ありそうでなかった!ビジネス使いできるニットジャケットに秘められた5つのこだわりとは?

ラクな着心地のニットジャケットながらクラシック顔で仕立てられた新感覚ジャケット。ジャケット作りに精通したテーラー監修のもと、ハリコシと伸縮性の高さを両立した特殊なニット生地を採用して手がけたこだわりの一着はビジネスシーンにも違和感なく馴染む優れモノだ。今回はそんな新感覚ニットジャケットに秘められた5つのこだわりにフォーカスして、魅力を紹介!

ニットジャケットなのにビジネス使いできるワケ①「着心地ラクでも見た目はきっちり!希少性の高い編み機“バランサーキュラー®️”製のファブリックを採用」

このニットジャケットは、世界でたった7台しか存在しない希少性の高い編み機「バランサーキュラー®️」製のファブリックを採用。和歌山の丸和ニットが生み出したこの素材は、1920本の針を使い通常の丸編みとして編まれている部分に同じ1920本の極細ナイロンを経糸として1本1本の針に通している。ニットに経糸を形成するのは従来ではあり得ないつくりで、この経糸を通すことによって布帛のような「ハリコシ」「形態安定性」「ほつれにくさ」、ジャージーが持つ「伸縮性」「軽さ」「落ち感」それぞれのメリットをイイトコどりした優れモノだ。ニットアイテムならではの楽チンな着心地を実現しながらも、布帛製テーラードジャケットの誠実な雰囲気を実現出来るのは、世界のラグジュアリーブランドも認める「バランサーキュラー®️」製素材を採用しているからこそと言っても過言ではない。さらに原料にはスーパー120ウールを使うことで、より上品な光沢感を感じられる仕上がりになっている。シャツなような織物生地

バランサーキュラーの寄り

詳細・購入はこちら

2/6GO TO NEXTPAGE
FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

公式 Instagram スナップ