2021夏服のメンズファッション流行トレンド特集

Share

普段からテーマ別に紹介している夏服メンズファッションコーデ。今回は2021年夏におさえておくべき着こなしやトレンドをキーワード別にピックアップ!

CONTENTS

スポンサーリンク

夏服メンズファッションキーワード「ちょっぴリッチな無地白Tシャツが気分」

いわゆる”普通の白Tシャツ”をほんのりリッチしたモデルが各ブランドから多く展開されている。シルエットや素材、仕様にこだわりのある白Tシャツなら、無地でも洒脱で洗練された印象をコーデに演出できることうけあいだ。ジャストサイズで着こなす男性が大多数ながら、一部ではドロップショルダーやボックス型のややビッグシルエットのTシャツを使ったスタイリングも見受けられる。2サイズアップするような極端なビッグシルエットではなく、やるにしても1サイズアップ程度が今季の気分だ。表面を毛羽立たせるピーチスキン加工や、表面をシルクにように滑らかにするシルケット加工など生地の質感の違いにこだわってみるのも面白い。

 

three dots(スリードッツ) JAMES サンデッドジャージー

1995年にロサンゼルスで誕生したthree dots(スリードッツ)。フィット感とクオリティを追求したプレミアムカット&ソーのコレクションを展開するブランドだ。スリードッツの3つのドットには、pure (シンプルで洗練されていること)、effortless (自然体でいられる気持ちよさ)、luxury (最高の素材からくる上質感) の3つの意味が込められている。コームドコットンを使用した定番カットソー。サンデッドジャージーは、ピーチスキンのような心地よいなめらかな肌触りが特徴だ。適度なとろみがあり、襟ぐりも広めに設計されているためインナー使いとしても活躍を期待できる。

詳細・購入はこちら

SUNSPEL(サンスペル) SUVIN GIZA COTTON

1860年に設立された真正な英国製品を生産する伝統的ブランド「SUNSPEL(サンスペル)」。希少な資源から美しく仕上がった生地を使用し、格別な品質の普段着を生産している。ノッティンガム近郊のロング・イートンを拠点とした自社工場も所有しており、世界基準でも最高レベルのコットンを扱えるブランドとしても有名だ。コムデギャルソンのTシャツのボディとして使用されるなど、その品質の高さは折り紙つき。適度な肉厚感を持ちながらもソフトな着心地を実現したホワイトTシャツ。

詳細・購入はこちら

GENTLEMAN PROJECTS(ジェントルマン プロジェクト) LEO

GENTLEMAN PROJECTSが定番として展開しているドレスTシャツ「Leo」。最新作は、世界中の高級綿の中から厳選したインドの最高級超長綿を使用した“ディオラマ”を、繊細な60/1の糸にしてスムース編みした滑らかな表面間と微光沢が特徴的な生地を採用している。さらにシルクのような光沢をもたせるシルケット加工のなかでも、大量の汚水排出をしないエコで特殊な“エコシル加工”を施すことで、柔らかい風合いをキープしながらより光沢感を底上げ。Tシャツ一枚でのコーディネートはもちろん、テーラードジャケットやドレスパンツに合わせても違和感なくスタイリングがキマる。

詳細・購入はこちら

夏服メンズファッションキーワード「ヴィンテージTシャツの人気が止まらない!」

ファッションの最前線で活躍するデザイナーやセレブ、インフルエンサーが、こぞって青春時代に人気を博していたバンドやムービーに関するヴィンテージTシャツを取り入れ始めたことをきっかけに、価格が高騰し続けているヴィンテージのTシャツ市場。サスティナブルの取り組みによる古着市場への関心の高まり、さらには現行Tシャツとは一味違う年代物ならではのプリントデザインがSNS映えするというポイントも後押しして、ここ数年でかなりの盛り上がりを見せている。古着ならではのくたびれた生地の風合いや色褪せ具合もイマの気分にピッタリ。近くのヴィンテージショップをはじめとした二次流通市場で掘り出し物を探すのはもちろん、昔行ったアーティストのバンドTシャツをクローゼットから引っ張り出してみるのも今季は得策かも。昨今では、リアルヴィンテージTシャツのデザインやプリント、生地の風合いを完全に再現したアイテムが現行で展開されているため、古着が苦手な方はそちらでお気に入りのアイテムを探してみるのもオススメ。

FEAR OF GOD(フィア オブ ゴッド) Perfect Vintage T シャツ

ドレステイストのアイテムをストリート的解釈でミックスした新感覚の7コレクションで展開されている無地Tシャツ。ヴィンテージTシャツを数百枚コレクションしているというFear of godのデザイナーならではのこだわりが詰め込まれたフェード感や生地の風合いに注目だ。

詳細・購入はこちら

VETEMENTS(ヴェトモン) Wild Unicorn

ジュラシックパークのオフィシャルTシャツを彷彿とさせるようなデザインを落とし込んだ遊び心のあるモデル。あえてこんなラグジュアリーブランドが放つヴィンテージライクなTシャツで一味違う洒落感を演出してみるのもオススメだ。

詳細・購入はこちら

2/7GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する