スタンスミス メンズ コーデ 特集

世界で最も売れているスニーカーとしてギネスに認定されている「スタンスミス」。この上なくシンプルなスニーカーだからこそ、コーディネートする服のチョイスやサイジング、ファッションスタイルによって幅広い着こなしが可能だ。今回は「スタンスミス」にフォーカスして、注目の着こなしをピックアップ!

スポンサーリンク

スタンスミス(STAN SMITH)とは?

1971年に発表されたアディダスの代表的スニーカーで、1991年の段階で2200万足の販売数を記録。現在、ギネスブックにも「世界で一番売れたスニーカー」として認定された定番中の定番モデルだ。(※累計販売数でいえば、ギネスに申請していないコンバースのオールスターがスタンスミスを上回るという意見も多い。)スタンレー・ロジャー・スミス(Stanley Roger Smith)というテニスプレイヤーがモデル名の由来となっているテニスシューズが原点。

スタンスミスadidas

スタンスミスのデザインの特徴

スタンスミスはシンプルなデザインが特徴的だ。アッパーにはガラスレザーを使用し、サイドにはスリーストライプを思わせるベンチレーションホール、ヒールパッチとシュータンロゴに施されたカラーリング。洗練されたデザインが様々なスタイルに絶妙にフィットする。中には、ビンテージモデルとのデザインの違いや原産国へのこだわりを持つマニアも存在するほど、シンプルながら奥深い魅力を持つのもスタンスミスならではの特徴である。▶︎「スタンスミス徹底解剖」の記事はこちら

アディダスのスタンスミス現行モデル

スタンスミス メンズコーディネート/着こなし紹介!

スタンスミス×ネイビーパンツ×バンドカラーシャツコーデ

ほどよくテーパードするネイビーのドレスパンツにバンドカラーシャツをタックアウトでセット。タックイン、タックアウトともに活用できる短めの丈に設定されたシャツがワードローブにあればヘビーローテーション必至だ。ぜひ次なるシャツ入手の際には、シャツの丈感も検討要素に加えるのがおすすめ。ネイビーのパンツにあわせるように、スタンスミスのヒールカップはネイビーのバージョンをセットしている点にも注目されたし。

 スタンスミス×シャリ感プリーツパンツ

オーソドックスなプリーツパンツはもとより、今回のピッティウオモでよくみられたのが腰回りやもも周りに余裕をもたせつつ、足元に向かってテーパードするテーパードワイドパンツ。こちらも着こなし難度が高そうに感じるが、クロップド丈なら意外にも着こなし難度は高くない。切り替えが施された白Tシャツをタックイン、クロップドパンツにスタンスミスをセット、ミニマルな中にもアイテム選びの妙が感じられるイチオシのスタイリングである。

スタンスミス×スキニージーンズ

ドット柄のブルーシャツにスキニージーンズを腰履きで合わせたスタイリング。ドレススタイル身につけた男達のカジュアルスタイル、すなわち着崩しをウォッチできるのがピッティウオモの醍醐味のひとつ。今回は例年と違い、ややウェストを落とし気味にボトムを履くという着崩し。コーディネート全体をカジュアルダウンさせるだけでなく、タックアウトさせたシャツのボトムへの被り面積を調整する意味でも有効なテクニック。全体をブルー系で統一しつつ、足元のスタンスミスでクリーンな印象を付加。

スタンスミス×ダークトーンコーデ

スリードッツのサンデッドジャージーTシャツといえば、ここ数年で夏の人気定番アイテムの地位を獲得した注目株。コットン100%のTシャツでありながら、まるでスエードの様な質感で、退屈になりがちなTシャツスタイルを格上げしてくれることからも自信をもってプッシュできる一枚だ。35度を超える気温を記録した前回のピッティにおいても着用者が非常に多くみられた。主張控えめのボトム、スタンスミスにコーディネートし、さりげなくアクセントを演出したような装いが印象的。

スタンスミス×ブラックジーンズ×白ドレスシャツスタイル

スタンスミスに限らず、スニーカーとロングパンツを合わせる際の”ソックスの選択”は、地味な様で着こなしの印象を変えうるファクターだ。素足風に履けるショートソックスがポッピュラーだが、時にはロングソックスを合わせることで足元に変化を加えることができるだろう。あえてホワイトソックスでアクセントをつけるもよし、下の着こなしのようにボトムに合わせてダークな色味のソックスをチョイスすることでシックで都会的なテイストを付加するのも良いだろう。

スタンスミス シューレースモデル(インラインモデル)

詳細・購入はこちら

スタンスミス×ジャケット×ショートパンツスタイル

スタンスミスはその人気を軸に様々なバリエーションが展開されている。その中でも、話題を集めたのが1枚革で構成されたスタンスミスだ。2016年に発売され人気を集めたのは記憶に新しい。一味違うスタンスミスを求めるなら、アディダスオリジナルスのメンバー登録したり、SNSをフォローするなどして最新情報にアンテナを貼っておくのがおすすめだ。

スタンスミス×カーキパンツ

やや着丈が長めに設定されたブラックTシャツにあわせるようにもも・腰周りにゆとりのあるコットンテーパードパンツをセット。トップス、ボトムともにダークトーンだが、足元にホワイトのスタンスミスをあわせることで適度な軽さと清潔感をプラス。

スタンスミス×ジレスタイル

スラックスとスニーカーをコーディネートさせる際に洗練の鍵を握るのはパンツの丈感だ。着こなしによって最適なパンツの丈感が変化するのは言うまでもないが、あえて言い切るなら裾にクッションができない程度のショート丈に仕上げることで成功確率は大幅に高まる。下記でピックアップした着こなしは、クッションができない程度のボトムの絶妙な丈感によりスマートな印象をキープしていることがポイント。またスラックスのダブル仕上げは、3.5cm程度と主張控えめな分、スタンスミスの存在感が際立つ。

スタンスミス×サマーツイードジャケット×白パンツスタイル

ブラック×ホワイトのサマーツイードジャケットにさり気ない折りの施された5ポケットパンツとホワイトドレスシャツをあわせたコーディネートをピックアップ。スタンスミスもメッシュ状のアッパーが配されたタイプをチョイス。色使いを白と黒のモノトーンでシンプルに抑える分、素材感のテクスチャーで魅せる洗練されたセンスに脱帽だ。

スタンスミス×カーゴショートパンツ×リネンシャツスタイル

夏のマストアイテム”リネン素材のバンドカラーシャツ”はジャストなサイジングであるのに対して、ボトムはややルーズなサイジングカーゴショーツをチョイス。さらにウェストの位置を調整することで、全身を見た時のバランスを調整するとスタイリッシュな着こなしに。アダルトに着こなすのが意外に難しいショートパンツ×スニーカーのコンビなのでぜひ参考にしたい。

スタンスミス×Tシャツタックインショートパンツスタイル

ドロップショルダーの白Tシャツに股上深めのショートパンツといった、やや個性的なアイテムをタックインで組み合わせたコーディネート。そんなスタイリングを中和するように足元にはオーソドックスなスタンスミスをセット。メリハリを効かせつつもTOO MUCHに見せないバランス感がポイントだ。

スタンスミス×チノパンツロールアップスタイル

ワンポケット白Tシャツとチノパンにロールアップを取り入れて巧みにレングス・シルエットをコントロール。よくあるチノパンスタイルなようでどこか洗練された都会的な雰囲気を感じさせるのは、アイウェアやブレス、ウォッチベルトにベージュ、ブラウン、カーキといったアースカラーを取り入れるというさりげない配慮によるところも大きい。

スタンスミス×ネイビーワントーンコーデ

ジャストなサイズ感のネイビーTシャツにネイビーパンツを合わせたトーンオントーンコーデにスタンスミスを合わせたシンプルな装い。ボトムをスタンスミスに対して軽めにワンクッションさせることで適度に足元に重心を移動させ、シンプルな装いながらも物足りない印象や軽すぎる印象を回避。

スタンスミス×コットンパンツ×ポロシャツスタイル

ライトグレーのニットポロにグレイッシュブルーのドレスコットンパンツをセットアップ。ヴィヴィッドなブルーではなく洗い加工されたコットンパンツをチョイスすることで好相性を実現している点がポイントだ。シンプルな装いだからこそ、アイウェアやウォレットチェーンで効果的にスパイスをプラス。

スタンスミス×白Tシャツスタイル

シンプルなVネック白Tシャツに夏らしいペールトーンのコットンパンツをセット。さらにはバックパックやスニーカーをあわせた見た目にも中身にもアクティブな雰囲気だが、服のサイジングはもとより、ヘアスタイルやヒゲのメンテナンス、アイウェアチョイス、ロールアップなど随所への配慮が洒脱な雰囲気につながっていると感じさせる。

スタンスミス×Tシャツ×ジレスタイル

クルーネックTシャツにジレをセット。ボタンはワンボタンのみ留めてワイルドに着崩すことで、カジュアルなパンツやスタンスミスといったアイテムに自然に馴染ませている。

 スタンスミス×ジレ×ジーンズコーデ

サングラスのミラーレンズ含め、コットンジレ、シャツ、ジーンズとブルー系を駆使したスタイリング。ジレ、シャツともにホワイトボタンがアクセントになったカジュアルよりのアイテムをチョイスすることでスニーカーやジーンズといったアイテムと自然になじませている点に注目だ。

スタンスミス×ネイビーコットンパンツスタイル

メンズファッションの王道カラーのひとつが、ネイビー。特にイタリア男性はネイビーを愛用する傾向が強い。ポピュラーなスタンスミスと言えば、ホワイトベースのアッパーに対してヒールカップ外側面に施されたカラーリングがアクセントのスニーカーだが、イタリアでは特にネイビーバージョンの人気が高いのは、ネイビーパンツに合わせるという意味合いが強いのかもしれない。

スタンスミス×白パンツコーデ

スタンスミスに類似していてお値段が控えめのスニーカーといえば、意外に知られていないかもしれないがアディダスネオの「VALCLEAN2」。ちなみにadidas neo(アディダスネオ)は、アクティブでフレッシュな若者に向けて、最新トレンドをデイリーに楽しめる、スポーツカジュアルスタイルを提案するレーベル。スタンスミスライクなシンプルな白スニーカーを気軽に、そしてリーズナブルに楽しむなら有力な選択肢になるだろう。ピッティウオモでキャッチした男性、ネイビーとホワイトをベースにしたクリーンな着こなしにVALCLEAN2がよく馴染んでいた。

[アディダス] スニーカー VALCLEAN2

詳細・購入はこちら

スタンスミス×Tシャツ×スラックスコーデ

ラルフローレンの白Tシャツにアメリカンスタイルらしいアウトプリーツの施されたドレスパンツをコーディネート。足元には、定番ながらも意外と他人とかぶりにくいヒールカップにレッドカラーが施されたスタンスミスをセット。

スタンスミス×ロールアップデニムスタイル

ブラックTシャツに味のあるエイジングが印象的なブルージーンズを合わせたシンプルな着こなしながら、Tシャツの前部分をラフにタックインしたりボトムにロールアップを加えることでスパイスをプラス。

スタンスミス×カーゴチノパンツスタイル

ネイビーポロシャツにスラントポケットの配されたスリムなカーゴパンツを合わせたコーディネートに、日焼けした肌やティアドロップのサングラスでワイルドなニュアンスをプラス。

ADIDAS Stan Smith スニーカー(ホワイト×グレー)

詳細・購入はこちら

スタンスミス×ダークブルージーンズ×ダブルブレストジャケット

白ボタンがアクセントになったダブルブレストジャケットにドレスシャツ、ホワイトのリネンチーフを組み合わせ、ノータイながらドレッシーな装いの上半身に対して、ジーンズ、スタンスミスといったカジュアルアイテムを組み合わせたミックスコーデ。手持ちのアイテムをさらに活用していくならぜひ参考にしたいスタイリングだ。

スタンスミス×スーツスタイル

ウィンドーペーンのグレースーツにノータイでホワイトドレスシャツをあわせたシンプルなスーツスタイル。足元のドレスシューズをスタンスミスにチェンジすることで旬な「スーツ×スニーカー」の着こなしが完成。やはりポイントはスラックスの丈感で、今回キャッチした男性も短めに設定したレングスによりバランスの良いコーディネートが成立している。裾のダブル幅は、スタンダードな中でもここ数年スタンダートになっているやや太め寄りの4cm程度。

スタンスミス×ダメージデニムスタイル

ブラックベース×ホワイトのデザインが目をひくカットソーにダメージジーンズを合わせたコーディネート。デザインの効いたアイテムを多用する分、足元にはザ・シンプルスニーカーの代表「スタンスミス」をチョイスしてやりすぎな印象を回避。

スタンスミスおすすめモデル紹介

定番から、人気ブランドとのコラボレーションモデルまでおすすめをピックアップ。

スタンスミス シューレースモデル(インラインモデル)

廉価版に比べてより上質な天然皮革を使用したスタンスミス。一見して違いを見分けるのは難しいが、さりげなくこだわるならこちらがおすすめだ。▶︎スタンスミス(上質レザーモデル)の詳細・購入はこちら

スタンスミス ベルクロモデル

スタンスミス ベルクロ

スタンスミスのシューレースが取り除かれ、ベルクロが施されたモデル。着脱の快適性や、装飾にもなるデザインが人気を集めている。スタンダードなモデルを避けたい方はこのモデルを候補に入れてみるのはいかがだろうか。▶︎「スタンスミス ベルクロモデル」の詳細・購入はこちら

スタンスミス×ラフシモンズ adidas by RAF SIMONS

ラフシモンズとスタンスミス

 

ラフシモンズとスタンスミスのコラボモデル。スタンスミスのデザインをベースに、ベンチレーションホールが「R」の形にデザインされ、シュータンにラフ・シモンズ氏のプリントが施されるなど、ラフシモンズの世界観が上手に落とし込まれている。▶︎「スタンスミス×ラフシモンズ」の詳細・購入はこちら

Y-3 Stan Zip スニーカーY-3 Stan Zip スニーカー

アディダスとヨウジヤマモトのコラボレーションレーベルである「Y-3」の人気スニーカーQASA(カーサ)と同じ素材を採用しつつ、アッパーサイドにジップを施したモデル。ミニマルなカラーとデザインをベースにしつつも、Y-3らしいひねりの効いたディテールが特徴の威張りの効く一足だ。▶︎「Y-3 Stan Zip スニーカー」詳細・購入はこちら

続いてのページでは秋冬のコーディネートを中心に紹介!

次のページを見る
ページ:

1

2
FOLLOW US

Related post