手になればシンプルな革靴がスタンダードになったりと主役と脇役を交代しながら進化してきた歴史が存在する。それに対して日本人にとっての靴下は、明治維新以降、スーツや革靴と一緒に入ってきた脇役としてのスタート。歴史からも西欧と日本では、ソックスに対する姿勢がそもそも違う理由をうかがい知ることができる。

スーツに合う靴下の履きこなしポイント①「スポーツソックスは避けるのがお約束」

クラシックなスーツの着こなしに厚手のスポーツソックスを合わせるのは当然NG。白ソックスを一般的なビジネススーツに合わせないことも鉄則なのでおさえておきたい。

スポーツソックス

USIMPORT

スーツに合う靴下の履きこなしポイント②「しゃがんでも裾から肌が見えない長め丈をチョイス」

スーツスタイルにおいて男性がスネをさらすのは「最もみっともない」とされている。足を組んだり、しゃがんだときに肌が見えない長めのソックスをチョイスするのは重要なファクターだ。可能であれば、38cm〜50cmの丈があるソックスを選ぶのが吉。ちなみに、ソックスをたるませて履くのもNGなので注意したい。

靴下

スーツに合う靴下の履きこなしポイント③「ソックスの基本色である黒or濃紺をチョイスすれば間違い無し」

「黒の革靴には黒無地の靴下」「茶色の革靴には黒無地か濃紺無地の靴下」というルールを守れば、ソックスの色選びは間違いないだろう。派手色のソックスを履いている洒落者ほど、実は黒と濃紺のソックスをクローゼットに備えているというのは業界では有名な話だ。

濃紺と黒の靴下

スーツに合う靴下の履きこなしポイント④「柄は無地か小紋柄が基本」

スーツスタイルにおいて、ソックスが重要なファクターというのは間違いないが、派手なソックスをチョイスして悪目立ちするのはNG。ピッティウオモに登場するような洒落者達は、しばしば派手な柄物ソックスを履いているが、実はイタリアや英国においてもスーツに派手なソックスをあわせるのは一般的ではないようだ。無地が基本、柄が入っていたとしても控えめな小紋柄がポピュラーだろう。

ソックス

スーツに合う靴下の履きこなしポイント⑤「ブランドロゴは不要!」

ブランドロゴやワンポイントが施されたソックスが一般的なのは、日本ならではの文化だと言われている。英国やイタリアをはじめとした海外では、ロゴデザインが施されたソックスを探し出すのは至難の業と言われるほど、無地デザインが主流だ。大人の男なら、ロゴデザインでブランドを象徴するよりも、作りの良さで品格をアピールする方がスマート。ソックスを選ぶ場合、ノーブランドでもブランドものでも良いが、ロゴなしタイプもしくはロゴが高い位置にあって裾から見えないタイプを選択することが重要だ。

POLO RALPH LAUREN

POLO RALPH LAUREN

オフィスカジュアルスーツスタイルなら、色柄のあるソックスで遊びを取り入れるのもアリ!?

足元にスニーカーを合わせたり、インナーにカットソーをチョイスしてカジュアルダウンしたスーツスタイルなら、柄や色味が取り入れられたソックスで遊びを取り入れるのもアリだ。服装の自由がきく業種であれば、他とは一味違う個性をさりげなく演出する有効な手段のひとつになるだろう。

スーツにスニーカーを合わせてハズしながら、ソックス使いでアクセントを加味

スーツに合わせたいおすすめの靴下を紹介!

Pantherella(パンセレラ) 2ペア ロングホーズ メリノウール

イギリス中部に位置するレスターで1937年に創業した高級ソックスメーカー「Pantherella(パンセレラ)」。ソックスは「Hand Linked Toe」と呼ばれるつま先の閉じかがり仕上げを全て手作業で行うことによって実現している滑らかな縫い目が特徴だ。履いたときにゴロつき感がなく、足にぴたっと吸い付くような快適な履き心地は、一度体験したら病みつきになるほど。素材はスーパーファインメリノウール、エジプト綿、シルク、カシミヤなど、選りすぐった品質のものだけを採用。糸はすべて独自の仕様で撚られているため、他ブランドでは再現できない独特の風合いを放つ。

Pantherella(パンセレラ) 2ペア ロングホーズ メリノウール

詳細・購入はこちら

SOZZI(ソッツィ) ビジネスハイソックス

イタリアを代表する靴下ブランドといえば、SOZZI(ソッツィ)だ。イタリア語でRitorunoのと言われる編み方を採用した靴下のフィット感が非常に高い評価を集めている。イタリアクラシコの王道であり、ビジネススタイルにマッチする定番といえばハイソックス。風合いが良く、発色もきれいなコットンリブ素材を使用しているため、履き心地も快適だ。

SOZZI(ソッツィ) ビジネスハイソックス

詳細・購入はこちら

JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー) DELTA リブソックス

1784年に創業された英国を代表する老舗ブランド「JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)」。ニットに定評があるブランドが手掛ける靴下だけあり、クオリティも申し分なし。ジョンスメドレーの十八番であるシーアイランドコットンにナイロンをミックスしているため、アンダーウェアとしての最適な堅牢性も備えている。

JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー) DELTA リブソックス

詳細・購入はこちら

DRUMOHR(ドルモア) リブソックス

1773年、スコットランドのダムフリースという街で設立された老舗ニットブランド「DRUMOHR(ドルモア)」が手掛けるソックスは、カシミアがミックスされた快適な履き心地。つま先の縫い目は手作業によって立体的で耐久性に優れた仕上がりになっている。

DRUMOHR(ドルモア) リブソックス

詳細・購入はこちら

N.PEAL(エヌ ピール) リブ靴下

最高級のカシミアアイテムを提供するロンドン発ブランド「N.PEAL(エヌ ピール)」。カシミアを85%も混紡したソックスは、足元にさりげないラグジュアリーな風格と極上の履き心地を加味してくれる。ナイロンをミックスしているため、耐久性も◎

N.PEAL(エヌ・ピール) リブ靴下

詳細・購入はこちら

SEEK(シーク) レギュラーソックス

フィット感に優れたリブ仕立てのレギュラーソックス。素材には、しっとりとした風合いの良い「アルティメイトピマ(R)」を使用している。

SEEK(シーク) レギュラーソックス

詳細・購入はこちら

DIBASE(ディバーゼ) 靴下

表糸にスーピマ綿、裏糸にポリウレタンを配した設計を行うことで、上品な見た目と快適な履き心地を実現した「DIBASE(ディバーゼ)」の靴下。豊富なカラーバリエーションを揃えているため、コーディネートに合わせて好みの色味をチョイスすることが可能だ。

DIBASE(ディバーゼ) 靴下

詳細・購入はこちら

Il Regalo(イル レガロ) ビジネスソックス

“Made in Japan”の技術力を駆使したハイクオリティーソックスを展開する「Il Regalo(イル レガロ)」。イタリア輸入コットンをメインに使用したビジネスソックスをピックアップ。シルクのような光沢を放つシルケット糸を使用しているため、シンプルながらさり気ない高級感を演出してくれる。リブ編み部分に施されたオリジナルのテキスタイルデザインにも注目だ。

 

Il Regalo(イル レガロ) ビジネスソックス

詳細・購入はこちら

FEFÈ(フェフェ) ribbed knit long socks

ネパールを拠点に活動する「FEFÈ(フェフェ)」。伝統、革新、現代性を絶妙に融合したモダンアクセサリーが人気を集めている。リブの立体的な編み目が特徴的なこちらの靴下は、コットン100%の生地を使用。肌にも優しいマテリアルが、快適な履き心地を実現してくれる。FEFÈ(フェフェ) ribbed knit long socks

詳細・購入はこちら

THOM BROWNE(トムブラウン) ストライプ装飾 ソックス

熱狂的なファンを多く抱えるトムブラウンが展開するソックスは、履き口付近に施された三本のストライプが特徴だ。しゃがんだ際にチラ見せするデザインが、洒落者の雰囲気を漂わせる。THOM BROWNE(トムブラウン) ストライプ装飾 ソックス

詳細・購入はこちら

FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

PICK UP!

FASHION / PR

真の格好いいに出会えるのはココ!頼れるスタッフがいるショップ「ハケット ロンドン 銀座」

FASHION / PR

軽妙洒脱なビジネスマン御用達「HACKETT LONDON」の最新スーツスタイル

FASHION

春の装いを洒脱にみせる10のアウター紹介!

FASHION / PR

適度なハズしで洒脱にみせる!2018SSのジャケット&スーツスタイルを洗練に導くカギ

FASHION / PR

男の春コーデは、モダンクラシックなベルスタッフでこんなに見違える!

FASHION / PR

今季のスポーツMIXスタイルは「ナイロン×スウェット」の異素材コーデがキーワード!

FASHION / PR

Tシャツの上に羽織れる「秀逸ブルゾン」で春の着こなしを格上げ!

GOODS / PR

クールビズを格上げする12の方法とは?

FASHION / PR

今年の春はどっちを選ぶ?ホワイトジーンズvsブラックジーンズ

FASHION

春コーデ メンズ【2018最新メンズファッション】

FASHION

春服をスタイリッシュに。2018年春のメンズ服を厳選ピック!

FASHION

スニーカーを使った春のメンズコーデ特集

FASHION / PR

2018SSの最旬アイテムでつくる春カジスタイル事例集!

GOODS / PR

【問題】コーヒーをバシャっ!とかぶってもシミ皆無だった最強アイテムはこの中のどれ?

FASHION / PROMOTION

フランス仕込みのモテニットといえば「ルトロワ」でキマり!4つの魅力と旬なコーデを紹介

公式 Instagram スナップ